« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010/01/29

チビに教育的指導受けちゃってます

時々、ママとチビ2とやって来るチビ

ほとんど来る時は朝からで

我が家で朝ごはんを食べるのですが

トーストを焼いてもらい

スクランブルエッグをばあさんに作ってもらい

「はい、食べなさい」と出されてところで

フォークが気に入らないようで

ばあさんに「スプーン」と言ったチビ

ばさんが台所から幼児用スプーンを持ってきて渡すと

「どうもありがとう」とチビが言い

「はい、食べて」とばあさんが言えば

「『どうもありがとう』って言ったら『どういたしまして』ってバーバは言わないとダメだよ」とチビが言うではありませんかcoldsweats02

ばあさんは「はい、わかりました」と答えたのですが

「『はい、わかりました』じゃなくて『どういたしまして』って言うのsign01」とぬかしますので

ばあさんは「どういたしまして」と言ったのですが

誰に似たのか

さらにチビは

「バーバ、よく覚えておいてね」だって

ママやパパが大事なことを教え

じいちゃんであるカー助が余計なことを教えているのですが

最近はテレビの影響等もあり

カー助が教えなくても余計なことまで覚え

生意気なことを言うようになりつつあります

まぁ、ばあさんもこの年になってひ孫に教育的指導を受けるとは思わなかったことでしょうねhappy01

| | コメント (6)

2010/01/28

それも幸せ?

我が家のばあさんは

またまたチビ2のために編み物をしています

人間、誰かに何かをしてもらったり

何かをもらったりすると嬉しいもので

幸せを感じたりもするのですが

逆に

誰かのために何かをしてあげるということも

大いに幸せなことなのかもしれませんよね

ばあさんが

チビ2のためにと想い編んでも

当のチビ2は、まだまだ生後5ヶ月にもなっていませんので

そのことがわかるわけもなく

今の世の中、買ってあげることも簡単ですが

時間をかけて編んであげるということは

半分は、ばあさんの自己満足かもしれませんが

ひ孫のことを想いながら編んでいること自体が幸せなのかとも思います

タイトルには「それも幸せ?」と書きましたが

本当は

何かをしてもらったり

何かをもらうという受身より

何かをしてあげることに方が遥かに幸せなのかとも思います

何かをしてあげたいと思う人がいることは大事で

そんな人がいることこそ幸せなことなのでしょう

そして

それがひ孫のように可愛い存在なら余計に幸せなのかと思ったカー助であります

| | コメント (2)

2010/01/27

救えなかった小さな命

東京都江戸川区で起きた

小学1年生が両親の虐待によって亡くなった事件

学校や子ども支援センターは

対応に問題がなかったかどうか検証したいと言っているようですが

1人の命が失われているのですから

「問題がなかったかどうか」ではなく

対応のどこに問題があったのかを検証していかなければ

同じようなことは

いつになってもなくならないのではないでしょうか

1人の尊い命が失われる事件を民間企業が起こしたら

その会社、組織の存亡に関わる危機となり

どこに問題があったのか

何が問題だったのかを徹底的に調査し

再発防止に取り組むはずですよね

それをしても小さな企業だったらなくなってしまう可能性も大だと思います

公職の組織はなくなることもなく

誰も責任らしきものをとることもないのでしょうし

今回のように

最初から「問題があったかどうか」なんて言っているのですから

検証したとしても「若干の問題はあったが・・・」的な他人事のような話で終わりなのではないかと思います

もちろん、虐待死させた両親に一番の問題があることは明らかですが

昨年、それが発覚した時点で

もっとすべきことがあったのではないかと思うのですよね

父親の「2度と虐待はしない」との口約束を簡単に信用してしまうこともおかしいと思いますし

本来、『約束』とは

それが本当に実行されているかどうかを確認しなければ意味がないとも思いますし

その場限りの約束なら誰にでも簡単に出来ますよね

虐待をしつけだと主張する馬鹿な親がいるようですが

『虐待』と『しつけ』の区別が出来ないような親に

しつけどころか教育すら出来まいと思いますし

そんな親が増えているのが現状ですので

学校や子ども支援センター等が虐待を見逃してしまったら

取り返しのつかない事件は防げないのではないかと思います

決して個人を責めるつもりはありませんが

組織の中で仕事をしているのは個々なのですよね

| | コメント (4)

