« しりもち | トップページ | 半年が経ちました »

2010/03/16

それって意義があるのでしょうかね

先日、鎌倉市の鶴岡八幡宮の大銀杏の木が

強風などで倒れたとニュースで伝えられ

神奈川県はその木の根元を近くに植え直し

再生させると頑張っているようですが

それってそんなに意義のあることなのでしょうかね

そもそも命あるものは

いつかはその寿命を終える運命にあるわけですし

県の職員にはもっと大事な仕事

人間の命でも守ることをした方がいいのでは?と思ってしまいます

先週には

佐渡のトキの施設に小動物が侵入して

放鳥用に飼育されていたトキが命を落としたとニュースになっていましたが

そもそも人間の勝手で日本のトキを絶滅させておいて

中国から持ってきて

莫大なお金をつぎ込んで飼育し

野性にかえす?こと自体に本当に意義があるのか疑問でなりません

そのつぎ込まれるお金があったら

救われる人の命があるかもしれませんし

トキだけが復活させられたとしても

それがどれだけの意味を持つのでしょうか?

ある意味、片寄った命の、自然の尊さではないかと考えてしまいますし

自然界の動物に簡単に殺されてしまうトキを

莫大な税金を使って放鳥すること自体に意味があるのか議論されることってないのですかね

それって

海外ではクジラやイルカなどだけを異様に保護したがることと似てはいないでしょうかね

オーストラリアなどでは

入植により今までそこにいなかった羊等を持ち込み固有種が絶滅したり

絶滅しかけたりしているようですが

そちらは大騒ぎされず

クジラの保護には熱心だというのでは

何ともおかしな話だと思いますよね

同じようにトキだけを蘇らせようとしていることも

冷静に考えたらおかしな話以外の何ものでもないような気がするのですが

そんなことをいうと

自然保護に反しているといわれるのでしょうかね

ここ数日は

クロマグロの輸入が禁止されたらというニュースが頻繁に流されていますが

片や食料自給率が40パーセント以下だと嘆いて報道したりと

その場限りの報道に踊らされている感じでしょうかね

|

« しりもち | トップページ | 半年が経ちました »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しりもち | トップページ | 半年が経ちました »