« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008/01/31

幼児靴になってしまったナイキ

私は日頃、事務所ではラフな格好で仕事をしています

もちろん、客先へ出かける時には

スーツにネクタイ着用です

そのため、急遽の外出用にスーツ、ネクタイ、Yシャツ、革靴は常に事務所に置いてあります

今日も出かける予定の無い私は

いつも通りラフな格好で出社

事務所に着き

サンダルに履き替えようとしたその時

どこからか「ピュー」というかすかな音が聞こえた

「何か踏んだか?」と思い

足元を見るが、何も無い

「うん?」と思い歩いてみると

履いている右足のスニーカーから音は出ていました

右足のカカトに力を入れると「ピュー」と音がする

001

だいぶ履き古したナイキのスニーカー

どこかに小さな穴が開いて

空気が漏れて音がしているようです

004

それはまるで幼児用に

歩き回ると音が出るように笛の仕組みが組み込まれた靴のよう

あれは確か靴が浮くと空気を吸い込み音がする仕組みだったと思うのですが

私のは体重がかかり空気が抜ける音がするようになってしまったようです

幼児ならそんな靴も可愛いですが

50のオヤジが歩くたびに「ピュー」と音させていても可愛くも何ともないわけで

幸い、まだ音は小さく

余程静かなところでなければ誰も気づかないとは思うのですが

買い換えなければダメなようです

あ~ぁ、履き慣れて気に入っていたのになぁ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/30

湯たんぽ

10日ほど前だった

ばあさんが夜、湯たんぽにヤカンのお湯を注いでいた

私が「湯たんぽの余っているのはないの?」と聞くと

「使うのかい?○○○(私の嫁に行った娘)の使っていたのが余っているけど・・・」と

その夜から湯たんぽを愛用している私

決して冷え性でもない私は

若い頃は当然「そんなもの使えるか!」と粋がっていたのですが

何十年ぶりにか使ってみると

これがなかなかいい!

私が子供の頃に使っていた湯たんぽは

ブリキのやつで明け方には冷たくなっていましたが

今のはこんな樹脂のやつで

003

袋に入れて使っています

001

私は両足を少し開き

くるぶしの辺りに置いて寝ています

感じは、ちょうどコタツに入って寝ているような暖かさで

何とも心地よく眠れます

まぁ私の場合、元々寝つきが非~常によく

世の中に「寝付けない」という人がいることが信じられないくらいなのですが・・・

話が少しそれましたが

「さすが科学の進歩!」と思うのは

朝、目がさめてもまだそれなりに暖かいということです

知り合いにこの話をしたら

「うちのばあさんはそのお湯で朝、顔を洗っていた」と言っていました

やはり、お年寄りはエコ上手ですね

そんなばあさんを笑えない年齢になってきて湯たんぽ愛用者になった私です

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/01/29

受益者は誰?

国会では道路特定財源の暫定税率の維持と廃止が議論(?)になっています

いや、正確には議論にも何にもなっていない感じですが・・・

そもそも暫定税率分は30数年も延長に、再延長に、再々延長されてきた

与党である自民・公明両党は

暫定税率分がなくなると道路の建設・維持管理が出来なくなるという

町村官房長官などは

パネルまで用意して

開かずの踏み切りの解消だとか

除雪が出来なくなると言っているが

30数年も暫定と言いながら徴収してきた税金で出来なかったことが

10年延長したら本当に出来るのだろうか?

それと、豪雪地帯の除雪は生活必需事業であり

道路特定財源で行うことではなく違う財源をあてて行うことが妥当なのではないだろうか

仮に、暫定税率の維持が本当に必要ならば

見え透いたメリットだけを並べるのではなく

暫定税率分が実際にどの様に使われているのか具体的に国民に示して議論されるべきではないだろうか?と思う

それが出来ないのは

国土交通省が自分たちの天下り先の何とか財団に無駄な多額の支出をしていることが表に出てしまうからであり

自民党有力議員の地元に無駄な道路を作り

そのこが自民党議員の集票となっている実態が明らかになることがいやなのだろう

まぁ、ここには自分たちの血税で無駄なものを作ってもらって投票してしまう人達がいることも事実なのだが・・・

そもそも、道路特定財源は

道路利用者がその建設・維持を負担するという「受益者負担の原則」により始まったものだ

当然、その税金の全てが本来の目的に使われなければ、その論拠はなくなる

しかし、現実には「関連事業」の名のもとに多額の無駄使いがされている

自民党議員の多くは

暫定分の財源が無くなったら国民生活が困るというような発言をしている

それはまるで

湯水のような財源が無ければ自分たちの政治能力では何も出来ないと言っているに等しいとは気づかないのだろうか?

