« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009/09/30

「国交相VS地元住民」で本当にいいのでしょうか?

群馬県に建設予定の八ッ場ダムの建設中止問題が

テレビや新聞で連日大きく取り上げられています

マスコミの報道の構図は「前原国交相VS地元住民」的になっていて

その報道の多くは

ダム建設に翻弄されてきた地元住民に対して好意的なものです

確かに

長年にわたり移転問題等で生活が大きく左右されてきたことも事実であり

その苦労は大変なものだったと思います

しかし

そのことだけに目をやることもどうかと思います

台風被害からダム建設計画が持ち上がり

それから半世紀もたって完成していないダムに

本当に造らなければならない意味があるのかどうか?

それと

今まで3200億円もの税金を投入しながら本体工事にかかれていない現実

さらにダム本体工事には1400億円が必要とかいいますが

このような公共工事の多くの場合

出来あがってみると

当初予算の倍以上もお金がかかってしまったというのがほとんどじゃないでしょうか

地元群馬県をはじめ

我が埼玉県の知事もダム建設続行を主張していますが

予算の70パーセントもの税金が本体工事以外に使われていることなど

もっともっとつぎ込む税金を削減できるのではないかと考えないのでしょうかね?

仮に

関係する自治体の長が賛成でもいいですが

国民や県民、市民から預かった税金を投入する以上

それが有効に使われているか?

無駄遣いされていないか大いにチェックしていかなければならないはずでは?と思います

もちろんダム建設が全て悪いとは私は思いません

本当に必要なものを

いかに低コストで迅速に造るかが大事なことであるとともに

そこに住む人たちの生活が守られなければならないとも思います

今回の問題などは

いかに長年続いた自民党政権が今までいい加減に

多くの無駄遣いをしてきたかということでもあり

そういう報道がなされないことも不思議でなりません

真に党を再生するというのなら

間違いを真摯に検証し、反省することからはじまるのではないでしょうか?

本来、その問題点を掘り起こすべきマスコミが

地元住民を悲劇の主人公としてだけ伝えているのでは無力としか言えないと思うのですよね

全国には他にも建設中や計画中のダムもあり

また、道路を含め多くの「本当に必要か?」

あるいは「こんなに立派なものじゃなくても・・・」とか

「そこまでの税金を投入する意味があるのか?」というようなものがあるのではないでしょうか?

テレビや新聞がやるべき本来のマスコミとしての仕事は

そういう埋もれされそうなことを問題視することではないかと思うのですが・・・

| | コメント (4)

2009/09/29

今シーズンの朝野球が終了

4月から火曜と金曜に参加していた朝野球ですが

今日で今シーズンのリーグ戦が終了してしまいました

夏は午前5時に起きても明るかったのですが

数週間前あたりからは

起きて窓を開けても薄暗く

球場までの車の移動時にライトをつけるような感じになっていましたからね~

そして

やはり最後だと思うと力むもので

先週の金曜日は

カー助のタイムリー2塁打で逆転勝ちしたのですが

今日は3打席凡退で大敗してしまいました

まぁ、それも我が弱小チームらしいといえばそうなのですが・・・coldsweats01

来年の4月までお休みかと思うと

ちょっと寂しい気もしますが仕方がありません

そういえば

ウォーキングだけでは落ちなくなっていた体重が

朝野球と少し前からはじめた腹筋運動のおかげでしょうか

72,5kgまで落ちました

やっぱり好きなことして体重が落ちるのが一番ですよねsign03happy01

と、思うと同時に

朝野球がお休みの間に体重が元に戻らないように何かしなくてはダメかな?とも思ってしまうわけですが

そう簡単に好きで出来る運動があるわけでもありませんからね~

まぁ、4月からまた楽しく怪我なく朝野球ができるように

ウォーキングだけは頑張って体力維持につとめたいと思っているじじいプレーヤーのカー助です

| | コメント (2)

2009/09/28

小さなイケメン?

土日は午後から

平日は朝から娘とチビとチビ2がやって来ます

2歳1ヵ月のチビは

まぁ、よくおしゃべりしますし

自己主張が強くなったというか

騙せなくなってきて手に負えなくなりつつありますcoldsweats01

チビ2は

まだまだ生後2週間ほどですので

母乳を飲んで

寝ていることが多いのですが

時々目を開けていることもあり

動くものを追う感じになりつつあります

920_005

カー助じいちゃんに似て

小さいながらもイケメン?だって思うのは

やはり、じじ馬鹿ですかね(アハハ)

| | コメント (6)

2009/09/25

サントリートピックスに載っています

昨日、トラックバックが付いていたので見てみると

サントリートピックスからで

先月に

浦和ロイヤルパインズホテルにて行われた

「角ハイボールナイト in 浦和」へブロガーとして招待され

その模様を書いた先日の記事が

『「角ハイボールナイト in 浦和」まとめレポート』として紹介されていました

http://topics.blog.suntory.co.jp/002229.html

やはり一流企業の公式ブログですね~

アクセス解析を見ると

そこからこのブログへ見に来てくださる方がいますからねhappy01

当日参加された方々のブログが紹介されていますし

カー助のブログも

おまけのように(?)載っていますので

興味のある方はご覧いただければと思います

| | コメント (0)

2009/09/24

6連休になってしまいました

シルバーウィークで世間的には5連休

私も5連休のはずだったのですが

好まない6連休になってしまいました

先週の木曜日に仕事を終えて帰ると

少々激しい下痢に

熱もあるようで気持ちが悪くなり

頭を冷やして早々に寝ることにし

金曜日は朝野球のため午前5時に目覚ましで起きるも

気分が悪く

メールにて「昨夜から体調が悪いため今朝はお休みします」と連絡を入れ

再度眠りについて

次に目が覚めたのは午前10時ごろ

幸い下痢はおさまりましたが

熱は下がらず気持ちが悪いため

「今日は休もう・・・」ということにし

食欲も当然なく

布団の中でウトウトしていると

午後になり携帯が鳴り

仕事の話

また少しすると携帯が鳴り

別の仕事の話

不景気から世間並みにここのところ私の仕事も超~暇なのですが

こんな時に限って電話があるのですよね~

まぁ、1人で仕事をしていますので

事務所に電話をして私が出なければ携帯にかかってくるわけで

助かるというか便利でもあるのですが

こんな時はちょっと辛いとも思ってしまいます

まぁ、相手は私が調子悪く寝ているとは思っていないのですから

平日の日中なら電話をかけてきて当然なのですが

熱で少々もうろうとしている感じもあり

「・・・・ハァ~」って感じでもあったりして・・・

金曜日の1日と土曜日の半日ほど寝て過ごして今では元気になったのですが

何に食あたりしたのかはよくわからないままって感じです

木曜は夕飯は食べていませんから

昼食に問題があったのだとは思うのですがね~

日頃元気なカー助でも

発熱には勝てませんし

しばらくは生ものはやめておこうかな~なんて考えちゃいますよねcoldsweats02

| | コメント (4)

2009/09/18

ブログの効能?

ブログを書いていることにより

コメントをいただいて

それがなければ知り合えないだろう人と知り合えたり

何度も何度もこのブログにも書いていますが

サントリーさんのブロガーイベントに参加させていただき

貴重な体験をさせてもらえたりと

ブログを書いていたからこそのいいことがあったりしますよね

そして昨日は

先週の2人目の孫が生まれたことを書いたブログを見た知り合いが

「おめでとうございます~」と紙おむつを持って来てくれました

002

幼児用とSサイズの2種類をいただき

「私の使った経験上からメリーズがいいのよね」とおばさん

「・・・・・ありがとう」とカー助が答えると

「あ~、そういう意味じゃないよ。私が使ったのではなく、子供が小さな時に使った経験としてだからね」とおばさん

わかってますよー

あなたがはいてみた経験からとは勘違いしていませんから~

少なくとも今はsign03coldsweats01

何年か、何十年かして

あなたが紙おむつが必要になった時には

お気に入りのメリーズを差し上げたいと思っています

とか書きましたが

次もカー助がもらう方が先だったりしてねsweat02

大人用の紙おむつをしてまで長生きをしたいとは思わないカー助ですが

こればっかりはわかりませんからね~

まぁ、冗談はともかく

ブログを見て気を使っていただけることは

大変ありがたいことだと感謝したいと思っている次第です

| | コメント (4)

2009/09/17

母親似のカー助?

先週書き込んだ記事「新しい命」にいただいたみなさんのカー助の母親のことのコメントを読みながら

これまた思い出した話で

当然かもしれませんが

カー助の母親のユニークというか

迷惑というかとぼけた話は最近に始まったわけではなく

昔からなのですよね~

昔は携帯電話などありませんでしたから

用事があれば家へ電話するしかありませんでしたよね

我が家は2階建てで

カー助の部屋は2階にあり

当時、親子電話でもなかった我が家の電話は1階にあって

たいがい電話が鳴ると母親がとるというパターンが多く

その日も「電話だよ~」と言われて1階に降り

電話を受け取り、話をしたあと

母親に「ちょっと出かけてくる」と言って外出し

1日遊んで帰って来て

しばらくすると

また「電話だよ~」と言われて電話に出ると

別の女の子の友達からで

「午前中に電話したら、お母さんが出て『さっき女の子から電話があって出かけて行きました』って言ってたよ」と言わたことがあります

その電話を切ってから

母親に「余計なこと言わなくていいよ」と言えば

「本当のことは余計なことかねぇ」と言いますし

ある時など

私の留守に電話をした女の子が

「もう少しまともな男を探した方がいいんじゃないの」と電話でうちの母親に言われたそうで

「どうしてそういうこと言うかなぁ?」と聞けば

「電話での話し方が真面目そうだったから、お前にはむいてな気がしたからね」などど言うのには参ります

普通、自分の息子の彼女は真面目そうな方がいいだろうと思うのですが

真面目そうな子は、私には似合わず他の男を探せというのでは

我が子は可愛くないのか?と思ってしまいますよね

大学生の時など

私が留守の時に電話があると

「土日は間違いなく毎週いませし、まぁ、帰ってもこないと思いますよ」と言ったり

「何時ごろ戻られますかね?」と電話で聞かれれば

「さぁ~、もう小さな子供じゃないですからそこまで管理してませんからね~」と言ってみたり

「私はマネージャーでも秘書でもありませんからね~」と言ったりもしたそうで

留守に電話をくれた人に次に会ったり

再度電話をもらったりすると

「カー助のお母さん面白いよね」とイヤミともとれることをよく言われたものです

最近では

私の息子(ばあさんからすると孫)に

いい人はいないのか?とか

そろそろ結婚をしたほうがいいんじゃないかsign01ということもあり

そんな時に

「お父さんの若いころは毎日毎日女の子から電話があったのにね~」とか

「それも何人も違う子から・・・」とか余計なことまで言っています

父親は父親で

息子がそれに似るとは限らないですし

今は時代も違い携帯電話に電話が出来るのですから

比較すること自体に無理があるとも思います

まぁ、カー助の母親ですから

一筋縄ではいかないのも仕方のないことかと思うのですが

時々「おい、おい」と思うようなことをやらかしたり

言ったりしてくれるわけで

その血筋というか

そんな母親似育てられた環境なのか

カー助は母親に似てしまったような気がしますし

娘にも私の血なのかばあさんの血なのか

ばあさんが育てたからなのかわかりませんが

それなりに影響しているようですが

息子はそんな血筋に関係なく育ったというか

亡くなった妻ににている感じで

ばあさん→カー助→娘が似た性格をしているのですから

1人違う感じの息子からしたら我々は大きな迷惑だろうとも思いますcoldsweats01

そんな母親似のカー助ですから

ひとこと多い性格なのは自分でもうなづけたりしますよね~coldsweats01

と他人のせいにするのはやっぱりダメですかねsweat02

| | コメント (6)

2009/09/16

2大政党制は当分先だと思うのですが・・・

今日、民主党を中心とする鳩山新政権が誕生します

マスコミは

自民党に対し、再生ばかりを伝えていますが

今日の麻生内閣の総辞職までは

自民党政権だったわけで

その間に

駆け込みで、いくつもの省庁で天下りが行われていたわけですが

自民党の現職大臣は何もしなかった

というか

それを平然と許してきたわけですよね

今回の選挙でも天下り問題とそこへの補助金の問題がクローズアップされていたにもかかわらず・・・

今朝もニュースで

総裁選への出馬問題を記者会見で質問された石破農水大臣が

「農水大臣としての仕事をまっとうしてから・・・」というようなコメントをしているのを見て

思わず鼻で笑ってしまいました

農水省の次官が駆け込みの天下りをしているのに

その大臣が何もしないで

仕事をまっとうする?って感じです

記者も記者で

「駆け込みの天下りをさせておいて、仕事をしていると言えるのですか?」と質問して欲しかったところです

マスコミは

自民党に対し「健全な野党」になれるかというような報道をしていますが

健全な野党を育てるのは

マスコミであり我々有権者でもあると思うのですよね

少なくとも

今の自民党に自浄作用はないだろうと私は思っていますし

総裁選出馬のために

「捨石になる」と言っている人もいますが

仮に、それが本心だとしても

自民党のために捨石になるのではなく

国のため、国民のために捨石になる覚悟の人がどれだけ今の自民党にいるかは大いに疑問です

多くのマスコミは

鳩山新政権に「期待しますか?」「期待しませんか?」というようなアンケートを取っていますが

大事なことは

期待するか、しないかではなく

我々有権者が選んだ政権を責任を持って監視して

この国を少しでもいい方向に持っていくことではないかと思います

同様に

腐りきった自民党に対しては

一部の者の利益しか考えられず国政全体をみれないような議員や今回落選した元議員に引退していただき

本当の意味での国益を議論し

実行していく政党となるようにさせることこそ大事かと思うのですよね

そのためにも

総理大臣を投げ出したような人に投票することなく

問題を起こした議員は落選させるという有権者の1票が必要なのではないでしょうか?

その意味からも

新政権には

今回落選した古い体質の元議員たちが引退するまで

また、小選挙区で落選し

比例区で復活当選したような議員も次の選挙で落選させて

長期政権で垢の溜まった自民党が新しくなるまで

少々長期で政権を担当してもらいたいと思うのですよね

7年後、8年後

私利私欲ばかり考えている議員がいなくなった時にこそ

本当の意味でも2大政党制が始まるような気がします

| | コメント (2)

2009/09/15

追い越し禁止では捕まったことがありました

先週から昔の話シリーズのような書き込みが多くなっていますが

またまた

先週書いた「今では出来ませんが」へのとんちゃんのコメントの

「急いで吹田あたりのオービスにかかりませんでしたか?」というので

「そういえば・・・」と思い出したのが

スピード違反ではなく

追い越し禁止違反で捕まってしまったことです

場所はといえば

岡山県の山の中

九州での仕事を終え

山陽地域の仕事も終えようとしていた時で

少しだけ予定より遅れ気味の時間を何とか取り戻したいと思って

スピードを上げて車を走らせていると

岡山県の山中のくねくねした道で

ゆっくり進む車列の最後尾についてしまい

「なんだよー」と思い

イライラしながら

しばらくその車列の最後尾を走っていると

やがて、新しく作られたような道にさしかかり

こちらの山から下って

むこうの山へ登っていく真っ直ぐな長~い道になり

私が巻き込まれている車列の先頭に

タンクローリーがいるのが見え

さらには

真っ直ぐな道ですので

対向車が来ないことも確認でき

『ここで追い越せますよsign01』とばかりの環境に

急いでいたカー助は

黄色いセンターラインをまたいで対向車線へ出て

一気に加速しタンクローリーを先頭とする車列を抜き去り

元の車線に戻ったところで

むこうの山の中腹からパトカーが赤灯をつけて出てきたのを発見sign03

まぁ、その時はすでに遅しでしたが・・・coldsweats01

お行儀のいいカー助は

そのパトカーの手前に左に寄せて停車し

警察官が寄ってきて

「ずいぶん追い抜いたね~急いでいるの?」と言われますので

「ハイ、急いでいます」と素直なカー助が答えると

「何台追い抜いたかわかる?」との質問をされましたが

数えていなかったカー助は

「数えていませんでしたのでわかりません」と答えると

「13台だよ」と警察官がおっしゃいますので

「1台と13台と罰金や違反点数に違いがあるのですか?」と思わず素朴な疑問を聞いてみるカー助

「違反内容や罰金は同じだけど」と警察官

すると

もう1人の年配の警察官が

「そんなに一度に追い抜いたら危ないだろうってことだよ」とのありがたいご忠告

パトカーに乗り、免許証を出し

親指を立てているカー助に

「何してるの?」と警察官

「いやぁ~急いでいるので、早く違反切符をきってもらって拇印を押して行きたいので、その用意です」と言ったカー助に

「なんだぁ、ずいぶん違反慣れしてるんじゃないか?」とイヤミを言われ

「それほどでもありませんよ~」と謙遜して(?)カー助が言うと

免許証を見ながら「埼玉から来てるの?仕事?」と質問されましたので

「おまわりさんたちと一緒で仕事中です」と笑顔で答えたカー助

拇印を押して違反切符をいただくと

「まだまだ道中長いのだろうから違反せず気をつけて行きなさい」と言われ

「ハイ、わかりました~」と元気に答えて車に乗り込み

走り出してバックミラーを見ると

パトカーは先程出てきた横道に入って行きました

遅い車がいて

追い抜けない山道が続いたあとにあるこの直線道路部分は

絶好の追い越し禁止違反を捕まえる場所なのだな~と1つ勉強にはなったのですが

やはり罰金は痛かったですよねdowncrying

2年弱担当していた九州、山陽地域へ営業に行っていて

これが唯一違反で捕まった経験で

その後に都内で何度か駐車違反では捕まりましたが

大きな違反点数のもので捕まることがなかったのは幸いですかね

少し前からはカー助もゴールド免許ですので

このままゴールド免許でドライバー人生を続けたいとは思っていますが

忘れたころに捕まるのが交通違反だったりもしますから気をつけたいと思いますcoldsweats01

そうそう

違反だけじゃなく事故もしないようにですよね~

| | コメント (6)

2009/09/14

ずっと見ていても飽きない?

先週の金曜日に書きましたが

木曜日に生まれた2人目の孫「チビ2」

土曜日に病院へ見に行って来ました

ガラスの向うに10数人ほどの新生児が

小さなベッドに寝かされていたのですが

ラッキーなことにチビ2は手前のガラス側に寝かされていましたので

間近で見ることが出来ました

911_004

時々手を動かす程度で

別に変わったことをしてくれるわけではありませんが

なぜか

ずっと見ていても飽きないのは不思議ですよね~

お姉ちゃんになったチビの時に比べると

男の子のせいか

少々髪の毛が黒々しているような気もします(この時期の髪の毛の状態は男女に関係ないのかな?)

「赤ちゃん」という日本語は

まさにその通りsign03という感じで

生まれたばかりの子供たちは

みな赤みをおびていますよね

繊細な表現のある日本語にあらためて感心ですかねcoldsweats01

今日、退院して

しばらくは我が家に居候として来ることとなりますので

にぎやかになりそうです

| | コメント (8)

2009/09/11

新しい命

昨日の朝

臨月をむかえている娘がチビとともに

いつものように旦那さんの出勤途中に送ってもらってやってきて

チビが牛乳とチーズとパンを食べているのを少しからかいながら

出かける身支度をしていると

ばあさんが「トースターが壊れかけているから新しいのを買ってきて」というので

仕事を終えてから

ヤマダ電機に寄って

トースターを買い

「ただいま~」と帰宅すると

ばあさんが「トースター買ってきた?」と言うので

「ちゃんと買ってきたよ」と返事をし

15年以上使った古いトースターを片付け

買ってきたトースターを箱から出し

使えるようにセッティングし

トースターですので格段使い方に難しいこともないと思い

簡単な説明をし「これで使い方わかるよね」とばあさんに言うと

「うん、トースターだから大丈夫だろう」との返事なので

「俺、お風呂入っちゃうわ」と2、3歩歩き出すと後ろから

「そういえば赤ちゃん生まれたよ」とばあさん

おい、おい、その話を先にしないかsign02って感じで

「赤ちゃんの生まれた話よりトースターが先かよ」と私

さらに「何時ごろ生まれたの?」と聞くと

11時ごろにお腹が痛いと娘が言い出したので

病院に電話をすると

「2人目だから早く生まれるかもしれないからすぐに来なさい」と言われたそうで

タクシーを呼び

娘の旦那さんに電話を入れ

病院へ行ったそうで

「12時半ごろに生まれたよ」とばあさん

「なんで連絡くれないかなぁ~」と私が言うと

「だって、お前の子供が生まれたわけじゃないし、どうせ夜には帰ってくるから・・・」とばあさん

まぁ、確かに生まれてきた子は私の子供ではなく孫ですが

生んだのは私の子供ですからねsign01

さらに

私が「男で、母子ともに元気?」と聞けば

「なんかあったら連絡入れているだろうから、連絡しなかったということは大丈夫ということだよ」だそうです

「それで何gだったの?」と聞けば

「う~ん、聞いてないからわからない。明日行ったら聞いてくるけど、もう生まれちゃったのだから何gでもいいんじゃない。今更体重が少ないから戻すってわけにもいかないのだから」と言うのですよね~

まぁ、カー助の母親だけあって、なんともいい加減というか大雑把sign02

この親にしてこの子ありsign03って感じですかねcoldsweats01

娘の検診から「男の子のようだ」と聞いていましたので

性別はともかく

母子ともに元気で新しい命が誕生できたことは良かったと思っています

これで

女の子と男の子の孫を持つじいちゃんにカー助もなったわけですが

やはり

新しい命が生まれるということ

新しい家族が出来るということは嬉しいものですし

しばらくは、もうろくしないで元気にチビたちと遊べるように健康でいたいものですねhappy01

| | コメント (10)

2009/09/10

リマスター盤が出たそうですが・・・

昨日、9月9日

世界同時に

ザ・ビートルズの代表的なアルバムのリマスター盤が発売され

最新技術によって音質がクリアーになって聞きやすいくなったとか・・・

カー助も中学生の時からビートルズは大好きで

10枚ほどアルバムというか

当時の呼び名でいえば『LPレコード』を持っていました

そしてそれを聞いていたのは

安い安いちゃちなレコードプレーヤー

決して音質なんて良くありませんでしたが

それでもビートルズの良さは充分わかった気がします

デジタルリマスターが悪いなどという気はありませんが

大好きだったビートルズの曲は

デジタルリマスターしなくてもカー助少年だけでなく多くのファンの心をとらえていたのも事実だと思うのですよね

本当にいい音楽というか曲は

カーステレオで聴こうが

ラジカセで聴こうが

心に残るものなのではないかと思うのですがね・・・


そういえば

むか~し、昔の大昔、当時付き合っていた彼女の家へ初めて行った時

彼女の部屋にピアノがあるのを見つけ

「お前、ピアノ弾く顔じゃないよな~」などと彼女をからかっていると

彼女のお母さんが

お茶とケーキを持ってきてくれ

ドアの外でその話し声が聞こえていたようで

「ピアノは顔で弾くものだったのね」と笑いながら言い

彼女に向かって

「こん顔でも弾けるのよっていうところみせてあげれば~」と

明るく言ってお母さんは部屋を出て行きましたので

「うん、その顔で弾けるところをみたいな(笑)」とカー助

「う・・・ん、何を弾けばいい?」と彼女

「なんでも好きな曲でいいよ」というカー助に

しばらく悩んでいた彼女が弾き出した曲が

ビートルズのレット・イット・ビーでした

その後、お茶を飲みながら、ケーキを食べながらしばらく遊んで

帰り際

玄関に送りに出てきてくれたお母さんが

「カー助君、ビートルズが好きなんだぁ~」と言ったのです

お母さんには彼女が弾いていたレット・イット・ビーが聴こえていて

娘が彼氏の好きな曲を選んで弾いたのだとわかったのでしょう

レコードで何十回、何百回と聴いていたレット・イット・ビーでしたが

ピアノだけのレット・イット・ビーもなかなかいいなぁ~と思ったのは

彼女が弾いてくれたからでしょうかねcoldsweats01

ビートルズの曲の多くは

色々なアーティストによってカバーもされていますよね

その全てがいいとも思いませんが

中にはカバーしたアーティストの個性が出ていて素敵なものもありますよね

もちろん

それは原曲がいいからでもあると思います

LPレコードにはそれなりの味があり

時に安いラジオの小さなスピーカーから流れてきても素敵な曲は心を打つことだってありますよね

彼らの魅力はデジタルリマスターされなくても

充分わかるよと思う1ファンがここにはいます

| | コメント (2)

2009/09/09

「もしも」は、ありえないのですが・・・

昨日の記事を書きながら

さらに思い出してしまったことがあります

昨日も書きましたように

かなりハードな日程の営業活動を続けていた若かりし日のカー助青年は

自分で言うのもなんですがcoldsweats01

お客さんの評判もそこそこ良く

売り上げも順調に伸びていました

そんな中で

ある1軒の得意先の売り上げは4倍ほどに伸び

そこの社長にもかわいがられ

訪問時に社長が出かけていると

経理担当をしている社長の奥さんとお茶をいただきながら世間話をしたりして社長の帰りを待っている時に

「あんた、若いのに何でそんなに一生懸命働くの?」と聞かれ

「う~ん、お金貯めて買いたい車があるからですかね」などと答えたような記憶があり

ある時

その社長に「今晩、うちへ来て夕飯を食べないか?」と誘われ

ご馳走になることとなり

大~きな家へお邪魔し

色々な話をしているうちに

社長が「うちへ婿養子に来ないか?」と言い出しました

「・・・・・」という感じのカー助に

「俺のところは娘2人で、うちの奴も君みたいな働き者が婿養子に来てくれたらと言っているんだよ」と続けた社長

「いやぁ~」と突然の話に戸惑うカー助に

「婿養子に来てくれたらベンツでもダンプでも買ってあげる」と奥さん

ベンツはともかくダンプはいりませんが・・・sweat02

この話

こちらを担当しだして1年半ほどのころで

それからまもなく担当をはずれることもあり

「申し訳ありませんが私は1人っ子なので婿養子には行けません」と丁重にお断りすることとなりました

若くてまだまだ純でしたので

ベンツにつられることもなかったというか

娘さんはカー助のタイプじゃなかったというのもありましたがcoldsweats01

もし、娘さんがカー助のタイプだったら

どうなっていたのでしょうかね~

まぁ、人生に「もしも」はありえず

戻ってやり直すことも出来ないからこそ面白くもあり

時に残酷でもあるのではないかとカー助は思っています

人生にはいくつも分かれ道があり

その時に良さそうな方を選んだからといって

その後もずーーーーっといいとも限りませんし

今頃ベンツのオープンカーを乗り回している可能性もありますが

会社を潰して路頭に迷っている可能性だってあると思います

まぁ、そんな昔の話を冗談まじりに出来ることは幸せなことなのかもしれませんし

小さなことからどんどん昔のことが思い出されるということは

それだけ年を取ったという証拠でもありますよね~

| | コメント (0)

2009/09/08

今では出来ませんが

昨日の記事へのとんちゃんのコメントで思い出した話です

それは27、8年前の私が20代中頃だったころ

営業の仕事で九州、山陽方面へ行っていたのですが

今から考えると

もの凄くハードだったと思うのですよね~

確か夕方6時半ごろ出港のフェリーに神奈川県の川崎から乗り

翌日の午後2時半か3時ごろ宮崎県の日向へ着いて

そこからは延々車での移動でした

まず、このフェリーに乗るまでが気分が重かったのを覚えています

別にフェリー自体が嫌いなわけでもなく

右手に街の灯が見えるような沿岸を走っていくフェリーですから

それほど揺れるようなこともありませんでしたし

昼間に暇で海を見ていると

イルカがフェリーと並んで泳いでいる光景なんかも時々見れたりすることもありましたしね

では、何が気分を重くさせていたかというと

そこから始まる10数泊もの長~く1人での出張が嫌だったのです

こういうのって乗るまでは嫌なのですが

日向に着いてしまえばそれはそれで諦めというか

よーし、やるしかないsign03という感じになれたものでした

当時は海沿いに高速道路などなく(その後行ったことがないので、今あるのかどうか定かではありませんが・・・coldsweats01

延々海沿いの国道やら一般道を移動しながら客先を回っていたのです

日向から本来は時計回りに九州を1周するのですが

日向より北に宮崎県の客先があったため1度北上し宮崎県北部で仕事をし

同じ道を戻り

それから宮崎市内へ行き、

鹿児島県、熊本県、長崎県、佐賀県、福岡県とほぼ各県に1泊しながら回り

残った大分県へ南下して仕事をし

また戻って関門橋を渡って山口県へ入り

広島県、岡山県で仕事をしているころには疲れきっていたと思いますdown

それでも

岡山で仕事を終えるのが

いつも午後の4時~5時の間ぐらいで

会社へ「今、全て終わりました」と電話を入れると

「ゆっくり1泊して帰ってこい」と言われるのですが

10数泊もビジネスホテル暮らしをしていると

「もう嫌だsign03」って感じになり

早く帰りたいと

そのまま当時全線開通していなかった中国道の津山ICから乗って帰路についたのです

途中、給油と食事で2回休む以外は走りっぱなしで

会社はもう閉まっている時間ですので

我が家へ直接帰るのですが

その時間は午前2時とか3時だったことを覚えています

中国道を走っている時は

『大阪○○○km』という看板が出ていて

大阪を過ぎると

『京都○○km』になり

やがて『名古屋○○○km』という表示が出てきて

名古屋を過ぎると

確か『東京3百何km』という看板が出てくるのですが

まだまだ3百何キロもあるのに

「うわぁ~帰ってきたsign03」と嬉しくなったのを覚えています

そういえば

ラジオを聞きながら走っていたのですが

いつも静岡県あたりを走っていると日付が変わり

ラジオのDJの挨拶が

「おはようございます」になるのですよね

俺は寝てないんだから『おはよう』って言うんじゃないsign01って車の中でひとりごとを言いながら運転していましたよ~coldsweats01

それと覚えているのは

九州や山陽方面のお客さんが

月に1回やってくる20代のカー助に

「お前よくやるよなぁ」と言いながら良くしてくれたことですかね

よくお昼ご飯をご馳走になりましたし

カー助が自分の息子と同じくらいだという人には

「車の中で飲みなよ」と缶入りの飲料をいただいたりもしましたし

「気をつけて、また来月も来なよ」と暖かい言葉をかけてくれた人もいました

まぁ、今では到底出来ませんが

若かったから出来たのでしょうし

冷静に考えれば

ちょっと馬鹿で超~元気じゃないと出来ないかも?coldsweats01

ちなみに

この長~い出張は

「このままではカー助が会社を辞めちゃうか、死んじゃう」とのことで

九州営業所を作ることになるまでの2年弱続いたのですが

まぁ、1日も早く終わらせて帰りたいという感じでしたので

2年弱も毎月行きながら

どこ~も観光しなかったというか出来ませんでしたよね~

要領よくなりすぎた今なら

あっちこっち観光していたことだと思いますcoldsweats01

| | コメント (4)

2009/09/07

益子へ

ちびっこたちの夏休みも終わり

今年は9月にシルバーウィークなる連休がありますので

今がお出かけ時?と思い

高速道路のパーキングエリアに置いてあり

無料でいただける小冊子の「ハイウェイウォーカー」に出ていた

お勧めのドライブコースの1つの益子近辺へ行って来ました

カー助の「混んでいないだろう」という予想は大当たりで

高速道路もノー渋滞で

スムーズに到着sign03

『益子焼』で有名な益子ですが

まずは

小冊子に出ていた「浦壁ぶどう園」というところへぶどう狩りに

入園料は無料で

取ったものを計量してお金を払うシステムです

今は巨峰の時期だそうで

001

ぶどう園のご主人が

親切に紙のおおいをいくつもはずしてくれて

大粒で気に入ったものを狩らせてくれました

何房か食べてみましたが

やはりこういう感じで食べると美味しいですよね

もう少し経つと「ロザリオ・ビアンコ」が旬をむかえるのだそうで

そちらもちょっと試食させていただきました

003

やはり、こちらはもう少しで旬との通りで

ちょっと渋さがありました

ぶどうのお金を払いながら

ご主人と奥さんに「どこか美味しいお蕎麦屋さんは?」と聞き

教えていただいた『明水』というところへ

005

お茶と一緒に蕎麦の切れ端を揚げて

塩味と砂糖味にしたものが出てきました

なかなか美味しいく

ある意味、有効利用ですよね~

蕎麦とかき揚丼のセットを美味しくいただき

006

次は

「つかもと」という窯元へ

益子焼が販売されているところには

釜飯の釜もあり

聞いてみると

横川の峠の釜飯の釜を1日1万個以上こちらで作っているとか

007

こちらのレストランでも釜飯を出しているようです

無料の工場見学が出来るとのことで

行ってみると12時から1時はお休み(当然ですよね)とのことで

15分ほどで1時になる時間でしたので

工場の隣にあるカフェで一休み

009

さすが窯元内にあるカフェsign01って感じでしょうか

器に凝っています

それも美味しくいただく要素の1つかもしれませんね

工場内では絵付けをしていたり

体験工房ではロクロを使って製作している人もいましたが

こちらは、「要予約」とのことでしたので

体験してみることは出来ませんでした

登り窯などもあり

010

011

雰囲気だけは味わってきたカー助ですhappy01

秋はお出かけに最適な季節でもありますので

渋滞の少なそうなところを探しながら

出かけたいな~と思っています

| | コメント (6)

2009/09/04

もう少しで20万アクセス

このブログの右上に設置してあるアクセスカウンターが

もう少しで20万アクセスになろうとしています

それだけの方々が

このブログを訪れてくれたのかと思うと

なんともありがたいですよね

ブログを書き始めて4年半

10万アクセスまでは3年かかりましたが

そこから20万アクセスまでは1年半ほどでした

ということは

アクセス数が増えているということでもありますよね

アクセス解析を見ると

リピートして訪れていただいている人もいるようですし

右サイドバーに表示されている「検索ワードランキング」を見てもわかりますように

ワード検索をして

たまたま訪れていただいた

あるいは

間違ってたどり着いてしまった?方などいろいろかとも思います

これからも頑張って書いていきますsign03

な~んて考えると

少しプレッシャーにも感じたりしてしまいますので

マイペースで

書きたいことをそれなりに書いていこうかな~と思っています

何たってカー助は

『ブログ=自己満足』でいいんじゃないか?と思っておりますし

私自身、誰かのためにとか

役に立とうと思って書いているわけでもありませんし

そんな大それたことが出来るわけもありませんからね~

まぁ、20万アクセスは

1つの区切りでもあり

「どこまで続くのだろう?」な~んて考えちゃうと気分が重くなりますので

いつ終わるかはわかりませんが

それまでお付き合い願えればと思っています

| | コメント (4)

2009/09/03

小さいながらもマイブーム?

娘の第2子の出産が近づいていることから

日中アパートにいるより

我が家に来て、ばあさんといる方が安心と

月曜から朝出勤する途中の旦那さんに送られて

娘とチビが来ています

今朝も出勤準備をしながら

私がNHKのニュースを見ているとチビがやって来たとおもうと

ばあさんが

この時間子供番組をやっているNHK教育テレビにチャンネルを変え

「おい、おい、おい」って感じですが

ばあさんからすると

わが子である私より孫である我が娘

孫である我が娘よりひ孫の方がはるかに可愛く

優先順位はそちらになるのでしょう

そのチビですが

テレビの子供番組の影響も大きいのかと思いますが

しゃべれる言葉の数がどんどん増えている感じです

少し前までは

『拒否する』ということを覚え「いやだ」を口癖のように連発していたのですが

ここのところ「いやだ」の回数はめっきり減りました

それって一種のマイブームだったのでしょうかね

日本語的にも少し進歩があり

走り行く電車を見ながら

「でんしゃ、はやいね」と言ったり

ゾウのぬいぐるみの耳を持ちながら

「みみ、おおきいね」と言い

鼻を持って

「おはな、ながいね」と文章的になりつつあります

しかしながら

まだまだ知らないことも多く

今朝もNHK教育テレビの番組の中で

床から花火が大きく吹き上げている場面があったのですが

それを見ながらチビは

「みず、すごいね」と・・・

そう、そんな花火を知らないチビには水が吹き上げているように見えたのですよね

早速、ママに「あれ水じゃないんじゃない、花火だよ」と教えてもらい

「はなび?はなび」と言ってはいましたが

たぶん違いはまだまだ理解できていないと思います

幼児番組はいろいろなものを見せてくれ

知能の発達に大きく寄与してくれているのでしょうが

本物を見ないとなかなか理解しにくいものもあるようです

それと

どんなに楽しい映像よりも

まだまだ牛乳や豆乳の魅力の方が勝ってもいるようで

今朝も小さな紙パックの豆乳をストローで飲んでいたのですが

最後は

豆乳の紙パックが

吸う力で中につぶれるほどです

この力も成長の証なのでしょうねhappy01

まぁ、私の今一番の心配は

娘がお産で入院している間、この怪獣の面倒をみるのが大変かな~ということでしょうかねcoldsweats01

| | コメント (4)

2009/09/02

昔を想い出してしまう曲

先週、「週間 鉄道模型 少年時代」のコマーシャルを見て

あの昔懐かしい感じのジオラマが欲しくなった話を書きましたが

今日はCMに使われている曲で昔を懐かしく思い出した話です

何のCMかというと

mandom(マンダム)のGATSBY(ギャツビー)のコマーシャル

そう!木村拓哉さんが出ているもので

映像もなかなか面白く出来ていますが

私に昔を想い出させたのは

流されている曲でして

そもそもの原曲は30年以上前に流行った

スタイリスティックス(The Stylistics)の『愛がすべて』(I can't Give You Anything)で

それをパロって

I CAN GIVE YOU GATSBYとして流されているのですが

これがなかなか良く出来ていて

原曲を壊さず

良き時代のディスコミュージックのままなのですが

私が想い出した情景は

当時行っていたディスコではなく

大学生の時の夏休みに

高原のホテルで皿洗いのアルバイトをしていた時のことなのです

住み込みで40日間以上休み無しのアルバイトで

辛い部分もありましたが

それなりに結構楽しくもやっていた気がします

そのホテルのジュークボックス(←若い人は知らない言葉?coldsweats01)に

スタイリスティックスの『愛がすべて』が入っていて

お客さんがよくかけていた曲で

日によっては何度も何度も聴いていたのですよね~

そして

あれから30数年

テレビから流れてきた曲に

うわぁー懐かしいsign03

と思ったと同時に

当時の情景が想い出されてきたのです

そんな意味からすると

私にとってはこの曲は

夏を想い出させてくれる1曲なのかもしれませんね

昔のことを想い出して感慨にふけるようになったということは

それだけ年を取ったということでしょうが

現実問題、これから先より

過ごしてきた時間の方が長いのですから

当然と言えば当然なのかもしれませんよねcoldsweats01

ちなみに

GATSBY:CMスタジオというホームページでは

http://www.gatsby.jp/cmstudio/index.html

9パターンのCMが見れるようになっていますし

全てのCMのバックに I CAN GIVE YOU GATSBY が流れていますので

興味のある方は見て

いやいや、note聴いてみてください

| | コメント (2)

2009/09/01

2歳になりました

昨日8月31日で

チビが2歳になりました

大人は2年で大きく変わることもなかなかありませんが

やはり

生まれて2年経てば大きな成長をしますよね

お祝いのケーキを買ってあげようかと思いましたが

昨年の1歳とは違い

もう騙せないようになって

食べたがるだろうからとパパとママの考えで今年は無しになりました

来年のお楽しみ!というところですかね

指で「2歳」をしめせるようにと教えましたので

なんとか出来るようになったチビ

003

教育というよりは

まだまだ「芸を教える」という感じでもありますが

孫が成長すれば

その分、カー助おじいちゃんも年を取るわけで

片や成長で

片や老いるのも仕方のないことかと思っています

若くても老いていても

お金があっても無くても

幸せであろうと不幸せであろうと

時間の流れだけは平等で同じですからね~

そう考えると

楽しい時間をより多く作ることも大事かと思う今日この頃でもあります

| | コメント (2)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »