« 110,000km | トップページ | 中高生みたい? »

2009/08/19

世論調査

昨日、衆議院議員選挙が公示され

ニュースは当然ですが

選挙関連の話が中心になっています

そんな中で

NHKの世論調査なるものの結果が伝えられていました

私が気になったのは

「必ず投票に行く」が71パーセントで

「投票に行くと思う」が20パーセント

確かに今回の衆議院選が注目を集め

投票率が若干高くなる可能性はあると思いますが

投票率が90パーセント前後に本当になるのでしょうか?

この手の調査は

無作為に抽出した電話番号に電話をして

調査の協力を得るというもので

回答率は70パーセント弱が多いようです

まぁ、90×70で

63パーセント程度の人が投票に行くと考えれば

「そんな数字が現実的かな」とも思いますが

発表された「世論調査」なるものが

後日検証されるようなことは無いようですよね

ところで

私は、数年前、その無作為の抽出の電話をもらったことがあります

某民放テレビ局による「世論調査にご協力ください」というものでしたが

これがなんとも真剣に調査する気があるのか?と思う感じでした

電話をかけてきた人(調査員?)は

とにかく早口で

アルバイトなのかどうかはわかりませんが

「早く終わらせたいの?」という雰囲気で

用意された選択肢の中から選ぶことを強要される感じで

「それ以外の答えなんだけど」と答えれば

「回答いただけなければ結構です」との対応でした

選挙に行くか行かないかのような単純な質問なら選択肢は限られていても理解できますが

何を主眼に投票するか?というものなど

用意された選択肢以外の場合だってあるはずです

テレビ局や新聞社は

自ら行った調査の結果なるものを公表しますが

どんな調査内容で

どのように調査したかなどは

電話した件数や回答の率以外を詳しく公表しませんよね

「こんな質問をし、選択肢はこれこれでした」等の公表をせずに

結果だけを公表したのでは

「そんな聞き方をしたら、そういう答えが多くても当然だろう」とか

結果を聞いた人が判断出来づらいと思うとともに

調査の仕方や

内容を克明に公表しないのでは

『世論調査』ではなく『世論操作』にもなりかねないのではないかと思います

|

« 110,000km | トップページ | 中高生みたい? »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 110,000km | トップページ | 中高生みたい? »