« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008/11/28

森林公園の紅葉見ナイト

水曜日の夜に

森林公園で行われている夜間ライトアップ「紅葉見ナイト」へ行って来ました

「紅葉見ナイト」の読みは

「こうようみないと」ではなく「もみじみないと」が正しいようです

一昨年にも1度行ったことのある紅葉見ナイトですが

その時は風が強くゆっくり見ていられる状況ではありませんでしたので

今回は、水曜日が穏やかな日だったこともあり

仕事を終えてから行ってみました

043

会場は

森林公園中央口から入り

カエデ見本園を中心に

その先の植物園売店までで

私は車で行きましたが

森林公園駅北口からは、会場の中央口までの臨時シャトルバスも出ています

入場して直ぐの中央口広場ではイルミネーションが迎えてくれ

002

昼間は園内を走っているバスもイルミネーション化されて置いてありました

037

その先の「妖精の広場」にはキャンドルが

012

電球のイルミネーションのような華やかさはありませんが

やはりキャンドルは暖かな感じがしますよね

011

中間点にある「もみじ茶屋」は営業されていて

大勢の温かいものを求めるお客さんでいっぱいでした

016

カエデ見本園の色づきは

今年はイマイチな感じですね

秋が暖かかったせいか

埼玉県のカエデはmaple

ここだけではなく全体的に真っ赤ではない感じです

カエデの色づきだけをいうとおととしの方がきれいだったと思います

まぁ、こればかりは自然ですから仕方がないことですが・・・

おととしになかったものは

021

行燈です

暗闇に続く行燈はちょっと幻想的でもありますよね

024

ライトアップされた木々やイルミネーションのまわりには

三脚に一眼レフカメラを持った人が大勢写真を撮っていました

もちろん、私のようにコンパクトデジカメで撮影している人もいれば

携帯電話のカメラで撮影している人もいます

025

終点の植物園売店はお店とその周辺がイルミネーションされています

034

033

よく見ると

ブルーに鹿をかたどったイルミネーションは首を振るようにできています

032

おととしに行った時にはなかったものもありますので

毎年少し変えているのかと思います

この日は風のない穏やかな日でしたが

それでも最後には体が冷え切ってしまう感じでしたので

これから行かれる方は

厚着をして温かくして行かれることをお勧めします

ちなみに

紅葉見ナイトは

11月14日から12月7日までで

11月は16:30から

12月は16:00から20:30まで開催されています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/27

サントリーまるかじりクイズ

昨日に続いてサントリーさん系の書き込みです

このブログの右サイドバーの一番上に

「サントリーまるかじりクイズ」というブログパーツを貼り付けました

3択クイズに挑戦し

全問正解で応募フォームが現れ

運が良ければ賞品がいただけるというものです

クイズの締切りは2回で

第1回締切は12月9日(火)10:00まで

第2回締切は1月9日(金)10:00まで

となっていますので

2回挑戦して応募することができるようです

クイズは

誰でも応募できるレギュラーコースと

サントリーEクラブ会員専用のプレミアムコースがありますが

Eクラブ会員になるのは申し込むだけですので

申し込んでEクラブ会員になれば2コース応募できると思います

賞品は

ザ・プレミアム・モルツ、金麦のビール系から

角ハイボール体感セット、シングルモルト山崎10年のウィスキーや

カクテル飲料から

伊右衛門、黒烏龍茶のお茶系もあれば

ペプシネクスや缶コーヒーのボスセットまであり

その中から好きなものを選んで応募することができます

早速、私もレギュラーコースとプレミアムコースの両方の問題にチャレンジし

応募しておきました

おとといのザ・プレミアム・モルツ<黒>のように

忘れた頃に送られてこないかな~

などと勝手なことを思っているカー助ですがcoldsweats01

応募しなければ、そのチャンスもありませんので

このブログをご覧に方々には

ぜひ応募していただいて

賞品をゲットしていただければと思います

もし

私のブログのブログパーツから応募して賞品をいただけたら

私に感謝してくださいねhappy01

はずれても私にやつ当たりしないようお願いしま~す

| | コメント (0)

2008/11/26

ザ・プレミアム・モルツ(黒)も送られてきました

2ヶ月ほど前の

9月27日にサントリー武蔵野工場で行われた

ブロガー限定イベントに参加してきた話はこのブログにも書きましたし

そのイベントの最後に

自由記入のアンケートを出してきたら

1週間後に

サントリーさんから

ザ・プレミアム・モルツが12缶送られてきた話もブログに書いたのですが

昨日、仕事を終えて帰宅すると

荷物が届いていて

見ると、サントリーさんからでしたが

特に最近何も応募した覚えがない私は

「なんだろう?」と開けてみると

002

ザ・プレミアム・モルツ<黒>が6缶入っているではありませんか!

