« 少しだけ会話が出来るようになりました | トップページ | 生命保険の更新 »

2009/05/21

マスクが売切れです

毎日、テレビの報道は

新型インフルエンザのことが中心で

予防策は

不要な外出を避け

出かける場合はマスクをし

帰ったらうがい、手洗いを徹底することで

手洗いの仕方まで丁寧に放送していますが

肝心のマスクは

ドラッグストアーに行っても売り切れなのですよね

この国の国民性は

自分は大丈夫~!と楽観者がいる一方

テレビの影響を大きく受ける人たちがいるという

極端な二面性を持っているのかも?

どちらが正しいかは別として

どちらにも問題がある気がしてなりませんし

報道の仕方にも問題があると思いますね

あおるような報道をしておきながら

「冷静に対処してください」なんても言っていますが

「冷静な対処」とはどんなものなのでしょうか?

あまりにも『あいまいな表現』じゃないですか

そういえば

昨日の報道を見ていて

うん?と思ったことが1つ

それは

兵庫や大阪では新型インフルエンザを疑われる患者が多すぎ

新型インフルエンザかどうかの検査を全てで出来ないということに対し

舛添大臣や厚生労働省は

新型インフルエンザの患者数を

WHOに報告しなければならないから全て検査するようにという話です

この話って

いかにもお役所仕事という感じがしませんか?

そもそも

厚生労働省の本来の仕事は

国民の健康や生命を守ることであり

確かにWHOへの報告も大事かもしれませんが

そのことが検査の一番の理由に出てくるところなど

ずれているとしか思えませんね

政府は景気対策と称してバラマキをしていますが

マスクが足りないなら

そちらをばらまいてもらいたいものですよね

まぁ、今回の景気対策を隠れ蓑に行われるバラマキも

役人の天下り先が中心で

本当に国民のためじゃないのですから

マスクが配られることはないのでしょうね

そういえば

麻生首相は

厚生労働省を2つに分割するとか言っていますが

国民のために働くという意識のない組織を

2つに分割しようが

100個に分割しようが意味の無いことだと思わないのでしょうかね

分割よりも意識改革や

人員の入れ替えの方がはるかに有効かと思いますが

政府や役人にそんなことを望む方が無理ということですかね

|

« 少しだけ会話が出来るようになりました | トップページ | 生命保険の更新 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

飛沫感染といわれていますが、感染防止にマスクの効果があるのでしょうか?
人にうつさない為には効果があるでしょうが…
デパートも駅も皆マスクで感染列島みたいで異様です。
でも妊婦さんは、いくら気をつけてもこれでいいという事はありませんから充分気をつけてあげて下さい。
国会議員も市会議員も半分でよろしい!weep

投稿: とんちゃん | 2009/05/21 18:20

とんちゃん

コメントありがとうございます
確かにマスクも手洗いも
感染防止に完全とはいえないでしょうが
しないよりはした方が少しでも防御になるかとは思いますよね
そうなんですよね
妊婦とチビがいますから
その点が一番心配なところです

議員をしっかり選ぶことも我々有権者のつとめでもありますよね

投稿: カー助 | 2009/05/21 20:48

埼玉県まで感染者が出始めていますね

「しないよりした方がまし」・・その通りですね
正確には感染した人が他人に移す距離が縮まる」ですね

0.1ミクロンのインフルエンザウイルス、良いマスクでも網目の大きさが5ミクロン程度のマスクなんて何の障害もなく素通りしますから、移るときは移るくらいに思った方がよいかもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2009/05/22 07:37

玉井人さん

コメントありがとうございます
そうですね、埼玉県でも感染者が確認されましたね
人口の多いところ、人の移動の多いところほど感染は拡大しやすいのでしょうね
確認されていない感染者はもっといる気もしますが・・・
まぁ、自分に出来る感染予防策をするしかありませんよね
特に家族に妊婦、幼児、体力の低下している人などがいる場合は感染しないように心がけないとですよね

投稿: カー助 | 2009/05/22 09:34

こんにちは!
インフルエンザは、高熱が出て苦しいんですよね。私も2年前にインフルエンザになった事ありました。体が弱い方なので、結構治るのに時間かかりました。
現在、新型インフルエンザに罹って入院している方々の苦しい状態分かります。
ましてや「感染者」などと言われ犯人扱いのような報道のされようを観ていて、不快を感じています。
東京の高校生の校長先生が涙ぐんでいましたけど、感染した事の責任感じていて生徒さんもご家族のかたも精神的にも辛いと思います。
はやく完治される事を祈っています。

仙台市では、指定病院ではなく、かかりつけの病院で対応してくれる体制をとっています。ウィルスはそこまで来ています。迅速な対応が拡大を防ぐし偏見をなくして安心できると思います。
医療が充実している日本ですので、常日頃の自己管理と行政の迅速な対応で、今回の新型インフルエンザも乗り切れると思っています。

投稿: ちえ | 2009/05/22 10:57

ちえさん

コメントありがとうございます
私も含めて健康な人、丈夫な人には弱者の気持ちがわかりづらいのが現実ですかね
ここのところの報道は「弱毒性」が強調されつつあるように思いますが
新型インフルエンザにかかることで
他の病気を併発しかねない人も大勢いることも事実でしょうし
そういうことも含めた行政の対応や
マスメディアの報道も必要かもしれませんね
新型インフルエンザに感染しないために
また、誰かに感染させないためにも
自分の出来る最大限の予防はすべきですよね
いつか来るであろう強毒性の新型インフルエンザに備えるためにも
「自分には関係ない」ではすまされない問題ですよね

投稿: カー助 | 2009/05/22 11:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少しだけ会話が出来るようになりました | トップページ | 生命保険の更新 »