« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008/04/30

青梅赤塚不二夫会館

おととい書いた「昭和レトロ商品博物館」の隣にある青梅赤塚不二夫会館

024

入るとこんなのが迎えてくれます

025

やはり赤塚不二夫といえば「天才バカボン」なのですかね

私的には子供の頃、白黒テレビで見た「おそ松くん」が懐かしいのですが・・・

026

029

もーれつア太郎もひみつのアッコちゃんも赤塚不二夫でしたよね

030

昔の少年マガジンや少年サンデーも展示してあります

027

トキワ荘の模型や当時の部屋を再現したコーナーもあります

028

031

2階に上がるとイヤミがいました

032

「シェー!」は大流行しましたよね

今考えるとなんだったのかわかりませんが(笑)

青梅赤塚不二夫会館のチケットには

- 元気な昭和・赤塚ワールド -

これでいいのだ!

と書かれています

それは、ある意味ギャグまんがのような時代でもあり

まさしく「これでいいのだ!」という時代だったのかもしれないと懐かしく色々と思い出したりしています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/28

昭和レトロ商品博物館

土曜日に東京都青梅市へドライブに出かけてきました

先日、このブログに書いた入間市にできた三井アウトレットパークへ行く車の渋滞を予想し

飯能経由のコースを選択して

まずは青梅駅へ

002

駅近くの有料駐車場へ車をとめ

駅の中と駅脇にある観光協会の中へ入りパンフレット等をいただきました

駅の中にはバカボンのパパが逆立ちしています

001

まずは、駅から歩いて数分のところにある昭和レトロ商品博物館へ入ってみることに

006

観光協会でいただいた割引券を使い

昭和レトロ商品博物館と青梅赤塚不二夫会館と昭和幻燈館の3館共通券を購入しました

昭和レトロ商品博物館はその名の通り

私が子供の頃に見たり使っていたりしたものが並べられています

009

めんこでよく遊びましたし

その下に映っているのは牛乳瓶のフタです

今の子供たちは、こんなもの集めもしないでしょうが

私の子供の頃はこんなもので遊んでいたことを思い出してしまいました

013

一番右のコカコーラの瓶は「ホームサイズ」とかいって売ってました

部活の帰りに一気飲みした覚えがありますcoldsweats01

014

ペットボトルなんてない時代でしたからね~

初期のウォークマンは私は買ってもっていました

018

今見ると、それほどコンパクトではありませんが

当時は「すげぇ~!こんなに小さいの」と思ったものです

確かイヤホーンではなく小さなヘッドホーンがついていたと思います

耳に当てる部分がオレンジ色の・・・

他には昔懐かしい映画ポスターも飾ってあります

011

「ひまわり」はソフィア・ローレンですよね

「ジャイアンツ」はジェームス・ディーン

012

街角にはこんな赤電話がありました

「ダイヤル回して・・・」は死語になってしまいました

008

昭和レトロ商品博物館のチケットには

「昭和は遠くなりにけり」と書いてありました

古い物を見て

懐かしく感じたり、当時のことが鮮明に思い出される私です

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/04/25

MR-Sも誕生月

久しぶりに車の話です

MR-Sは2001年4月登録ですから

今月で7才(?)