2010/01/26

ウォーキング

寒い日が続きますが

頑張ってウォーキングを続けています

まぁ、カー助の場合

早足でのウォーキングを1時間ちょっとしていますので

途中からは少々汗ばむくらいですから

寒さはそれほど気にならないのですが

むしろ、強い北風の日が一番辛いかなという感じですかね

いつものウォーキングコースの遊歩道は

今が一番歩いている人が少ないからか

春に向けての準備なのか一部再舗装工事が行われていたり

標識が新しくなったりしています

先日も

森林公園の南口まで行って折り返し

まもなく森林公園駅というところまで来ると

前からリュックを背負ったおばさん2人が歩いてきて

新しくなったばかりの標識を見て「もう1km歩いちゃった?」と言い

もう1人がそれに答えて「もうそんなに歩いたんだぁ」と

遊歩道がスタートするところには

「森林公園まで2.9km」と書いてあり

1つ目の標識は

001_2

当然、裏側は

002_2

と、なっています

わずか100m来ただけで

1km歩いたのかと思う人が普通いるかな~と思いますし

100mと1kmの違いが歩いて体感できない鈍感さには驚きですよねcoldsweats01

やはり、おばさんには一般常識は通用しないということでしょうかね

別の日には

カー助は駅の南口から階段を登って

北口の階段を降りて遊歩道に向かうのですが

南口の階段下まで行くと

上の方からおばさんの大きな話し声が聞こえ

「大勢改札を出たところにいるのかな?」と思いながら登っていくと

リュックを背負ってこれから森林公園へ行くらしい4人のおばさんが

周りの迷惑も考えず

超~大きな声でしゃべっていました

「そこでしゃべらなくても・・・」

「そんなに大きな声でしゃべらなくても・・・」と思いますが

逆ギレされそうなおばさんに注意する人はいませんよね

もちろん、カー助もそんな無駄なことはしませんが・・・sweat02

世の中、誰も注意してくれなくなったら自分のことが見えなくなり「裸の王様」状態になるのかもしれませんね

そして今日は駅前に

今から森林公園へ向かって歩き出そうとしている欧米系(?)の10人ぐらいの若い人たちがいましたが

おばさん軍団よりもはるかに静かです

そういえば

寒くなっても以前から歩いているおじさん、おじいさんはいつものように見かけますが

おばさんは寒さに負けてしまったのか

常連ウォーカーは減っている感じです

逆に減らないのが

犬のフンを始末しない飼い主です

犬を散歩させるのは結構ですが

飼い主としての最低限度のマナーぐらい守ってもらいたいものだと思いますね

| | コメント (2)

2010/01/25

晴雲酒造でランチ

小川町にある晴雲酒造でランチを食べてきました

001

002

敷地内に「自然処 玉井屋」という和風レストランがあり

009

そちらで1500円のコースを頼みました

前菜は大皿に3品用意されており

この日は

・ほうれん草のマリネ

・切り干し大根

・大根とイカの煮物

こちらは取り放題でお替り自由となっていて

004

車を運転しない人には食前酒のサービスも

005

メインは3品から選べ

豚、鶏、鮭でしたので

カー助は豚ロースの味噌仕立て焼きを

006

これが柔らかく味もいいので美味しくいただきました

デザートにはムースもついて

007

また、行きたいと思うところの1つです

今回でカー助は2回目でしたが

女性のお客さんが多いようですので

手頃な値段で美味しいものを食べさせてくれるところは

女性の方がよく知っているということでしょうかねcoldsweats01

| | コメント (4)

2010/01/22

スゴロク

今日も出勤途中の旦那さんに送られて

朝早く、娘とチビとチビ2がやって来ましたので

先日、cuoreさんが

「チビちゃんと遊んでやってください」と送ってきてくれたスゴロクを

チビに見せると興味津々

といっても

スゴロクがわかるかけもなく

大好きな犬と猫のイラストがたくさん描かれているからなのですが・・・

001

厚紙のサイコロと犬と猫のコマをはずし

折って組み立てサイコロを作ってやると

サイコロの意味がわかりませんので

もう1度元に戻せと言うチビ

自分で組み立ててみたいようですので

やらせてみますが

まだまだ出来ないようで

最後はまたじいちゃんであるカー助が組み立てました

まぁ、出来るかどうかはこの時期大事ではなく

自分でやってみることが大事なのではないかと思います

犬と猫の描かれたコマは

折って中をのり付けするだけですので

2つカー助がやってみせると

「○○ちゃんもやる」と言いますので

やらせてあげると

のりをテーブルにまではみ出させながらも

こちらは何とか出来て大満足のようです

早速、ちょっとだけ遊んで

010

カー助は出勤の時間となってしまいましたので

「あとはママとバーバと遊びなさい」と言って出てきました

まぁ、紙にはお絵描きすることが大好きなチビですので

帰った頃には

色鉛筆とクレヨンで落書きだらけになっている可能性が大かもしれませんが

少しずつ体験しながらの成長ですから

それもまたいいのかと思います

成長といえば

チビ2は

大騒ぎするお姉ちゃんであるチビの方を

目だけではなく顔をそちらに向けて追うようになりましたし

差し出したこちらの指を握る力が徐々に強くなっています

007

| | コメント (2)

