« 不景気も関係ない? | トップページ | おじさん観察 »

2009/02/26

外貨預金

昨年の12月の初旬に外貨預金をしました

通常の定期預金をしていても

利息は無いに等しく

「預かってもらっているだけ」という感じですので

日本円だった預金を米ドルで2万ドルにしての預金です

その時の為替レートは1ドル90円53銭

ただし、銀行の手数料が1ドル1円かかりますので

1ドル91円53銭での交換となりました

銀行の外貨預金の担当のお姉さんは

親切に(まぁ、当たり前と言えば当たり前ですが・・・)

色々と説明してくれます

外貨預金はペイオフの対象外であることや

為替相場の変動により差損が出る可能性があることなど・・・

私の場合

近い将来、円安なるだろうとの差益をもくろんでの外貨預金ですので

当然、逆に円高がさらに進めば

差損が出ることは承知の上ですから

リスクがあることもわかってのことです

上にも書きましたように

円からドルに換えたときと同じように

ドルから円に戻す時にも

1ドル1円の手数料がかかりますので

1ドル92円53銭なら差損をせずにすみますし

それ以上に円安が進めばお金が増えるということです

92円53銭より1円安の1ドルが93円53銭ですと

2万ドルですので2万円増える計算です

ちなみに

1年に20万円以上の差益が出た場合

確定申告の対象となるそうです

そんなわけで

為替相場を気にして毎日見ているのですが

一時は

私が外貨預金をした時より円高が進んで80円台後半になっていたのですが

ここのところ円安傾向になりつつあり

昨日も円安が進んで

今朝、ネットで見た時は

1ドル97円49銭~97円54銭の為替相場となっていましたので

1ドルあたり5円ほどの差益で

私の外貨預金は10万円ほど増えていることになるわけですhappy01

この時に私がした外貨預金は

6ヵ月の定期預金ですので

満期で小額ですが利息も付きます

もちろん、

急激に円安が進めば

小額の利息をもらうより途中解約した方が得です

私的には

まだまだ円安は進むのではないかと思っていますので

しばらくは様子を見ようかと考えています

そんなわけで

輸出関連企業の皆様と欲の皮の突っ張ったカー助は

1ドルが100円を越える円安になることを願っていま~すcoldsweats01

|

« 不景気も関係ない? | トップページ | おじさん観察 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不景気も関係ない? | トップページ | おじさん観察 »