3度目の車検を受けました

走行距離は

Mrs_004

まもなく10万キロになります

さすがに3度目の車検で、9万5千キロ走ると

1度目、2度目の車検のように1時間ちょっとの整備では無理なようで

数箇所部品交換して1日がかりの車検となりました

幸いなのは

通常、エンジンのタイミングベルトの交換は10万キロですが

MR-Sのエンジンはチェーン式なので

この交換がないことです

それと、ブレーキパットの交換もしなくてすみました

サービスマンの話によれば「あと4万キロぐらいは大丈夫でしょう」とのこと

なんたって私はブレーキ踏まない運転者(?)ですからhappy01

オートマ車だと頻繁にブレーキランプがつくのを目にしますが

私はカーブ手前ではシフトダウンして減速していますし

先の信号が黄色や赤なら

やはり、シフトダウンしていき速度を落としていますので

走行距離は9万5千キロでもブレーキパットはまだまだ交換しなくても大丈夫なのだと思います

まぁ、それでも消耗する部分もあり

特にゴム類は交換しないと駄目ですね

ワイパーゴムは当然ですが

ルーフサイドのゴムも劣化してボロボロになりつつあり

Mrs_003

車内に雨水が入り込むようになりましたので

ゴムの張替えを依頼しました

いくらオープンカーだとはいえ、雨の日に走れないのでは洒落にもなりませんからねcoldsweats01

まだまだ乗り続けるつもりのMR-Sですから

大事に乗っていきたいと思っています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/24

社会保険事務所は大賑わい

昨日は、揃った書類を持ってまずは9時にM銀行へ

父親の銀行口座の解約へ行きました

手続きを済ませると

「書類の確認に1時間ほどかかるかもしれませんが、お待ちになりますか?」と聞かれ

それも時間の無駄なので

「あとで来てもいいのですか?」と聞いてみると

「今日中に来ていただければ結構ですよ」とのことで

再度来ることにして

ばあさんを車に乗せて川越の社会保険事務所に向かいました

目的は、ばあさんに遺族年金が出るとのことで

その手続きのためです

先日、市役所で教えてもらった書類は揃っていましたので

「あとは手続きするだけ」と思っていたのですが

川越の社会保険事務所に着いてビックリ!

ものすごい人、人、人で大賑わい

大賑わいと言っても明るい顔をしている人は見かけません

ディズニーリゾートの賑わいとはかなり違います

案内の人に「年金特別便のことでいらしたのですか?」と聞かれ

「違います。遺族年金のことで来ました」と告げると

「それでしたら右側の部屋へどうぞ」と言われ

左側は年金特別便に対する場所らしく

そちらの方を見ると

部屋に入りきれない人であふれています

「そうか~、そちらが混んでいるのであって俺たちは違うから早く終わるのかな?」と思いながら右側の部屋へ入ると

そこにも案内の人がいて、用件を話すと

番号札を機械から取るように言われ

必要事項を記入する用紙を2枚渡され

番号札を取ると130番

「どのくらい待つのでしょうか?」とその人に聞いてみると

「今、67番ですから・・・2時間ちょっとかと思います」とのこと

ガァ~ン!

