« 大分県だけ? | トップページ | ザ・プレミアム・モルツ ドリームマッチ2008 »

2008/07/14

鬼嫁のお見舞いに

先日、「優しさって難しい?」と題して書いた

G君の鬼嫁のお見舞いに医大病院へ昨日行って来ました

日ごろの行いが決していいとは言えないだろうG君の鬼嫁ですが

金曜日に行われた手術は

幸い内視鏡手術ですんだそうで

早ければ今週の火曜か水曜に退院できるとのことでしたので

病院へ行くというG君に

家まで迎えに来てもらい

ケーキ屋さんでプリンを数種類買ってのお見舞いです

私の父親も入院してた医大病院ですが

鬼嫁の入院しているのは旧館で

ちょっと薄暗い感じの病棟

病室に入ると

さすがの鬼嫁も元気なく寝てました

私達に気づき、ゆっくりと起き上がり

いつもの元気にしゃべる鬼嫁とは別人のようです

痛みはほとんどなくなったそうですが

お腹が張って辛いという鬼嫁

それでも、私が持参したプリンを「食べましょう」と開け

3人で食べることに

鬼嫁のために持ってきた私は

どうでもよさそうな物を選んだのですが

食い意地のはったG君は美味しそうなやつを選びます

「思いやりのない奴だな~」と私に言われますが平気なようです

食べ終わるとスモーカーの3人ですから

喫煙所へ移動です

ゆっくりゆっくり歩く鬼嫁にあわせ

時間をかけて移動し

病棟の外にある喫煙室に到着してみると

そこは満員状態

病院の喫煙室が満員状態というのもなんかおかしな感じもしないでもありませんが

入院患者の全てが肺の病気でもないでしょうし

怪我で入院の人もいるでしょうからね

15、6人入れるだろう喫煙室は

一応冷房がついていますが

換気扇が回っているせいか

それほど涼しくもなく

少々煙った感じです

日曜日ということもあり

入院患者とお見舞いらしき人達で

一番混んでいるのが喫煙室だというのもおかしな話なのかもしれませんが

喫煙者で時間をもてあましている入院患者には

ある意味貴重な場所なのかも

と喫煙者である私には

ちょっとだけわかるような気もします

その後、ゆっくり歩いて病室へ鬼嫁を送って

「退院して、しばらくして元気になったら快気祝いに飲めない旦那抜きで飲みに行こう」と言って帰ってきました

病院へお見舞いに行くと

「やっぱり健康が一番だよな」としみじみ思うようになったのは

やはり年を取ったせいでしょうかね

|

« 大分県だけ? | トップページ | ザ・プレミアム・モルツ ドリームマッチ2008 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大分県だけ? | トップページ | ザ・プレミアム・モルツ ドリームマッチ2008 »