« 安行寒桜(大寒桜) | トップページ | 感動と興奮をありがとう!WBC日本代表 »

2009/03/24

無謀な行いは感動も笑いも呼ばない

22日に行われた東京マラソンで

出場していたタレントの松村邦洋が倒れて病院に運ばれたそうですが

はっきり言って

あの体型でフルマラソンに出場すること自体を無謀としか言いようがないですね

出場した理由は

テレビの番組の企画らしいですが

日頃、堕落した生活をしているタレントに

フルマラソンをさせて何を伝えたかったのでしょうか?

感動?

ドSなお笑い?

東京マラソンは

毎日毎日厳しい練習を重ねたトップランナーと

ジョギングを趣味としている人たちが

日頃走ることの出来ないコースを走れるという楽しみを与えてくれるマラソン大会なのだと思います

多くの市民ランナーは

日頃から走って鍛えているわけですから

大会への参加は年に1度も楽しみでもあるのでしょう

現に、一般参加者は申込が多く抽選になっていると聞きます

そんな大会をお笑い(?)に使おうというテレビ局にも呆れますし

今回のことに対して

テレビ各局が「無謀なことをした」という批判が少ないことにも呆れます

『同業者のミスを叩かない』は

テレビ局の暗黙の了解なのでしょうかね

それとも

自局も同じようなことをしているから

叩いたら叩き返されるとでも思っているのでしょうか?

そもそも

スポーツが見ている人の感動を呼ぶのは

その影にたくさんの努力、練習があるからではないでしょうか

箱根駅伝等が多くの人に見られ、感動を呼んでいるのは

出場している選手達が

血のにじむような練習をして出てきているからではないかと思います

今回の松村邦洋を出場させたテレビ局の企画も

毎年、日本テレビの24時間テレビで行われているマラソン(?)も

無謀な行いであって

決して感動を呼ぶものなどではないと私は思います

日頃、練習に練習を重ねもせず

企画、演出されたもので

感動を呼べるなどと考えているテレビ局があって

その意図にすっかりはまってしまう人がいるということは

幸せな国だということでしょうかね

そんな簡単に大衆操作が出来るのだと考えると

恐ろしい気もしてします

|

« 安行寒桜(大寒桜) | トップページ | 感動と興奮をありがとう!WBC日本代表 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安行寒桜(大寒桜) | トップページ | 感動と興奮をありがとう!WBC日本代表 »