« こちらは当選しました | トップページ | ブロガーイベント「シングルモルト楽しみ方講座」~ハイボールからはじめよう~チャー&貯蔵庫篇 »

2009/03/16

ブロガーイベント「シングルモルト楽しみ方講座」~ハイボールからはじめよう~工場見学篇

金曜日に「こちらは当選しました」と書き込んだ

サントリーの白州蒸留所で行われたブロガーイベントに

3月14日(土)に参加して来ました

集合は8時30分に新宿駅西口

前日の夜より

関東地方は春の嵐という感じで

風が強く大荒れで

私は何とか無事に集合場所に時間前に到着できましたが

あちこちで電車が止まったり遅れたりしていましたので

遅れてくる方や

集合時間に間に合わない方もいらして

予定より少し遅れて8時50分にバスは出発となりました

悪天候だったせいか

中央道はノー渋滞で

談合坂PAで休憩を1度とり

小淵沢ICで高速を降りて

山梨県は北杜市にある白州蒸留所へ

予定時間より少し早い11時半頃に到着です

こちらは

山崎蒸留所と2つあるサントリーのウイスキー工場であるとともに

南アルプスの麓にあることから

「サントリー天然水」の工場もあるところです

この日の天気予報は

「午後から晴れ」の予報でしたが

到着時は、まだ冷たい雨が降っていました

まずは、セミナールームに荷物を置いて

レストラン「ホワイトテラス」にて昼食です

002

用意されていたメニューは

鱒の燻製のちらし寿司

003

鱒が燻製になっていることで

生臭い感じは無く

川魚があまり好きではない私にも美味しくいただけました

レストラン「ホワイトテレス」のテラスには

ウイスキー樽を利用した燻製樽が置いてあり

006

チーズが燻製されていました

009

網がかかっていなければ

1ついただいて食べてみたい感じですよね~coldsweats01

食後はセミナーが始まるまで

30分ほど自由時間で

隣のウイスキー博物館へ行かれた方も多かったようです

012

最上階には展望できるところもあり

景色を堪能してきた方もいらっしゃいました

100

私は昨年個人的に見学に来て

こちらは充分見学しましたので

今回はウイスキー博物館はトイレだけを利用し

ウイスキー博物館とセミナーハウスの間にある喫煙スペースで一服

099

なんたってバスの中で

禁煙を強いられていましたし

これからセミナーが始まれば

またまた長~時間禁煙ですからねcoldsweats01

こんな写真をアップしている参加者は私だけでしょうねsmoking

でも、たばこを吸える場所の少なくなった今

喫煙者にとっては「たばこを吸える場所がここにありますよ」というのは貴重な情報かと

愛煙者である私は勝手に思うわけです

1時になりいよいよ

『「シングルモルト楽しみ方講座」~ハイボールからはじめよう~』の始まりです

参加ブロガーの簡単な自己紹介のあと

前村工場長から歓迎のご挨拶をいただき

017

ウイスキー製造工程見学が始まりました

ブロガーイベントということから

説明してくださる女性スタッフとともに前村工場長が同行してくれて

通常の見学コースでは撮影禁止の場所も

特別に撮影してもいいとのことです

やはり、こういうところがブロガーイベントの魅力でもありますよね

工場へ入ると

やはり、いい香りがします

ウイスキーの原料である大麦に

021

ピート

022

これに南アルプスの清流が加わり

時間をかけて

美味しいウイスキーになるのですよね

熟成には

ここ白州の自然豊かな風土や気候も大きく影響しているそうです

ウイスキーも人間も

環境のいいところで育つことが大事だということでしょうか?(笑)

『仕込』は

麦芽を細かく砕いて温水とともに仕込槽へ

023

『発酵』は

麦汁に酵母を加え

発酵槽へ移して行われ

024

中はこんな感じで温かく

031

032

泡いっぱいで酵母が働いている!って感じです

発酵後に『蒸留』するのがこちらで

こちらは通常入れてもらえないところだそうです

034

サントリーでは2回蒸留を行っているそうで

左が初溜を行う釜で

右が再溜を行う釜だそうです

白州蒸留所では

1000~1200℃の直火で蒸留しているそうで

銅製の釜は熱伝導がいいのだそうです

ただし、銅釜は

徐々に内側が薄くなっていくそうで

下の写真の中央の釜は

上の曲がった部分が交換されて新しいものになっていて

そこだけまだ色がくすんでいません

削られた銅は、釜の下に落ちるのでウイスキーに入ることはないのでご心配なくとの前村工場長の話でした

039

036

その蒸留釜には

大きくわけてストレートヘッド型、バルジ型、ランタンヘッド型の3種類があり

それを使い分けて多彩なモルト原酒を作り分けているとのことです

水も違えば

自然環境も違う場所で

タイプの異なる酵母、発酵槽、蒸留槽、貯蔵槽を使い分けながらモルト原酒を作ることが

山崎蒸留所とここ白州蒸留所がある意味なのだそうです

いよいよ前回の個人的見学で見れなかった

今回、ぜひ見たかったチャーを見るためにバスで移動です

続きはまた明日書きたいと思いますhappy01

尚、サントリーの公式ブログの「サントリートピックス」には

http://topics.blog.suntory.co.jp/

すでに速報版がアップされていますので

興味のある方はそちらも見てみてはいかがかと思います

|

« こちらは当選しました | トップページ | ブロガーイベント「シングルモルト楽しみ方講座」~ハイボールからはじめよう~チャー&貯蔵庫篇 »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。。^^
今日はコメントどうも有り難う~♪(^^*/
お返事書く前にこちらへ遊びに来てしまいましたw
そうなんです・・ 
折角イベント行かれる~♪ととても楽しみにしていたのに・・。。・゚・(ノД`)・゚・。
で・・ 皆さんが来られるのも判ったので
またお会いしてお話できるのをとても楽しみにしてたのに・・。(嗚呼)
ホントに残念です・・。

投稿: よぞら | 2009/03/16 13:20

こんにちは!
分かりやすいレポートで
楽しく記事拝見致しました(笑)
発酵槽がいいですねぇ。
明日の記事も楽しみにしています!

投稿: ちえ | 2009/03/16 14:32

よぞらさん

コメントありがとうございます
折角イベントに選ばれたのに出席出来ず残念でしたねcrying
参加者リストによぞらさんのブログアドレスがありましたので
お会いして
また、からかえる(?)と楽しみにしていたのですが・・・・coldsweats01
早く体調が良くなることをお祈りします
また次のイベントでお会いできるのを楽しみにしています(お互いに次のイベントに選ばれるかわかりませんが・・・coldsweats01

投稿: カー助 | 2009/03/16 15:05

ちえさん

コメントありがとうございます
そう言っていただけると嬉しいですよhappy01
伝わったのが
カー助がたばこを吸いたくてしょうがなかったことだけじゃなくて良かったですcoldsweats01
発酵槽は、仕込まれたものが
ウイスキーになるために「生きてるsign03」って感じでした
ハイ、明日も頑張ってアップしたいと思っています

投稿: カー助 | 2009/03/16 15:10

こんにちは
当選したとのことでしたので、また素敵な洋食と思いきやが今回は意外にも和食だったんですね。銅釜は丸から細長く絞ってある辺りが大田区の家内工業の得意とするへら絞りの技法かしら?と思って拝見しました。ウイスキーグラスを片手に一服出来たら最高だったでしょうね。私もウイスキー世代なのでいつか機会があれば行ってみたいです。

投稿: cuore | 2009/03/16 17:09

cuoreさん

コメントありがとうございます
そうですね。今回の食事は
サントリーさんのブロガーイベントで初めての和食でした
美味しければどちらでもありがたいですがね
確かに、銅釜の絞りの部分などは手作業での製作って感じもしますね
白州蒸留所は森の中で自然いっぱいですので
私としてはお勧めのところですので
ぜひ一度行かれてみてはいかがかと思います
新緑の頃が一番いいかもしれませんよ
旦那さんにハンドルキーパーになっていただいて
ウイスキーを堪能してくるのもいいかもhappy01

投稿: カー助 | 2009/03/16 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/44365576

この記事へのトラックバック一覧です: ブロガーイベント「シングルモルト楽しみ方講座」~ハイボールからはじめよう~工場見学篇:

« こちらは当選しました | トップページ | ブロガーイベント「シングルモルト楽しみ方講座」~ハイボールからはじめよう~チャー&貯蔵庫篇 »