« 登美の丘ワイナリー、プレビューイベント | トップページ | ゆきくまと蕎麦 »

2007/09/11

登美の丘ワイナリー、プレビューイベント その2

ブロガー限定イベント「技師長が語る特別ワイナリーツアー」に参加して、の続きです

貯蔵庫で樽熟成とビン熟成されたワインの奥の部屋でテイスティングです022

020

用意されていたワインは6種類

左から

1.登美の丘(白)2005/辛口/720ml/\3,167

2.特別瓶熟品 シャルドネ1992/辛口

3.登美(白)2004/辛口/720ml/\10,500

が白ワインで

同じシャルドネでも熟成などによる違いを味わってもらうためのもので

3番の登美は、一房の中から完熟した実だけを選りすぐって作られたものとのこと

当然、お値段はそれなりになりますよね

4.登美の丘(赤)2005/フルボディ/720ml/\3,167

5.特別瓶熟品 メルロ1999/フルボディ

6.登美(赤)2003/フルボディ/720ml/\12,600

の3種類が赤ワイン

さすがに飲み比べるとド素人の私でも違いはわかります

ただし

大川所長もおっしゃっていましたが

古いもの、高いものが全ていいとは思いません

お酒は嗜好品であり

好みは人それぞれでいいのだと思うのです

元々甘いものがそれほど好きではない私などは熟成されすぎたワインは甘すぎる感じがして「どうもなぁ~」って感じがしてしまいます

若く少し角があるようなヤンチャ系の方が合っている?

見た目と合っている?(笑)

また、一緒にいただく料理の種類によって色々選べるのがワインのいいところかもしれないとも思います

ところで

味に個人差はあっても

「甘い」とか「辛い」とか「苦い」とかは言葉でも伝わる気がするのですが

「まろやかな味」ってのはどんな味?

中には「まろやかな風味がする」なんていう表現使う人までいるけど

それってどんな味で、どんな風味なのか?と時々思うことがある

自称「グルメ」と称する人ほどそんな表現を多用する傾向がある気がするのだが

伝え方としてはイマイチ、いやそれ以下ではないかと思うのだが・・・

話が少しずれましたが

まぁ、日頃飲む機会のないような高価な、希少なワインが飲めたことはありがたい経験であったと思います

このテイスティング会場でも大川所長の熱弁は続き

渋滞で到着が遅れ、進行を考えた別のスタッフから「時間が・・・」と言われ

話を途中で切り詰め、先へ進むことになる場面もありました

渋滞さえなければ・・・という感じです

テイスティングを終え貯蔵庫を出ると

工場の方々がトラックから収穫されたぶどうを降ろしていました

大川所長をはじめ工場の方々が早朝4時から収穫したものだそうです

028

026

降ろされたぶどうは破砕機へ入れられ

031

ワインへと生まれ変わっていくわけですよね

その後、レストラン「ワインテラス」に移動し昼食です

こちらで出されたワインは「登美の詩 赤」と「登美の詩 白」でレストラン「ワインテラス」で通常出されているものだそうです

036

ちなみに

こちらのお値段は720ml/\1,910だそうです

スープとサラダに

037

料理は特別に2品

「茄子とモッツァレラチーズのトマトたっぷりパスタ」と

039

「生ハムで包んだ甲州ワイン豚のグリル フレッシュトマトソース」

040

パスタはトマトの酸味が利いていて美味しく

ブロガー限定ツアーだから大盛り?と思うほどの充分な量で

白ワインをたっぷり飲ませて育てたワイン豚のグリルの方も柔らかくジューシーでとても美味しくいただかせてもらいました

最近、ビール飲ませたり、ワイン飲ませたりと手間隙にお金もかけた豚を味わう機会が増えていますが

やはり美味しい!

乳牛などもいい音楽聴かせたりすると乳の出がいいとか

私もビールにワイン飲んでいるのだから

これでクラッシック音楽でも聴いたら美味しくなれるのだろうか?(笑)

人間の場合、メタボリックになるだけかな?

その後

レストラン隣の眺富荘に移動し

ワインを飲みながらの懇親会でした

この懇親会も本番のツアーにはないそうです

こちらにもワインにあう料理がたくさん用意されていたのですが

写真を撮り忘れました

なぜかって?

酔っ払っていたからではありません!

テイスティングと食事のワイン程度では酔っ払うほどではありませんよね

理由は

外のテラスに出て我慢に我慢を重ねていたたばこ吸っていたからです

048

ガーデンテラスからは甲府盆地が眼下に

043

美味しいワインをいただいて

美味しい料理を食べて

景色のいいところで一服はやはり最高!

こちらでもやはり市販されていないワインをいただきました

044_2

最後は

バスに乗って眺望台へ移動し

ぶどう畑の見学と説明です

眺望台への道は途中スイッチバックになっているところがあり

バスは1度頭を突っ込み

そのままバックで坂を登り

登りきったらまた前進するわけです

このスイッチバックは

登美の丘のぶどう畑の歴史は古く

昔は木炭車で収穫したぶどうを運搬していたため

馬力のない木炭車では急坂を登れずスイッチバックの道になっていたそうで

現代の車なら楽々登ることは出来るのですが

わざとその名残として変えないのだそうです

この道を昔のぶどうの代わりに見学者を木炭車で運んでくれるともっと楽しいだろうが

今時「木炭車」は北朝鮮へでもいかないとないだろうから無理ですね

眺望台はこの登美の丘ワイナリーで一番高いところだそうで

054

ぶどう畑が眼下に広がっている

056

天気のいい日には遠くの山々が見れるようだ

060

059

眺望台を降りてぶどう畑で大川所長の説明を聞く

相変わらず熱心に説明していただける大川所長

なんともありがたい!

帰りの時間を心配して「短めに」とお願いする別のスタッフの言葉に邪魔されながらも熱のこもった説明は続く

私のそばにいらした技師長の方に

「大川所長は日頃、家族や部下に話を聞いてもらえず、今日はみんなが熱心に聞くものだから嬉しくてあんなにも熱心にお話してくれるのですかね?」と冗談交じりに聞くと

笑いながら「ノーコメントですね」と返された

ある意味、信念を持ってワイン作りをされているから雄弁になるのかもしれない

ぶどう畑はこんな感じで

063

064

ネットは鳥よけだそうだ

ぶどうの房は意外と低い位置にあり

収穫作業はちょっと大変そう

私が先程の技師長の方に

「このワイン用のぶどうは私たちが日頃食べているぶどうと味が違うのですか?」と聞くと

「とって食べてみていいですよ」言ってくださったので食べてみることにした

味はというと充分甘い

生食用に品種改良されたぶどうよりもやや小粒ではあるが

糖度は充分ある

糖度計でみると18ぐらいで

収穫時には糖度20を超えるとのこと

日頃食べている生食用のものとの違いは

皮が厚いということだろうか

赤ワイン作りにはこの皮の部分が重要なのだろう

折角のチャンスなので、お言葉に甘えて少し離れた別の樹のぶどうも食べてみた

やはりこちらも充分甘いし

皮の厚さは、なんか昔に食べた覚えがあるような食感がした

品種改良に改良が重ねられて食卓へあがる現代のぶどうとは違う感じで

遥か昔の子供の頃の記憶が少々戻った気がして

ワイン用ぶどうを実際に食べてみることが出来たのは貴重な体験だと思う

こんなことが出来るのも

ぶどう畑を持った登美の丘ワイナリーならではであり

折角のツアーなのだから

耳で聞くだけ、目で見るだけじゃなく

味わったり、触れてみたりと五感で味わうことこそ意味があると思うし

日頃体験できないことが体験できてこそ有意義なイベントだと思う

これにて登美の丘ワイナリーの見学ツアーは終了

大川所長をはじめこちらのスタッフの方とお別れしてバスは帰路につくことに

帰りの中央高速も行きほどではないが渋滞していて

新宿に到着したのは19時半前

お世話になったサントリーのスタッフの方々にお礼の挨拶をしてバスを降りると蒸し暑い空気に包まれ

現実に戻された感じがする

とても楽しいイベントに参加しての1日だったから余計そう感じたのかも・・・

これから徐々に涼しくなる季節

もうじき紅葉もはじはりますから

興味のある方は山梨県の観光ついでに登美の丘ワイナリーに寄ってみるのもいいのではないかと思います

ただし、飲酒運転はNGですし

行き帰りの渋滞にはご注意を!

|

« 登美の丘ワイナリー、プレビューイベント | トップページ | ゆきくまと蕎麦 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/16404705

この記事へのトラックバック一覧です: 登美の丘ワイナリー、プレビューイベント その2:

» サントリー登美の丘ワイナリー「ワインテラス」でランチ in 山梨 [東京グルメ散策日記]
登美の丘ワイナリー「ワインテラス」でランチ [続きを読む]

受信: 2007/09/13 20:38

« 登美の丘ワイナリー、プレビューイベント | トップページ | ゆきくまと蕎麦 »