« 1才になりました | トップページ | ナンクロでビールを当てよう »

2008/09/02

2世、3世議員は似ている?

昨夜の辞任会見で

福田首相は安部前首相との辞任の違いを強調していましたが

国民の目線から見たら

似たようなものじゃないでしょうか

会見内容には「自負」が多く

そもそも評価とは他人がするもので

国会議員の仕事ぶりを評価するのは国民であるということすら理解できていない人が総理大臣になっていたことが間違いだと思いますし

そんな人を内閣総理大臣に選んだ自民党も自民党だと思います

安部前首相も福田首相も2世、3世議員ですよね

親父の地盤を引き継いで

親父が議員だったから議員になった人たちです

特に大きな苦労もしないで総理大臣まで登りつめてしまった人に

困難な政局に立ち向かうことなど所詮無理な話なのではないかと思います

次は麻生太郎?

またまた、2世、3世議員ですか?

まぁ、彼の場合は失言で混乱を招いて辞任!

というのが見えていると思うのは私だけでしょうか?

2世、3世議員と省庁出身者議員ばかりの自民党に

「国民の気持ち」をわかれという方が無理だと思うのですが

そんな議員たちを選んでいるのは我々有権者なのですよね

お隣の群馬県からは4人も総理大臣が出ています

何十年も同じ議員に投票している人たちがたくさんいるということでしょう

小渕首相(当時)が亡くなった後の衆議院選では

小渕優子議員を「娘」というだけの理由で当選させてしまう有権者もどうかと思います

私的には

「群馬県の有権者じゃなくて良かった」

「群馬県の有権者だったら恥ずかしくて街も歩けない」と思うのですが・・・

数日は「福田首相辞任」で大騒ぎし

その後は

誰が次期自民党総裁(内閣総理大臣)になるかをマスコミは大騒ぎしますが

マスコミもコメンテーターも

有権者のレベルの低さを問題にはしませんよね

次回の衆議院選でも

安部前首相も福田首相も間違いなく当選することでしょうし

失言や政治資金問題で大臣を辞任した議員たちをも当選させてしまう有権者に政治に文句を言う資格はないのではないかと思います

|

« 1才になりました | トップページ | ナンクロでビールを当てよう »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1才になりました | トップページ | ナンクロでビールを当てよう »