「でも、なんで?」と思いながら

同封されたメッセージを読んでみると

『ブロガーイベント「ザ・プレミアム・モルツ講座」参加者各位』となっており

丁寧な先日のイベントへの参加お礼と

11月25日(火)から全国で数量限定発売される

ザ・プレミアム・モルツ<黒>をご自宅でも味わい楽しんでいただきたくお届けさせていただきました。と書いてあります

そういえば

武蔵野工場でのイベントの時に

ザ・プレミアム・モルツ<黒>も特別に試飲させていただいたのですが

忘れた頃に送ってくれたなんて

それも発売日にあわせてのプレゼントは

なんとも心憎いというかありがたい話です

早速、サントリートピックスを見てみると

http://topics.blog.suntory.co.jp/001355.html

『「ザ・プレミアム・モルツ(黒)」が本日より数量限定発売!』と題されて記事がアップされていました

同封されていた

サントリートピックス編集部のグレイスさんとメグさんからのメッセージには

「よろしければ、先日にお渡ししたグラスにて、おいしい注ぎ方でお楽しみください」とありましたので

そういうところだけ素直な私はcoldsweats01

「ハイ、ハイ」と昨夜いただきました

007

きめ細かな泡は

サントリーさんのスタッフの方々の心遣いのようで

後味の香ばしさは

いつものザ・プレミアム・モルツともちょっと違って

これはこれでいいかも

私的には

ザ・プレミアム・モルツ<黒>は

これからの冬向きな感じもします

暖かい部屋で冷えたビールもいいですよね!

サントリーさんの気のきいた心遣いに感謝しながら

今晩も美味しくいただきたいと思いますbeer

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/25

嵐山渓谷の紅葉

「嵐山」といっても京都の嵐山(あらしやま)ではなく

埼玉県の嵐山町(らんざんまち)の紅葉です

ですので

読み方は当然「あらしやま」ではなく「らんざんけいこく」です

元々、町の名前自体が

景色が京都の嵐山に似ているので付けられたとか

003

大~昔の子供の頃

父親とよく釣りに行った都幾川のちょっと上流に

こんな渓谷があるとは知らず

今回初めて行ってみました

001

遊歩道を行くと

014

このちょっと下流はおだやかな流れの都幾川の両岸は岩、岩、岩の渓谷で

ところどころに紅葉が見られます

004

006

008

冠水橋なるものを渡ると

対岸へも行け

009

天気も良く

ちょうどお昼時ということもあり

ウォーキングの団体らしき人たちがお弁当を広げていました

まぁ、本家の京都の嵐山には程遠いのかもしれませんが

近くにもこんなところがあるのだと

新たな発見をした気分です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/21

走る男

昨日の続きのような話ですが

水曜日の「水曜どうでしょう」のあとの

23時30分から

テレビ埼玉で「走る男」という番組をやっています

この番組は

千葉テレビ、テレビ埼玉、テレビ神奈川、三重テレビ放送、KBS京都、サンテレビの6局の共同制作で

森脇健児が

2008年3月に北海道をスタートし

2009年3月にゴールの沖縄を目指して走るという

日本縦断の約2,500キロの旅の様子を番組にしています

途中で寄り道したり

番組を知った人が勝手に伴走者として来たりしています

もちろん、近くを走っていることを知って

やって来る地元の人もいれば

番組を途中から知り

その時には、すでに地元を通り過ぎていたため

わざわざ遠くからやって来る人もいて

中には

この番組に刺激を受けて「走る」ことをはじめ

少々走れるようになって伴走をしようとやって来る人もいます

そんな人たちとのやり取りも面白く

森脇いわく「地味~な、ただ走るだけの番組なのに」とのように

決して派手さはありませんが

なぜか見てしまうのですよね

ちなみに

番組ホームページによると

今は四国を「走る男」をしているようです

私がこんな番組があるのを気づいたのは

先月だったか、先々月で

すでに静岡県を走っていましたので

伴走者なり、見に行く傍観者になることは出来ませんでしたcoldsweats01

中国、四国、九州にお住まいの方なら

これから近くを「走る男」が通る可能性もありますので

伴走するなり、見に行くことも可能かと思います

テレビにも出れる?(笑)

興味がある方は

「走る男」で検索し

番組のホームページを見てみると

いつ頃どこを走りそうかわかると思います

小さなテレビ局の作る小さな番組で

森脇健児がちょっと好きになったカー助でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/20

水曜どうでしょう

最近、見たいと思うような番組が極端になく

ニュース以外でテレビをみる時間がめっきり減った私ですが

毎週楽しみに見ている番組があります

それは「水曜どうでしょう」

ご存知の方も多いと思いますが

10年も前にHTB(北海道テレビ放送)が製作した

ローカルバラエティ番組で

テレビ埼玉で再放送されているのです

放送曜日もタイトルと同じ水曜日で

23時からの放送です

テレビ埼玉では以前にも「水曜どうでしょう」を放送していましたので

再々放送ということになるのかと思います

ご存知のない方のために

番組を簡単に紹介すると

大泉洋と鈴井貴之とディレクター2人の4人が無謀な旅をするというもので

昨夜の放送分は

サイコロの旅の第何弾かの2夜目で

東京から北海道へ帰る旅をサイコロを振って行き先を決めるというものです

用意された6パターンの行き先候補の多くは

深夜バスでの移動という過酷なものや

目的地の北海道とは正反対の方向のものもあり

今回の旅も

サイコロの出た目は

東京から大島へ飛び

大阪へ

四国へ

奈良へ

また四国へ行き

飛行機、新幹線、深夜バスやレンタカーなどを乗り継ぎ

遠回りに遠回りを重ねて

振り出しの東京へ戻り

そこで振ったサイコロで

またまた深夜バスの目を出して

青森までの深夜バスに乗ったところで

続きは次週となりました

決して複雑な企画でもなく

有り余るような予算を使って作られた番組ではありませんが

大泉洋と鈴井貴之とディレクターの会話には笑わされることも多く

気軽に楽しめる番組で気に入って見ています

この番組が全国のUHF局で放送されたり

DVDが売れたりしたことで

北海道の人気者だった大泉洋は全国区になったのですよね

ディレクターの除けば

出演者2人のなんとも低予算で作られた番組ですが

在京キー局の製作する

どこのチャンネルをまわしても

同じような出演者で

トーク番組と称するものや

ちょっとウケルとみんなクイズ形式の番組じゃ

見ている方も飽きますよね

大勢の出演者を出して

高い予算で番組を作っても

「面白いものを作ろう」という気持ちに欠けているのではないでしょうか?

コマーシャル料を稼ぐために

無難な視聴率を得ることが目的となり

企画や内容より

有名な人、視聴率を稼げそうな人を集めての番組では

そろそろ限界が来ていると思うのですが

どこかの政党と一緒で危機感を感じていないのでしょうかねcoldsweats01

地方のUHF局は

コマーシャル収入も多くなく

経営も大変かと思いますが

そんな、予算をかけられないからこそ

「努力をしよう」という考えになるのかもしれませんね

頑張れ!地方UHF局

と思う次第です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/19

チグハグな会話

昨日は知り合いのおばさんに誘われてランチを一緒に食べたのですが

その時の会話が

何ともチグハグ

「野球のアジアシリーズはどこが勝ったの?」とおばさんに聞かれ

「西武が優勝したよ」と答えると

「どこでやってたの?」と言うので

「東京ドーム」と答えれば

「そうじゃなくて、どこで放送してたの?」と聞き返され

「テレビでは放送してなかったみたいだよ」と答えると

「なんで?」と聞かれましたが

なんで放送しなかったのかは私にはわかりませんし

どうしてもそれが知りたければ

日本プロ野球機構に聞くか

テレビ局に聞いてみたらと思うわけで

さらに

「監督は誰だったの?」と聞くおばさん

「???西武なんだから渡辺監督・・・」と答えれば

「アハハ、そうだよね!日本代表チームじゃないんだからね」と大笑い

「何をとぼけたこと言ってるの?」と私が言えば

「普通、おばさんはアジアシリーズをやっていたことすらしらないだろうから、それを知っていただけでも立派なものじゃない?」と自己弁護

自分の間違いでもこんな風にポジティブに考えられたらたいしたものだと思います

その後、しばらく話しているうちに

大学生が何人も大麻で捕まっている話になり

「大麻って常習性があるの?」とおばさんに聞かれ

「そうなんじゃないの」と答えると

「なんで大麻を吸うの?大麻を吸うと気持ちよくなるの?」と聞いてきました

「知らないよ!大麻なんて吸ったことがないから・・・」と答えているのに

「大麻の効能は何?」としつこい

大麻に対して『効能』ってのもなんかおかしい感じもしますし

私も何でも経験があるわけでもなく

知らないことだってたくさんあるのです

結局おばさんは「帰ったらネットで調べてみよ~」と言ってましたが

生活していくうえで必要なことなら

調べてみるのもいいでしょうが

そんなこと調べてもなんの役にも立たないと思うのですが・・・

ネットで違法なものまで売買されたり

わからないことをネットで調べたり出来る世の中になったわけですが

それを有効利用出来るかどうかは

その人の技量なのでしょうかね

| | コメント (4)

2008/11/18

落ち葉を踏みしめながら

いつもウォーキングをしている森林公園への遊歩道もすっかり紅葉し

というか

ところどころ、かなり落葉もしています

016

約3kmの遊歩道ですので

陽の当たり方などで色づき方や

落葉の仕方も色々です

011

012

青空をバックに黄色や赤は

やはり映えますよね

021

カエデは、まだまだ緑のものもあれば

しっかり紅葉しているものも

020

春の桜の花びらが舞う時期もいいですが

落ち葉を踏みしめながらのウォーキングもまたいいものです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/17

空気だけじゃなく漢字も読めないのですね

安部元首相の時に

「空気が読めない」として使われた「KY」が

麻生首相で

「漢字が読めない」として使われるとは思いませんでしたね

原稿を読む麻生首相の漢字の誤読には呆れるものがありますが

同時に

麻生首相の方針演説や答弁の多くは

自身の考えや言葉ではないということですよね

官僚の書いた(考えた)文章を棒読みしているにすぎないということなのでしょう

一国の総理大臣が

自らの考えで話せないというのも

なんとも情けない話ですが

麻生首相は官僚に書いてもらったものを下読みしないのでしょうかね

まぁ、間違って読んだ漢字は

下読みしなくても読めるものだといえばそれまでですが

日頃、マンガは読んでも

きっと官僚の書いたものは読み慣れていないのでしょうね

教育問題の持論を発言して

早々に麻生内閣の国交省大臣を辞任された中山元大臣に

麻生首相の教育レベルのご意見を伺いたいな~と思ったりもしてしまいます

先の金融サミットで

10兆円もの資金提供を申し出て存在感をアピールしようとされたようですが

麻生首相の存在感がアピール出来るのは

テレビ番組のヘキサゴンのお馬鹿回答者としての出演の方が似合っているのでは?

と思いますし

安部元首相、福田前首相と3人で

あの番組から出てきた3人グループ「羞恥心」に対向できるユニットが組めるのではないかとも思います

| | コメント (2)

2008/11/14

カベを走る車

「カベを走る車」といっても

もちろん、本物の車じゃありません

おととい、仕事を終えて帰宅すると

何やら荷物が宅急便で届いていました

送り主にも、送り状に記された内容物「エアロスパイダー」にもピンときませんでしたが

開けてみると

㈱タカラトミーさんからのメッセージが同封されていて

先月の末ごろだったか

ココログの管理ページに

「ブロガー限定、カベを走る車をプレゼント」というのを見つけ

そんな感じのものがあることはテレビか何かで見たような気がしますが

「どんな原理で重力に逆らって壁を走るのだろう?」と興味があり

まぁ当たらないだろうが応募だけはしておこうと思い応募したのでしたが

それが当選したとのことで送られてきたのです

002

箱の裏には

カベでもテーブルの裏でも走ると書いてあります

003

中身はこんな感じのラジコンカー

004

早速、説明書を読み

別売の単3電池6本をコントローラーに入れて

説明書通り、車に充電しようとしたのですが

出荷段階ですでに充電はされているようでしたので動かしてみることに

005

おおー!本当にカベに貼りついて走りますよ

007

カベのスイッチの周りも1周します

前後左右はもちろんスピンだってしちゃいますし

51才のじいさんも大感激ですcoldsweats01

カベに貼りつく原理は?というと

008

カベ走行モードにすると

上の写真の中央部に見えるファンモーターが高速で回り

空気を強力に吸い込み

その力でカベに貼りついているのです

直径2cmほどのこんな小さなファンモーターの力でカベに貼りついて走るか?と思いますが

これが見事に走るのですよね~

まぁ、そのためにカベ走行モードの時は

かなり大きなファンモーターの音はしますが

それがちょっとうるさいことを除けば

カベやテーブルの裏側を走る姿は感動ものですね!

娘の子供が女の子でなかったらプレゼントしたいぐらいです

久しぶりに感動しちゃったカー助でしたhappy01

       ↑

もっと大事なことで感動しろって言われそうですが・・・coldsweats01

| | コメント (4)

2008/11/13

罪の重さ

今年2月に埼玉県熊谷市で

飲酒運転により8人を死傷させた元トラック運転手玉川清被告に

昨日、さいたま地裁で懲役16年の判決が出ました

被告は約5時間飲酒をしたのち

時速100kmを越えるスピードで車を運転し

対向車2台に衝突して

2人を死亡させ、6人に重軽傷を負わせたものです

検察は、危険運転致死傷罪で懲役20年を求刑

弁護側は、事故当時意識は明瞭で危険運転致死傷罪にはあたらず

刑の軽い自動車運転過失致死傷罪にとどまるとの主張をしていました

裁判長は

危険運転致死傷罪の成立を認め

「極めて無謀な運転で、被害はあまりにも重大」としましたが

判決は求刑の懲役20年ではなく懲役16年でした

また、裁判長は

玉川被告が事故以前から

月に数度飲酒運転を繰り返していたことを認定しています

この事件では

玉川被告が運転することを知りながら酒を提供したとして

元飲食店経営者に

全国ではじめて酒類提供による道交法違反で有罪判決が出ています

まず、弁護側の自動車運転過失致死傷罪が適用されるべきとの主張には無理があると思います

「飲酒運転」は

明らかに過失ではありませんし

弁護側の言うように

飲酒運転で意識が明瞭であって

一般道を時速100km以上のスピードで運転したとしたら

それは、危険運転致死傷罪どころか

最高刑が死刑もありうる殺人罪が適用されてもおかしくはないと思うぐらいです

常習的に飲酒運転を繰り返し

重大な事故を引き起こした今も

「過失」だと主張している被告に

本当の意味で反省があるとも思えません

判決は

求刑の懲役20年をしたまわる懲役16年でしたが

弁護側は「事実認定が不当」だとして控訴する方針だとのことです

検察にも「刑が軽すぎる」と控訴してもらいたいものです

残念なことに

飲酒運転による悲惨な事故をなくそうと

危険運転致死傷罪が生まれたわけですが

悲惨な事故はあとを絶ちません

事故を起こした加害者に

その罪の重さを認識させることも大事だと思いますが

悲惨な事故で被害者を出す前に防ぐことも重要なことではないかと思います

飲酒運転の取り締まり強化とともに

飲酒運転者の罰則の強化も必要なのではないでしょうか

飲酒運転(酒気帯び運転も含め)は1発免許取り消しとか

飲酒運転者の免許取り消し期間を10年とか20年にするとかしなければ

飲酒運転を根絶することは出来ないと思います

悲惨な事故が起きてからでは

犠牲になった人はかえってきません

飲酒運転者に

事故を起こす前に厳罰を与え

飲酒運転自体が罪であり

その重さを認識させることが悲惨な事故を減らすことにつながると思うのですが・・・

| | コメント (2)

2008/11/12

微妙~な違い

虫歯の治療はとっくに終わったのですが

その後もクリーニングのために

1、2ヶ月に1度、歯医者さんへ行っています

今日も予約の日で行ってきたのですが

毎回、まず先生が歯と歯茎のチェックをして

「特に問題ありませんね」と言われ(まぁ、問題があっては困ると思い、こまめにクリーニングに行っているのですが)

