« 賢者の贈り物 | トップページ | 出流蕎麦で年越し »

2008/12/29

小さな台風がやってきました

年末に我が家にやって来た小さな台風

なんとも大暴れで大変です

005

話の始まりは

金曜日の朝にかかってきた電話

前日の夜に外食をした娘夫婦が

どうやら食中毒になったようで

吐き気がとまらない娘は夜中に病院へ行ったそうです

翌日には娘の旦那さんの症状が悪化しているとのことで

うちのばあさんと旦那さんのお母さんがアパートへ行くことに

「チビが心配だから行ってくる」というばあさん

体調不良なのは、ひ孫のチビではなく

ばあさんからすると孫であるチビのお母さんなのですがね・・・

何かあったら電話をくれるようにいって私は仕事へ行き

夕方、戻るとばあさんはまだ戻っておらず

しばらくすると

タクシーでばあさんが娘とチビを連れて帰ってきました

話を聞くと

旦那さんは痙攣を起こし救急車で病院へ行ったとのこと

少しして旦那さんに付き添っていた旦那さんの両親から電話があり

「少し落ち着いたので、とりあえず実家に連れて行きますから、申し訳ないのですがチビを預かってもらえませんか」とのことで

我が家で預かることになりました

来たばかりの時は

「お母さんは病気で寝ているのだから、そばに行っちゃダメだよ」といっても

チビにはわかるわけもなく

何度も何度も娘の寝ている部屋へ行っていたのですが

ご飯を食べたあとあたりから

遊ぶのに夢中で

徐々に娘の寝ている部屋へ行かなくなりました

チビが食中毒にならずにすんだことは不幸中の幸いだったと思います

次の日の朝も

早くから起きて飛び回り

食欲も旺盛で

母親のことは忘れちゃった?と思うほどのチビ

なんでも引っ張り出して散らかし

持ったえんぴつで落書きをしたりと大暴れ

知恵がついてきたことは喜ぶべきなのでしょうが

どこに幼児用ビスケットがしまってあるかを覚えており

イスに乗って取ろうとしますし

「手を洗う」ということを習慣づけているいため

ちょっと何かをすると

洗面台の前へ行き

手を大きく伸ばし

洗おうとしますので

そのたびに抱っこして持ち上げ手を洗ってあげ

その手を拭いてと大変です

家中一緒に走り回らされ

こちらはクタクタで

「まいったな~」と思っているところに

旦那さんのお母さんから

旦那さんの体調もだいぶ良くなり、チビの面倒を見るのも大変でしょうから

こちらで預かりましょうか?と電話があり

その日の昼頃

一晩寝てだいぶ元気になった娘とともにチビは

旦那さんの実家に引き取られていきました

我が家は

まさしく台風一過という感じです

少しずつ賢くなっているチビをだましだまし遊ばせることの大変さを実感してしまいました

|

« 賢者の贈り物 | トップページ | 出流蕎麦で年越し »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

季節はずれの小型ながら突然の大荒れの台風上陸にお爺ちゃんはうれしいやらいささかもてあまし気味だったのではないでしょうか?coldsweats02
よく孫は目に入れても痛くないと聞きますがカー助さんにとって何十年前の子育てを彷彿させる年の締めくくりでしたね。virgo娘さん夫婦よくなりましたか?
何を召しあがったのでしょうか?

投稿: cuore | 2008/12/29 18:09

cuoreさん

コメントありがとうございます
やはり娘夫婦がいて面倒をみていてくれ
都合のいい時だけチビと遊ぶのがいいな~などと勝手なことを思ってしまいますcoldsweats01
子育てには体力も必要で
じいさんの私には、もうちょっと辛いということですかね

娘夫婦から先ほど電話があり
明日にはアパートに帰るとのことですから
だいぶ良くなったようです
今度会った時に何を食べたのか聞いてみたいと思っています

投稿: カー助 | 2008/12/29 21:28

娘さん御夫婦快方にむかわれているようでよかったですね。
食中毒のウィルスと一緒に今年のウィルスを追放して来る年が良い年でありますよう…
皆様お揃いでお元気によい年をお迎え下さい。
1年間有難うございました。
来年もよろしくお願いします。

投稿: とんちゃん | 2008/12/30 19:18

とんちゃん

コメントありがとうございます
娘夫婦は何とか普通の正月が迎えられそうです
そうですね。悪いことが吹き飛んでくれたらいいですよね
こちらこそ1年間私のブログにお付き合いいただき
また、コメントしていただきありがとうございます
来年もよろしくお願いしますhappy01

投稿: カー助 | 2008/12/30 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 賢者の贈り物 | トップページ | 出流蕎麦で年越し »