2010/01/21

朝日新聞に『声』という読者投書欄があります

少し前に

高校生にアルバイトをさせ

滞納しているお金を学校に納めさせたというニュースが報じられ

先日、高校側を批判するような投稿が載っていたのですが

今日は、その批判の投稿に対する投稿が掲載されていました

元々このニュースは

高校生にアルバイトをさせ

そのアルバイト料を通帳を預かって納入させていたもので

問題であるというような伝え方をされましたので

最初の投稿のように

高校側に批判的な感情を持った方も多かったのではないかと思います

しかし

今朝の投稿は

先生が事なかれ主義の公務員的感覚で

何もせず、未納から生徒を退学にさせてしまうことは簡単だが

本来、禁止のアルバイトを特例的に認め

納入させることで学生生活を続けさせようとしたことに意義があるというようなことが書かれていました

私もこのニュースを聞いた時に

確かに

通帳を預かっていたのは問題で

それも本人に管理させていたら何の問題もなかったのにと思うと同時に

むしろ、そのことは本人のためになるのではないかと思ったのですよね

「支援」や「援助」というと

寄付したり、お金を支給したりすることのようにとらわれがちですが

本人が出来ることをやらせるということも大事なことで

それを教えることもまた教育なのではないかと思うのですよね

高校は義務教育ではありませんし

困難なことがあっても

本人が本当に続けたいと思うなら

それなりの努力をすることも必要なのではないでしょうか

現実を見れない理想主義者の方々は

『平等』を理由に簡単に「支援」を望みますが

現実は

生まれも育ちもそれぞれ違い

大金持ちもいれば

貧乏な家に生まれ育った人もいます

そんなそれぞれ違った環境の中で生きていかなければならない以上

自分で出来ることは自分で努力しなければならないことを教えることも大事な教育ではないでしょうか?

「困ったら誰かが助けてくれる」と安易に考えたり

「自分が不幸せなのは世の中のせい」としか考えられない人間にしないためにも

安易な手助けだけが支援じゃないとも思うのですが・・・

| | コメント (2)

2010/01/20

ほめて育てたり騙したり?

徐々に自我に目覚め

わがままに成りつつあることも仕方のないことと思う孫のチビですが

「ほめて育てる」は、確かに大事なことですが

そればかりでもいけないとも思うのですよね

やはり、しかるべき時はしかるというか注意し

本人が理解できるかどうかは別として

なぜそれが悪いのかをなるべくわかりやすく話しかけることも時として必要なのかと思う今日この頃です

元々、営業職で長年食べてきているカー助ですので

なんとしてでも「ほめる」は

そう難しくはないのですが

そればかりじゃダメなのですよね~

ところで

通常、ほめられて嫌な気になる人はいないもので

日頃ほめられることの少ない人ほど

「ほめる」ということの効果は大きいのだと思います

まぁ、そういう意味からすると

ほめられ慣れている人ほど「ほめる」効果は薄いのかとも思いますが

やはり、けなされるよりはほめられる方が気分はいいはずで

ほめて和やかな雰囲気を作って話を進めるは

営業だけでなく一般的なトークでも大事なことですよね

逆に

悪い奴が使うやり方が

相手の心配をあおって商品を押し付ける詐欺ですかねsweat02


えっsign02ほめたくてもほめるところが見つからない人もいる?

確かにそんな人もいますよねcoldsweats02

個人的な付き合いなら

そんな人と付き合わなければそれでいいのでしょうが

仕事となるとそうもいきませんからね

まぁ、どうしてもほめることが難しい容姿、人間性の人は

持ち物をほめたりするのが一番なのかと思います

着ているもののセンスがいいとか

見に付けているアクセサリーが素敵だとか

ブランドのバックがお似合いだとか・・・

まぁ、現実問題

中身を誉めることが難しいような人ほど持ち物やセンスもそれなりに最低に近かったりする場合が多いのですが・・・sweat02

最後は

「いつも元気ですよねhappy01」としかほめ言葉が浮かばない人もいたりしてcoldsweats01

そういえば

昔、すごく綺麗な人に

「カー助さん、ネクタイの趣味がいいですよね」とほめられたことがあり

日頃から

中身のほめるところがなかったら持ち物やセンスをほめるを実践していたカー助ですので

当然、心の中で苦笑いしながら

「そうか~、この人から見たら俺の中身は魅力的じゃないんだぁ」と思ったことがありましたcoldsweats01

もちろん、持ち物やセンスをほめられたからって全てが中身が良くないとは限りませんし

それらをほめられることだって悪い気はしませんが

所詮、持ち物やセンスはお金で買えるものですし

変えようと思えば明日からでも変えられる部分でもありますから

やはり、中身をほめてもらう方を喜ぶべきではないかとカー助は思います

大事な人ほど中身をほめてあげるといいと思いますよhappy01


追伸

今までほめたことのない相手を急にほめると

あらぬ勘違いをされる場合もありますのでご注意をsign03coldsweats01

| | コメント (0)

2010/01/19

結婚相談所という名の詐欺?

