« 病院 | トップページ | ノートンと格闘 »

2008/03/18

無事転院しました

昨日、大学病院の退院

搬送

新しい病院の入院と

1日がかりで何とか父親の転院を無事終えることが出来ました

前回の書き込みにも

今度の病院は我が家からは歩いても5分ほどですので

年老いた母親が行くにも助かります

大学病院からは9時に退院と言われてましたので9時前に大学病院へ行くと

鼻の酸素吸入用の管を外している父親

看護師さんに「外してて大丈夫なのですか?」と聞くと

「『駄目ですよ』と言っても外しちゃうんですよ」と言う看護師さん

「駄目だよ!看護師さんのいうこときかないと・・・」と言う私の言葉を無視する父親

本人も転院が嬉しいのか

いつもよりは少し元気なようだ

点滴を外したりに時間がかかったがストレッチャーに乗せられ転院の準備が進む

その間に私たち家族は病室の私物の片付けをし

私は退院の精算へ行き

介護タクシーと共に大学病院をあとにし

移動開始

やがて新しく入院する病院に到着し

大学病院から渡すように言われていた書類や

入院予約時に「書いてくるように」と言われて手渡されていた入院承諾書や患者本人に関する調査書類を出して入院手続きを済ませると

とりあえず処置室へ入れられ

血液検査、レントゲン撮影などの検査が始まった

待つこと1時間半ほど

やっと病室へ移動

その後、看護師さんに書いてきた調査書のことや病状のことや大学病院での入院時のことを詳しく聞かれ

色々説明し

「担当の先生からお話がありますからお待ちになってください」と言われ

待つこと1時間ほど

やっと呼ばれ

先生と今後のことなどお話をし

病室へ行ってみると

移動と検査で疲れたのか父親は寝ていた

起こすのもかわいそうなので私と母親はまた来ることにして帰ってきた

まぁ、これが出来るのも近くの病院だからですが・・・

転院はもちろん患者本人にも負担でしょうが

家族にも大変な苦労ですね

|

« 病院 | トップページ | ノートンと格闘 »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
本当に転院て大変ですよね
私も兄を転院させた時に大変さを経験しました。
父がいないので、母と私で病院探しやら
手続きやらで、
いろいろまごついたのを覚えています。
やっと見つけた病院は、遠くて遠くて。。。
カー助さん、近くの病院で良かったですね。

>転院はもちろん患者本人にも負担でしょうが
 家族にも大変な苦労ですね
  本当に仰るとおりと思います

カー助さん、今日はお仕事忙しいのではないですか?
dash

投稿: ちえ | 2008/03/18 11:25

ちえちゃん

コメントありがとうございます
家族に病人がいるということは
本人も家族も大変だということですね
ハイ、お蔭様で近所の病院に無事転院できてホッとしています
仕事は昨夜自宅で頑張りましたから何とか大丈夫です
携帯電話がつながらなかったせいか
たくさんメールが来てましたので
その返事を打っているうちに
「ブログは今日はお休みだ~」となってしまいました(笑)

投稿: カー助 | 2008/03/18 12:25

無事転院されたとのこと、一安心ですね。
でも、お父さんとしてはお家に帰りたかったでしょうね。
長く入院していると、「帰りたい、帰りたい」という方が多いですものね。
元気にお家に帰る日を心待ちにされていらっしゃることでしょう。

投稿: チエちゃん | 2008/03/18 21:40

チエちゃん

コメントありがとうございます
そうですね。家へ帰りたいというのが一番の気持ちだと思います
それを叶えてあげられればいいのですが
現実的には昼間年老いた母親が面倒をみるのは無理ですしね
今は、家族なりに出来ることをしてあげたいと思っています

投稿: カー助 | 2008/03/18 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 病院 | トップページ | ノートンと格闘 »