« あたり前田のクラッカー | トップページ | ゲーム機と鬼嫁は正直? »

2008/12/09

怒られています

誰に怒られているかというと

友達からで

なんで怒られているかというと

11月の末に出した喪中はがきでです

3月に父親が亡くなった時に

誰まで連絡するか?で悩んだのですが

父親の知り合いを中心に連絡し

私の知り合いは

最近も親しく付き合っている人だけにしたので

「想定内」といえばそうなのですが

年賀状のやり取りだけになりつつある人たちや

遠くの友人には連絡をしませんでしたので

喪中はがきが届き

私の父親が亡くなったことをはじめて知って電話をくれた人が数人いて

「なんで連絡してくれなかった」と怒られたりしているわけです

まぁ、そう言ってもらえる友人がいることは

ある意味、ありがたいことだとも思います

そんな中で考えたことが1つ

自分が死んだ時用の連絡一覧を作成しておこうか

ということです

「縁起でもない」と考えるか

「間違いなく来ることだから大事なこと」と考えるかは人それぞれでしょうが

当たり前ですが

自分が亡くなった時に

自分で連絡することはできないわけで

「それなら、残された者をわずらわすことのないように」と考えたら

連絡一覧は便利でいいのではないかと思っています

例えば

グループ分けし

「○○さん(電話番号)」と記し

備考に ○○さん、△△さん、□□さんへの連絡を頼むこと

などと仲のいい人には代表者を書いて

そこから連絡をしてもらえるようにしておけば

なんとも便利で手早く

それも、私が連絡して欲しい人に

もれることなく連絡ができると思いますし

もし、それで、もれた人がいても

責任は私自身にあるわけですからね

そんなリストを正月休みにでも作成し

1年に1度ぐらい見直していこうかと考えています

|

« あたり前田のクラッカー | トップページ | ゲーム機と鬼嫁は正直? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「何で連絡してくれなかった・・」、「申し訳なかった」というのは語弊が有りますが不幸があったときの挨拶のこととして致し方ないものと私は思っています。
すべての方には不可能です。

私の亡き父もそのような連絡先などを残していたのですが、いざそのとき(亡くなった時)になったら葬儀終了して半月もしてから見つかりました。

何かと混乱する中これは準備していても無理なのではないかと私は思います。

投稿: 玉井人 | 2008/12/09 15:10

玉井人さん

コメントありがとうございます
確かに落ち度なく連絡することは大変なことですので
少しでも連絡しやすいようにと考えたら
「連絡一覧」を自分で作成しておくことは大事かと思いますよね
せっかく作っても
それをしまい込んでいては意味がありませんよね
なんたって「連絡一覧」を使用するのは自分ではないのですから
そのために私は電話のそばに貼っておこうかと思っていますが
その紙がボロボロになるまで長生きしちゃったりして・・・(笑)

投稿: カー助 | 2008/12/09 17:14

母は、40年も前癌を患ってから家で葬式が出せるように座布団から茶碗、汁碗、コップ、土瓶…
取り揃えて○○はここに△△はここにと私に言っていました。
85歳になってもお迎えがこないので、自宅から葬式は出さなくてよいと今は、大切なものと一緒に連絡先の一覧を作って入れているようです。
延命治療はいらない等の書付も…
私も保険の一覧など少しずつ準備しています。
伝えたい事はノートに少しずつ書いておこうと思っています。coldsweats02

投稿: とんちゃん | 2008/12/09 18:43

とんちゃん

コメントありがとうございます
昔の人ほど「みんなに迷惑をかけたくない」という気持ちが強かったのではないでしょうか
なるべくなら迷惑をかけずにピンピンころりと逝きたいものですが
こればっかりは願ってもどうなるかわかりませんから
せめて自分で出来ることをしておいて
手をわずらわせることを少なくしておくことも大事かと思いますよね
特に私の場合
「生きていた時も大迷惑だったけど、死んでまで手を焼かせられた」と言われそうですから
「最後だけはちゃんとしてた」と言われて終われるようにしたいものですcoldsweats01

投稿: カー助 | 2008/12/09 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あたり前田のクラッカー | トップページ | ゲーム機と鬼嫁は正直? »