仕事を終えて帰宅すると

1通の封書が来ていて

差し出し元は「○○事務センター」となっています

ちょっと公共機関風なので

開封してみると

これが結婚相談所からの手紙で

『新規出店 期間限定特別キャンペーン』という案内に

「無料お見合いキャンペーンで、当社に登録されている独身女性さんをご紹介します」とあり

「ご紹介書」なるものが1通入っていました

案内書には

「婚活という言葉が流行語になりました。しかし、多くの方が、お互いの身元のわからないままインターネットの出会い結婚サイトを利用して結婚詐欺や、果てには殺人まで起こることは最近の事件として世間を騒がせており、そのような出会いは大変危険です」と書かれています

なるほど~

それなら、この会社に登録している女性を

どんな奴かわからない私に紹介すべきではないですよね

少なくとも私は会員でも何でもないわけで

素性のわからぬ人に紹介しているのでは

言っていることとやっていることが違うのではないでしょうか?coldsweats01

「ご紹介書」なるものには

サクラであるだろう女性の略歴が

○○市という住所に

年齢、血液型、身長、体重、最終学歴、職業に

趣味、性格、家族構成と書かれており

写真と女性直筆メッセージがあり

最後には携帯電話の番号もあります

もちろんサクラの会員でしょうし

電話をすれば入会を勧められるのでしょうね

ちなみに

身長は高く、体重は48kgと申し分なく(?)

なんでこの人結婚できなくて

こんな相談所に登録しているの?って感じですよね~coldsweats01

まぁ、藁をもつかむ状態の人は

そんな風に冷静に見れないのでしょうかね?

カー助的には

こんなものに騙される人もいるのだろうか?と思いますが

現実にはいるのでしょうね

『婚活』なる言葉が流行るのは

結婚したくても出来ない人が大勢いるからでしょうし

そこには、当然、そのことで商売して儲けようという人が出てくるのでしょう

カー助の知り合いにも

いい年して独身の人がいて

自らの結婚出来ない理由を「出会いがないから」と言いますが

何十年も刑務所にでも入っていたのなら

「出会いがない」もわかる気がしますが

普通に生活していれば

世の中、半分は異性であり

どこにでも出会いなんてころがっていると思うわけで

むしろ

大事なことは

この人いいな~と思っても

相手がその気になってくれなければダメなわけで

「婚活=出会いの場」だけではないことに気づくべきではないかと思うのですよね

仮に

どんなに自分の理想に近い人にめぐり会えたとしても

肝心なことは

その人が自分と結婚してもいいと思わなければならないわけで

そう思われるような人間になることも大事な『婚活』じゃないかとカー助は思います

そんな話を結婚を焦っている人にしても

聞く耳持たずなのが現状で

自分の悪いところや欠点を素直に認めないのも

そういう人たちの共通点じゃないでしょうかね

まぁ、現実を直視出来ないから結婚すら出来ないのかとも思いますし

結婚することよりも

その後の結婚生活の方が長いわけで

それを平穏に維持していくことも大事だと思うのですが

人生の目的が「結婚」になっている人に言っても無駄なことでしょうが

結婚だけじゃなく色々な詐欺被害者の共通点は

冷静にものが見れていないということではないかと思います

| | コメント (4)

2010/01/18

辞めるべきはそれでしょうか?

