« 技師長が語る特別ワイナリーツアーのプレビューイベント 後編 | トップページ | 友達は自らを映し出す鏡 »

2008/06/11

技師長が語る特別ワイナリーツアーのプレビューイベント 番外編

おととい、昨日の記事はブロガーイベントに参加しての真面目な(?)レポートでしたが

今日は、その番外編で

おととい、昨日の記事は「サントリートピックス」にトラックバックをつけましたが

今日の記事は、その予定もありませんので

私的な思いを書きたいと思います

登美の丘のレストラン「ワインテラス」で食事をしている時に

隣に座られていたサントリーのスタッフの方に

「武蔵野ビール工場は今リニューアル中なんですよね」と話しかけた私

ホームページによると9月末までの工事の予定で

それまで工場見学は行われてないとのことでしたので

続けて「リニューアルオープン記念にブロガーイベントをやってくださいよ」と図々しいことを言ってみました

返ってきた答えは

「それも考えているのですよね」とのこと

半分社交辞令としても

可能性がゼロではないようです

仮に

リニューアルオープン記念ブロガーイベントが行われたとして

それに私が応募したからといって招待されるかどうかは

また別の話ですがねcoldsweats01

無理を承知で書かせていただければ

「壇れいさんの金麦のCM撮影見学ブロガーイベント」なんてあったら

もっともっともっともっと参加してみたいと思うのですが

やはり、これはミーハーな人がたくさん応募して来そうですからダメですかねdown

おまけに撮影現場も混乱するかもしれませんからね

私をよく知る人がここを見たら

「そんなこと考えるお前がミーハーだろう!だいたいいつから壇れいのファンになったんだ!行ってみたいのは矢沢永吉のザ・プレミアムモルツのCM撮影見学じゃないのか?」と言われそうですが

昔の矢沢永吉好き(E.YAZAWAと背中にプリントしたTシャツを着ていた世代)の私的には

「矢沢=ビール」じゃないのですよね

じゃ、何かって?

ウィスキーなのです

キャロルを解散して

ソロデビューして最初に発売したアルバム「アイ ラブ ユー,OK」の中に入っていた

「ウィスキー・コーク」

noteオレ達の出逢いを見つめていたのは

 甘くにがいウィスキー・コーク

 酔った振りしながらキッスのチャンスを

 さがしたのは本気だったからさ

 短い手紙のような

 あの季節はもう帰らない

 グラスの向うにおどけたオレ達

 知っているのはウィスキー・コークだけさ

 

 オレ達若かったよな

 いつも何か追いかけてた

 グラスの向うで何かが変わった

 知っているのはウィスキー・コークだけさnote

ちなみに

アルバムのタイトルにもなっていた「アイ ラブ ユー,OK」を私は自分達の結婚式の入場曲に使わせてもらったくらいこの頃の矢沢永吉の曲が好きでした

いや、今でもこの頃の曲は好きです

サントリーさんもウィスキーありますし

「角」かなにかのCMを

この曲「ウィスキー・コーク」をバックに

矢沢永吉の映像をスライドショー的に流したら50代を中心にウィスキーが売れるんじゃないでしょうか?

って、勝手な妄想をしてしまいましたが

ウィスキー・コークの「コーク」はコカ・コーラのことになってしまうのでしょうか?

サントリーさんが売っているはペプシですよね~

それとも「ウィスキー・コーク」という名称は

ウィスキーをコーラで割ったものという意味で

コカ・コーラでもペプシコーラでもいいのでしょうかね

「グラスの向うにおどけたオレ達、あの頃にはもう帰れないんだよな~」と昔を懐かしんでペプシで割った(笑)ウィスキー・コークでも飲んでみようかと思います

もちろん、ウィスキー・コークを聴きながら・・・

そういえば

サントリーさんは「黒酢にんにく」という健康食品も販売されています

青森産のにんにくと鹿児島産の黒酢を使って作っているとか?

その両方の地を巡るブロガーツアーなんて最高だと

参加するだけの側は単純に思うのですが

やはり、これもかなり実現不可能でしょうかね

お金かかりそうですし

1日じゃ無理でしょうし

1泊したら2日間もスタッフの方々はブロガーの面倒みなければなりませんからね~

かなり「技師長が語る特別ワイナリーツアー」のプレビューイベントから話がそれましたが

話を元に戻すと

何といっても、行き帰りの渋滞のバスの中の時間がもったいないということでしょうか

今回でいえば往復5時間以上ですし

仮に、渋滞がなかったとしても

それなりの時間バスに乗っているわけですから

その全ての時間をとは言いませんが

技師長の方が1人でも新宿から同行して

20分でも30分でもいいですからワインや登美の丘ワイナリーのお話を聞かせていただけるとか

あとは、せっかくサントリーのスタッフの方々が同乗しているのですから

「サントリートピックス」の取材のこぼれ話等をお話してくれるとか

白州工場や武蔵野工場などの見所をお話してくれたらよかったかな~などと

こらまた勝手なことを思っております

まぁ、こんな勝手なことを書くようなブロガーを20名も連れて(勝手なのが私だけでしたらゴメンナサイ)のイベントを企画、運営されたスタッフの方々も大変だったとは思いますが

更に時間を有効に使えて楽しいイベントになったらな~と思っていますし

また同様なブロガーイベントがあったら応募したいとも思っています

日頃経験出来ない貴重な体験を出来ることは

楽しくも、嬉しくもありますよね

という、このブログのサブタイトルにもなっているカー助のひとり言でした

|

« 技師長が語る特別ワイナリーツアーのプレビューイベント 後編 | トップページ | 友達は自らを映し出す鏡 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
自宅近くの環七沿いにサントリーのウイスキー樽で作った家具屋があり以前から一度行ってみたいと思っていましたが病気になった今は行く事は出来ないですがウイスキーの香りの浸み込んだ家具は素敵でしょうね。余談ですみません。

投稿: cuore | 2008/06/11 12:58

cuoreさん

コメントありがとうございます
ウィスキー樽で作った家具屋さんですか~
最近注目のエコなリサイクルですよね
確かに木のぬくもりとウィスキーの香りはいいかもしれませんね
「余談」多いにけっこうですよhappy01
なんたって今日のは番外編ですからscissors

投稿: カー助 | 2008/06/11 14:03

カー助さん、こんにちは。ひとり言ってついつい?読んでしまいますよね。(しかも飛ばさず全部読んじゃったりして…笑)そこがブログのおもしろいところかもしれません。その人の人柄が出たりして…。

投稿: ピッコロ | 2008/06/15 14:50

ピッコロさん

コメントありがとうございます
勝手なひとり言を最後まで読んでいただき
おまけにコメントまでしていただき感謝ですhappy01
勝手なことを言う私は
わがままな人柄ということでしょうかねcoldsweats01

投稿: カー助 | 2008/06/15 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/41491242

この記事へのトラックバック一覧です: 技師長が語る特別ワイナリーツアーのプレビューイベント 番外編:

« 技師長が語る特別ワイナリーツアーのプレビューイベント 後編 | トップページ | 友達は自らを映し出す鏡 »