« 感動と興奮をありがとう!WBC日本代表 | トップページ | 布団で思い出した話 »

2009/03/26

布団の打ち直し

先日、仕事を終えて帰宅すると

ばあさんが押入れの前で何かしているので

「なにしてるの?」と声をかけると

「布団が押入れに入らないんだよ」と言う

見ると

パンパンに膨らんだ敷布団を押入れに仕舞おうとしているばあさん

我が家の前は布団屋さんで

数年に1度ぐらいの間隔で布団の打ち直しを頼んでいます

打ち直しから返ってきた敷布団は

出される前の3倍ぐらい膨らんでいますので

それを3つに折って仕舞おうとすれば

打ち直しに出す前の9倍ぐらいの厚みになるわけですから

元の場所には収納できなくて当然ですよね

ばあさんは、結局違うところへ仕舞い

私の敷布団も打ち直しに出すか?と聞いてきました

元々、ベッドが嫌いで

しかも、ペッチャンコのまさしく煎餅布団がお気に入りの私ですが

ここしばらく敷布団を打ち直しに出していませんので

布団屋さんに打ち直しをお願いすることにしました

なんたって

1日のうちで下着の次に長時間お世話になっているのが布団ですから

健康のことを考えると

人生の中で長い時間接している

布団と下着は『いいもので清潔に!』は大事なことかと思いますからね~

そんな私の敷布団がおととい打ち直しから返ってきました

ペッチャンコだった私の煎餅布団は

4倍ぐらいの厚さになった感じです

寝てみれば

当然ですが体が沈み込み

慣れない感じは

煎餅布団好き派の私には寝ずらくもありますcoldsweats01

一番の違いは

寝返りが打ちづらいということでしょうか

まぁ、異常に寝つきのいい私ですので

違和感を感じている前に寝付いてしまうのですがねcoldsweats01

|

« 感動と興奮をありがとう!WBC日本代表 | トップページ | 布団で思い出した話 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
そうですか?カー助さんはベッド嫌いの煎餅布団派とは知りませんでした。
知らなくて当然ですよねhappy01
今時の若い人は蒲団が打ち直出来るとは知らないと思います。
よく蒲団が粗大ゴミに出してあるのを見かけます。

確かに布団も打ち直しするより買った方が安い時代ですから大体打ち直し事態をやってくれる処も少ないと思います。

何でもすぐに捨てて買うのではなくそうやって綿を足したり打ち直していくことでいつまでも新品同様に気持ちよく使えるという日本人らしく物を大切にしていく日本人の心、いくら豊かになっても文化意識は大事にしていきたいですね。

投稿: cuore | 2009/03/26 17:33

布団の打ち直しをこまめにやっているんですねえ
私の地域ではあまりやる人が居なくなってしまいました。
そのため何件か布団屋さんが店じまいをしてしまっています。

投稿: 玉井人 | 2009/03/26 18:17

cuoreさん

コメントありがとうございます
アハハ、私が煎餅布団好きということを知っているたら変ですよね~
確かに若い人は「布団の打ち直し」知らないかもしれませんね
子供が生まれれば小さな布団を作り
その子供たちが成長して
小さな布団が必要なくなれば
直して大きな布団にしを我が家はやってきましたね
娘がチビを生んでからしばらく我が家にいると決まったら
ばあさんは早速小さな布団を作ってましたよ
何でも欧米化することがお洒落だと考えることもどうかと思いますよね
古くからのものが全ていいとは思いませんが
本当にいいもの
自分に合うものに新旧は関係ないと思いますね

投稿: カー助 | 2009/03/26 21:47

玉井人さん

コメントありがとうございます
我が家の前が布団屋さんということもあるかもしれませんが
ごく自然に、当たり前のように我が家は打ち直しをしてきましたし
これからもそうしていくと思いますね
私自身、いつまでも煎餅布団でいきたいと思っていますcoldsweats01

投稿: カー助 | 2009/03/26 21:52

布団の打ち直し・・・懐かしいです。
子供の頃、夏になるとパリッと糊のきいた木綿の布団布の端を持たされて、くるっと返してふわふわの布団が出来上がり…
婚家の一軒先も「綿の打ち直し」をしている「わたや」さんでした。
姑が子供用の敷布団やおしめ変え用の座布団を作ってもくれました。
ひ孫さんのお布団の用意をなさっているお母様の姿、母や姑の姿と重なります。
今の子供はお布団のたたみ方も知らないのでしょうね!

投稿: とんちゃん | 2009/03/27 08:20

とんちゃん

コメントありがとうございます
我が家では「普通のこと」の布団の打ち直しも
みなさんには懐かしいようですね
そう!ばあさんは
忘れることが多くなっているのに
ひ孫のことに関しては忘れることがないのですよね
それだけひ孫のことは楽しみであるのだと思いますね
とんちゃんのお母さんやお姑さんの姿と重なったということは
お2人も愛情をこめて布団を作ってくれていたからでしょうね
何でも簡単に買い与えていたのでは記憶に残らないのかもしれませんね
確かに子供の頃からベッドだったら
布団の敷き方、たたみ方は知らないかもしれませんね
敷いたりたたんだりしてくれる人がいなくなってから
私は毎晩自分で敷いて
毎朝自分でたたんでいま~すcoldsweats01

投稿: カー助 | 2009/03/27 09:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感動と興奮をありがとう!WBC日本代表 | トップページ | 布団で思い出した話 »