患者さんの少ない時は

そのまま先生がクリーニングをし

忙しそうな時は

助手の若い女性がクリーニングをしてくれます

その助手さんも何人もいますので

その人によってクリーニングにも個性が出ます

助手さんの共通点は

「ハイ、お口あけてくださ~い」とか

「何かあったら左手あげてくださ~い」とか

「お口ゆすいでくださ~い」とか

50過ぎのオヤジに小学生にでも語り掛けるように話すことです

さらに余計な共通点は

みなさん可愛かったり綺麗だったり

まぁ、これはどうでもいい話ですが・・・coldsweats01

今日も先生は忙しいらしく

私の歯と歯茎のチェックをして

「よく磨けてますね。特に問題はないようですので衛生士に歯垢をとってもらいますから」と言い

歯科衛生士(?)のお姉さんがやって来て

「ハイ、イス倒しま~す」と

クリーニングが始まったのですが

このお姉さんが

今までに経験したクリーニングに比べるととても丁寧なのです

たかがクリーニングですが

やはり個性は出ますよね

一番いい加減ささっと手っ取り早くやるのが先生で

助手のお姉さん方の場合でも

「こいつ気が強いんだろうな~」とか口の中に手を突っ込まれながら思う人もいれば

逆の感じの人もいたりして色々です

今日の担当のお姉さんは

ご丁寧で

途中で「口を開きっぱなしも疲れるな~」とか心の中で思うほど

やがて歯垢取りが終わり

「ハイ、お口ゆすいでくださ~い」

その後「磨いていきま~す」と言われ

小さなローラーで磨くのですが

これも丁寧

そして

「ハイ、お口ゆすいでくださ~い」

「フッ素のお薬塗りま~す」って

薬塗りも丁寧でした

「しばらくそのままにしててくださ~い」で

5分ほどしてピピッとタイマーが鳴り

先生がチェックにやって来て

口の中を見て

「ハイ、きれいになりました。お薬を塗っていますので30分ぐらい飲食はしないでください」と言われ終了です

人間がやることですからそんな微妙な違いがあるのは当然でしょうが

もうひとつ微妙な違いが帰りに待っています

それは

会計で払う金額です

毎回、ほぼ同じクリーニングなのに

微妙に金額が違うのはなぜなんだろう?と思うのです

もちろん、大きく違うことはないのですが

数百円違うことがあるのは個性じゃないですよねcoldsweats01

| | コメント (4)

2008/11/11

詐欺被害はなくならない

振り込め詐欺被害が依然として多いようです

数日前のニュースでは

和牛のオーナーになると儲かるという詐欺の話も出ていました

色々な詐欺が繰り返し出てきて

被害者があとを絶たないのが現実ですが

私には、詐欺の手口が巧妙化したとはとても思えず

むしろ同じ形態の詐欺が続いているのではないかと思います

言い換えると

詐欺被害者側にも問題があるのではないかと思うのです

もちろん

詐欺が犯罪であり

加害者を肯定するつもりなど毛頭ありません

日本人は騙されやすい国民性なのでしょうか?

もっとも

詐欺加害者ということをいえば

社会保険庁の年金問題などは「国家的詐欺」でもあり

この国は

詐欺が野放し状態なのかとも思いますが

普通、そういう世の中を生きてくると

疑い深くなったり

人を信じなくなったりもするのでしょうが

騙されていることにずーーーーーっと気づかなければ

永遠に騙され続け

疑い深くならずに済むのでしょうかね

今回も

アホウ麻生内閣は1人あたり1万2千円ほどの給付金を出すとのこと

マスコミは

「経済対策なのか?生活支援なのか?」とか

「所得制限をどうするか」と報道しますが

財源は霞ヶ関の埋蔵金だとか

それって税金ですよね

我々が納めた血税は

無駄遣いされる時になると

「霞ヶ関の埋蔵金」だとか「公的資金」と名を変えます

役所の無駄遣い等の時には

「予算」と名を変えます

全て国民から徴収した血税なのに

言い方を変えることで国民を騙せるのでしょう

アホウ首相じゃなかった麻生首相は

「大胆な行財政改革を行った後、3年後ぐらいを目処に消費財を上げさせてもらいたい」とのこと

行財政改革は「大胆な」という曖昧な表現でありながら

消費税アップは3年後という具体的な話であり

都合の悪いことは曖昧にし

お金を取るという本来の目的だけを実現しようという姿勢は

まさに詐欺師のテクニックじゃないでしょうか?

おまけに

「国交省と農水省の出先機関は廃止し」と言った発言は

すぐに「統廃合」に訂正されてしまいましたので

麻生首相の考える「大胆」とは

「いい加減に」という意味だったのでしょう

まぁ、仮に(今の自民党政権ではありえないと思いますが)

国交省と農水省の出先機関を廃止したとして

その3万人あまりの職員を別の機関を作って移動させたのでは

社会保険庁の名ばかりの改革と同じで

何の意味もない話だと思います

海の向うの大統領選挙で「改革」を旗印に新大統領になられる方がいますが

「改革」とは国民の生活を良くするものであり

そのためにまず無駄をなくし

国民が納めた血税を国民のためにいかに有効に使うかが本来の「改革」じゃないのでしょうか

行財政改革が消費税アップの口実であり

社会保障や医療費の増大を理由に国民の不安をあおり

無駄遣いをごまかしたまま

増税する手口は

まさに詐欺そのものじゃないでしょうか

それに騙される国民が多いうちは

この国から詐欺被害者がなくなることはないと思うのですが・・・

| | コメント (4)