30数年無駄使いに慣れに慣れてしまった国会議員の先生方と国土交通省の役人達に

今更「質素な」いや「厳密な税金の使い方」は無理な話なのだろうと思う

誰かは、欧州ではガソリンは200円台だと言う

こんな話はよくある話で

他国の都合のいい部分だけを持ってきての比較はおかしくないだろうか?

それでは、諸外国との自動車重量税の違いはどうなのか?

ドイツの高速道路アウトバーンは通行料無料だ

日本は無料開放するはずであったが未だその見通しすらない

アメリカは日本の2倍以上の人口で国土は数十倍の大きさながら

国会議員の数は日本よりはるかに少ない

本当に国民のために道路が作りたければ

自分たちの議員定数でも減らして財源を捻出して作ればいいのではないか?

まぁ、そんな国会議員は日本には1人もいないだろうが・・・

日本が世界一なのは

役人の天下り団体への税金による「補助金」という名目の支出でだろう

こんな役人に丸投げしないと政治が出来ないのが今の政治家であり

そんな役人が国民生活のことよりも私利私欲のことしか考えていない国会議員に助言する

「先生方や我々のために使う税収が足りませんから、今度は消費税を上げましょう」と

「国民は馬鹿ですから『福祉目的税』とかもっともらしいネーミングすれば『それじゃ仕方がないよなぁ』と納得しますから大丈夫です」と

そして、増えた税収は厚生労働省をはじめとする各省の新たな何とか財団へ補助金として消えてゆく

福祉目的税が創設されても

国民は救急搬送先が見つからずたらい回しされ

役人は退職後の回り先が増えて安泰という構図ではないか

税金が安いか高いかは

単なる金額ではなく

その使い道がいかに国民のために使われているかであり

受益者が国民でなければならないはずだ

その点からいっても今の国会の駆け引きは

的を得ない茶番劇に過ぎないと思うし

国民のために税金を使うためには

最近、死語になった(?)「小さな政府」をまず実現することではないだろうか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/25

17336円

昨日の続きの話です

MR-Sのラジオのアンテナを修理しようと

ネッツトヨタへ電話を入れ

見てもらってきました

結果は

アンテナ下部の破損で

部品交換ということです

当~然、希少車のMR-Sの部品ですから在庫は無く

取り寄せて修理することとなります

見積もり金額は17336円

ちょっと痛い出費ですが

7年弱乗って初めての有償修理ですし

今後もしばらく乗り続けるつもりですので

しかたのないところでしょう

それにしても習性とは恐ろしいもので

昨日の帰り

MR-Sに乗り込んだ私は無意識にラジオのスイッチを入れてしまい

アンテナはウィーンと伸び

ガァーガァーと異音を発し

「あっ!そうだ」とラジオを切ろうとした瞬間

異音が停止

「おっ!これならラジオを聞きながら帰れる」と思い

いつものようにJーWAVEのグルーブラインを聞きながら帰宅することに

そして、自宅に帰り着き

ラジオを切ったのですが

電動アンテナが収納されない!