目の前が真っ暗になっている私に

その人は事務的に

「もうひとつ記入する用紙がありますので、まずこちらに並んでその用紙をもらってください」と5人ほど並んでいる列の最後尾を指差した

そこへ10分ほど並びその用紙と記入例の書かれた紙をもらい

ばあさんと一緒に3通の用紙に必要事項を書き込み

「どうする?」とばあさんに聞くと

「しょうがないから待ってよう」というので待合席に座り順番を待つこととしました

先ほどの130番の番号札を見ると

私が取ったこの番号札の時間が10:08と印字してあります

「2時間待ちということは12時過ぎということか・・・・」と思いながらも諦めるしかないと思いながら機械音声で呼び出されるアナウンスを聞いていました

アナウンスは

「大変お待たせしました。○○番でお待ちの方は○○番の窓口へお越しください」というもの

それをしばらく聞いていて気づいたのは

アナウンスに出てくる窓口番号が数種類で同じだということ

待合席から後ろに窓口はあるのですが振り返ってみると

20ほどある窓口に担当者がいるのは3分の1ほど

「馬鹿野郎!こんなに待っている人がいるんだから全員総出でやれよ」と誰でも思うだろう

そんな怒りと諦めの中で時間は過ぎて

11時になり

12時になり、2時間が過ぎた

呼ばれている番号は87番

12時半には94番

このままでは3時までに先ほどの銀行に行けなくなると思い

ばあさんに「銀行に行ってくるから、もし順番が来たら全て書き込んであるからこれらの書類をだしなよ」と言うと

「たぶん、銀行に行って戻ってきても順番は来てないだろうから、気をつけてゆっくり行ってきなよ」と、諦めきったばあさん

「そうだね、1時間半ぐらいあれば戻れるだろうから、このペースだと間に合うと思うよ」と言い銀行へ私は向かい

銀行の用件を済ませ

再度、川越の社会保険事務所に戻ると時間は1時50分

呼び出し番号表示を見てみると

な、なんと141番となっている

当然、ばあさんが座っていた待合席にばあさんの姿は無く

あわてて窓口を探すと

見慣れた小さな後姿が・・・

隣に行くと窓口の人が「息子さんですか?」と聞くので

「そうです」と答えて、ばあさんの隣に座らせてもらい

ばあさんの話でわからなかったことを聞かれ、説明し

更に少し記入してなんとか手続きは終わりました

時計を見ると2時15分

「100番過ぎぐらいから急に早くなったんだよ」と、ばあさんが言い

まわりの窓口をみると

午前中とは違い、すべての窓口に担当者が座っているではないか

当然だが、これが出来るのなら朝からやれよ!と誰でも思うだろう

結局、4時間かけての手続きです

テレビのニュースで年金特別便のことで社会保険事務所を訪れて「5時間待った」とかのインタビューを見ていましたが

それが現実になると、やはり腹が立ちます

それも長時間待たされている人達の多くはお年寄りです

舛添厚生労働大臣や福田首相も自らこの経験をしたてみたらいいのではないでしょうか

ずさんな社会保険庁のために国民が迷惑していることを本当に理解していたらこんなことを続けているとは思わないのですがね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/23

こちらも成長してました

昨年の秋口だったと思うのですが

いつもウォーキングしている遊歩道で見つけた

切り株から生えている小さな木の写真をこのブログに載せたことがあるのですが

あれから半年あまり

小さく、秋ということもあり葉もあまりついていなかった木が

春の光を浴びて少しだけですが成長しています

004

その時にも書きましたが

切り株の木から出てきた新しい枝なのか

それとも、偶然に種が切り株の中に落ちて芽を出したのかは定かではありませんが

「こんなところから」と、ある意味の生命力を感じます

この木、今はまだまだ細い幹ですが

数十年後にはこの切り株の空洞では足りなくなるのではないか?と少々心配にもなります

そのころには、切り株が朽ち果ててこの新しい命の成長を妨げることはないのでしょうかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/22

