« カベを走る車 | トップページ | 落ち葉を踏みしめながら »

2008/11/17

空気だけじゃなく漢字も読めないのですね

安部元首相の時に

「空気が読めない」として使われた「KY」が

麻生首相で

「漢字が読めない」として使われるとは思いませんでしたね

原稿を読む麻生首相の漢字の誤読には呆れるものがありますが

同時に

麻生首相の方針演説や答弁の多くは

自身の考えや言葉ではないということですよね

官僚の書いた(考えた)文章を棒読みしているにすぎないということなのでしょう

一国の総理大臣が

自らの考えで話せないというのも

なんとも情けない話ですが

麻生首相は官僚に書いてもらったものを下読みしないのでしょうかね

まぁ、間違って読んだ漢字は

下読みしなくても読めるものだといえばそれまでですが

日頃、マンガは読んでも

きっと官僚の書いたものは読み慣れていないのでしょうね

教育問題の持論を発言して

早々に麻生内閣の国交省大臣を辞任された中山元大臣に

麻生首相の教育レベルのご意見を伺いたいな~と思ったりもしてしまいます

先の金融サミットで

10兆円もの資金提供を申し出て存在感をアピールしようとされたようですが

麻生首相の存在感がアピール出来るのは

テレビ番組のヘキサゴンのお馬鹿回答者としての出演の方が似合っているのでは?

と思いますし

安部元首相、福田前首相と3人で

あの番組から出てきた3人グループ「羞恥心」に対向できるユニットが組めるのではないかとも思います

|

« カベを走る車 | トップページ | 落ち葉を踏みしめながら »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今回の給付金制度のいい加減さはもちろん、今の政治のどこに未来があるのかと思うほど情けない状況。
どの政党も口では美味しいことばかり並べ立てて「国民の為の政治」からは遠く離れてしまっているようです。
国の財布の中身をきちんと締めもせず、改めもせず、「金がなけりゃ、集めりゃいいや」ってなやり方をもっと考えたらいいのに。
給付金でばらまいたお金は、後で消費税増税や税金の値上げでなんとでもなるって腹なんでしょうが、そういう考え方はいつになったら改めることが出来るんでしょう。
そのうち国民が働いて得た給料は、すべて国に取り上げられてしまうんでしょうね。
強者に甘く弱者に厳しい。
永遠に、この状況が改められることはないような気がします。

投稿: さじカン | 2008/11/17 21:08

さじカンさん

コメントありがとうございます
そうですね。本当に国民のことを考えられない人が国会議員をやっていていいのかと思いますよね
ただ、そんな口先だけの議員たちに
簡単に騙され続けて
投票し、議員を続けさせているのは私たち有権者でもあるのですよね
不満を言いながらも選挙に行かない人も多いですし
同じ人が、同じ政党が長年権力を握っていたら不腐敗して当然かもしれません
議員の世襲まで許しているのも残念ながら有権者の責任ですよね
現職議員のみなさんには
落選により無職にでもなっていただかないと
国民の気持ちや
弱い者の気持ちはわからないのではないでしょうか?
よく「○○先生を育てる会」なんてのがありますが
本当に育てる気持ちがあるなら
「落選」という愛のムチも必要なのかもしれませんよね
国民のことを考えた政治をする議員を生むのは
有権者の厳しさしかないと私は思います

投稿: カー助 | 2008/11/17 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カベを走る車 | トップページ | 落ち葉を踏みしめながら »