« 晴雲酒造でランチ | トップページ | 救えなかった小さな命 »

2010/01/26

ウォーキング

寒い日が続きますが

頑張ってウォーキングを続けています

まぁ、カー助の場合

早足でのウォーキングを1時間ちょっとしていますので

途中からは少々汗ばむくらいですから

寒さはそれほど気にならないのですが

むしろ、強い北風の日が一番辛いかなという感じですかね

いつものウォーキングコースの遊歩道は

今が一番歩いている人が少ないからか

春に向けての準備なのか一部再舗装工事が行われていたり

標識が新しくなったりしています

先日も

森林公園の南口まで行って折り返し

まもなく森林公園駅というところまで来ると

前からリュックを背負ったおばさん2人が歩いてきて

新しくなったばかりの標識を見て「もう1km歩いちゃった?」と言い

もう1人がそれに答えて「もうそんなに歩いたんだぁ」と

遊歩道がスタートするところには

「森林公園まで2.9km」と書いてあり

1つ目の標識は

001_2

当然、裏側は

002_2

と、なっています

わずか100m来ただけで

1km歩いたのかと思う人が普通いるかな~と思いますし

100mと1kmの違いが歩いて体感できない鈍感さには驚きですよねcoldsweats01

やはり、おばさんには一般常識は通用しないということでしょうかね

別の日には

カー助は駅の南口から階段を登って

北口の階段を降りて遊歩道に向かうのですが

南口の階段下まで行くと

上の方からおばさんの大きな話し声が聞こえ

「大勢改札を出たところにいるのかな?」と思いながら登っていくと

リュックを背負ってこれから森林公園へ行くらしい4人のおばさんが

周りの迷惑も考えず

超~大きな声でしゃべっていました

「そこでしゃべらなくても・・・」

「そんなに大きな声でしゃべらなくても・・・」と思いますが

逆ギレされそうなおばさんに注意する人はいませんよね

もちろん、カー助もそんな無駄なことはしませんが・・・sweat02

世の中、誰も注意してくれなくなったら自分のことが見えなくなり「裸の王様」状態になるのかもしれませんね

そして今日は駅前に

今から森林公園へ向かって歩き出そうとしている欧米系(?)の10人ぐらいの若い人たちがいましたが

おばさん軍団よりもはるかに静かです

そういえば

寒くなっても以前から歩いているおじさん、おじいさんはいつものように見かけますが

おばさんは寒さに負けてしまったのか

常連ウォーカーは減っている感じです

逆に減らないのが

犬のフンを始末しない飼い主です

犬を散歩させるのは結構ですが

飼い主としての最低限度のマナーぐらい守ってもらいたいものだと思いますね

|

« 晴雲酒造でランチ | トップページ | 救えなかった小さな命 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本では公園でも神社の境内でも犬はお断りと書いてあるのを見るとちゃんと糞の始末をしない飼い主がいかに多いからなんですね。
そういう人は犬を飼う資格が無いと思います。
逆にうちのようにきちんとしている方からするとちょっとくらいなら入ってもいいのになあと思ったりします。
心無い人のせいで他の多くの愛犬家が迷惑している事を考えて欲しい物です。

投稿: cuore | 2010/01/26 17:43

cuoreさん

コメントありがとうございます
残念ながらカー助は
まともな飼い主の方が一部で
大勢の飼い主がいい加減なのじゃないかと思います
ペットを飼う時
「好きだから」とか「可愛いから」とか「癒されるから」とかが先行してしまい
「本当にちゃんと面倒をみれるか」とか「ペットにとって何が本当の意味で幸せか」を考える人が少なすぎるのではないでしょうかね?

投稿: カー助 | 2010/01/26 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晴雲酒造でランチ | トップページ | 救えなかった小さな命 »