« 芋太郎 | トップページ | 金メダルはゼロ? »

2010/02/15

格好悪り~

カー助は

冬季オリンピックにあまり興味がありません

理由は

以前にも何度かこのブログにも書きましたが

採点競技なるものが好きではないからです

そもそも

スポーツの祭典であるオリンピックに

芸術点を加味して争うこと自体が変じゃないか?と思うわけで

フィギュスケートもジャンプも

モーグルもスノーボードハーフパイプなど

冬季オリンピックにはそういう競技が多すぎると思うのですよね

本来、芸術性とは

受け取る側により千差万別で違って当然で

みんなが同じものにしか感動を覚えない世の中になってしまったら怖いですよね

もし、私感を競うなら

オリンピックではなく芸術祭でもやったらいいと思うぐらいです

そんな今回の冬季オリンピックの前半を騒がせたニュースは

スノーボード男子ハーフパイプの国母選手の

公式ウェアの着こなしと

その後に行われた謝罪会見での

「反省してま~す」等の発言が

問題視され

再度、謝罪会見が行われたことですかね

国母選手も2度も誤まさせられてまで出場したいなら

最初からそんな格好しなければいいのにと思うのですよね

もし、彼が本当に『個性』を主張するなら

最後まで主張し

自ら「誤まる理由がないので出場しないで帰ります」ぐらいのことが言えたら大したものだと思いますし

何とも格好悪いのは

服装や言葉の乱れよりそんな彼自身だということを

誰か教えてあげて欲しいものです

そして

2度も謝罪会見させてまで

メダル候補を出場させなければならない選手団長は

もっと格好悪くはないですかね?

まぁ、そもそも

本当に悪いと思っていなくとも

本当に反省していなくても

神妙に謝罪会見さえしたら大概のことは許してもらえるという風潮もどうかと思いますが・・・

そんなカー助も

本来のスポーツらしく

タイムを競うスピードスケートの選手には頑張ってもらいたいと思っています

|

« 芋太郎 | トップページ | 金メダルはゼロ? »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芋太郎 | トップページ | 金メダルはゼロ? »