« 優しさって難しい? | トップページ | 鬼嫁のお見舞いに »

2008/07/11

大分県だけ?

大分県の教員採用と昇進を巡る汚職事件が報道されていますが

汚職が行われていた、行われているのは大分県だけでしょうか?

47都道府県も同じような採用、昇進試験を実施しているのなら

同様の汚職が起きていないと考える方が不自然ではないかと思うのですが・・・

これだけ毎日報道されていても

文部科学大臣は全国に同様の不正、汚職が起きていないか調べようとはしないようです

不正や汚職に議員も絡んでいるからですかね

監督官庁の文部科学省も全国の実態調査をしないようです

中央の力を使って同省の職員も不正や汚職に関与しているからでしょうか

マスコミも他の46都道府県に同様なことが起きていることぐらいわかっているのではないでしょうか

20年ほど前

ある県で、知り合いのお子さんが教員採用試験に落ち

その人が知り合いから

「来年は県会議員に200万円持っていけばうかるよ」と言われたと言っていたのを聞いたことがあります

全国で本格的に調査したら

教員の多くがいなくなる?

議員の多くが失職する?

この手の多くの事件が

氷山の一角を突っついておしまいになる傾向があります

それと同時に

「多くの教員は真面目にやっている」というような意見が出てきて

調査や捜査は尻切れになる

本当に多くの教員が真面目にやっているのなら

その人達こそ「不正を完全になくして欲しい」と声を上げるべきではないかと思うのですが・・・

教員組合や日教組が本当に真面目に働いている教員のための組織なら

徹底的にウミを出すことに協力するべきではないかとも思います

それと

何百万円も出してまでなりたい職業とは

「魅力的な仕事」ということでしょうね

間抜けな国会議員の先生方が

「選挙には金がかかる」と言い

政党助成金制度なるものを作りましたが

多額のお金をかけて選挙に出てまで議員になると

使ったお金を充分回収できるということなのでしょう

100万円、200万円なら出して教員になっても

元がとれるということなのでしょうかね

親は辛い仕事や大変な仕事を我が子に継がせようとはしないものです

議員や教員に2世が多いということは

そういうことですよね・・・

|

« 優しさって難しい? | トップページ | 鬼嫁のお見舞いに »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

叶美香は教員免許取得です

さて大分県の教員採用試験(小中学校)。かなり有名で「福岡県や佐賀県出身者が大分県教員に採用されたためしがない」

逆はツウツウカァーカァでよく通る。

大分教育出身&大分県生まれ以外は「大分県に来てはいけない」となります。

まあね基本的に教員採用試験は廃止しましょう。

※大学や専門学校/予備校。あんな感じで教員採用してもよい。終身雇用廃止の実力主義ですけど

投稿: 叶姉妹 | 2008/07/11 11:45

叶姉妹さん

コメントありがとうございます
教員免許は教育課程を修了すれば簡単にとれますからね
教員採用試験を廃止したら
もっとお金が飛び交うかと思います
採用する側を誰がどんな基準で選ぶかも難しい問題かと思いますね

投稿: カー助 | 2008/07/11 12:25

ついにこのタイトルが出ました。
ここまでやるか?と耳を疑いました。
我が家の話です。夫の祖父は男の子3人…戦争に取られてはいけないと長男(義父)は教師にと無理やり師範へやりました。次男・三男は大学へ行って戦争に行き戦死しました。義父は教員をしていたおかげで生き残り家は絶えずにすみました。息子(夫)には教員になってほしくなかったようで、商社(丸紅らしい)に内定したとき大喜びをしたそうですが、夫は教育実習の生徒の反応が忘れられなくて、家族の反対を押し切って高校の教員になりました。40年以上も前、私達はお金もコネも関係なく教員になりましたが、生徒にとって良い先生は出世せず上ばかり向いている嫌な奴が出世して行く傾向はありました。
教員にかぎらず、就職に市長や町長議員に頼んでという話は耳にしますが…  教員の場合、1次試験を通れば2次3次の面接等では何年も講師で実績をつんだ人を校長が推薦して…ぐらいは考えられますが、1次の点数を操作するなんてビックリ仰天です。減点されて落ちた人の事を考えるとやりきれません。正義が通らない世の中ですね~
ちなみに息子は教員ではありません。

投稿: とんちゃん | 2008/07/11 20:54

とんちゃん

コメントありがとうございます
民間企業なら
会社に合わない人を採用したり
能力のない人を昇進させていたら
会社が潰れる可能性がありますが
公務員は潰れないからどうでもいいということでしょうかね
教員も公務員ですが
そんなことをしていたら
日本自体がいつか潰れるのでしょうね
まぁ、自分の子供のことしか考えられない教育者に
そんなことを考えろということ自体が無理な話ですかね
先ほどニュースを見たら
大分県教育委員会のトップという人の謝罪(?)会見をやっていました
不正に関しては噂も聞いたことがないとのこと
教育現場に無関係な私でも聞いたことのある噂さえ聞いたこともないとは
なんともお幸せな人ですよね
まぁ、この手の謝罪会見は
真実が明るみに出て
再度会見し「先日の会見は間違いでした」となる場合が多いですがね
それと
日頃、子供の教育上どうかと思う番組を
「視聴率さえ稼げれば」と利益至上主義の放送をしている民放各局が
こんな時だけ「子供への影響を考えると」なんて言っているのには笑っちゃいますよね

投稿: カー助 | 2008/07/11 21:46

教員の子女や子息が教員、
同様に議員の子供は議員に医者の子供は医者になるのが当たり前のようになっているのを知るとその裏側に何かあるように感じるのは私だけ?
たまたま今回は大分県の話で
どこにもこんな話はあります。
大企業でも重役の子供は平然と入社してきます。本来日本には社員の子供なら悪いことはしないだろう、(人格に問題はない)と言う変な考え方があるためだと思います。

投稿: cuore | 2008/07/12 12:11

cuoreさん

コメントありがとうございます
議員の2世は、それを選んだ有権者の問題ですよね
試験によってつける職業は
正当な試験が実施され、それによって2世がつく分には問題はないと思います
2世で身分がしっかりしてる(?)ことと
その仕事に適した能力を有しているかは別問題ですよね
すべて2世が悪いとはいいませんが
子供達の教育とか政治をする議員に2世が多いことに危惧を私は覚えます

投稿: カー助 | 2008/07/13 09:07

教員の採用試験ですが、1次試験(ペーパーのテストと作文)が通れば2次(面接&書類審査等)はコネが効く、というのはよく聞く話で、おそらく全国で珍しい話じゃないと思います。2世が多い理由がこのへんにもありそうです。
でも現金が飛び交うというのは聞いたことありませんし、今回の場合、1次試験の点数の水増しが行われたわけですが、こんな不正はさすがによそではないと信じたいですな。

投稿: カン | 2008/07/14 01:31

カンさん

コメントありがとうございます
「コネが効く」としたら
そこに謝礼が存在したり
コネの弱い人が金銭等を送ることが出てくるのではないでしょうか
私が耳にした「200万円でうかる」という話は大分県の話ではありませんから
他にもあると考える方が当然かと思いますがね
今、全国で隠蔽工作に必死になっている人達がいるのではないかと私は思います

投稿: カー助 | 2008/07/14 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 優しさって難しい? | トップページ | 鬼嫁のお見舞いに »