« 想像と現実 | トップページ | テレビはウソもOK? »

2007/11/28

ポンポン山

おとといの「ぽんぽこぽんのぽんぽん」に

さじカンさんがコメントに入れてくれた

さじカンさんの住まれている町にぽんぽん山というのがあるという話で

「こちらにも『ポンポン山』というのがある」と思い出した

と言っても、その存在は知っていても

私は実際に行ったことがなかったので

昨日、ランチに出たついでに行って来ましたポンポン山!

場所は埼玉県は吉見町

高負彦根神社の裏の山

山と言うよりは『低い丘』という感じです

001

問題のポンポン山は社殿の奥で

003

005

岩山の一部で強く踏むと「ポン」と音がするというものです

006

写真の左のあたりが音のする場所とのことで

何度か飛び跳ねてみましたが

確かに音はするものの

「ポン」という綺麗な音ではない感じがします

私の跳ね方が悪いのか

体重が重すぎるのか・・・(笑)

山の上から東方向を見ると

昔の荒川のなごりの低地が広がっていて

眺めはなかなかいい感じです

007

ところで

なぜこのポンポン山という名前を私が知っていたのだろうと考えていたのですが

知り合いが「昔、ポンポン山ヘルスセンターってのがあったよね」というので思い出しました

それは

私が小学校低学年の頃だと思うのですが

母親に連れられて

そのポンポン山ヘルスセンターへ行ったことがあったということ

その時、子供心に「ポンポン山?変な名前」と思ったのでした

今じゃ50のじいさんも

昔はかわいい子供だったのです(笑)

|

« 想像と現実 | トップページ | テレビはウソもOK? »

ドライブ」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

安達太良山を我が村では毎日見ることができますが、このやまを私たちは「乳首山(ちちくびやま)」と呼んでいます。

私のマイフォトギャラリー「安達太良山」を見ればなぜそう呼ばれるかすぐにわかりますよ

投稿: 玉井人 | 2007/11/28 23:41

おお〜!これがカー助さんの住んでいる町のポンポン山ですか?
やはりポンポン山は低いのですね?こちらでもそんな感じの山です。
何でポンポンとなるのでしょう?
山の中が空洞になっているのでしょうか?不思議です。
いつかさじカンの町のポンポン山にも行ってみたいと思います。

それにしても、カー助さんの行動力には脱帽です。

少しは見習わなきゃ〜!

さじカンの腰が重いこと重いこと。(^^;)あははは

投稿: さじカン | 2007/11/29 00:31

玉井人さん

コメントありがとうございます
山とか岩とかの別名は
見た印象とか伝説とかからきているものが多いですよね
「亀」とか「龍」が呼名に多く使われているのは
縁起がいいということもあるのですかね?

投稿: カー助 | 2007/11/29 09:34

さじカンさん

コメントありがとうございます
というか、流れからいってコメントせざるをえなかった?(笑)
音の原因は内部の空洞でしょうね
その名前が、あっちでもこっちでも同じ「ポンポン山」というのが偶然にしては出来過ぎですよね
ハイ、好奇心旺盛な私は腰軽ですよ(笑)

投稿: カー助 | 2007/11/29 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 想像と現実 | トップページ | テレビはウソもOK? »