ルーツ

先日、亡くなった父親の銀行口座の解約に

出生から現在までの戸籍謄本等が必要で

それを集めるのも一苦労だという話を書きましたが

今日の午前中、その謄本を取りに行って来ました

現在の戸籍謄本は先日取りましたので

まずは35年前に今のところへ引っ越してくるまで住んでいた隣の市の市役所へ

そこは、父親と母親が結婚し住みだした場所で

私が生まれた場所でもあり

私が16才まで住んでいたところですが

○○市○○町までは記憶にあるのですが

その先の番地はもう覚えていません

市役所の用紙に現在の謄本の転入前の住所を見ながら記入し

受付の人に提出してしばらく待つことに

待っている間、昔のことが思い出されます

数年前に、私は私たち一家が昔住んでいた近くへ行ったことがあるのですが

景色はまるで違い

友達と遊んだ空き地はなくなり

建物もほとんどが建て替えられ当事の面影はまるでなく

35年の歳月の流れを感じたことを思い出したりしていました

数分後、名前を呼ばれ

「この先は、こちらの住所の謄本を取ってください」と係りの人が謄本の入籍前の住所を指差し教えてくれました

その52年前に作られた戸籍からは大いに時代を感じます

それは全て手書きだということです

当然現在のものならワープロ打ちされているのですが

この52年前に作られ、35年前に除籍された原本は手書きのままです

その古めかしい謄本を持って今度は父親が生まれた隣町の役場へ私は向かいました

役場の駐車場に着き

父親の実家に電話を入れてみると

電話に出たのは私のいとこ

私の叔父さん(父親の兄)はすでに亡くなっていますので

現在の父親の実家の主はこのいとこということです

私が謄本を取りに役場に来ていると話すと

いとこは「すぐに行くからそこで待ってろよ。うちでお茶でも飲んでから帰りなよ」と言ってくれました

電話を切り、役場に入り

父親の転出した住所を記入しようと先ほどもらった謄本を見ると

○○村になっています

「そうか~、今は○○町だけど52年前はここは村だったんだ」などと思いにふけると

子供の頃、父親に連れられて来た父親の実家をすごく田舎だと思ったことを思い出していました

手書きの謄本のコピーの見づらい文字をなんとか判読しながら用紙に書き入れ

受付の人に提出し

座って待っているところへいとこがやって来て

「もう終わったのか?」といういとこの問いに

「まだだよ」と答え、しばらく2人で話をしながら待っていると名前を呼ばれカウンターのところへ行ってみると

父親の謄本は2通あるとのこと

1通は生まれた時のもので

戸籍の筆頭者は私の祖父というもの

もう1通は、祖父が亡くなり父親の一番上の兄が戸籍筆頭者となったものだとのこと

私の父方の祖父は早くなくなっていて

私が生まれる前なので私の記憶には無い

係りの人に「もう1通分の申請用紙に記入してください」と言われ

記入して提出して

無事、父親の出生から現在までの謄本を全て揃えることができました

父親のこれらの謄本には

生まれてからの76年間が載っています

亡くなってしまった父親の兄弟姉妹の名前も・・・

その後父親の実家へ行き

お茶をご馳走になりながら昔話をしてきました

昔、私が田舎だと思った実家も近所にたくさん家もでき

実家の建物自体も建て直され

私の記憶の中の風景は今はどこにもありませんが

父親の生きた証というかルーツを少しだけみたような気がしました

| | コメント (2)

2008/04/21

おばあさんと一服

土曜日、うちのばあさん(母親)に

「スーパーへ乗せていって」と頼まれ

車で近くのスーパーマーケットへ行きました

ばあさんが買い物している間

天気も良かったので

いつもは車の中で待っているのですが

お店の入り口に置いてあるベンチと灰皿のところへ行き

隣にある自動販売機でコーラを買い

飲みながら煙草を吸っていると

店内から買い物を終えて出てきた70才近いと思われるおばあさんが

「ここに座っていいかい?」と聞いてきたので

「どうぞ」と私が言うと

「あ~疲れた。あたしも一服して帰ろう」と言いながら大きなレジ袋を2つベンチに置いて

バックからマイルドセブンを取り出しながら私を見て

「あたしもコーラ飲もう」と言い

財布から小銭を取り出し自動販売機でコーラを買ってベンチに腰掛けた

「たまにはコーラもいいね」と話しかけるおばあさん

「そうですね」と私が笑顔で返すと

「昨日は凄い雨だったね。あたしは1人暮らしだから、あんな雨だと買い物にも出られないんだよ」とおばあさんの話が始まりました

「随分たくさん買い物しましたね」と私が言うと

「昨日なんか買い物来れなかったから、朝昼晩と3食同じものだったからね」と顔いっぱいシワにして笑いながら言い

「週に2、3回しか買い物に来ないから3日分ぐらいいつも買うからね」と言い

さらに話は続き

健康のためにとヨーグルトと豆腐を毎日食べているのだそうだが

そのどちらもが買って帰るのに重いんだよと言っていた

「あたしは朝は納豆と魚とお新香だよ。朝ごはんはちゃんと食べないとね。あんたはちゃんと朝ごはん食べてる?」と聞くおばあさん

笑いながら「一応食べてますよ」と私

そんな話を10分ほどして

たばこを吸い終え、コーラを飲み終えて

「それじゃお先に」とおばあさんは両手にレジ袋を持って帰っていった

おばあさんの小さな後姿に大きなレジ袋2つ

ゆっくり歩いていくおばあさん

うちのばあさんは、マイエコバックを持参しているが

このおばあさんはレジ袋のようだ

エコバックのことを言おうかとも思ったが

こういうお年寄りが頑張ってきたから今の社会があるのだと思うと

そんなことどうでもいいかなぁとも思ってしまいます

確かに1人1人の小さな積み重ねが大事だということはわかります

しかし、重箱の隅を突っつくことより

もっともっと大事なこともあるような気がするのです

たばこも健康には良くないかもしれませんし

ヨーグルトに豆腐に納豆と食べ物に気を使うなら

たばこもやめた方がいいのでしょうが

このおばあさんの少ないだろう楽しみの1つだとしたら

吸ってもいいんじゃないだろうかと思ったりもします

無駄を無くすことが全ていいとは言いきれないような気がするのですよね

無駄や遊びが無くなったらつまらない人生になってしまうと私は思っています

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/04/18

日々進歩しています

ここのところ娘がチビを連れてよくやって来ます

昼間、電車に乗ってやって来て

私が帰るといて

旦那さんが仕事帰りに迎えに来るというパターンです

ちょくちょく来るようになり

我が家に来ても泣かなくなり

私が帰っても、小さな脳に私の顔がメモリーされたのか泣かないようになりました

001

まもなく8ヶ月

しゃべるとまではいきませんが

盛んに奇声(?)を発するようになりましたし

音のするものと食べるもの、飲むものに非常に興味を示します

チビ用のお茶を見せると

「ハァハァハァ」と、まるで犬のように興奮して

ハイハイしながら取りに来ます

007

まだまだ動物本能丸出しで

「食べる」ことが一番で

次が「遊んでもらう」が楽しいようですが

徐々に表情も豊かになり

器用に物も持てるなど

ゆっくりではありますが進歩しているようです

「バイバイ」と手を振るのを教えているのですが

残念ながら「そこで振るんじゃないだろう」という時には手を振ってみせるのですが

肝心な帰る時には中々やりません

芸を教える(?)には、もう少々時間がかかるようですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/17

あと処理も大変です

先日亡くなった父親のことで

今日は朝から市役所、銀行、郵便局へ行って来ました

まずは、8時半に市役所へ行き

健康保険や年金の手続きを済ませ

我が市には火葬場がないため

近隣の火葬場を使うこととなるので

その補助金が出るとのことで手続きをし

葬祭費も補助が出るとのことで手続きし

年金は、ばあさんに遺族年金が出るので必要書類を教わり

後日、社会保険庁へ行くようにと教わり

戸籍謄本等必要なものを発行してもらいました

次にM銀行へ

事情を話し、解約を求めると

必要書類を提出するよう言われました

そこに押すばあさんと私の実印と印鑑証明はわかりますが

父親の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本を出すように言われてビックリ!

