« 好きなものから | トップページ | 上半身も少しだけ痩せてきた? »

2009/06/04

道路交通法が改正されたとか

6月1日から

道路交通法が改正され

高齢者の運転免許証の更新が一部変わったり

飲酒運転に対する行政処分が強化されたそうです

酒気帯び運転の

呼気中アルコールが0.15mg/ℓ以上0.25mg/ℓ未満の違反点数は

6点→13点になり、免許停止(90日)

呼気中アルコールが0.25mg/ℓ以上の違反点数は

13点→25点になり、免許取消し(欠格期間2年)となり

酒酔い運転の違反点数は

25点→35点になり、免許取消し(欠格期間3年)だそうで

さらに、交通事故を起こした場合(死亡事故)

免許取消しの欠格期間が5年→7年になり

さらに、ひき逃げをした場合

免許取消しの欠格期間が5年→10年になったとのこと

今回の道交法の改正も

一向に減らない飲酒運転者がいるからですよね

他人を巻き込む飲酒運転による重大事故は

起きる前に未然に防ぐことが大事だと思いますので

厳罰化することは結構なことかと思いますが

取り締まりを強化しなければ飲酒運転がなくならないというのもどうかと思いますよね

私的には

今度の改正でもまだまだ甘いと思いますし

重大事故を起こすか

取り締まりにあって運転免許証を失わないと飲酒運転やめられない人がいるのが現実なのですよね

|

« 好きなものから | トップページ | 上半身も少しだけ痩せてきた? »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

きょうから高齢者のもみじマークは義務じゃなくなりましたが、付けてほしいですねえ
重大事故も酒酔いひき逃げ死亡事故だと違反点数は「60点」になるとかパンフが回ってきていましたが、どれだけの効果が有るでしょうかね

投稿: 玉井人ひろた | 2009/06/04 19:30

玉井人ひろたさん

コメントありがとうございます
高齢化社会になってきていますから
免許制度だけではどうしようもないことも出てきますよね

飲酒運転に対する厳罰化が大きな効果を得られるかはわかりませんが
少しでも犯罪である飲酒運転が減る可能性があるなら法律を変えることも必要なことかと思いますね

投稿: カー助 | 2009/06/04 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 好きなものから | トップページ | 上半身も少しだけ痩せてきた? »