連日、ニュースでは

民主党の小沢幹事長のことが伝えられていて

「世論調査」なるものの結果(?)も報道され

『幹事長を辞めるべきだ』という意見が多いとか

しかし

そもそも「幹事長」という職は公職ではなく

民主党の役職に過ぎませんよね

政治資金規正法等に違反していたならば

辞めるべきは幹事長ではなく国会議員の職ではないかと思うのですが・・・

以前にも書いたことがありますが

カー助は数年前に

電話での世論調査なるものを受けたことがあります

たまたまかかってきた電話を取ったら

それだったのですが

用意された質問に

限られた選択の回答をするというもので

電話をかけてきた担当者の対応は

真剣に『世論』を引き出す

あるいは

世論を正確に読み取るというよりは

早く回答をもらって次の電話をかけたいというような感じでした

調査とは

質問の仕方により結果は大きく変わってくると思うのですよね

例えば

「小沢幹事長は幹事長を辞めるべきか?」という質問をするのと

「小沢幹事長はどう責任を取るべきか?」では出てくる答えに違いがあると思うのですよね

『世論調査』として公開、報道する以上

どういう質問をし

どういう選択肢の回答を選んでもらう調査をしたかをも正確に公表すべきだと思いますし

この手の調査のほとんどは

回答率60パーセント台ですよね

30数パーセントは回答されなかったわけで

その30数パーセントがなぜ回答しなかったのか?なんて報道されたのを見聞きしたこともありません

そんないい加減な調査(?)を『世論調査』などといい

大々的に公表しているのは

マスコミの自己満足に過ぎないのではないかとさえ思ってしまいます

これも何度もこのブログで書いていることですが

報道に面白おかしくや興味を引かせるための演出などはいらないというか

あってはならないと思いますし

むしろ正確性が一番求められるべきだと考えます

仮に今回小沢幹事長が幹事長辞めたとして

それがどれほどのことなのか?とも思うのですよね

先ほども書きましたが

民主党の幹事長職は公職でも何でもありませんので

党の代表が任命すれば

数ヵ月後にでもカンバックできるのですよね

そんな職を辞めることが今回の事件の責任をとることになるのだとしたら

大した事件じゃないとマスコミ自体が

あるいは野党である自民党等が認めてしまっているということになるのではないでしょうか?

そういえば

先日まで

意見の違いで

連日を離脱することもありうるとして元気だった社民党の福島党首や国民新党の亀井代表は

ずいぶんおとなしくなってしまいましたよね

国民新党の亀井代表など

「民主党と国民新党は対等だ」とおっしゃっていたのですから

その立場を貫き

「政治資金規正法が守れない議員はたとえ誰であろうと辞職すべきだ」ぐらい言えないものかと思いますが

元自民党金権族仲間同士じゃ無理ですかね

それと

各政党の今の目標が

夏の参議院選挙に勝利することなんて

なんかおかしな話ですよね

国民本位の

国民のための政治を行っていたら

自然に次の選挙に勝てるのではないかと思うのですが・・・

| | コメント (2)

2010/01/15

トヨタ博物館へ行って来ました その4 新館編

ついに4日目になってしまった「トヨタ博物館へ行って来ました」の話も今日で最終回です

こちらには

懐かしい車と懐かしいものたちがありました

まずは、セリカ リフトバック

フェンダーについた弾丸ミラーが何とも時代をあらわしていますよね

153

後部座席のことなんて何も考えていないリフトバックsweat02

154

助手席に彼女を乗せるだけですから

後部座席なんてどうでもよかったのですよね~

うちのオヤジも昔乗っていたシビック

155

マツダのキャロルはカワイイですよね

156

可愛らしさじゃ負けないミゼット

160

近くのお医者さんがこの色の車に乗っていたことを思い出したブルーバード

159

コロナのトラック

161

162

163

ボンネト型のトラック

164

当時、トラックってみんなこんな色だったような気のするトヨエース

167

車だけじゃなく

我が家にもあった足踏み式ミシン

169

母親がこんなミシンで色々なものを縫っていましたし

今のようになんでも買える時代じゃなく

それが当たり前の時代だったのですよね

テレビや洗濯機も年代物が置いてあり

懐かしい白黒テレビには

力道山の写真がはめ込まれていました

170

172

我が家のも東芝だったと思い出した炊飯器

171

昔懐かしいものを見ると

忘れていた昔のことが呼び戻されるように思い出されるのは

時代の変化がめまぐるしかったからか

単に長く生きしてきたからでしょうかねcoldsweats01

懐かしい車好きにはたまらない1日でしたhappy01

| | コメント (2)

2010/01/14

トヨタ博物館へ行って来ました その3 「マンガとクルマ」展

トヨタ博物館へ行って来た話も今日で3日目になりますが

「マンガとクルマ」展が開催されていましたので

そちらも見てみることに

漫画と車というと

「サーキットの狼」や「マッハGoGoGo」は思い浮かびますが

「うん?」と思う漫画もありましたが

言われてみれば「なるほど~」という感じもしないでもないのかな?

まずは

「サーキットの狼」の関連で

ロータスヨーロッパと

019

スプリンター トレノが展示してあり

020

「ルパン3世」は

023

確かに、フィアット1000が登場しますよね

024

「巨人の星」のコナーがあり

「巨人の星」と車は関係ないだろうと思ったら

花形満のスーパーカーの絵が置いてありましたcoldsweats01

確かに花形は花形モータースの御曹司という設定だったですよね

他にも「名探偵コナン」のコーナーや

これまた、車に関係ある?と思う「ちびまるこ」も

028

お金持ちの花輪くんの家にはロールスロイスがあり

漫画にはトライアンフも登場しているのだとか・・・

026

そして、この日は

マッハGoGoGoの走行会もあり

003

行ってみると

すでに大勢の人だかりができており

主人公の三船剛の衣装を着たスタッフの方がマッハ号に乗っており

152

懐かしい主題歌が流されていて

昔を思い出してしまいました

マッハGoGoGoは1967年4月~1968年3月まで放送され

30年後の1997年にリメイク版も放送されたのだそうで

当~然、カー助が見ていたのは最初の放送です

カー助が子供の頃は

車が憧れや夢でもあったわけで

その車が漫画の中に出てくることも多かったのかもしれませんね

マッハ号は爆音とともに走り出しましたが

漫画のように地面を蹴ってジャンプすることはできませんsweat02

漫画ではステアリングの真ん中にいくつかのボタンがあって

それを押すと色々な機能が行えたのですが

やはり、漫画は漫画で実車は実車ですからね~coldsweats01

マッハ号の走行会を見終わり

新館へも行って見ましたので

そちらの様子は

さらに明日sign03

と、今回は引っ張りに引っ張ってみます(アハハ)

| | コメント (0)

2010/01/13

トヨタ博物館へ行って来ました その2

昨日の続きで

国産クラッシックカーの展示ブースへ入ります

まずは

トヨペット SA型

1951年製ですから

まだカー助は生まれていません

ちょっとフォルクスワーゲン ビートルっぽいですかね

まぁ、何ごとも真似からスタートということでしょうか?

067

こちらは、トヨペット クラウン RS型

初代クラウンで

戦後を舞台としたドラマや映画に出てきそうですよね

071

今ではトラックメーカーの日野自動車が作っていた

1962年製 日野 ルノー PA62型

073

同じく今ではトラックメーカーのいすず自動車のヒルマンミンクス PH10型

075

日産 オースチン A50型

077

こちらは、カー助と同じ年で

1957年製 トヨペット コロナ ST10型

同じ年の車に古さを感じると

自らの年寄り度を痛感してしまいますdowncoldsweats02

081

こちらも1957年製で

スズライト SL型ですから現在のスズキ自動車ですかね

087

こちらは、もう超有名なスバル 360 K111型ですが

1958年製となっていましたので

私が生まれた1年後から生産され出し

私も助手席に乗った覚えがありますので

長期間作られていたということですかね

089

マツダ R360クーペ KRBB型

なんともユーモラスというかカワイイですよねhappy01

091

パブリカ UP10型

093

ダイハツ ミゼット DKA型

三輪のトラックですが

ピザ屋さんの配達用バイクの原形という感じがしないでもないですよね~

097

トヨペット クラウン RS-L型

よく見ると「?」と

何か気づかれた方がいますかね

そうsign03左ハンドルなのです

この車は実際にアメリカへ輸出されたものだそうです

だからクラウンなのに赤なのですかね

099

ニッサン セドリック 30型

当時のカー助の家の近くには

お金持ちが住んでいなかったのか

高級車は記憶の中にないのですよね~coldsweats01

101

ダイハツ コンパーノ スパイダー F40K型

昔の映画の中で

スカーフを頭に巻いた綺麗なお姉さんが助手席に乗っていそうです

105

マツダ ファミリア SSA型

107

トヨペット コロナ PT20型

109

ダットサン ブルーバード P312型

コロナとともにその後ライバル大衆車として売れたのがブルーバードですよね

そういえば

なんでこの頃のタイヤって脇が白かったのですかね?

111

トヨペット コロナ RT40型

このあたりからカー助の記憶にかなり鮮明に残っている車が出てきますので

近所をそれなりに走っていたということでしょうかね

113

こちらもライバル車の

ダットサン サニー B10型と

115

トヨタ カローラ KE10型で

そういえば

この頃って、ほとんどの車が白だった気がします

117

ホンダ N360型

カー助が運転免許証をとって始めて運転したのがこのN360のシルバーの中古車でした

もちろん、エアコンなどついておらず

カーステは8トラがついていました(カセットテープですら見なくなりましたので、8トラなんてもう完全に死語ですよね~coldsweats01

121

トヨペット コロナマークⅡ RT62型

今やマークⅡからマークXになってしまいましたが

マークⅡは元々コロナから派生したのですよね

127

トヨタ セリカ TA22型

免許証を取ったカー助が

当時、一番欲しかった車です

当然ですが

大学生だったカー助には買うことは出来ませんでしたが・・・crying

133

いすず 117クーペ PA90型

イタリア人のジウジアーロがデザインした車ですよね

ヘッドライトの丸目は初期モデルで

のちに角目が出たのを覚えています

135

ダットサン フェアレディ SP310型

137

ホンダ S500 AS280型

139_2

トヨタ 2000GT

141

トヨタ スポーツ800

142

マツダ コスモスポーツ

144

いすず べレット1600GT

145

ニッサン プリンス スカイライン 2000GT-B

147

トヨタ 1600GT

149

とオープンカー、スポーツカー全盛の時代が続き

このあたりの車がカー助の心を一番ときめかせた時代でもありますhappy01

トヨタ博物館では

「マンガとクルマ」展をやっていましたので

明日は、そちらのことを書きたいと思います

| | コメント (2)

