« 980円の工具セット | トップページ | お休みします »

2008/03/28

最後まであきらめない?

昨日の福田首相の記者会見

「最後まであきらめない」と言っていたが

「最後まで」とは、努力に努力を重ねてきた場合に使う言葉ではないだろうか?

無責任にほったらかしてきた福田首相の場合

「最後はあきらめない」が適当な表現ではないかと思うのだが・・・

「混乱をまねいてはいけない」とも言っていた

本当に国民生活に混乱を生じさせることがいけないと思うなら

暫定税率が期限切れになり

25円下がったガソリンの価格を

衆議院で自民・公明両党により再議決して

値上げすることも混乱をまねくことになるだろうから

期限切れになった暫定税制法を再議決することは言ってることに矛盾しないだろうか?

さらに

道路特定財源を一般財源化すると言う

そもそも、道路特定財源は

道路を利用する者がその維持管理を負担するという「受益者負担」の原理からなっていると長年言い続けてきたのに

一般財源化するということは

その原則に反するのではないか?

まさしく、昨日の記者会見などその場限りで

場当たり的な感じがしてならない

国民の多くは、原油高、小麦等農作物の値上がりによる物価上昇に苦しんでいるから

道路特定財源の廃止を望んでいるのであり

一般財源化を望んでいるのではない

全国知事会等の自治体の長も「暫定税率維持」を支持している

理由は財源が減ってしまい道路整備が出来ないからだという

そんなに道路が作りたければ

自分たちの給料を減額し、議員定数を減らし、職員数も減らし

財政の切り詰めをして作ったらいいのではないか

国民に重税を課し、無駄な箱物を作ることを当たり前と思っている考え方を変換するいい機会でもあるのではないか

そもそも、今回話題になっているのは「暫定分」であり

ガソリン等にかかる税金が無くなるわけではない

暫定分の25円を廃止するかどうかという話で

暫定分が無くなっても元々の道路特定財源は残るわけだし

その税金を含んだガソリンの価格にかかる消費税の二重取りは継続されるわけで

この問題などは誰も疑問視しないこともおかしくはないか?

昨日のニュースなどを見ていると

「混乱」ばかりをあおるような報道ばかりだ

仮に暫定分の税金が廃止になっても元々の道路特定財源が残る話など誰もしない

あおるだけあおって大事なことを正確に伝えようとすることもなく

ただ面白おかしく伝えることしか出来ないマスコミにも無責任さを感じずにはいられない

|

« 980円の工具セット | トップページ | お休みします »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

政治って国民生活を混乱させる為にやっているのかと錯覚してしまいそうな昨今です。ガソリンだってこちらでは4月を前に5円の値上げ?です。angry
ニュースを見るたびに頭クタクタして…
政治家の数が多すぎます。それも2世3世が…
嫌になって夜バライティー見ると、トラに勝ったヒメがニヤニヤして出ていたり…おかしい! 

投稿: とんちゃん | 2008/03/29 07:32

わたしも関連記事を長々と書いてしまいました
税金は数字のマジックを見るような世界です

投稿: 玉井人 | 2008/03/29 10:45

とんちゃん

コメントありがとうございます
そうですよね。国民生活のための政治であるはずですよね
無能な2世、3世議員や私利私欲のことしか考えていない議員を選んでいるのは残念ながら国民なのですよね
さらにテレビも面白おかしく伝えられることが中心ですからね

投稿: カー助 | 2008/03/29 18:15

玉井人さん

コメントありがとうございます
税金はどう集めるかも大事でしょうが
どう納税者のために有効に使うかが大事だと思います

投稿: カー助 | 2008/03/29 18:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 980円の工具セット | トップページ | お休みします »