生まれたのは○○町で

結婚して○○○市に引越し

私が15才の時に現在の場所へ引っ越したのですが

その全ての戸籍謄本を揃えなければならないとのこと

「なんでそこまでいるの?」と思います

仮に、全国を何十回も引っ越した人がいたら

それこそ大変なことになるんだなと思う次第です

まぁ、文句を言っても仕方がないので

全て揃えて出直すことにして

S銀行へ

こちらは普通預金がわずかに残っているだけだったせいか

私の身分を証明をするための運転免許証を見せ

通帳と印鑑で解約できました

続いてMS銀行へ

こちらも普通預金がわずかだったせいか

同様に解約でき

郵便局へ

こちらは、さらに複雑で

申請の用紙を出し

しばらくすると必要書類を知らせる通知が来て

再度、それを持って行き

それが本手続きになり

その後、解約出来る証書が送られてくるとのことで

それを持って解約に行かねばならないとのことでした

これだけのことが終わって時計を見ると12時ちょっと前

待たされた割には1度では全て処理できず

社会保険庁とM銀行と郵便局にはまた行かなければなりません

M銀行では、必要書類を提出してから審査に1時間ほどかかりますからとも言われました

次回も半日仕事を覚悟しないといけないようです

まぁ父親がいたから今の私がいるわけですから全てきちんとやりたいと思っています

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/04/16

ツバメも来ています

ウォーキングコースの遊歩道へ行く途中

森林公園駅の南口から北口へと

駅の高架橋を渡るのですが

そこに毎年今頃になるとツバメがやって来ます

今年も、そのツバメたちが数カップル来ています

002

駅の方が作られたのであろうフンよけのヒサシに1羽がとまっていました

高架橋の中は雨風もしのげ

天敵であるヘビ等に卵を食べられる心配もなく

ツバメからするとここは安全な場所なのかと思います

卵を産み、ヒナを育て

夏前には毎年巣立って行きます

昨年巣立ったツバメかどうかはわかりませんが

毎年同じ場所に巣を作ります

掃除をする人は大変でしょうが

今年もツバメは元気に飛び回っています

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/04/15

みさと芝桜

土曜日に天気の良さに誘われて

群馬県のみさと芝桜公園に行って来ました

002

004

丘一面に芝桜が見事に咲いていて

甘い香りがします

008

昨年は、秩父の羊山公園へ芝桜を見に行きましたが

秩父の場合、国道140号と国道299号のどちらも渋滞で

行き着くのに時間がかかりましたが

こちらは、すんなりと到着できました

出店も出ていて

桜ソフトや元々箕郷梅林でこちらは有名ですから梅干なども売っていました

一通り見て

ここだけではもったいないと

山道を登り榛名湖へ

017

湖面の先に見えるのが榛名山

こちらは標高が高いせいか桜はまだのようで

観光客はほとんどいませんでした

その後、伊香保温泉街を抜け

赤城山南面の千本桜を見ようとドライブ

途中の道の駅 ぐりーんふらわー牧場・大胡で一休み

こちらは桜が満開でかなり混んでいました

019

しばしの休憩後ドライブを再開し

「千本桜、あと5km」の看板を過ぎて少しいくと渋滞につかまり

のろのろ運転

しばらく渋滞の中にいたのですが

あまりに進まないので諦めてUターンし帰ってきてしまいました

考えてみれば

混むことが予想される千本桜を先に行くべきだったと反省です

来年は、朝一番で千本桜へ行こうかと思っています

標高差は桜の開花をずらしてくれますので

関東でも場所によってはまだまだ桜が見れそうです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/14

51

「51」といってもイチローの背番号ではなく

私の年です

今日で51回目の誕生日

子供の頃は51才になるなんて想像もつきませんでしたが

現実に今、こうして51才になり

人生の後半をむかえています

娘は結婚し

息子はこの4月から社会人になり

「子育て」という親としての責任は、ほぼ終わりました

妻の死をはじめ、色々なことがありましたが

長かったようで、過ぎてしまえばそれほどでもなかった感じもしています

幸せなことに昨年からは、父親プラス爺さんもやってます

若い頃に比べ

大きな目標はなくなりましたが

残りの人生は、自分のために使いたいなどど考えられることもある意味幸せなことなのかもしれないと思っています

最近のまわりの人の口癖は

「再婚しろ」です

みんなが口を揃えて言うのは

「年取って1人は寂しいぞ」とのこと

笑い流して聞いていますが

寂しいからと結婚するのもなんかおかしくないか?とも思うのですが・・・

そもそも、結婚している人(パートナーがいる人)がみんな寂しくない人生をおくっているとも思えませんし

1人でも充分寂しくない人生を過ごしている人もいるのではないかとも思うのです

幸せの基準など人それぞれ違って当然だと思いますから

私なりの「小さな幸せ」を感じられるこれからの人生にしていければいいなと思っています

もちろん、何があるかわからないのが人生ですから

来年の今日は、まるっきり違うことを言っているかもしれませんがねhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/11

アウトレットモールで大渋滞

昨日は、町田のY社長のところへ仕事で出かけました

前日の夜のテレビ埼玉のニュースで

入間市の国道16号沿いに

「三井アウトレットパーク」というのがオープンするという話を耳にしていたので

渋滞を予想し、少々早めに家を出ました

このアウトレットモールは

延床面積は東京ドーム2個分ほどで

出店店舗数は204と国内最大級とのこと

私の車は国道299号バイパスから国道16号へ入って間もなく渋滞につかまりました

アウトレットモールが道の左にあり

左車線は駐車場へ入る車で渋滞するだろうと予想していた私は

片側二車線の右側を走っていたのですが

それでも木々側車線ものろのろ状態になり

時々完全停車

左側斜線はといえば2kmほどの大渋滞

渋滞の列の途中には圏央道の入間ICがあるのですが

ICから国道16号に降りようとするトラックも国道に合流できず長蛇の列をつくっていました

何せこのアウトレットモールの出来た場所は

工業団地内の工場跡地ですから

アウトレットモールに行く車の渋滞には

仕事に行く車もたくさん巻き込まれていたようです

アウトレットモールの駐車場入り口を過ぎると私の向かう車線は流れ出しましたが

反対車線は右折待ちの車でやはり大渋滞

自宅を出て2時間とちょっとかかって、やっとY社長の会社に到着

距離は55kmほど

高速なら55kmなんて30分ほどですが

一般道移動はやはり大変です

笑顔で迎えてくれたY社長とコーヒーをいただきながらの話

Y社長「雨だから混んでいたかい?圏央道が中央道と接続してから国道16号は少し流れがよくなったと思うけど・・・」と

「確かに、以前より圏央道が中央道とつながった影響なのか雨の日のわりには流れはよかったような気がします」と私は答え

さらに「入間に今日オープンのアウトレットモールが出来て、その渋滞にひっかかったので時間的にはいつもと同じぐらいでしたよ」と私が言うと

「小麦や牛乳が値上げするからとスーパーで生活必需品を買いだめしてる人もいれば、高いブランドものを買うのに一生懸命な人もいるんだよね」と言い

「もっとも、俺も生活になくても大丈夫なもの売ってるんだから偉そうなことは言えないけどね」と笑った

まぁ、確かに生活必需品は大事だが

それだけになってしまったらわびしいというか寂しい感じもするのも事実ではないかと思います

趣味のものや嗜好品も生活には必要なのかと思います

今、レジ袋の削減などはエコの代表のようにも言われていますが

もっともっと無くてもいいものが他にもたくさんあるんじゃないかな?とも思ったりします

決してレジ袋の削減が無意味だとは思いませんが

何事も大局で見て、バランスとかも考えないと駄目なのかと思ったりしています

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/04/10

遊歩道の桜

いつもウォーキングしている遊歩道にもたくさん桜が咲いていたのですが

おとといの激しい雨と風で

満開だったソメイヨシノは、だいぶ散ってしまいました

042

散った花びらで地面はピンクのジュウタンを敷いたようです

ソメイヨシノが花びらを落としている中

しだれ桜は今が満開です

036

041

ソメイヨシノに比べ、こちらは花もちがいいのか

風雨に強いのか

前日の激しい雨と風に散ることなく咲いています

今年はのんびり桜見物も出来ませんでしたが

来年はゆっくり花見でもしたいと

随分先の話ですがねhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/09

誕生日

昨日の午前11時ごろ

mixiから「本日はG君のお誕生日です」というメールが来ました

どうやらmixiのマイミクに登録してある人の誕生日をメールで教えてくれるシステムになっているらしい

マイミクといっても私の場合3人しか登録してないから

最大メールが来ても年に3回ですが

中には何百人もマイミク登録している人がいるようですから

そういう人のところへは数日おきに誰かの誕生日のお知らせメールが来るのでしょうね

そして

メールを見ながら「そうだ、今日があいつの誕生日だったんだぁ。確か今年で40才だよな」などと思っていると

当の本人から電話があり

「近くに営業に来ているのでお昼一緒しませんか?」という

私が「藍屋から『バースデープレゼント』葉書が来ていたから、今日は藍屋へ行こうと思っていたんだけど」と言うと

「それじゃそうしましょう。これから事務所に迎えに行きますから」とG君

私も4月生まれで

以前に藍屋でアンケートを書いたので

バースデープレゼント(お赤飯又は白ワイン)の案内葉書が来たようだ

12時半頃、G君がやって来て藍屋へ

店内に入り喫煙席を希望するも

「申し訳ありません。喫煙席が満席なのですが・・・」と言われ

とりあえず禁煙席へ案内され

喫煙席が空いたら移らさせてもらうことになり、席についた

周りを見ると禁煙席はガラガラ

藍屋はお客さんの年齢層が高いせいか

喫煙者が多いということだろうか?

