« 123456 | トップページ | 大分県だけ? »

2008/07/10

優しさって難しい?

3週間ほど前だったと思うのですが

後輩のG君と彼の鬼嫁と3人で食事をし

帰り際にG君の鬼嫁がこれから宝くじ売り場に当選の確認に行ってくると言い

「もし、3億円当たっていたら家出する」と鬼嫁

「俺もまだ宝くじ確認してない」とG君が言い

「私がそれも見てきてあげる」とG君の買った宝くじも持っていった

「馬鹿だな~、鬼嫁のことだから万が一当選していたら本当に家出するだろうし、G君の宝くじが当たっていたら『私のが当たっていた』と言って取り上げられるに決まっているのに・・・」と心の中で私は思った

そして、その週

いつもは週に2、3回仕事のことで私のところへ来る鬼嫁が来ない!

「もしかして、本当に3億円当選して家出してしまったか?」と思っていると

次の週の平日の昼間

G君が突然やって来た

「どうしたの?こんな時間に」と聞く私

「仕事で近くまで来たので・・・」と言うG君

さらに「実はうちの奴が・・・」と続けるG君

まさか!家出した?

と思っていると

「入院しちゃったんですよ」と言う

聞けば

近所の病院に入院後、大学病院へ転院したという

炎症が治まってから手術をするかもしれないという話

私は「落ち着いたらお見舞いに行くよ」と伝え

しばらく色々話してG君は仕事に戻っていった

そして

今週の月曜日

G君の鬼嫁がやって来た

聞けば

2泊3日の外泊許可をもらって日曜日に帰って来たのだという

痛かったのは治まり金曜日には手術をするらしい

その鬼嫁が

G君に「毎日来なくてもいい」というのに毎日来るんですよと言うので

「それがGのいいところなんじゃないの?」と私が言うと

毎日来るくせに、私が「持ってきて」というものは毎回忘れると怒る鬼嫁

帰ってみれば洗濯機いっぱいに詰め込まれた洗濯物があったという

鬼嫁が「こんな時ぐらい洗濯しておいてくれてもいいじゃない」と思う気持ちも充分わかるし

G君からすれば

毎日仕事が終わってから病院へ行くだけでも大変かとも思う

優しさって難しい?

自分がいくら「これが優しさ」と思っても

それが相手に伝わらなければ意味がないのかもしれない

ある意味

相手の本当にして欲しいことをしてあげられて「優しさ」なのかもしれないと思います

ある人は

毎日会いに来てくれることを「優しさ」だと思うでしょうし

また、ある人は

毎日会いに来てくれるより他のことを望むのかもしれませんからね

まぁ、今回の場合

10数年一緒に住んでいて

パートナーが何を望むか、どんなことを喜ぶかを理解できてないことに問題があるのかもしれませんが・・・

|

« 123456 | トップページ | 大分県だけ? »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 123456 | トップページ | 大分県だけ? »