« 川越散策 | トップページ | ゴールドブログ »

2007/10/16

亀田問題に思うこと

テレビのニュースでは亀田家へのJBCの処分が伝えられている

正直、私は処分の内容にあまり興味が無い

気になるのは

「若さ」ということ

処分に対し「まだ若いのだから・・・」「これからがあるのだから・・・」という考えがあるようだ

ボクシングにはウエイトという階級がある

しかし、「若いから」「年を取っているから」ということによる区別は無い

リングに立つ以上、年齢は関係ない

ごく一部のスポーツを除いて年齢は関係なく

戦った後に「若さ」を理由にすべきではないと思う

ましてプロである以上

「若い」を理由にファイトマネーが少なくなるわけでもないわけで

「若さ」を理由に差別されることは無いはずだ

大毅の反則行為に対しセコンドをつとめていた父親は

「反則行為は故意ではなく、若さ、未熟さが原因」と言っているようだ

大毅の若さ、未熟さに父親はあの日まで気づかなかったのだろうか?

それまでの小学生レベルの言動を聞きながら「若さ」「未熟さ」に気づくべきであり

また、気づいて当然だと思う

都合が悪くなったら「若さ」を言い訳にしていることに大いに疑問を感じる

さらに

大毅の「切腹」発言を放置しておいたことは

もっともっと問題だと思う

「切腹」などと馬鹿な発言をした時点で

命の大切さを説いて教えるべきであり

それが出来ない父親にこそ私は未熟さを感じてならない

もうひとつ気になるのは

TBSの変わり身の早さだ

視聴率をかせぐために未熟な親子を散々のせておいて

世間が騒ぎ出したら

手のひらを返したようにバッシング

このTBSの視聴率のためなら何をやってもかまわないという姿勢と

世界戦をやれば金が儲かるという大人の姿勢と

それを演じさせられたピエロの亀田一家だったのではないか?

目先の利益ばかり考えている自称マスメディアのTBSには「ピエロが反則をする」というシナリオは用意されていなかったようだが・・・

問題になればなったで

何の反省も無く、他人事のようにそれをまた放送して金儲けしているTBSのようなテレビ局こそ一番バッシングされるべきではないだろうかと私は思う

|

« 川越散策 | トップページ | ゴールドブログ »

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私の場合、記者会見場で騒ぐのは格闘技として後の試合のために話題ができていいと思っているのですが・・
亀田一家のあのしゃべり方はどうしても耳障りでした。

同じ事を多くの人が思っていたことが今回の各放送局のバッシングで明らかになった気もします。

同じビックマウスでも「難波のジョー(タツヨシ)」のようなユーモアがあったなら違ったことでしょう。

投稿: 玉井人 | 2007/10/16 17:33

玉井人さん

コメントありがとうございます
ビッグマウスと幼稚な発言は全然違うと私は思います
特に「切腹」発言などビッグマウスでも何でもないのではないかと思います
それに
バッシングが始まったら出てきて発言すら出来ないのではビッグマウスどころか今までの発言は負け犬の遠吠えじゃないでしょうか?
処分に対する父親である史郎の
「成長段階の大毅への1年のライセンス停止は長すぎる」というコメントからも
未熟者の泣き言は読み取れても真の反省は無いように思いますよ
本当に息子のことを考えられる父親なら
「JBCの処分は1年のライセンス停止だが、1人の大人として1人のプロボクサーとして肉体的にも精神的にも恥ずかしくない男になるよう親子で2年でも3年でもかけて出直します」ぐらいのことを言ってもらいたいものだと思います
ボクサーとしての息子達の選手生命は短く
その後の人生はそれ以上に長いはずです
その後の人生まで考えてあげるのが親ではないでしょうか?

投稿: カー助 | 2007/10/16 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川越散策 | トップページ | ゴールドブログ »