降りていじってみたり

何度かラジオのスイッチのON、OFFを繰り返しましたが

アンテナは出っ放し

どうやら完全に壊れたようです

それでも前向きな私は

「同じ壊れるなら、出っ放しの方がラジオが聞けていいや」と思うしあわせ者

まぁ1週間ほどの辛抱ですからね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/24

ラジオのアンテナが・・・

おとといからMR-Sのラジオのアンテナの調子がおかしい

MR-Sのラジオのアンテナは

オートアンテナで

ラジオのスイッチを入れると伸びる仕組みになっているのですが

おとといの夜

仕事を終えて帰ろうと乗り込み

いつも、J-WAVEのグルーブラインという番組を聞きながら帰る私はラジオのスイッチを入れた

後部にあるアンテナはいつものように伸び

普通なら止まるのですが

この日はガーガーとモーター音が止まらない

降りて見てみると

アンテナは正常に出ているようだが

どうやらそれを認識して止まるはずのモーターが止まらない感じだ

そのままで、モーターが焼ききれるのも嫌なので

この日はラジオを諦めてCDを聞きながら帰った

CDやMDにすればアンテナは収納されるので

何も聞けないわけではないのですが

やはり、聞きたい番組が聞けないのも不便だ

ラジオのアンテナですから

「走る」ことには何ら問題はないのですが

通勤のわずかな時間とはいえ

「自分の時間」として有効に使うためにはラジオも必要だなとあらためて思わされたりもし

修理に出すことにしました

安く直ることに期待したいな~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/01/23

スノーキャップ

トヨタ自動車のWEBサイトの懸賞で当たった

「スノーキャップ」なるものが日曜日に送られてきました

キャップといっても帽子ではなく

革新的な新コンセプト布チェーンだそうです

002

ノルウェーで考えられたもので

オートソックス社製らしい

こちらも「ソックス?」という感じのネーミングです

実物はこんな感じで

003

004

原理は

氷に濡れタオルをつけるとくっついてしまうのと同じで

接地面(写真の銀色の部分)が布(ポリエステル繊維)で出来ていて

荒く編まれたポリエステル繊維の間に水分が入り滑らないというものだそうです

利点は

軽くコンパクトで収納が楽ということと

内側がゴムになっていて伸びるため

まず接地面以外にかぶせ

タイヤを半回転させて残りをかぶせるということで

取り付けが簡単だということ

さらに、多少ずれてつけても走るうちにちゃんと到着できるとのことです

寒い中、取り付けに時間がかかるのはつらいですからね

もう1つの利点は、鉄やゴムチェーンに比べて振動が起きないということだそうです

ただし

ポリエステルとはいえ布ですので

雪のない路面を走ると耐久性に問題があるでしょうね

まぁ、これは鉄チェーンとかにもいえることですが・・・

雪のほとんど降らない埼玉に住んでいる私にとっては

いざという時には役に立つかもしれないと思います

ネットで調べてみたら

1万円以上する商品らしいです

ちなみに

今日、埼玉県はその年に数回降るか降らないかの雪が舞っていますが

チェーンをつけるほど積もりそうもないので

今回はこのスノーキャップを試してみることはできそうもありません

| | コメント (2)

2008/01/22

1年に1度やって来ます

「1年に1度やって来ます」と言っても行事などではなく

25年来の友人のことです

昨日の朝、携帯が鳴り

見るとUさんからの電話で

「今日暇?じゃぁ行くよ。お昼でも一緒に食べよう」とのこと

電話を切り

「あれ?昨年の今頃も確かUさん来たよな~?」と思い

ブログを見てみると

1年前の1月11日に「久しぶりの再会」と題して書いてあった

突然電話してきて、1年に1度やって来るのもどうかと思うが

同じ年で気の合う友人と会うことはやはり嬉しいものです

埼玉寄りの都内に住むUさんは

軽トラックに乗って11時半頃やって来た

少し話をして食事に出かけ

共通の友人、知人の話で盛り上がる2人

口の悪い2人ですから当然悪口が中心ですが・・・

「年末にSに用があって携帯に電話したのだけれど、電話に出ないから着信見て後で電話来るだろうと思っていたけど電話が来ないんだよ。ふざけた野郎だなと思ってたら、年が開けて年賀状がSから来たから、そのまま封筒に入れて送り返してやろうかと思った」と言うUさん

私が「ヤマトの着払いで送り返してやればいいのに」と言うと

「さすがカー助、そういうこと考えさせると天下一品だね」と大笑い

悪口は大いに盛り上がり

どんどん出てきて長くなる

すっかり忘れていた人も「そんな人もいたね~」と思い出させてくれたり

しばらくご無沙汰している人の近況がわかったりと何とも懐かしくもあったりする

そんな中でUさんが

「アツシが社長になったの知ってる?」と

このアツシ君、十数年前に社長をしていた彼の父親から紹介され

「ビシビシしごいてやってくれ」といわれ

Uさんと2人で

「アツシー!コーヒー買って来い」とか言って1000円渡してみんなの分を買いに行かせたり

暑い時は「アツシー!アイス買って来い」とかアゴで使っていたのだが

今や父親の後を継いで社長になって大勢の社員を使っているとのこと

それも、立派なビルの大きな社長室にいるらしい

Uさんと2人で近いうちに行ってみようかという話になり

「事務員がコーヒー入れてくれたら、俺はこれじゃなく缶コーヒーが飲みたいから「アツシ!買って来いよ」と1000円渡そうかな」と私がいうと

「いいね~、アツシが『勘弁してくださいよ~』って言うのが見たよな」とUさん

さらに

「買って戻って来たら『俺あんぱん食いたいから、アツシ買ってきてくれよ』って言おうかな」と大笑いするUさん

俺たちきっと迷惑な客だろうなとわかっていても行ってみたいSっ気の強い2人

Uさんの帰り際に「また来年!」と私が言うと

「そう言うなよ。新年会やろうよ。久しぶりに飲もうよ」とUさんが言い

「やだよ~。記憶が無くなるまで飲むあんたは迷惑だから一緒に飲みたくないね」と答えた私に

「1年に1度や2度、そんな奴と飲むのもいいもんだよ」と言う

それじゃ少し控えて飲むからとは決して言わないUさん

「俺の周りで、いい年して記憶が飛ぶまで飲むのはUさんとG君の奥さんだけだぜ」と私が言えば

「おぉ!Gは元気?」と話がそれる

まぁ元気に飲めるうちが華ではあると思い付き合うことにしてしまったのだが・・・

| | コメント (0)