2010/01/12

トヨタ博物館へ行って来ました

車好きのカー助の行ってみたいところの1つであったトヨタ博物館へ行って来ました

001_2

中へ入ると一番手前に展示してあるのは

やはりトヨタ博物館ですので

004

005

「トヨタ」ではなく当時は「トヨダ」だったのですね

2階へ上がると初期の車がたくさんあります

006

今は高級車の代名詞のようになっているベンツですが

最初はこんな感じからスタートなのですよね

010

こちらもベンツでヴェロ

2段変速で時速21kmで走行できたと書いてありました

ちょっと時代が進んでロールスロイス

012

そしてフォード

014

どちらも赤と金でド派手ですよね~

この時代の車がたくさん並べられています

032

038

そして、こちらはビュイックの木炭車だそうです

何年かして

電気自動車ばかりになったら

今の車が「ガソリン車」なんてプレートがついて展示されるのかもしれませんよね

035

036

そして、レース用の車が出てきて

1930年製のアルファロメオですが

とても80年前の車という感じがせず

今でも売れるんじゃない?と思うのはカー助だけでしょうかcoldsweats01

040

こちらはパッカード トゥエルヴで

アメリカ大統領ルーズベルト専用車だそうです

041_2

今やバイクメーカーのブガッティのレーシングカー

043

メルセデス ベンツ500Kは

悪そうな奴が似合いそうですよねsweat02

051

こちらはコード フロントドライブ モデル812で

よく写真を見ていただくと

右のヘッドライトが出ていてウィンクをしている感じですが

この車リトラクタブル式ヘッドライトになっています

まぁ、そうはいうものの

電動式ではなく手動式で

左右別々にハンドルを回すのですが・・・

053

こちらは MG ミジェット タイプTA

カッコイイですよね~

057

そして同年代の国産車

まずはトヨタ AA型 フェートン

なんかのっぺりとして

カッコイイというよりはユーモラスな感じですが

オープンタイプで主に軍隊の指揮官用に使われたと書かれていました

061

日産は

というか、この時代の呼び名はダットサンで

70型フェートン

063

1937年製の16型セダンで

ここから小型車が始まります

065

あまりにもたくさんの写真を撮ってきましたので

続きはまた明日書きたいと思います

| | コメント (4)

2010/01/08

甘すぎやしませんか

東京都の公設派遣村で

交通費として支給された2万円で

入所者が飲酒をしたり

就職活動をしない人がいたりと問題が起きているようですが

ある意味、想定されていたことではないでしょうか

年末年始を寒さの厳しい路上で過ごさなくていいようにということと

就職相談を一緒にしてしまうことにそもそも無理があると思いますし

行政の考え方の甘さを感じます

今までマスコミの報道は

派遣切りされた人にも少々甘すぎてはいませんか

労働契約を打ち切られ

寮等を追い出され

住むところもなくなったとインタビューに答える人を多く見ますが

そもそもいつかは打ち切られる契約をしながら

一生そこに住んでいられると思っていたのでしょうか?

消費者金融のテレビコマーシャルじゃありませんが

先を見据えた計画がなかったのではないでしょうか

それに

就職面接に何十回も行ったが

住所がないために採用されないと言いますが

何十回も面接を受けたということは

ないのは『仕事』ではなく

採用されるために必要なものかもしれませんよね

私も昔、面接官を担当したことがありますが

断る場合に「あなたは能力がなさそうに見えるから」とか本音を言うことはありませんよね

無難なことを不採用の理由として告げればいいわけで

それを鵜呑みにして

反省したり、能力を身に付けなければ

何度面接しても結果は同じじゃないかと思います

一般的に

使えない人ほど

悪いのは自分じゃないと思っている傾向があり

当然、そのことを認めないのですから進歩もないのが実情かとも思います

面接の時に

「何でも一生懸命やります」と言って

それがやる気だと思っている人がいますが

『何でもやる=何にも出来ない』に等しく聞こえることもよくありましたね

行政が助けるために使うお金は

我々が汗水流して働いて納めた税金ですよね

『アリとキリギリス』の話じゃありませんが

先を考えず甘い生活をして来た人が

困ったら助けてくれじゃ

ちょっと甘いんじゃないかと思うのですが・・・

多くの人は

生活を切り詰め

将来の不安のために蓄えをしたりしているのではありませんか

| | コメント (6)

