« 笑える車 | トップページ | 想像と現実 »

2007/11/26

ぽんぽこぽんのぽんぽん

土曜日にJR東日本のホリデーパスを使って

房総方面へ行って来ました

ホリデーパスは指定区間内乗り放題で1日2300円

内房線は木更津駅まで行けます

木更津駅で下車し

レンタカーを借りて

まずは鋸山へ

天気が良かったせいか

鋸山ロープウェーの入り口は大渋滞しており

ロープウェーをあきらめて

その先の有料道路にてクルマで山頂近くの駐車場まで行き

そこから歩いて山頂へ

005

山頂からは左右に東京湾が見えます

001

南側は天気のいい日には大島も見えると書いてありましたが

この日は穏やかで霞んでいて見えませんでした

003

少し先の切り立った崖で下が覗けるポイントには人影も見えていました

004

ここへは風が強く空気が澄んでいて遠くまで見通せる時に来るのが最高かもしれません

その後、木更津市内へ戻り

中の島大橋の近くで昼食を

内房といえば貝ですが

シーズンじゃないせいか

少々大味な感じで

夏ごろにでもまた来ようかという感じでした

中の島大橋は

小さな島(?)へかかる大きな歩行者用の橋で

008

渡ってみましたが

なんとも税金の無駄使いという感じですね~

お土産を買いながらあさりフライなどを食べながらあちこちまわってから木更津駅へ

この駅の発車チャイムは

「しょうじょう寺の狸囃子」です

みんなが知っている童謡のせいか

ノリのいいメロディーのせいか

ホームで電車を待っていると

置物の狸のような体型のおばさんが

チャイムの最後の部分の

「ぽんぽこぽんのぽんぽん」というのにあわせて

右手で下っ腹鼓を軽く叩いているのを見てしまい

この日一番の楽しい思いをさせていただいたような気がしました

|

« 笑える車 | トップページ | 想像と現実 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

絶景かな!
房総は暖かそうですね。
福島は22日、雪が降って、慌ててタイヤ交換をしました。
ぽんぽこぽんかあ!
カー助さんを見習って、運動しなければ・・・・

投稿: チエちゃん | 2007/11/26 21:24

わ〜ステキな景色ですね。(^o^)

バスか〜何年くらい乗ってないだろう・・・。

今はどこに行くにも車なので、たまにはのんびりとバスに揺られるのも楽しいでしょうね。

カー助さんは小さな旅がお好きなんですね。
さじカンも前はよく行ってましたが、最近はあんまり出かけることがありません。
カー助さんの記事を読んでいると自分も出かけた気分になります。(^^)

ぽんぽん←で思い出しました。さじカンの町には「ぽんぽん山」という小さな小さな山(標高24.6M )があって、何でもその山のてっぺんで飛び跳ねると「ぽんぽんっ」と音がするのでその名がついたそうです。
(地図上の正式な名前は小島山というのですが)
本当かどうか、いつか試そうと思っています。

投稿: さじカン | 2007/11/27 08:50

チエちゃん

コメントありがとうございます
鋸山へ登っていく有料道路の両側には
いかにも南国!という感じの植物が植えられていました
房総は関東で一番先に春が来る地ですからね
福島はタイヤ交換ですか
この辺りは、雪は年に1、2回降るか降らないかですから私はチェーンですませていますよ
ダイエットというよりも
健康のために無理のない程度の運動は大事かと思います
一部例外として
ぽっちゃりがカワイイ人もいますが・・・(笑)

投稿: カー助 | 2007/11/27 10:06

さじカンさん

コメントありがとうございます
「バス」ではなく電車とレンタカーでの移動でした
「ホリデーパス」を「バス」と勘違いされたのでしょうか?
小さな旅が好きというよりは
大きな旅行に行けないだけという感じもしますが(笑)
小さな旅であちこち行くのも、それはそれで楽しいですけどね
ブログのいいところは
読んで出かけた気分になれたり
昔を思い出せたりできるところですね
偶然ですが
こちらの方にも「ぽんぽん山」というのがありますよ
地層の中に空洞があるらしく
同じように歩くと「ぽんぽん」と音がするらしいです
近いうちに行ってブログネタにしたいと思います(笑)

投稿: カー助 | 2007/11/27 10:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/17193659

この記事へのトラックバック一覧です: ぽんぽこぽんのぽんぽん:

« 笑える車 | トップページ | 想像と現実 »