2008/01/21

花湯の森 貸切風呂編

以前、何回かブログにも書いた深谷市の温泉施設「花湯の森」

今回はちょっと贅沢をして貸切風呂を利用してみました

ことの発端は

以前は無かった花湯の森のホームページが出来

それを見てみると

何度も行っていたのに気づかなかった貸切風呂があることを発見してしまったのです

貸切風呂は2つあり

6畳の「若竹」と8畳の「竹笛」となっていて

2時間、3時間、5時間の時間制になっています

早速、電話を入れてみると

「電話予約OK」とのことでしたので

「若竹」を2時間の予約を入れ行って来ました

部屋には囲炉裏があり、アンティーク調な作りとなっています

001

畳は床暖房になっていて

温かくなんとも心地いい感じです

お風呂は、竹の庭園が望める露天風呂で

浴槽は信楽焼の壷です

003

お湯は源泉かけ流しとのこと

食事や飲み物はインターフォンで頼むと部屋まで持ってきてくれますので

ゆったりと出来ます

風呂あがりのビールはやはり最高!

室内は禁煙ですが

テラスに小さな椅子とテーブルがあり

そこに灰皿が置いてあり煙草も吸えます

ちなみに

6畳の「若竹」の2時間の料金は3360円

近場で気分転換には、手頃な料金かと思います

やはり夜の方が風情があってお勧めではないでしょうか

| | コメント (8)

2008/01/18

泣かないで

昨日、お酒を飲んで車を置いて帰ったので

今日は久しぶりに電車通勤でした

自宅から駅まで歩いて

駅前のパン屋さんの脇に置いてある灰皿のところで寒い曇り空の下で一服しながら思い出した話

それは30数年前のこと

その日も今日と同じようにどんよりした寒い日だったと思う

高校3年生だった私は

家で大学受験のための勉強をしていました

母親に「電話だよ」と言われ

出てみると同級生の女の子からで

「駅前の喫茶店にいるから出てこない?」と言うので向かうことに

喫茶店のドアを開けると

奥の席に座っていた彼女

向かい合って座り「どうした?」と聞くと

しばらくためらった感じの後

「お父さんの仕事の関係で関西へ引っ越すことになったの」と

その表情は今にも泣き出しそうだ

と思ったら

声を出して泣き出した

「いつ?」と聞いた私に

泣いている彼女の返事はすぐに返ってこない

満席に近かった喫茶店のお客さんはみんな見てる

みんな俺が泣かせていると思っているんだろうなぁと心の中で思いながら

「泣いてたら話にならないから泣くなよ」と言う私に

「うん」と答えたものの、やはり泣きやまない彼女

店内の冷たい視線の中

そこから長い時間が始まった

実際には1時間半ほどだったのだと思うが

私には5、6時間に感じた

そして、相手が泣きながらの会話は実際の時間ほど会話にならなず

後日また会う約束をして別れた

数日後

私は彼女の家の彼女の部屋にいた

また泣かれて冷たい視線にさらされるのが嫌で

私が彼女の家へ行くことになったのだが

この日は落ち着いていたのか

どうしようもない現実を受け入れることが出来たのか

彼女は予想外に明るかった

明るく振舞っていたのかも・・・

彼女の部屋にはピアノがあり

「お前ピアノ弾けるの?」という私に

「私がピアノ弾いたらおかしい?」と彼女

私が「ピアノってイメージじゃないよな~」と言えば

「あなたにとってピアノは顔で弾くってイメージなの?」笑いながら彼女が言った時ドアがノックされ

彼女のお母さんがお茶を持ってきてくれ

2人の話し声が聞こえていたらしく

「顔でピアノが弾けたらテレビに出れるのにね~」と言い

3人で笑った

彼女の母親は笑いながら彼女に「ちゃんと弾けるところ見せてあげれば」と言い部屋を出て行った

「お前のピアノ聴いてみたいな」と言う私に

日頃はなかなか素直に「うん」と言わない彼女が

「うん」と言い

「何がいい?」と聞いてきて

「なんでもいいよ。得意なやつで」と言う私に

しばらく考えて弾き出したのは

サイモンとガーファンクルの「明日に架ける橋」だった

得意な曲ではなく

私の好きだった曲を選んだようだ

おかげで

今もこの曲を聴くと彼女のことを思い出します

その2ヶ月ほどして引っ越していってしまったため

彼女がピアノで弾いて聴かせてくれた最初で最後の1曲だったのに

不思議に今でも耳の奥に残っている感じがしています

| | コメント (6)

2008/01/17

とまらないJT関係へのアクセス

先週、「JTの策略?」と題して

JTの快適空間フリーコーディネイト1000万円分かシャープアクオス37V型が当たるというキャンペーンのアクセスに非常に長い時間がかかったと書きましたが

先週1週間は

「JT」「D-spec」「キャンペーン」「1000万円」「アクオス」などのワード検索により

この「JTの策略?」や、かなり以前に書いた「JTのキャンペーン」や「当たるはJTのキャンペーンばかり」に多くのアクセスがあり

毎日アクセス数は200件を越え

多い日は300件を越えています

1月11日には

JTキャンペーン事務局から以下のようなお詫びメールが届いたのですが

        【D-spec「快適空間キャンペーン」についてのお詫び】

 「JTたばこWebニュース」1/7号にて、D-spec「快適空間キャンペーン」のご案内をさせていたしましたが、当該コンテンツはゲームコンテンツを使用していたことや、アクセスが集中していることなどから、ページ表示に非常に時間がかかっておりました。

 せっかくのご応募に際し、ご不便をおかけし、ご不快なことで誠に申し訳ございませんでした。

おそらく、このメールは会員登録している人全てに配信されたのでしょうが

その後の12日も13日も14日も15日も16日もJT関連の記事へのアクセス数は減ることがありません

「JTの策略?」の中でも書きましたが

こんなに喫煙者がいたの?と改めて思う次第ですが

それと同時に

インターネットが普及すればするほど

1つのミスは大勢に影響するのだとも改めて考えさせられました

今回の場合は

JTの読みの甘さがあったのでしょうが

アクセスなんて、いついかなる時に集中するかわからない世の中になりつつあるのでしょう

なんたって、その影響が私のブログにもあるのですからね

それと

私もしていることですが

昔は調べる場合、関係するホームページを見るだけでしたが

最近は、知りたいことなどはワード検索で誰かのブログも見てみるに広がりました

いいことしか書いてないホームページより

実際に行ったり、食べたり、体験した人の意見も参考にしようと考えるからです

もちろん、そこに書かれているのはあくまでその人の主観であり

全てを鵜呑みにすることは出来ませんが

何人かのブログを見たりすることは大いに参考になったりしています

中にはたまたま訪れたブログが気に入り

お気に入りに登録してその後も訪れてみたりしているものもあったりします

自分に似た人がいたり

自分の知らないことを教えてくれる人がいるのもネットのいいところかもしれないと思い私は大いに活用しているつもりです

| | コメント (0)

2008/01/16

アフィリエイト追加

左のサイドバーに貼り付けてあるアフィリエイトを追加しました

1番上は「goo リサーチ」で

おなじみgooのモニター募集です

月に数回メールで送られてくるアンケートに答えるとポイントがもらえ

それをためると商品券に交換できます

登録も会費も無料です

ちなみに私も会員登録してアンケートに答えてポイントをためて商品券をいただいています

興味のある方はクリックして会員登録してみてください

上から3番目は「PARCO-CITY」で

PARCOのファッションオンラインショッピングです

女性の方向き?でしょうか

上から4番目は「e-ヱスビーフーズ」で

ヱスビー食品の業務用のプロ仕様スパイス、ハーブやレトルトカレーを徳用価格で販売したり

人気の限定商品の販売や各種キャンペーンも行っています

上から5番目は「ニチレイフーズ」で

ダイエット商品やアセロラ配合商品、低カロリー商品など健康志向の方におすすめの商品を多く販売しています

それぞれ興味のある方はクリックしてアクセスしてみてください

変なページ以外はアクセスしてみると

新しい発見があったり

思わぬものを見つけたりすることもありますからね

えっ?変なページの方が新たな発見がある?(笑)

| | コメント (0)

2008/01/15

半日笑っていました

昨日は娘夫婦が半日出かけるということで

チビを預かることに

ここのところ毎週のように我が家に来ているせいか

我が家にも我が家の住人にも慣れたのか

我が家に来ても泣かないようになってきてます

助かるのは、まだ4ヶ月半ということで

母親である娘が出かける時も「いなくなる」ということがわからないのか泣かないことです

逆に大変なのは、生後間もない頃と違い寝ないこと

赤ん坊ですからお腹が空けば愚図るし

オシメが濡れれば愚図ります

寝顔が手間がかからなくて可愛いのですが

昨日は時々5分ほど寝たと思ったら起きてしまうの繰り返し

外が寒くなければ気分転換に散歩に連れ出すことも出来ますが

真冬の外に連れ出し、風邪でもひかれたらと思うとそれも出来ません

音のするおもちゃでごまかしたり

テレビを見せてごましたりしていて

私がテレビで笑ったらチビもニコニコ

「笑顔に反応するのか?」と思い

「あはは」と笑ってみるとなぜかニコニコするチビ

これがなぜか何度繰り返しても飽きない

面白くもなんともないのに笑うこちらが疲れるほどになっても飽きない様子

チビが愚図りそうになると

「ジージーが笑うからね」と振るばあさん

仕方無しに笑ってみせる私

それを見てニコニコするチビ

001

結局、私は半日笑って顔の筋肉が疲れるほど

自分の子供の成長は

毎日見ていたせいで変化に気づくことが少なかったような気がします

たまに見ることと

自分が年をとって気が長くなり

ゆったりした気持ちで見れるせいか孫の成長の変化の方がよくわかるのかもしれないと思っています

| | コメント (2)

2008/01/11

年賀状

昨年の今頃「台湾からの年賀状」と題してブログを書いたのですが

今年もまた台湾からの年賀状をいただきました

001

差出人は仕事の関係でお付き合いさせていただいている台湾在住の日本人の方

日本の年賀状の多くは葉書ですが

台湾から送られてくる年賀状は毎年封書に入れられたものです

正月らしいのはこちらかもしれません

私も含めた多くの年賀状はパソコン印刷になり

儀礼的になりつつあるのですが

もう何年も何十年も会っていない友人からの

隅に書かれた一言の手書きのメッセージはとても温かな感じがすると共にありがたく読ませていただいています

それは近況報告であったり

「連絡できなくてすみません」という謝りであったり

そこには短い文章にその人の人柄が出ていたりする

それを読みながら

「来年の年賀状の全てに俺も一言手書きで入れよう」と思うのですが

毎年、年賀状を出す全員には書けないままです

ここに私の性格が出ているのだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/10

JTの策略?

ブログを書き始めてまもなく丸3年になろうとしています

記事も650ほどたまり

時々過去の書き込みに大量のアクセスがあったりすることがあります

今回は、先おとといから

いつもは1日平均150件ほどのアクセス数なのに

先おととい、おととい、昨日とアクセス数は200件を越えている

「なんでだろう?」と思い、アクセス解析を見てみると

かなり前に書いた「JTのキャンペーン」にアクセスが多いことがわかった

そして、思い当たる理由も

それは1月7日の夜に

「JTたばこキャンペーン事務局」から送られてきた

「最高1000万円!D-spec「快適空間キャンペーン」実施中」というメールが原因ではないかということ

なんたって1000万円にはインパクトがある

そのメールにサラッと目を通して

「まぁ、あとで時間のある時に応募しよう」と思った私は

「そんなの当たるわけないじゃん!」と思う現実主義者なのだろうか?

ともあれ、応募しなければ当たる資格さえないわけで

指定のURLをクリックしてみた

JTのホームページは未成年不可の登録会員制になっており

私は既に会員登録してあり

(まぁ、だからメールが来るのですが・・・)

IDとパスワードを入力するとクイズの詳細が出てきた

Aコースは、空間フリーコーディネート1000万円で当選者1名

Bコースは、シャープ アクオス37V型で当選者30名

となっており

Aコースの詳細には、自室を好きなように家具や家電製品でコーディネートする費用で最高1000万円までとのこと

Bコースはおなじみ薄型テレビ

万に一つ間違って、どちらでも当たればもうけものと

ここから現実主義者は理想主義者に変わったのです

クイズは2枚の写真の違いを探すというもので

3ステージあると書いてある

欲の皮の突っ張った私は早速「クイズにチャレンジ」をクリックした

画面は、「LOADING」に変わり

1%、2%・・・・・10%と増えていき

なぜか26%でとまって進まない

「アクセスが集中しているのか?」と思いながらしばらく待つが

一向に進まない

たばこに火をつけて更に待つ

1本吸い終わっても画面は「LOADING 26%」のまま

イライアラしながらもう1本たばこに火をつけた

「世の中喫煙者が減っているというのに、そんなにアクセスする人がいるのか?まして、喫煙者全員がアクセスしているわけではなく登録メンバーだけのはずじゃないか?」とイライラ

そのたばこも吸い終わり

「ダメだこりゃ」と思い

しばらくしてから再度アクセスしてみることにした

30分ほどして再度アクセスしてみると

LOADINGにかなり時間をとられたが

なんとか1問目の問題にやっとたどり着くことができた

1問目は上下の2枚の写真の違うところを3箇所見つけて10秒以内にダブルクリックするというもの

違いは簡単に見つかり1問目クリアー

「なんだぁ、数十分かけてたどり着いた問題が10秒かぁ!」と少々腹立たしく思いながら2問目へをクリック

なんだよー!

また LOADING だ

おまけに、今回も59%から進まない

画面は、風車のような絵が回っているが

LOADING 59% は一向に進まない

またまた、たばこに手が行く喫煙者の私

それでも進まないダウンロード!