2008/11/10

やったね!埼玉西武ライオンズ日本シリーズ優勝

今日は当然!この話題ですよねhappy01

シーズン開幕前には誰も優勝候補にもあげていなかったチームが優勝するとはね

そういう私も

昨シーズンBクラスで

これといった大型補強をしたわけでもなく

変わったといえば

監督とコーチ陣ぐらいでしたので

「まぁ、優勝は無理でも面白い試合を見せてくれればいいや~」と思っていましたcoldsweats01

テレビ埼玉で「ライオンズナイター」の中継がある時は

ほとんど見てましたし(というと聞こえはいいですが、ゴールデンタイムといわれる時間帯、どこのチャンネルも同じような顔ぶれで同じような番組という他に見たくなるようなものがなかったこともその要因ですが・・・coldsweats01

今年も西武ドームへも観戦にも行きました

たぶん

西武ドームは12球団のホーム球場で1番山奥にある球場ですよね

もうひとつ「たぶん」という話を書けば

テレビで解説者と称して出てらした方々より

埼玉西武ライオンズの試合を見ているのではないかということでしょうか

交流戦以外はセリーグの

それも巨人中心に見ている解説者の方々のお話はライオンズファンには笑えるところも多いのではないかと思います

おかわり君こと中村剛也は

元々6番打者で

ホームランか三振でいいやぁという選手ですから

多くを望んじゃダメですよね

「中継ぎ投手陣が弱い」との評価も

確かに、その通りですが

それをやりくりしながらシーズンを戦ってきたチームです

どこかのチームの様に

4番を大金はたいて連れてきたり(3番も、5番もか?coldsweats01

クローザーが欲しいからとよそから連れてきたりしてませんからね~

埼玉西武ライオンズには

そんなチームにはなって欲しくないと思いますね

確かに勝ち負けも大事ですが

「プロ」ですので

見ていて楽しい試合

楽しめるチームだということも必要なことだと私は思います

個性があったり

欠けている部分を補いながら戦っていくことも見ている側を満足させる要素かと思います

来年も大金使った大型補強をせず

さらに若手を育成してライオンズには頑張ってもらいたいものです

中島選手の怪我がちょっと心配ですが

アジアシリーズでもいい試合を見せてもらいたいものです

| | コメント (2)

2008/11/07

バスで7分、歩くと40分

ウォーキングコースの森林公園への遊歩道も

徐々に木々が色づき

日頃は遊歩道を歩いている人そう多くはないのですが

紅葉見物を目的としているのか

いつもより多くの歩いている人を見かけます

先日も森林公園駅の高架橋を渡っていると

改札から出てきたおばさんたち御一行が

森林公園への案内板を見ながら

「バスで7分で行けるみたいよ。思ったよりも近いから歩いて行く?」との声

その声に答えるように

「そんなに近いのなら歩いて行こうよ」と別の人の声が聞こえました

確かに案内板には

森林公園南口までバスで7分(200円)と書かれ

乗り場の案内図もありますし

本当に7分ぐらいでバスは駅から森林公園の南口までは行けると思うのですが

それは、ほぼ真っ直ぐな道で

スムーズに流れているからであり

距離が少ないわけではありません

遊歩道の距離だけでも2.9km

今、御一行様のいらっしゃるところから南口ゲートまでだと3km以上はあり

元気に歩いて40分はかかります

ウォーキングをしていると

時々駅前で

「森林公園まで歩いて行けますか?」と聞かれることがあるのですが

遊歩道がありますから安全に歩いて行くことは充分可能ですが

聞いてきた人が楽に歩いていけるかは

また別問題だと思いますので

そんな時、私は

「森林公園までは3kmほど距離があります。若干起伏もあり、時間にして40分ちょっと歩くようになりますよ」と答えるようにしています

それを聞いて「やっぱりバスで行こう」という人もいれば

「季節もいいし、歩きに来たのだから歩いて行こう」という人もいます

時には遊歩道の途中で

「森林公園まであとどのくらいありますか?」と聞かれることもあり

その場所からのおおよその時間を教えてあげることもあったりします

バスで7分、歩くと40分の森林公園までの道のりですが

もう一つの移動手段は

駅前にあるレンタサイクルを借りて行くという方法です

遊歩道と並行してサイクリングロードも整備されていますので

自転車でも安全に行くことが出来ますし

森林公園内にもサイクリングロードがありますので

それはそれでまた楽しめるのではないかと思います

私は自転車でそこを走ったことはありませんが

バスで7分、歩いて40分、自転車なら15分ぐらいで行けるのではないかと思います

森林公園はとても広いですから

園内をかなり歩くことを考えると

脚力に自信のない方は

駅から森林公園南口までの移動は

バスかレンタサイクルがお勧めかと思いますねbicycle

毎日のように歩いている人は別として

日頃の運動不足を解消しようと思って来た人が

一気にたくさん歩けば

翌日筋肉痛になるだけでしょうし

翌々日の忘れた頃に筋肉痛が襲ってきたら

ご自分の年を実感されてガッカリするだけでしょうからねcoldsweats01

| | コメント (0)

2008/11/06

伊香保の紅葉

テレビなどでもよく紹介される

伊香保温泉の河鹿橋付近の紅葉のライトアップを見ようと

昨日、仕事を終えてから行って来ました

午後7時ごろに

石段の湯近くの駐車場に車をとめ

外へ出ると

やはり標高が少し高い分寒い?

019

こちらは公共の温泉施設らしいです

外から見る感じは、きれいです

本日の目的は温泉ではないので

ここは素通りし

目的の河鹿橋を目指し

伊香保名物の石段を登ります

015

源泉の流れが見れる石段ですが

013

平日ということもあり

歩いている人はほとんどいません

002

長い長い石段を登り

そこから右へ折れて

さらに歩いて

やっと到着です

車を降りたときには「寒い」と思ったのですが

石段を登ってきたら

むしろ汗ばむ感じです

肝心の河鹿橋付近の紅葉のライトアップは

005

まだ、ちょっと早かったですね

来週あたりがちょうどいいのかも

006

部分的には紅葉しているところもあります

010

少し時期的に早く来すぎたのもありますが

私的には

「テレビで大げさに取り上げるほどのものか?」というほどコジンマリしていて

これなら「森林公園の紅葉見ナイト」のライトアップの方がいいかな~と思います

まぁ、何事も1度は行ってみないとわかりませんからね

河鹿橋の先には

011

飲泉所があります

012

鉄分を含んだ温泉はあまり美味しくはありませんが

これも、ものは試しと1度飲んでみるのもいいかと思います

| | コメント (2)

2008/11/05

パンが届きました

昨日、仕事を終えて帰宅すると

宅急便でパンが届いていました

001

誰からかというと

時々、このブログでも書かせていただき

コメントも入れてくれているcuoreさんからです

1年前に脳梗塞で倒れられ

しばらく入院し

退院してからはリハビリを続けられています

私がお見舞いにお邪魔した時には

まだまだお体は不自由な感じでしたが

ご主人の愛情に支えられてのリハビリは順調のようです

手書きのメッセージとともに

送られてきた手作りの天然酵母パンは

今朝いただきました

もちもちしていてとても美味しかったです

リハビリは決して楽ではないと思いますが

ご自分のため

支えてくれているご主人のため

頑張っていただきたいと思っています

ご主人のように献身的に支えてあげることはできませんが

時々、作られたものをいただいて食べることで

「リハビリが順調に進んでいるんだな」と喜びを分かち合えたらなぁ

などと勝手なことを思っているカー助ですcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/11/04

ご飯が好きです

昨日も娘夫婦とチビが午前中にやって来ました

先日、「食欲旺盛です」と書いたチビですが

この日もまたまた食欲旺盛!

12時になり

みんなでお昼ご飯を食べ始めたのですが

自分用の離乳食より

白いご飯がお気に入りのようで

隣にいたばあさんのご飯茶碗に手を伸ばし

ばあさんが少しあげると

「もっとくれ」とばかりにさらに手を伸ばします

結局、チビ用のご飯茶碗にご飯を少し盛ってあげていると

覚えた芸(?)の1つの

両手を合わせての「いただきます」のポーズをしてみせ

その後、手づかみでそれを食べ始め

娘がスプーンで口元へ持っていくおかずよりもご飯の方がお好みのようで

2回に1回ぐらいはおかずを無視して食べ続け

ご飯がなくなると

うなって「もっとくれよ」とばかりに催促です

確か娘や息子がこのくらいの時は

おかずばかりを食べて、ご飯を食べたがらなかったような気がします

まぁ、それも個性といえば個性なのでしょうが・・・

食後のデザートには

りんごを薄く切ってもらい

両手に1つずつ持って口いっぱいに入れて食べています

「そんなに急いで食べなくても誰も取らないのに・・・」と思いますが

徐々に味覚が出てきて

好きなものをたくさん食べたいとなることも1つの成長なのでしょう

食べ終わったチビの小さな体は

お腹だけが妙にポッコリしています

じいさんの私からすると

食べた分だけ成長出来ることがうらやましくもありますcoldsweats01

| | コメント (2)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »