« 17336円 | トップページ | 湯たんぽ »

2008/01/29

受益者は誰?

国会では道路特定財源の暫定税率の維持と廃止が議論(?)になっています

いや、正確には議論にも何にもなっていない感じですが・・・

そもそも暫定税率分は30数年も延長に、再延長に、再々延長されてきた

与党である自民・公明両党は

暫定税率分がなくなると道路の建設・維持管理が出来なくなるという

町村官房長官などは

パネルまで用意して

開かずの踏み切りの解消だとか

除雪が出来なくなると言っているが

30数年も暫定と言いながら徴収してきた税金で出来なかったことが

10年延長したら本当に出来るのだろうか?

それと、豪雪地帯の除雪は生活必需事業であり

道路特定財源で行うことではなく違う財源をあてて行うことが妥当なのではないだろうか

仮に、暫定税率の維持が本当に必要ならば

見え透いたメリットだけを並べるのではなく

暫定税率分が実際にどの様に使われているのか具体的に国民に示して議論されるべきではないだろうか?と思う

それが出来ないのは

国土交通省が自分たちの天下り先の何とか財団に無駄な多額の支出をしていることが表に出てしまうからであり

自民党有力議員の地元に無駄な道路を作り

そのこが自民党議員の集票となっている実態が明らかになることがいやなのだろう

まぁ、ここには自分たちの血税で無駄なものを作ってもらって投票してしまう人達がいることも事実なのだが・・・

そもそも、道路特定財源は

道路利用者がその建設・維持を負担するという「受益者負担の原則」により始まったものだ

当然、その税金の全てが本来の目的に使われなければ、その論拠はなくなる

しかし、現実には「関連事業」の名のもとに多額の無駄使いがされている

自民党議員の多くは

暫定分の財源が無くなったら国民生活が困るというような発言をしている

それはまるで

湯水のような財源が無ければ自分たちの政治能力では何も出来ないと言っているに等しいとは気づかないのだろうか?

30数年無駄使いに慣れに慣れてしまった国会議員の先生方と国土交通省の役人達に

今更「質素な」いや「厳密な税金の使い方」は無理な話なのだろうと思う

誰かは、欧州ではガソリンは200円台だと言う

こんな話はよくある話で

他国の都合のいい部分だけを持ってきての比較はおかしくないだろうか?

それでは、諸外国との自動車重量税の違いはどうなのか?

ドイツの高速道路アウトバーンは通行料無料だ

日本は無料開放するはずであったが未だその見通しすらない

アメリカは日本の2倍以上の人口で国土は数十倍の大きさながら

国会議員の数は日本よりはるかに少ない

本当に国民のために道路が作りたければ

自分たちの議員定数でも減らして財源を捻出して作ればいいのではないか?

まぁ、そんな国会議員は日本には1人もいないだろうが・・・

日本が世界一なのは

役人の天下り団体への税金による「補助金」という名目の支出でだろう

こんな役人に丸投げしないと政治が出来ないのが今の政治家であり

そんな役人が国民生活のことよりも私利私欲のことしか考えていない国会議員に助言する

「先生方や我々のために使う税収が足りませんから、今度は消費税を上げましょう」と

「国民は馬鹿ですから『福祉目的税』とかもっともらしいネーミングすれば『それじゃ仕方がないよなぁ』と納得しますから大丈夫です」と

そして、増えた税収は厚生労働省をはじめとする各省の新たな何とか財団へ補助金として消えてゆく

福祉目的税が創設されても

国民は救急搬送先が見つからずたらい回しされ

役人は退職後の回り先が増えて安泰という構図ではないか

税金が安いか高いかは

単なる金額ではなく

その使い道がいかに国民のために使われているかであり

受益者が国民でなければならないはずだ

その点からいっても今の国会の駆け引きは

的を得ない茶番劇に過ぎないと思うし

国民のために税金を使うためには

最近、死語になった(?)「小さな政府」をまず実現することではないだろうか

|

« 17336円 | トップページ | 湯たんぽ »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

実際に道路財源といいながら、議員や公務員の宿舎(家賃5万円以下)建設や、諸経費にかなりの金額が使われていることが発表されましたね。

「この暫定税を廃止させるようだと、予算は回せませんよ」と国土交通省から地方自治体に「脅し」があるんじゃないかと野党から指摘され、総理は「そんなことするわけが無いじゃないですか」としどろもどろで答弁していました。

あるんですよね、そいうことが

投稿: 玉井人 | 2008/01/29 21:29

玉井人さん

コメントありがとうございます
国土交通省の天下り役人のための財団に
補助金として支出され
無駄な給料や多額の退職金に使われているのでは
自民党の言う「国民のため」がアホらしく聞こえますよね
伊吹自民党幹事長や冬柴国土交通大臣は「必要な道路を作る」と言ってますが
その主語は「集票活動に」なのか?「自公を応援する建設業者に」なのですかね?
グリーンピアや破綻した夕張市の娯楽施設も「必要だ」と言って作ったのではないですかね?
まぁ、一番悪いのはこんな人達に何十年も政権を担当させている有権者でしょうが・・・

投稿: カー助 | 2008/01/30 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/17882841

この記事へのトラックバック一覧です: 受益者は誰?:

« 17336円 | トップページ | 湯たんぽ »