ただ待っているのも時間の無駄と思い歯を磨いてくることにしたのだが

戻って画面を見ても

まだ86%

更にたばこに火をつけようとして考えた

「これって、日本たばこ産業の策略か?」

このクイズのためにパソコンの前でイライラしているのは間違いなく喫煙者

みんなもこれだけ待たされたら全国で相当数のたばこが消費されたに違いない!

事実、私自身こんなにイライラしたのは久しぶりだ

数分後

やっと2問目が現れ

今度は20秒以内に違うところを5箇所探すという問題

しつこいようだが数十分かけてたどり着いたら今度は20秒かい!と腹も立ってきた

しかし、ここまで時間をかけてここでやめてしまうのもシャクなので3問目へをクリックした

またまた LOADING は15%でとまって動かない

「付き合っていられるか!」と思い私はお風呂に向かった

40分ほどして戻ると

3問目が現れていて

今度は30秒以内に違うところを7箇所見つけるというものだ

なんとか7箇所見つけて

「やったー!終わったー」と思い

応募フォームへをクリックした

ところが

なんだー!

応募フォームへ LOADING

まだまだ続いていたLOADINGの嫌がらせ

数分後

なんとか応募フォームにたどり着き

「Aコースにしようか?Bコースにしようか?」悩むのも馬鹿らしくなり

確率の高いBコースをクリックして長い長い格闘は終わりました

残ったのは

疲労感と灰皿の吸殻の山だったことは言うまでもないですね

| | コメント (4)

2008/01/09

故意と過失

おととし福岡であった飲酒運転による事故の一審判決が昨日福岡地裁であった

判決は業務上過失致死として7年6ヶ月の懲役だ

検察の求めていた「危険運転致死傷罪」は適用されなかった

裁判長の判断は

「酩酊状態とはいえない」というものらしい

「酩酊状態」とはなんだろう?

泥酔して何もわからない状態をいうのだろうか?

それは意識ももうろうとして運転すらできない状態なのか?

百歩譲って、今林被告が酩酊状態じゃなかったとして

酒を飲んで車を運転することが本当に「過失」だろうか?

誰かに無理やり酒を飲まされたのでもなく、自らの意思で酒を飲み

誰に強要されたわけでもなく、自らの意思で飲酒運転をしても

「故意」ではなく「過失」と本当に言えるのだろうか?

それは

人に向けて銃を発砲しておきながら「殺意はなかった」と言っているのに等しいのではないか?

包丁で人を刺しておいて「殺意はなかった」と言っているようなものではないか?

「故意」と「過失」の境はあいまいだ

その時の被告の心の中は誰にもわからない

前後の被告の行動から推察するしかない

今回の福岡地裁の裁判長は

事故後1時間ほど経って、今林被告が大量の水を飲み証拠隠滅をはかったあとの検査を採用し「飲酒状態」ではなく「酒気帯び状態」であるとしている

証拠隠滅をはかったものは

参考にすらされても隠滅をはかった被告に有利な証拠として採用されるべきではないのではないか?

また、事故前の細い道を事故を起こさず通っていることから「酩酊」ではないとしているが

こんな理論が成り立つなら

毎日常習的に飲酒運転を繰り返している奴が飲酒運転で事故を起こしても

昨日まで毎日飲酒運転で事故を起こさなかったのだから危険運転ではないという話にはならないか?

飲酒検問で捕まったドライバーも

そこまで無事に運転してきたから検挙されたのであり

これらにも危険性はないということにはならないか?

さらに

一般道を100kmで走り、十数秒わき見をしていても危険運転にあたらないとの判断だが

今林被告が「わき見をしていた」という証拠はどこにあるのだろうか?

被告の自己保身の身勝手な主張だけが採用されてはおかしくないか?

おまけに

事故現場に今林被告の車のブレーキ痕があるのを

通常の運転ができた証拠としているが

ブレーキは反射的に踏んだものではないか?

それは、自らの命を守るためにとっさに踏まれたものと考える方が妥当だと思うのだが・・・

これらの裁判長の「危険運転致死傷罪」を適応しない論拠は

まるで被告、弁護士が通常の裁判でする言い逃れに似ていると思ってしまうのは私だけだろうか

そもそも

「危険運転致死傷罪」は、飲酒運転による悲惨な事故から生まれたものだ

その成立過程を考えても

飲酒運転に対し裁判所が適用要件に異常に高いハードルをもうけるべきではないのではないだろうか?

