« MR-S洗車 | トップページ | 巾着田の曼珠沙華 »

2007/09/25

新幹線で越後湯沢へ

土曜日に上越新幹線で越後湯沢へ行って来ました

我が家からなら関越自動車道にのって行けば

それほど遠くはないのですが

3連休の初日で天気が良さそうでもあり

渋滞に巻き込まれての移動が嫌で

今回は新幹線で行ってみることにしたのです

電車で行った場合、着いてからの移動手段をどうしよう?というのが問題で

レンタカーを借りるのも1つの方法ですが

ネットで調べてみると

「乗らっしゃい!こころ号」というバスが出ているのを発見!

このバス、9月1日~11月26日の間の毎週土・日・月曜日に午前、午後の2便が運行しているとのこと

コースもいくつかあり

それがカレンダーに書かれており

この日の午前中の便はAコースとなっていた

午前便の時間は9時半~12時半までの3時間

これに乗るための熊谷駅発の新幹線を調べると

7時48分発の「とき」で行くしかない

越後湯沢駅到着は8時40分とかなり早く着いてしまうが

それしかないので仕方がない

乗車時間は52分だが

行楽に立って行くのも嫌なので前日に指定席を取り乗り込んだ

車内はほぼ満席

熊谷駅停車の各駅停車新幹線は

本庄早稲田駅、高崎駅と停車しトンネルの中へ入る

長いトンネルを出ると上毛高原駅へ停車し

再びトンネルへ

まるで地下鉄のようだ

再びトンネルを出ると越後湯沢駅

001

駅西口を出るとすぐ右手に湯沢温泉総合案内所があったが

シャッターが下1mほど開いているが、まだ営業開始していない

どうやら9時始まりらしい

駅構内や近くを散策したり、たばこ吸ったりして時間を潰し

9時過ぎに再び行ってみると開いており

「乗らっしゃい!こころ号」の切符を買って、乗り場を教えていただきそちらへ移動

乗り場はすぐ近くで

055

脇には無料の足湯もあった

やがて8時20分ごろにバスが来て乗車

004

定員は45名とネットにあったが

この日乗車していたのは15名ほど

ガイドさんが地元訛りをふんだんに織り交ぜながらとても親切に案内してくれる

まずは瑞祥庵という400年もの間、豪雪に耐えてきたお寺へ

006

山門を抜けると苔むした石畳に風情があり

栃の実がたくさん落ちている

011

欄間の彫刻は群馬県から運んできた大きなケヤキの1枚を使ったものだそうだ

ガイドさんによると

今のように重機も運搬手段もない昔のこと

雪が降るのを待って、ソリで運んできたとのこと

008

再びバスに乗り、次に向かったのは大源太キャニオンというところ

名前の「キャニオン」は終戦後避暑に訪れたアメリカ人が

グランドキャニオンの風景と似てるとのことでつけられたとのことだ

グランドキャニオンへ行ったことのない私には似てるかどうかはわかりませんが・・・

012

016

バスに戻りながら空を見ると

雲の感じは、すっかり秋

019

最後は、奥清津発電所OKKYへ

石積みのダムで

020

021

水力発電としては日本で2番目に発電量だそうで

山頂にもう1つ貯水池があり

昼間はそこから水を落とし発電し

夜の間に夜間電力を使ってポンプで水を再び山頂の貯水池へくみ上げて水を再利用しているそうだ

館内の見学に入ると

タービンの回るすごい音がしている

024

近づくと振動も感じられ

あらためて「水の力」の凄さを感じずにはいられない

バス観光はこれで終了で

下車は乗り込んだ越後湯沢駅西口やロープウェイ乗り場でも出来るとのことで

私はロープウェイ乗り場のロータリーで降りた

時間は12時半

お腹も空いたのですぐ脇の033 お蕎麦屋さんへ

時間が時間だけに少々混んでいて順番待ちをして席へ

頼んだのは

へぎ蕎麦と舞茸の天ぷら

032

031

写真ではわかりづらいかもしれませんが

舞茸はとても大きく美味しかった

伊香保温泉下の有名になって高いだけの水○うどんとは大違いって感じ!

美味しく蕎麦を食べ終えロープウェイでアルプの里へ

036

この日は暑かったせいか標高1000mのわりには涼しさをさほど感じなかったのが残念!

高原植物はやはり涼しい中で見たいものだ

034

037

043

ロープウェイで山を降り

駅まで歩いている途中にこんなものを発見

048

いすず製のボンネットバスに

スバル360

050

マツダのキャロル

051

ダイハツ、ミゼット

052

どれもすごく綺麗で

ナンバープレートがちゃんとついているということは公道を走れるということだ

所有しているのは「いなもと」さんというホテルのようだ

053

帰りは越後湯沢駅始発の各駅停車新幹線で帰ることに

始発なので指定はとらず自由席に乗った

案の定というか

056

MAXたにがわ416号は越後湯沢駅を出た時点では

1両に7、8人しか乗っておらず

高崎駅でやっと満席になるような状態でした

越後湯沢というとスキーという感じですが

これからの紅葉シーズンに行ってみるのもいいかもしれません

|

« MR-S洗車 | トップページ | 巾着田の曼珠沙華 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

朝早くから、すみません。
はじめまして、チエと申します。
フルーツ牛乳の検索から、たどり着きました。
カー助さんのブロブは、私の好きなものが、たくさん散りばめられていましたので、コメントさせていただきました。
いや~、なつかしい。
ボンネットバス、スバル360、キャロルにミゼット。
どれもよい状態ですねえ。それも、ナンバー付き。
温泉も好きですよ~。
また、お邪魔させてください。

投稿: チエちゃん | 2007/09/26 05:33

チエちゃん

はじめてのコメントありがとうございます
私のブログの中にチエちゃんの感性にあうものがあったようで何よりです
ボンネットバスもスバル360もキャロルもミゼットもあんなに綺麗でナンバー付きだと乗ってみたいですよね
チエちゃんのブログも少し拝見させていただきましたが
「昔のことをこんなに覚えている人がいるんだぁ」と感心してしまいました
それと「ロータリーエンジン」のことも知ってるなんて凄いじゃんとまたまた感心でした(笑)
今後も時々コメントしていただければ励みになりますのでよろしくお願いします

投稿: カー助 | 2007/09/26 10:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/16567725

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線で越後湯沢へ:

« MR-S洗車 | トップページ | 巾着田の曼珠沙華 »