2人でメニューを見て、注文を決めウェートレスの人を呼んで

注文と同時に持参した葉書を渡すと

「おめでとうございます。お赤飯と白ワインのどちらにしますか?」と笑顔のウェートレスのお姉さん

思わず笑いながら「もう、めでたい年じゃないけどね」と私

G君の誕生祝のつもりが

私が「おめでとう」と言われるのもなんか変な感じ

しばらくして「喫煙席が空きましたから」と言われ席を移動し

2人でたばこに火をつけ元気を取り戻した(?)happy01

私「今年で40か?」

「そうなんですよ」と苦笑いするG君

私がG君と知り合ったのは10数年前

私の勤めていた会社に新入社員として入ってきて

私の部下となった

その後、色々なことがあり

今ではお互いに違う仕事をしているのですが

これからも長く付き合っていきたいと思っている1人です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/08

やっぱり友達はありがたい

昨日のブログに

玉井人さんとチエちゃんが温かなコメント入れてくれましたが

昨夜、ブログを見た友達から

メールと電話をいただきました

2人とも心配してくれたようで

「ランチでも食べに行こう。ご馳走するよ」「久しぶりに飲みに行こうか?」と気を使ってくれています

電話で話した友達は

「最近、ブログに毒舌がないから寂しいよ!飲みながら私が馬鹿なこと言うから毒舌まじりでそのことを書いてよ」と

実は私、2ヶ月ほど禁酒をしていました

病院からいつ電話があるかわからず

電話があれば、ばあさんを車に乗せて行かなければならないので

お酒を飲むことを控えていたわけです

飲酒運転は出来ませんからね

それを知っていたこの友達は

お通夜に来てくれ

帰り際、「少し落ちついたら飲みにでも行こう」と言ってくれたのです

私のために延び延びになっていた新年会(?)をやろうと言ってくれました

同様に

いつ病院から連絡があっても困らぬように

遠出も控えていたのですが

今週末ぐらいから飲み会とお出かけもして

気分転換を図り

以前のように毒舌入りブログを復活させたいと思っています

やはり、それがカー助ブログらしいですからねhappy01

それと

困った時や弱った時に励ましてくれる友達がいることに感謝することを忘れずにいたいとも思っています

| | コメント (4)

2008/04/07

少々疲れているかも

今朝、事務所に出勤し

鍵を開けようとして

いつものようにポケットに手を突っ込み鍵を取り出そうとするが

鍵がない

「あ~忘れた」

事務所を借りて4年半あまり

鍵を忘れての出社は初めて

自分で自分に

「俺、疲れてるか?」と問う

父親の葬儀はなんとか終わったものの

その後にやらなければならないこともたくさんある

滅多にやらないことをするのは、やはり疲れるのだろう

金曜日の夜も

ばあさんのことを心配して娘と旦那さんがやって来た

夕飯を食べながら

4月1日付けで転勤した娘の旦那さんが

「新しい環境なのでしばらく疲れそうだ」と言っていた

息子も4月から新社会人で

新しい環境に戸惑い少々疲れている感じ

私は私で、ばあさんに負担をかけまいと

色々な手続きや処理に忙しく

やはり、疲れ気味なのだと思う

我が家は一家で疲れ気味な家族となっている

笑える程度のミスならいいが

事故でも起こしてしまったら取り返しがつかない

元々、今日出来ることは今日のうちに済ませてしまおうという私ですが

しばらくは

明日でも大丈夫なものは明日しようと考えるようにしないと駄目かもと今思っています

| | コメント (4)

2008/04/04

ありがとうございました

昨日、滞りなく父の葬儀を終えることが出来ました

コメントをいただいたみなさんに

パソコンや携帯で励ましのメールを送ってくださった方々に感謝しています

今回は父の葬儀ということで

父の交友関係を中心に連絡をさせていただき

私の知り合いにはあまり連絡をしなかったのですが

葬儀のことを聞きつけて

忙しい中、また遠くから来ていただいた方々にも感謝しています

ありがとうございました

| | コメント (2)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »