« 迷惑なドライバー | トップページ | またもや迷惑カラオケ »

2009/10/28

知事たちは自分たちの責任を果たしているのか?

昨日、八ッ場ダム建設中止を表明している前原国交相と

建設中止に反対している1都5県の知事たちの会談があり

知事たちは

利水、治水に八ッ場ダムは必要だと

計画から半世紀以上経っても

本体工事に入っていないダムの必要性を主張しています

仮に

八ッ場ダムが利水、治水に有効で本当に必要だとして

今使われている莫大な税金を投入する価値があるかという問題もあると思うのですよね

公共事業をはじめ多くの事業には

投資に見合ったメリットがあるかどうかも重要な問題のはずで

もっと安価で利水、治水が出来ないものかと考えることも必要だと思うのですが・・・

昨日の会談では

群馬県知事が

平成10年に群馬県庁近くの利根川河川敷が水没したことを持ち出し

八ッ場ダムの必要性を唱えていたようですが

八ッ場ダムが仮に出来ていたとしたら

その時の水害が起こらなかったという証明があるのでしょうか?

この例もそうですが

根拠のしっかりしていない

自分たちの都合のいい話を無理やり結びつけている感じがしてなりません

台風やその影響で刺激された前線により

利根川流域に大量の雨が集中して降った場合に

コンクリートやアスファルトに覆われた地面は

雨水を吸い込むことが出来ず

地面の保水能力が生かせずに

一気に川へと流れ込んで

利根川の排水能力以上の水量となった時に水害が起こる危険性が高いのが現実であって

利根川上流に1つのダムを作っても

そのような問題の解決にはつながらないと

素人の私でも思うわけで

八ッ場ダム建設でそのような危険が回避できるというような主張をしている

地域行政を担う知事さんたちのレベルを疑いたくなりますよね

私の住む埼玉県は

八ッ場ダム建設に400億円以上の負担金をすでに支出しています

同様に

他の1都4県も金額は違いますが

都民の税金や県民の税金を投入しているわけですが

それが半世紀経っても完成せず

それらの税金がどのように使われてきたかもあいまいなままではないでしょうか?

八ッ場ダムの建設中止に反対するのも結構ですが

都民、県民の貴重な税金を投入する以上

それがどのように使われているのか

無駄に使われていないかをチェックする責任もあるのではないでしょうか?

自らのそんな責任を全うせずに

ダム建設中止反対!ばかり言っているのは

今までしてきた無責任な行政の失態を隠したいだけとしか思えないのですが・・・

ダム建設中止反対の理由は

「地元住民への配慮」から「利水、治水に必要」に変化しているようですが

本当に利水、治水を考えるなら

いかに無駄な税金を使わないでそれらをやるにはどうしたらいいかという意見が出てこないことが疑問でならないですし

半世紀以上かかって本体工事にすら入れていないことへの反省もまったくなく

不明朗に使われてきた莫大な税金の詳細を明らかにしようと誰も言わないことには違和感すら感じます

1都5県の知事たちは

それぞれの住民の貴重な税金を投入している以上

都民に、県民に対しその具体的な使い道と

その効果について説明責任があると思うのですが

そんな姿勢をみせる知事が誰もいないこともおかしな話ですし

議会もそういう説明を求めないのでは

誰のための知事?

誰のための議員?と思ってしまいますし

こんな知事や都議会議員、県議会議員では

地方分権をしても

利権が横滑りするだけで

国民のため、住民のための政策が実行されるとは思えませんよね

|

« 迷惑なドライバー | トップページ | またもや迷惑カラオケ »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あの知事たち「我々は県民のためを考えている」などと出てきたとき、わたしは他県のものですが凄い、物凄い違和感を感じました。
現場施設での担当者の「ここまで出来上がった・・・などは中止だと無駄になります」などの説明を聞き「その通りだねえ」と(わざとらしいく)感心する知事たちにさらに違和感が起き気分が悪かったですね
関連記事をわたしも書いていますが
http://iwasironokuni.cocolog-nifty.com/komiti/2009/10/post-cf72.html
あの知事さんがたには何か別の目的有ってやっている気がしてしょうがないんですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2009/10/28 10:13

玉井人ひろたさん

コメントありがとうございます
政権交代がなかったら
何十年もかけて
何千億円も費やして
無駄とも思えるダムなどの公共事業が平然と行われていたわけでしょうから
それが国民の前にさらけだされたことには意義があるのでしょうが
知事や地方議会も大きく変わらないとダメだということでしょうね
昔は
無駄にすることを
「ドブに捨てる」と言いましたが
今では「ダムに捨てる」と言うべきですかね?
あるいは「政治家に使わせる」が無駄遣いの代名詞かもしれませんよね

それと
マスコミの核心をつけないような報道ぶりにも呆れますね
日本のマスコミには
のりピーのことを過剰に報道するぐらいしか出来ないレベルだということですかね

投稿: カー助 | 2009/10/28 12:13

こんにちは
本工事に着手していない状態でまだまだあと20年もかかると言う。
計画から着工まで今でまで50年と言うのも胡散臭い本当にちゃんとやってきたのでしょうか?
あと更に20年かかって完成したとして20年後に利水、治水に必要なのか?
大雨があちこちで降れば土砂崩れがけ崩れがおきる現在、ダムに頼らず保水力のある植林等他の方法は20年もあれ出来るのではないのでしょうか?
もうこんなに投資したからと言って引き返す勇気も必要では?中止にした場合、解体工事にいくらかかると言う試算してもったいないと言っている議員さんもいますが半世紀かけてこんな馬鹿な計画工事をしたという反省の意味を以て警鐘の産物として放置したらいかがでしょうか?

反対している知事さんの多くは20年後はご存命か怪しいので20年後がどうなることを本当に考えているとは思えないのです。
50年間のほとんどは反対派の説得に使われたそうですが、成田空港の二の舞にならない事を願うばかりです。

投稿: cuore | 2009/10/28 17:48

cuoreさん

コメントありがとうございます
八ッ場ダム以外にも
明らかにいらないだろうと思われるような公共事業という名の無駄遣いをしてきた当時の自民党政権への批判があまりにもないことにも何か違和感を感じますよね
国政だけでなく地方行政も
知事や議員の多選を許さないように有権者がしないとダメなのかもしれませんね
長年権力を握ると人間は腐る生き物のようですし
地方でも政権交代が起きないと
隠されていることが表に出てこないと思いますので
次の選挙では
1都5県の知事にはかわってもらった方がいいのかも

投稿: カー助 | 2009/10/28 20:57

「地元住民への配慮」それでダム完成を、というのはあまりにも幼稚な発想ですね。
「利水、治水に必要」と各県知事さんたちはおっしゃいますがそれなら今まで50年さらに20年?といわずもっと速くの完成を目指すべきでした。ずるずると工事を長引かせる必要が他にあったのでは・・・とかんぐられてもしかたありません。
地元の人たちにはお気の毒ですがそれがダム完成の理由にはなりません。
今なら引き返すことができる、コンクリートで固めてしまったらもう戻ることはできない、日本中がダムだらけになる前にこのような方針を打ち出したことをよかったと思います。

投稿: オリーブ | 2009/10/29 09:35

オリーブさん

コメントありがとうございます
おっしゃる通りで
ダム建設中止に反対している人たちの主張や
それを報道しているマスコミの伝え方などは
お粗末というか幼稚な感じがしますね
本当に利根川流域に住む人たちのことを考えて
利水、治水を思うなら
計画から50年も経って本体工事にも入れていないなどということがあってはおかしく
そんな行政をまずは反省すべきですよね
税収が足りないというのは
まさに無駄遣いが莫大だからなのかもしれませんよね

投稿: カー助 | 2009/10/29 11:34

はじめまして、通りすがりの者です。
八ツ場ダム建設の条件の一つに、強酸性
の河水の対策と言うのがあったと思います。
現在、中和事業とかで人工的に河水を
中性化することで条件をクリアしていますが、
こちらも未来永劫やっていかなければ
ならないっぽいです。
ただ、中和の際に沈殿物が発生するので、
上州湯の湖のキャパを超えてしまうと、
別の箇所に施設を作る必要ができるのですが、
その辺り、政治家さんは考えているのか
疑問です。

投稿: かずえと | 2009/11/01 07:10

かずえとさん

コメントありがとうございます
追加で税金をつぎ込む言い訳がみるかることは
公共事業という名の無駄遣いが
自らの支持者のためになると思っている政治家や
天下り先をうるおすことになると官僚、官僚OBにとって
ありがたいことになるのかと思いますね
本当に国民のため、住民のために有用なのかは
国民、住民がみわけることも大事なのかもしれませんね

投稿: カー助 | 2009/11/01 16:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 迷惑なドライバー | トップページ | またもや迷惑カラオケ »