« 大谷資料館 | トップページ | テレビが壊れた »

2007/10/29

花壇になった歩道

ウォーキングも毎日同じコースだと少々飽きてくるので

コースを色々変えながら歩いています

日頃、車で通り過ぎてしまう道も

歩いてみると違って見えたり

車からだと見えないものが見えたりするもので

それはそれで新鮮であると共に

楽しくもあります

001

歩道のアスファルトの裂け目から咲いている花たち

きっと、どこからか飛んできた種が

偶然そこに落ちのだろう

私の感覚では

「朝顔は夏休みに咲くもの」だが今も咲いている

002

用水路のフェンスに絡まりながら・・・

用水路とフェンスのわずかな隙間にも

003

車道側にも

004

歩道の真ん中のひび割れがもう少し大きくなったら

来年はそこにも咲くのだろうか?

|

« 大谷資料館 | トップページ | テレビが壊れた »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

車でいつも通る道も、歩いてみると全く違った景色に見えるから不思議です。
新たな発見があったりしますね。

植物の強さにも、驚きます。
アスファルトのほんの隙間に、芽を出して、こんな花を咲かせるのですからねえ。
タネを飛ばして、また来年、何処かで咲いてほしいものです。

投稿: チエちゃん | 2007/10/29 20:45

チエちゃん

コメントありがとうございます
確かに植物の生命力って凄いですよね
手をかけられ綺麗に咲いた花もいいですが
こんな花たちにも心をひかれますよね
そうですね。また来年もどこかで咲いてくれると思います

投稿: カー助 | 2007/10/29 21:35

アサガオも鶏頭も間違いなく同じところに来年も咲きます。
そ言う植物なので断言できます。

投稿: 玉井人 | 2007/10/29 22:32

あの~、玉井人さん、
ケチつけるわけじゃないんですが、
私のロマンチックに浸りたい気分も察してね!(笑、エヘヘ)

投稿: チエちゃん | 2007/10/30 06:15

玉井人さん

コメントありがとうございます
ケイトウは「鶏頭」なのでしたね
漢字を見て、ニワトリの鶏冠に似てるからこの名前だったのだと思い出しました
種のいくつかは、うまくアスファルトの隙間に落ちるということですかね

投稿: カー助 | 2007/10/30 09:30

チエちゃん

コメントありがとうございます
ロマンチックに浸っていましたか~(笑)
1年後にまた咲いていたら
「今年も咲きました」とブログに書きますよ
それと、飛ばされた種が近くで咲いている可能性もありますから
来年はその周りも捜索してみたいと思っています

投稿: カー助 | 2007/10/30 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/16907598

この記事へのトラックバック一覧です: 花壇になった歩道:

« 大谷資料館 | トップページ | テレビが壊れた »