時に裁判所は

「社会に甚大な影響を与えた」という理由をつけて厳罰化をすることもある

その一方でこのような判決が出るとはおかしな話ではないだろうか

こんな判決が出ると

日本が三審制で良かったと思ったりもする

検察には上告し上級審で争ってもらいたいと思う

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008/01/08

富岡製糸場跡

6日に群馬県富岡市にある富岡製糸場跡へ行って来ました

この日は天気も良く

小春日和という感じの暖かさ

富岡製糸場跡はご存知の方も多いかと思いますが

世界遺産登録に向けて活動されています

市営駐車場へ車をとめて

5、6分歩いて到着

025

明治の初めに、当時の政府が近代産業発展のために建てたもので

最初の20年ほどは官営で

その後民間に払い下げられ

三井製糸、原製糸、片倉工業と移り変わり

昭和62年3月に操業停止となったとのこと

この地に作られた理由は

この地域が養蚕が盛んで原料の繭が確保しやすいこと

製糸に必要な良質な水が得られること

燃料の石炭が近くで確保できることだったそうです

見学にはガイドツアーがあり

ガイドさんが建物のことや歴史背景などを細かく教えてくれます

006

柱の無い明治の建物が残っていることには驚きですね

001

022

倉庫の壁に白っぽく見えるには窓だそうです

通常、倉庫に窓はありませんが

繭を乾燥させるために必要だったとのこと

023

こういう歴史的な場所を訪れるのもいいものだと思います

訪れていたのは年配の方々ばかりでしたが・・・

その後、自然博物館へ足をのばしてみました

027

手前に妙義山

奥には雪をかぶった浅間山がきれいに見えていました

| | コメント (6)

2008/01/07

泣いたり笑ったり

5日にチビが来て

それを目当てに亡き妻の両親が来たりで大賑わい

日頃、娘と旦那さんと3人暮らしのチビには

大勢がいることが驚き?

聞けば、3日に旦那さんの実家へ行った時も

慣れるまで大泣きしたとのこと

この日も泣いたり笑ったりと忙しいチビ

まだ離乳食も始まっていないので

「食べ物でごまかす」が出来ないからある意味大変だ

大泣きしてミルクをもらったと思えば寝て

寝たと思えばまた起きて

オモチャは遊ぶというより舐めるもの?

004

小さな手も握り方は徐々にではあるがしっかりしてきた

観察していて学んだことが1つ

まだまだアゴが発達していないから

通常は上唇がマンガのアヒルのように三角に前へ出ているチビだが

泣く前になると

その上唇を口の中に吸い込み下唇を大きく前に出して

鼻で大きく「スーッ」と息を吸い

そして次の瞬間泣き出すパターンだ

学習した私は、チビが下唇を前に出した瞬間

抱いてたチビを娘に返す

それは、まるで

膨らむ風船を回しあうゲームのようだ

やはり母親の腕の中は一番安心するらしく

そこへ戻ると泣かない場合が多い

小さいながらも「安心できる場所」を知っているのだろう

来年の今頃は歩いて

怪獣のように何にでも手を突っ込んで起こられているのだろうか?

| | コメント (0)

2008/01/04

寝正月

ここ数年、正月は寝正月になりがち

というより、大掃除を終えたあとの年末からゴロゴロしてる感じです

私の寝正月に一番貢献してくれているのはテレビ番組のつまらなさだと思う

おかげで睡眠が充分すぎるほどとれたのだから

テレビ局各社には感謝すべきだろうか?

元旦も

夕方ウトウトしていると

1階から赤ん坊の泣き声がした

「あれ?5日に娘たちはチビを連れてくるはずなのにおかしいなぁ」と思いながらしばらく泣き声を聞いていた

どうもチビらしい

いや、間違いない!チビ以外に我が家に来る赤ん坊は思い当たらない

泣きやまない様子から「今日は随分ご機嫌斜めのようだなぁ」と思い

泣きやんだら1階へ降りていこうと考える要領のいい私

それにしても今日は泣きやまない

ついに息子が「チビが来てるよ」と迎えに来てしまったので

1階へ降りることに

娘夫婦も初詣をしたりしたあと、することがないので来たとのこと

それにしても

ミルクをもらっても泣きやまないチビにみんな大迷惑

愚図って愚図ってみんなを困らせる

泣かれることに慣れている娘だけが平気な顔してあやしている

1年前はギャルだった娘が

いつの間にか母親の顔になった

独身時代は、化粧とお洒落しか興味の無かった娘が

子供を生んで育てているだけでこうも変わるか?と思うほど

親になり、自分のことよりも子供のことを思うようになるのは自然の成り行きなのだろうが

やはり、子育てが一番人間を成長させるのではないだろうかと改めて思いました

その後、チビは15分ほど寝たと思ったら起きてしまったのですが

さっきまでが嘘のように今度はニコニコ

赤ん坊だから仕方がないと思うと同時に

泣いたり笑ったりの変わり身の早さには

小さくても女?とも思ってしまう(笑)

| | コメント (2)

2008/01/01

明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします

Pntakarabune5

埼玉は快晴で風も弱く穏やかな1年の始まりとなりました

今年1年が皆様にとって良い年になりますように

| | コメント (12)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »