« 3打数2安打 | トップページ | 西班牙市場 »

2009/04/27

草彅剛事件でわかったこと

コネタマ参加中: 酔ったら止まらない?!お酒の失敗談教えて!

草彅剛容疑者の公然わいせつ事件のテレビ等の報道は

あまりにも草彅容疑者に対し

優し過ぎというか好意的過ぎはしないでしょうか?

コメンテーターなる人達の多くは

謝罪会見で

「彼の真面目さが見えた」とか言っていますが

過去の事例を平気で話していたことなど

「反省がみれない」ともとれますし

今後もお酒を飲み続けたいという態度のどこに「反省」があるのかと思います

34歳男が

今後について

大人になりたいような発言をしていた部分など

20歳そこそこの男の会見じゃなるまいしと

思わず鼻で笑ってしまいました

その謝罪会見ですが

聞くところによると

ジャニーズ事務所の要請で

生中継はダメだったとか

何処の世界に謝罪する側がそんな条件をつける謝罪会見があるのでしょうか?

それを「おかしい!」と言えない

あるいは、ジャニーズ事務所のそんな不誠実な態度を問題にもしない(出来ない)テレビ局もテレビ局だと思います

テレビ各局は

ジャニーズ事務所に所属しているタレントで多くの番組を作っていますから

文句も言えないのですかね

草彅剛容疑者を叩いたらSMAPファンを敵に回しかねないと思っているのか

ジャニーズ事務所に嫌われたら

この先番組が作れないと思っているでしょうかね

謝罪会見は草彅剛容疑者と弁護士で

事務所の責任者は会見をしなかったようですが

これが違う企業の不祥事だったら

テレビ局をはじめとするマスコミは

「説明が不十分だ」とか「責任ある人も謝罪会見すべきだ」などと詰め寄るのではないでしょうか?

草彅容疑者の活動自粛は当然としても

普通なら

所属しているグループ全体の活動自粛もすべきでは?との突っ込みをするであろうテレビ局なのに

今回は

そんな声すら全然出てきません

SMAPの他のメンバーにも活動を自粛されたら

テレビ局自らが困るからでしょうかね

都合のいい時にだけ「マスコミ」になるテレビ局ですが

真のマスコミであるなら

誰が事件を起こそうと

そのことが自らに不利益になろうと

同様に扱い、同様に糾弾すべきは糾弾するのが当たり前のはずです

損得が一番にくる今のテレビ局には大衆操作は出来ても

到底、平等に真実を伝えることなど出来ないということが

今回の事件の報道で見えた気がしますし

日頃、言いたい放題好き勝手なことを言っているだけのコメンテーターも

単なるテレビ局の飼い犬でしかないことがよくわかったという意味からは

草彅君に感謝すべきなのかもしれませんね

|

« 3打数2安打 | トップページ | 西班牙市場 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

カー助さんのように思われる方は少なくないと思います。
一般の企業ならその通りですね。
そしてジャニーズをはずしたらNHKをはじめほとんどの番組放送が無くなってしまいますね。
強い事務所だと思います

ただ今回の場合は、ジャニーズ事務所のとしては先にお詫び記者会見はやっていましたし、それに草彅君の場合、ジャニーズの社員(サラリーマン)ではなく、雇用関係じゃない、いわば取引先の個人的不祥事といことでしょうから、「わが社が一番の被害者だ」という意識があるとおもいます。

こういうのはほかの芸能関係の会社も同じ態度をとっているようです

それに、われわれ視聴者には被害らしいことは無いわけですし、こんなものでしょう。

わたしはそう思っています。

投稿: 玉井人 | 2009/04/27 21:48

玉井人さん

コメントありがとうございます
「われわれに被害らしいことは無い」は大いに違うと思いますよ
今回の事件で
地デジPR用のポスターをはがしたり
コマーシャルを中止し再度作り直せば莫大なお金がかかります
それらが総務省の予算で行われるとしたら
われわれの税金が無駄遣いされることになるわけですから
総務省には損害賠償請求をしてもらいたいと思いますね
迷惑、あるいは被害とは
直接はもちろん間接的なことも含まれるわけで
われわれ納税者を含め多くに人に迷惑をかけているわけですし
それを冷静に的確に伝えられないテレビ局には大いに問題があると思いこの記事を書いたのです
それと
芸能事務所とタレントの関係は
プロスポーツ選手と所属団体の契約関係に近いものがあり
契約しているタレントの言動には
支配下においている団体、会社にも管理責任があり
「取引先」と考えるにも大いに無理があると私は思いますよ

投稿: カー助 | 2009/04/28 09:29

ごもっともでございます。
多くの方が同じことを各サイトで書き込んでいましたので、
カー助さんなら、たぶんそういうコメントが有るに違いなと思っていました。正しい考えだと思います。

損害金額、テレビ局だけで50億ともいわれますが、その請求はトヨタも含めマスメディア全社そろって取りやめにしましたね。
請求した方がかえってイメージを悪くして、そちらの方の損害が莫大な金額になると判断したようです

私の場合カー助さんと視点が違っていて意見も並行すると思いますので、人にはいろんな考えが有るということでご了承くださいませ

投稿: 玉井人 | 2009/04/28 12:31

玉井人さん

再びのコメントありがとうございます
おっしゃる通り
いろいろな意見、考え方があって当然かと思います
それと同様に
みんなが損害賠償請求しないからうちもしないと画一的になってしまうことに怖さを感じますね
そして、その要因となっていることが
テレビ局の極端な擁護報道だとしたら問題ですよね
それだと「報道」ではなく「大衆操作」にほかなりませんからね
損害賠償請求を起こさない企業の株主は
経営陣に対し賠償請求訴訟を起こすべきだとも思いますし
少なくとも
国民の血税をあずかっている国は
損害賠償請求してもらいたいものです

投稿: カー助 | 2009/04/28 14:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3打数2安打 | トップページ | 西班牙市場 »