« 技師長が語る特別ワイナリーツアーのプレビューイベント | トップページ | 技師長が語る特別ワイナリーツアーのプレビューイベント 番外編 »

2008/06/10

技師長が語る特別ワイナリーツアーのプレビューイベント 後編

昨日の続きです

レストラン「ワインテラス」で食事を終えて

大川所長に簡単な登美の丘ワイナリーの歴史的な説明を聞き

021

醸造棟へ向かったのですが

昨年の秋の時は、朝早くからみなさんで収穫されたというブドウがたくさんあり

破砕機の中に入れるところを見せていただいたのですが

当然、6月の今にそれを見ることが出来るわけもなく

ビデオを見ながらの説明は

実物を見た私にはちょっと物足りない感じでしたので

ここでは写真撮影をしませんでした

次の貯蔵庫では

樽熟成されているワインの試飲をしました

022

024

樽から抜き取られたワインは樽の香りがします(当たり前?coldsweats01

まだまだ熟成しきっていないちょっとヤンチャな感じの赤は

「まろやか」が好きではない私にはいいかも

ヤンチャな奴にはヤンチャなお酒があう?(笑)

その後、瓶熟成されている貯蔵庫を通り

027

奥のテイスティングルームに到着です

席について大川所長のテイスティングセミナーを拝聴

ここでも熱意のこもった説明が聞けました

031

ワイン通でもなんでもなく

単なるお酒好きで

「理屈じゃないぜ!お酒は美味しく飲めるのが一番だろうよ」と日ごろから思っている私の心に残った大川所長のお話は

日本の食事にあわせるワインを作るという話です

「天ぷらにあうワイン」とかある意味大事なことだと思うのです

確かにワイン先進国のヨーロッパのワインには

長年の歴史が育んだいいところがあるのでしょう

しかし、そんなワイン先進国が日本食にあうワインなんて作ってはくれないのではないでしょうか

ワイン新興国だからこそ過去の遺物に縛られないで出来ることもあるでしょうし

日本人の舌にあうものを作れるのは日本人と日本の風土なのかもと

単なる酒好きは思うのであります

同じお酒でも飲む場所や相手により

またその時の気分や体調により味が違ってある意味当然だと思いますし

一番幸せなのは

理屈だけじゃなく、楽しく、美味しく飲めることだと私は思っています

話を戻して

テイスティングは6種類

028

左から

樽醗酵 甲州 2005 720ml   ¥3,157

登美の丘(白) 2005 720ml   ¥3,167

登美(白) 2005 720ml    ¥10,500

登美の丘(赤) 2005 720ml   ¥3,167

登美(赤) 2004 720ml    ¥12,600

特別瓶熟成品 カベルネソーヴィニヨン 1987 非売品

白は写真でも手前の甲州が一番透明で

登美の丘が少し黄色がかっていて

登美が黄金色なのがおわかりかと思いますが

スッキリという感じからまろやかにという順番ですかね

赤は一番右の非売品が1987ということもあり

かなりクセがある感じでした

確か昨年も非売品を1点テイスティングさせていただいたような気がするのですが

口にあうかどうかは別問題で

こういう機会じゃないと味わえないわけですから貴重な体験かもしれません

まぁ、どれが美味しいかは好みにより異なるのでしょうし

それでいいのだと思います

それこそが他のお酒とちょっと違ったワインの良さなのかとも思います

最後はまたバスに乗りガーデンエリアにある眺富荘へ移動し懇親会です

042

オードブルとワインが用意されていました

043

来る時に高速道路の渋滞で時間がかかってしまったため

懇親会は早々に打ち上げなければならなくなり少々残念な思いです

この登美の丘ワイナリーは広大で

移動にも少々時間がかかります

しかし、その広大なワイナリーは契約農家にブドウの栽培を委託するのではなく

栽培技師長を中心に登美の丘のスタッフの方々がブドウ作りから行っているということであり

そこには登美の丘ワイナリーのものづくりへのこだわりを感じますし

自家栽培から醸造まで行っているから美味しいものが出来るのかもしれませんね

お土産を買ってバスに乗り帰路へとついて

プレビューイベントは終了です

単なるお酒好きで、ワイン通でもなんでもない私のレポートですので

もっと詳しく知りたい方は

サントリートピックスに

http://topics.blog.suntory.co.jp/000885.html

今回のブロガーイベントの速報版がアップされていますし

そこには私と一緒に参加されたブロガーさんたちのトラックバックがついていますので

そちらを参考にしていただければと思います

さらに、もっともっとワインのことを知りたい、体感したいという方は

「技師長が語る特別ワイナリーツアー」に参加してみてはいかがかと思います

ただし、残念ながら

今回の08夏篇の予約はすでに6回とも満員とのことですので

「行ってみたいな」と思われた方は次回のツアーの時に早めに申し込んでみたらいいのではないかと思います

|

« 技師長が語る特別ワイナリーツアーのプレビューイベント | トップページ | 技師長が語る特別ワイナリーツアーのプレビューイベント 番外編 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

飲めない私は
(飲まないではなく飲めないですよ)
とーっても羨ましいです!
食べる事は好きなので
一緒にお酒を楽しめたらもっと美味しそうですよね
ワイン好きの人には何てもったいない!と言われるでしょうが
サントリーさんに、ワインを飲むツアーだけではなくて
ワインを使った料理やお菓子のツアーなんていうのがあればぜひぜひ参加したいですね

投稿: たー坊 | 2008/06/10 20:44

たー坊さん

コメントありがとうございます
お酒を飲める、飲めないは体質の問題もありますからね~
料理やお菓子のイベントとかはあるんじゃないですかflair
私は甘いものはあまり好みませんので、そういうイベントとかを探したことがないのでよくわかりませんが・・・coldsweats01
サントリーさんに料理やお菓子のイベントのお願いは無理でしょうが
お酒以外にも「天然水」を作っている白州工場とかの見学はあるようですよ(それじゃつまらないかな?)
それと、ブロガーイベントに招待されるためには
まずブログ始めないとダメですがねgood

投稿: カー助 | 2008/06/10 21:30

こんばんは。G妻です。
買ってきて頂いたお土産のワインを飲みながらコメントしてます!

今日はG夫が出張です。

寂しい・・

なーんて事も無く(笑)
仕事から戻り、ゆっくり・じっくり‘登美の詩‘のワインを味わっております。

364日晩酌しておりますが、もっぱら芋焼酎の生活でした。

が、ふと、ワインを飲みたくなり箱買いし、ワインもいいかも・・と思い始めたところに、お土産が届きました。

カー助さん、有難うございました。

そして、登美の丘ワイナリーの皆様・美味しいワインを有難うございました。

投稿: G夫 | 2008/06/10 23:17

G妻さん

コメントありがとうございます
旦那が出張最高ですねscissors
ゆっくり・じっくり飲んでる?
あなたがガンガン飲んでいるのは見たことあるけど、そんな飲み方もするのですね(笑)
貯蔵庫の樽の写真を見て
「あれごと欲しい」と思いながら飲んでいたのでは?
まぁ、冗談はともかく
美味しく味わってもらえたら
ワインも登美の丘のスタッフの方々も喜ばれるかと思います

投稿: カー助 | 2008/06/11 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/41481667

この記事へのトラックバック一覧です: 技師長が語る特別ワイナリーツアーのプレビューイベント 後編:

« 技師長が語る特別ワイナリーツアーのプレビューイベント | トップページ | 技師長が語る特別ワイナリーツアーのプレビューイベント 番外編 »