2010/01/07

彼女も犯罪者ですよね

テレビ等で

押尾学容疑者のニュースを見るたびに思うのですが

押尾容疑者が

保護責任者遺棄致死に問われるかどうかで騒がれている相手の女性のことですが

押尾容疑者と一緒にMDMAを使用していたのですから

当然、覚せい剤使用の犯罪者ですよね

誤解のないように書きますが

私は押尾容疑者を弁護するつもりなど到底ありません

亡くなられた女性が助かったかどうかは別として

救急車を直ぐに呼ぶべきだったと思いますし

人工呼吸等の救命措置をしたとの彼の主張は

彼女を助けたかったというよりも

事件になった場合の自分の立場を考えたからに過ぎないと思えてなりません

もちろん

彼女がMDMAを使用していた犯罪者だからといって

死なせてしまっていいということにもならないと思いますし

自己保身より人命を優先すべきだったはずですが

亡くなられた女性にも

危険な薬物、MDMAを使用したという落ち度はあると思います

マスコミの報道は

押尾容疑者の責任ばかりを追及しているようにも思え

亡くなられた女性を『被害者』としてしか扱わないこともちょっと変かな?とも思うのですよね

常日頃から

薬物が蔓延していると報道しているマスコミですから

むしろ、薬物の恐ろしさ等を訴えるような報道もすべきではないかと思います

ニュースはバラエティとは違うはずで

面白おかしく、あるいは興味を引くような演出は不要なはずで

最初から「善と悪」を決めての報道ではなく

何が本当に問題なのか?を指摘し追及してこそ真の報道ではないかと思うのですが・・・

それと

日本の麻薬犯罪に対する刑罰の軽さにも問題があるのではないでしょうか

立法府の議員先生たちは

自分たちの都合のいい時には

「時代の流れにそぐわない」と言って法改正をしますが

刑法の刑罰を重くすることには消極的ですよね

裁判所も

「厚生の可能性」を理由に執行猶予を安易につけたりしますが

現実をみたら再犯者が多いわけですから

「厚生の可能性」よりも「再犯の可能性」を重視すべき時にきているのではないでしょうか?

裁判員制度は

現行の判決が国民感情から離れているということからスタートしたのですよね

だとしたら

裁判員制度を始める前に

判決の出し方の見直しをすべきだったのではないかとも思ってしまいます

刑の厳罰化は犯罪抑止にならないという人もいますが

少なくとも

犯罪者が服役している間は再犯できないということも事実ですよね

| | コメント (4)

2010/01/06

ピンクの襷?

年々見たいと思うテレビ番組が減っている話を何度か書いていますが

今回の年末年始も同様というか

さらにテレビを見る時間が減った感じです

まぁ、その中でも見るものといえばスポーツ中継ですかね

国民的行事になりつつある箱根駅伝も見ましたが

いくら民放が放送しているからとはいえ

コマーシャル多過ぎですよね~

確か民放連の約束事で

コマーシャルの流していい時間数の取り決めのようなものがあると聞いたことがありますが

あれだけ多くCMを流してもいいのでは

あって無きがごとしの決め事ということですかね

コマーシャルで中継を遮ることは

見ている視聴者にも迷惑ですが

何より一生懸命走っている選手に対し失礼だと思うのですが・・・

そういえば

昨年までメインスポンサーのサッポロビールの同じコマーシャルが

これでもかsign01と思うくらい繰り返し流されていて

それを見ながら毎年

「今年1年絶対にサッポロビールなんか飲んでやるかsign03」と思いながらカー助は見ていたのですが

今年はサッポロビールのコマーシャルが減り

他のスポンサーのコマーシャルが多かった気がします

コマーシャルにも世の中の景気や元気な企業が見えるということでしょうかね

それと

もうひとつ気に入らないのが

「日大のピンクの襷」というアナウンサーの実況です

元々、スクールカラーは緋色ですが

校章が桜をモチーフにしていることからあの色の襷を使っているようですので

『桜色』と言うべきですよね

他校のユニフォームの色等を

「○○紺」と言ったり

「○○ブルー」などと丁寧な紹介をしているのですから

その意味からしたら

ピンクはないだろう~桜色の襷と言うべきだろうと思うOBのカー助でありますが

まぁ、日本テレビじゃ無理かな~

| | コメント (0)

2010/01/05

今年もよろしくお願いします

新年も今日で5日になってしまいましたが

カー助は今日から仕事始めで

ブログも今日からまた書き出しとなります

ここ数年

穏やかな年末年始を過ごしていますし

今回も同様の過ごし方となり

まぁ、幸せなことと考えるべきなのでしょうね

今年も2人の孫の成長を楽しみながら

出来る範囲の中で自分のしたいこと

自分らしく生きていきたいと思っています

そういえば

昨年の後半あたりから

ブログの毒舌、辛口が減ったとのご指摘をいただくことが多くなっていますので

今年はそこを増やすべきでしょうかね?coldsweats01

カー助なりに考えてみると

日常生活ではかなりの毒舌を吐いていると思うのですが

ブログになると

それが出ていないのかとも思います

まぁ、先がわからないから人生は楽しいのかもしれませんし

今年1年が終わって

「たいしたこと書かなかったな~」と思えることもまた幸せなのかとも思うわけで

結果はどうなるかわかりませんが

少しでも多く書きたいことが書ければいいなと思っていますし

今年もフットワーク軽く

あっちこっちに出かけていきたいとも思っていますので

よろしくお付き合いお願いいたします

| | コメント (4)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »