« 世の中そうそう甘くはありませんでした | トップページ | ブロガーイベント「ザ・プレミアム・モルツ講座」に行って来ました »

2008/09/26

そのあとどうなったのだろう?

昨日、一人さみしくファミレスで昼食を食べている時のことです

オーダーした料理が運ばれてきて

食べ始めたところで

ガツン!という大きな音がし

音のした方を見てみると

1つ間をおいたテーブルの20才ぐらいのカップルの女性が

水の入ったコップでテーブルに叩いた音でした

時刻は1時半ちょっと過ぎで

店内は空いていて

私とそのカップルの他は近くの席に誰もおらず

その音に気づいたのは私とたまたま近くにいたウェートレスのお姉さんだけだったようです

「何をそんなに怒っているんだ~?」と心の中で思いながら私が食べていると

2、3分後

「あたし帰る!」という彼女の大きな声が聞こえ

「待てよ」という彼氏の声がするかしないうちに

彼女は立ち上がって出口の方へ小走りに行ってしまいました

テーブルを見ると

彼女の料理は食べ終わっていて

彼氏はまだ食べていました

「どうするのかな?」と心の中で思いながらそっと横目で見ていると(市原悦子さんの家政婦のような気持ちになって)

彼氏はもう少しで食べ終わるだろう料理を食べ始めました

「おい、おい、食べてて良いのか?」と余計なお節介を心の中で思う私

郊外のファミレス

出て行った彼女はどうやって帰るのだろうか?

車2台で来ていた?

それとも外で待っているのだろうか?

おばさんのように想像が膨らんでしまいますcoldsweats01

それから数分して彼氏も出て行きました

テーブルには彼の食べ残した料理が・・・

それを見ながら「だったら直ぐにあとを追えよ!」と思いますよね~

この状況

原因が何なのかはわかりませんが

先に出て行った方はいいですが

残された方はミジメな感じがしますよね

私はまだ半分ほど料理が残っていましたので

あとを追いかけて外へ行ってみませんでしたが

あのあとどうなったのだろうか?

隣のテーブルの出来事は

2人には申し訳ありませんが

下手なテレビドラマより強烈でインパクトがありました

人間、滅多に起こらない事態は日頃から想定したりしませんから

こんな時にとっさに冷静な判断を出来る人の方が少ないのかもしれませんね

|

« 世の中そうそう甘くはありませんでした | トップページ | ブロガーイベント「ザ・プレミアム・モルツ講座」に行って来ました »

ランチ」カテゴリの記事

人間ウォッチング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わたしだったら「お!なんだ?」と聞こえるように声を出したでしょうね

面白いからhappy01

投稿: 玉井人 | 2008/09/26 11:50

玉井人さん

コメントありがとうございます
奈落の底に落ちているだろう人に
私には出来ませんね・・・

投稿: カー助 | 2008/09/26 14:49

おお〜なんだか、ドラマの予告編のようなワンシーンですね。
気になるシーンだけ流して、「次はいったいどうなるの?」って感じ・・・。
ただ、この場合結末は見れないですね。ははは(^0^*)

でも、ついこの先を想像してしまいます。

仲直りできるといいですね。

投稿: さじカン | 2008/09/26 15:17

さじカンさん

コメントありがとうございます
確かにドラマの予告編のようですよね~
大事な本編は見れませんが・・・
時々、映画館の予告編を見て
「面白そう」と思ってあとで本編を見て
期待はずれにがっかりすることもありますけどね
人生のドラマだったら
ハッピーエンドなら自分が主人公でもいいですが
悲劇だったら傍観者でいたいと思うカー助ですcoldsweats01

投稿: カー助 | 2008/09/26 16:52

こんにちは
女は食べ終わっていたのをみるとすでに二人は店に来た時点で険悪なモードだったと思われます。ムカついていて早食いしたのでしょう
女性の心理から言うと追いかけてきて欲しいのミエミエの行動です。勢いよく店を出たものの追ってくることを想定してそんなに早くいかない郊外店なら歩いて帰れる訳はないから。
男:一人残された店内で気まずさを抑えながら残った食事を食べながらこの後、どう収拾するか考えながら残った食事をしてレジで精算をして店を出る
前早足で行女の腕を掴む男

男:「おい待てよ!」

女;「何よほっといてよ。」つかまれた腕を振りほどこうとする
女:「離してよ」


男:「そんなに怒るなよ」
男」:「いい加減にしろよ」

女:「あなたがわからないわ」

男:聞けっって言ってんだろう」

男:「ちゃんと俺の話を聞いてくれよ。」

男:「とにかく車に乗れよ」
女:ぶすっとしながら歩いて帰るのもいやなので渋々店の駐車場に戻り車で帰る二人。
もし、私が独身の男だったら急いで清算して女を追いかけて「送りましょうか?と言い車に乗せて彼女にしちゃいます」o(*^▽^*)o

投稿: `cuore | 2008/09/26 18:48

テーブルをたたいたり、コップの水をかけたり、ちゃぶ台をひっくり返すのは男性と思っていましたが、最近は違うようで…
女の子は後を追ってほしかったのかな~weep
車も助手席に男の子をはべらせて、女性が運転しているのをよく見かけますが…coldsweats02
話は変わりますが、今日の札幌決まりますかね~

投稿: とんちゃん | 2008/09/26 18:57

cuoreさん

コメントありがとうございます
ってか長~
書いていただいたその後の「まぁ、こうだろうな」というストーリーは一番ありそうなパターンですよね
う・・・・・・ん
私が若かったとして
どんな理由かはわかりませんが
直ぐにカッとくるような女性を追って車に乗せて送らないでしょうね~
今から思うと
女性の車で来ていて
それに乗って彼女だけ帰っちゃったという展開だった可能性もゼロじゃないと思っています
彼氏はブツブツ文句を言いながら歩いて帰ったとかcoldsweats01

投稿: カー助 | 2008/09/26 20:55

とんちゃん

コメントありがとうございます
今ではそんな男性いませんよcoldsweats01
怒るのは女性、怒鳴るのも女性の時代じゃないですか
男女平等がいき過ぎて
いつの間にか女性が過保護になっていたりして・・・coldsweats01
残念ながら
ライオンズは今日も札幌で負けているようですdown

投稿: カー助 | 2008/09/26 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世の中そうそう甘くはありませんでした | トップページ | ブロガーイベント「ザ・プレミアム・モルツ講座」に行って来ました »