« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010/04/30

カー助のテレビ事情

世の中では3Dテレビが売り出されたとか

地デジになり

3Dになっても放送内容がそれにともなっていかなければね~

前にも書いたことがありますが

カー助は

テレビドラマやトーク番組などをほとんど見ません

ストーリーも出演者も三流で見るに耐えないドラマ

笑えないお笑い番組

いつも代わり映えのしない出演者が

同じような内容の話をしているトーク番組

画面の向こう側のスタジオだけで楽しんでいるの?と思ってしまうのですよね~

我が家では

ケーブルテレビを引いていますので

そちらやBSを見る機会が増えているのが現状です

まぁ、BSの場合

NHKの3つのチャンネルを除けば

地上波と同じ民放局が放送しているものがほとんどですから

それなりといえばそれなりなのですが

何より言えるのは

お金をかけずに番組を製作しているということで

ジャニーズ系や吉本興業を中心とする芸人が滅多に出てこないのがいいですね

国内の旅番組だけでなく

海外の鉄道ものなどもやっていますし

当然、お馬鹿レポーターなど出てこず

ナレーターだけっていうのが落ち着いて見れて最高sign03

ネックと言えば

お金をかけないで番組を放送していますので

韓流ドラマが異常に多いのと

テレビショッピング番組が多すぎることでしょうかね

まぁ、カー助はそういう番組を見ませんので

BSで見れる番組の選択肢は少し減ることになります

やはり、そんなカー助の助けになっているのがケーブルテレビ

一番見るのがスポーツ専門チャンネルです

プロ野球中継は

セ・リーグもパ・リーグの試合も中継していますし

チャンネルをかえれば色々な試合を見ることができますし

地上波と違い

試合終了までちゃんと放送してくれます

ヨーロッパのサッカー中継もいいですね~

そのレベルの高いサッカーを見た後は

Jリーグ中継は、サッカーのレベルのお粗末さに見る気がしなくなりますが・・・coldsweats01

その他にもラグビー中継などもやっています

それと

スポーツ専門チャンネルは

モータースポーツや自転車競技なども中継しています

モータースポーツは

インディやWRCラリーなどがあり

自転車レースは

ツール・ド・○○とかの

見てみると意外と引き込まれたりしますよ

距離の長いものでは260kmを越えるものも生放送していて

ゴールにかかる時間が6時間半にもなったりして

走っている選手も大変だろうと思うとともに

中継しているアナウンサーや解説者も大したものだと感心したりしてねcoldsweats01

そういえば

テレビドラマを滅多に見ないと書きましたが

海外のテレビドラマはカー助は見るのですよね

CSIなども好きでずっと見ていますし

そんな海外ドラマをケーブルテレビは放送してくれているのも気に入っている理由の1つですかね

ゴールデンウィークもお出かけしない時は

ケーブルテレビをの~んびり見て過ごしているカー助かと思いますhappy01

| | コメント (2)

2010/04/28

気合いだけじゃ無理

ブログのコメントに

「最近、毒気が抜けたのでは?」と書かれてしまったカー助ですがcoldsweats01

本人は意識していなくても

自然にそうなっていたのかもしれませんね

もちろん、それがいいか悪いかは別問題ですが・・・

まぁ、そんな訳だからでもないのですが

久しぶりに毒を吐いてみようかと思う記事です

先日、久しぶりに知り合いのブログを見てみると

まかされている仕入れの仕事で欠品をたくさん起こしたり

ミスをして

営業からクレームを入れられ

落ち込んだり逃げ出したくなっているのですが

もう1度気合いを入れ直して頑張るというようなことが書かれていて

これを読んだカー助は

「相変わらず変わらない奴だな~」と呆れてしまったのですよね

彼とは10数年前まで一緒に仕事をしていまして

当時から仕事のミスが多く

それも同じミスを何度も何度も繰り返すので

カー助の口の悪い後輩たちからは

「カブトガニやシーラカンスじゃあるまいし、少しは失敗から学んで進歩しろうよ」とよく言われていたのですが

そんな時の彼の口癖は

「一生懸命やっているのですが・・・」でしたが

周りから見て

同じミスを何度も繰り返す男が

一生懸命やっているように見えないのは当然で

なぜミスしたのか?

どうすれば2度と同じミスをしなくて済むか?を考えてやり方をかえろsign03と言うのですが

それでも同じミスを繰り返しますので

具体的にやり方を変えるように指示したりもしましたが

その場では「はい」と返事はするものの

結局、こちらの指示を守らず

楽な以前のやり方で仕事をして

また、同じミスを繰り返すを連発するので

カー助が何度も何度も指導しているうちには

S君が「カー助さん、こいつには馬の耳に念仏じゃなくて、馬の耳に粘土ですから無駄ですよ」と言うので

「何だ?その『馬の耳に粘土』って」と聞けば

「念仏なら聞こえてはいるのでしょうが、こいつの耳には粘土が詰まっていて聞こえてもいないのだから言うだけ無駄ってことですよ」と言われる始末

まぁ、同じミスを繰り返さないようにと指示したことをやらないのでは

一生懸命やっているとは言えませんし

最後はリストラされて会社を去っていった彼ですが

あれから10数年

別の会社に移っても同じことを繰り返しているようで

進歩の欠片もないようです

世の中には気合いで乗り切れないこともあると

未だに気づいていないようです

そこに何時間も立っているだけというような仕事なら

気合いだけでも大丈夫かと思いますが

普通の仕事をする以上

そしてミスをしてしまったら

どうしたら同じミスを犯さずに済むか?とか

いかに効率的にやるか?とか考えなかったら駄目だと思いますし

それを確実に実行し

2度と同じミスをしないようにするのが普通かとも思います

こんな進歩がなく

同じミスを繰り返し続ける人と一緒に仕事をしなくてはならない人は災難ですよね

「元気があれば何でも出来る」な~んて言っているお気楽な人もいますが

確かに元気は必要かもしれませんが

元気だけでは駄目だってことの方が多いのが現実じゃないでしょうかね

進歩の無い人は

他人のアドバイスが聞けず

慣れ親しんだ楽なやり方から抜け出せない人なのかもしれませんね

冒頭にも書きましたが

一般的には、人間は意識しなくても変わっていくのが普通なのだと思うのですよね

それは取り巻く環境が変わったり

家族や友人、知人などから色々な影響を受けるからでもあると思います

変わらない人(変われない人)は

周りも何も変わっていないからなのでしょうかね

| | コメント (2)

2010/04/27

遠出のドライブですので

昨日の話の続きで

高橋まゆみ人形館を見終わると

お昼頃でしたので

隣の蕎麦屋さんで富倉蕎麦定食というのを食べ

Img_3426

2時間半ほどかけてドライブしてきたのに

ここだけではもったいないと貧乏人根性が出て

映画の撮影でも使われたという阿弥陀堂へ行ってみることに

山道を登っていくと

棚田があたり一面にありましたが

まだ、時期が早く水は張ってありませんでした

Img_3433

ポツンとある阿弥陀堂

Img_3440

映画のワンシーンにはぴったりという感じですかね

その先の山の中にもお堂のようなものが

Img_3438

地面の白く見えるのは残雪です

長野県でも北部のこの辺り

まだ寒く

そういえば

高橋まゆみ人形館の近くの駐車場の周りの桜はちょうど満開でした

Img_3431

帰り道

栗で有名になった小布施へも寄ってみました

ここって「栗」だけで有名になったのに観光客が多いですよね~

おこわからお菓子など栗、栗、栗と栗関係のものが売られていますが

本当にそんなに栗が取れるの?ってちょっと勘ぐりたくなる性格の良くないカー助でもありますが・・・coldsweats01

まぁ、そんな観光客にまざって

Img_3444

マロンケーキを食べて来てしまいました

Img_3442

出かけたら

たくさん見て食べてをしないと気がすまなくなってきているのは

先のことを考えると

今のうちに色々体験しておかないと・・・

と思うからでしょうかねcoldsweats01

| | コメント (2)

2010/04/26

高橋まゆみ人形館

土曜日に

この日に長野県飯山市にオープンした

高橋まゆみ人形館へ行って来ました

Img_3425

午前11時ちょっと前に着いたのですが

人気のようで

すでに列が出来ていて

入場制限されており

45分待ちのプラカードが出ていましたので

その最後尾に並びました

並んでいる多くは私と同年輩か

少し年上の方が多い感じで

プラカードは45分待ちでしたが

実際には30分ほど並んで入れました

残念ですが

当然、館内は撮影禁止ですので

パンフレットの写真はこんな感じで

Img_3445

どこかで見たことがあると思われる人もいると思います

そうsign01テレビコマーシャルで使われて人気が出たのですよね

カー助のように昭和30年代生まれの人や

それ以前の人には

何となく郷愁をそそるというか

哀愁のある人形たちです

そんな人形たちが展示されていて

ジオラマの中に置かれているものもあり

スクリーンには高橋まゆみさんが人形を製作している様子も流されていました

人形にはコメントも付けられていたりしますので

「そう~こんな感じの人が昔はたくさんいたよな~」とか

「こんな風景の中にこんなおじいさんやおばあさんがいたいた」と思ったりして

昔のこと

もう遠~い昔に亡くなってしまったばあちゃんを思い出しさせてくれたりします

展示作品の一部は

館内の売店で売られていたポストカードにもなっています

鬼嫁と喧嘩をして家出をするばあさん

Img_3447

鍋などを背負って

左手に枕、右手に位牌を持っているのが

なんとなくユーモラスでもありますよね

こちらは

雨の日のお迎え

Img_3448

孫のための赤い傘を持っている感じのじいちゃんは

優しそうな雰囲気が出ていますよね

自転車に孫を乗せて

Img_3450

前カゴには犬が乗っていて

どこへ出かけるのだろうかな?って感じですかね

孫と一緒に釣りをしているものも

Img_3449

どれも決してイケメンではありませんが

いい表情をしていますし

人形たちにちょっと心を癒された感じでした

| | コメント (4)

2010/04/23

上手に寝返りが打てるようになりました

赤ん坊の成長は早いもので

チビ2は少し前に

下の歯が2本生えたと思ったら

上の歯も

もう少しで出てくる感じで歯茎から薄っすら白く見えてきています

ちょっと前に

寝返りを打てるようになったのですが

まだまだ腕の力が弱いのか

再び自分で仰向けになることが出来ず

うつ伏せで顔を長時間上げているのが辛いらしく

自分で勝手にうつ伏せになっておきながら

「もどしてくれよ」とばかりに怒ったりしていたのですが

やっと自分で寝返りも打て

またうつ伏せにもなることが出来るようになりました

Img_3390

ただし

寝返りを打ってからうつ伏せに戻る時に

元の方向へ行かず

同じ方向に回転しますので

寝返りを打ち、うつ伏せになり

また寝返りを打ってうつ伏せになると

コロコロと一定方向へ行ってしまい

布団から出てしまいます

寝返りを打つのもうつ伏せになるのも

どうやら得意な方向があるというか

そちらの方向へしかまだ上手に出来ないのでしょうね

それとチビ2は

栄養状態が良すぎるのか

手首はきつい輪ゴムをはめているかのようですcoldsweats01

Img_3385

今、まわりの大人たちの勝手な願いは

5月5日までに1人で上手に座れるようになってもらって

五月飾りの前に座らせて

初節句の写真を撮って残しておきたいということです

本人には何をさせられているのかわからないのでしょうがねhappy01

それと

最近、感じることは

チビ2はニコニコしていることが非~常に多いということです

カー助は

息子、娘、チビ、チビ2と4人の成長を身近で見てきましたが

チビ2は他の3人に比べ

1人でよく遊んでいて

その様子を覗き込んで目が合うとニコニコします

もちろん、赤ん坊ですので泣くこともありますが

その頻度はきわめて少ないと思うのですよね

男の子ですので

まぁ、泣き虫よりはいいということでしょうかね

| | コメント (2)

2010/04/22

結婚について考えてみると・・・

「結婚について考えてみると・・・」な~んてタイトルがちょっと

いや、いや、かなりオーバーな感じですがcoldsweats01

昨日のブログに入れてくれた空さんのコメントの

『「女の人は恋愛を、上書き保存するけど、男の人はフォルダー保存する」と後輩に言われました』というのに

思わず納得する部分を感じたり

うまいこと言うよね~と感心させらりたりしましたので

今日の記事は

そんな話を書いてみようかと思った次第です

空さんへのコメントの返事にも書いたのですが

現代社会、男も女も色々な考え方の人がいますので

恋愛を上書き保存するのが女の人

フォルダー保存するのが男の人というよりは

再婚しない人が上書き保存する人で

フォルダー保存する人が再婚する人という風にわけた方がより近いのかとも思います

もちろん

再婚するに当たっては

相手がいてくれることが第一ですが

それぞれの境遇なども大事な要素になってくるのではないでしょうか

現実的な話をすれば

金銭的なこと等もあるでしょうし

子供がいればそのことも考慮しなければならないわけですが

簡単に再婚できる人ほど

ある意味、楽天的なのかもしれませし

上書き保存が躊躇なくできるのかもしれませんよね

誤解のないように全ての人がそうだというわけではないですよsweat01

もう1つなかなか再婚に踏み出せない人に

バツになった時の状況というか

トラウマがある人もいると思います

バツになった理由も千差万別でしょうし

一方的に片方だけに理由がある場合もあるでしょうし

両方に理由がある場合もあれば

どちらかが(時に、両方に)好きな別の人が出来て別れる場合だってあると思います

こんな場合でしたら

再婚のための離婚みたいなものですから

再婚する方が自然でしょうしね

ところで

世の中は婚活ブームだそうで

ということは

結婚したくても出来ない人も大勢いるわけですよね

私の知っている範囲にも何人かそういう人がいて

みんなが同じように言うのは

「出会いのチャンスがないから・・・」と

本当にそれが結婚出来ない一番の理由でしょうかね?

と、意地悪なカー助は思うのであります

現に

何人かは結婚相談所のようなところへ行ったようですが

未だに独身でいます

ということは

なかったのは『出会い』ではなく

配偶者としての魅力

男として、女としても魅力じゃないのsign03

と悪態をつきたくなってしまいます

「出会いが無い」と現実逃避していて

自分のことを見つめ直さないうちは

あなたには結婚なんて無理sign01と思いますね

ある知り合いが

結婚相談所から紹介を受けた人と何度かデートしたのですが

その人と一緒にいても楽しくないとお付き合いを断ったそうです

その時に

自分が今まで断られてきた理由も

一緒にいて楽しくないんじゃないだろうか?とは考えないようで

その人はいまだに独身でいます

相手に自分の理想を求める人は多いですが

自分が相手の理想になろうとか

それに近づこうと思う人、努力する人は少ないのが現実なのでしょうかね

自分が努力するより、自分を変えるより

自分のことも顧みず理想の人を追い求める方が楽だということでしょうかね

まぁ、そんな人に理想の人とめぐり会えて

その人が好きになってくれる確率は

宝くじに当たるより低いであろうことを冷静に理解できる人も少ないから婚活なるものがブームになっているのでしょうかね

おまけに

このブログをよく読んでいただいている人や

プロフィールを読まれた方はご存知かと思いますが

カー助も妻に先立たれていて

現在独身中でありまして

よく「再婚しろ」と色々な人に言われます

そして、最近のその理由は

「年取って1人は寂しいよ」というものが多いのですが

配偶者がいないと寂しいという人生そのものが寂しくはないかい?

と思うのですよね

確かに人間は1人では生きられない動物なのだと思いますが

子供がいて、孫がいて

友達がいて

やりたいことがあって充実していることの方が大事で

配偶者がいないから寂しいという人生だけは歩みたくないと思っているカー助です

今のところねsign03

   ↑

と書いておかないと

カー助もいつ再婚しないとも限りませんし

その時に言い訳しないとならなくなりますからね~coldsweats01

| | コメント (6)

2010/04/21

3度目の結婚をしたそうです

先ほど新宿へ行って来ました

先日、台湾在住の友人から

「一時帰国するので新宿で会えませんか?」とメールが来て

今日がその約束の日だったので

出かけてきた次第です

約束の時間に小田急線の改札前へ行くと

ちょうど彼が改札から出てきてナイスタイミング

いつものように喫茶店へ入り

彼の今日の予定を聞くと

午前中のうちに日本橋へ行き

午後2時に三鷹でお客さんと会う約束をしているとか

「30分ぐらいしか時間が無くて悪いね」という彼でしたが

結局、話が盛り上がり1時間半ほどそこでアイスコーヒーを飲みながら話してしまいました

仕事の話をして

お互いの近況などを話していると

「俺、結婚したんだ」と彼

「・・・・・・結婚した?」と私

なぜなら彼はもう結婚してるのですから

「あれっ、言わなかった?俺が離婚した話」と彼

「聞いてないよ」と私が言えば

笑いながら「俺さぁ、バツ2になったんだよ」という彼

「それで3回目の結婚したの?」と聞けば

「そう、そう」と簡単に言うので

「いつ結婚したの?」と聞くと

「少し前から一緒に住んでいるんだけど、昨日入籍した新婚です」と言う彼

「馬鹿sign01何が新婚だよ」と言う私に

「俺はバツ2だから新婚じゃないかもしれないけど、相手にとっては新婚なんですよ」とのこと

話を聞いてみると

16歳年下の台湾人の女性だそうで

両親に紹介するために

今回の帰国に連れてきたのだそうです

ちなみに

彼の最初の結婚相手も台湾の人で

2人目は日本人

最初の奥さんとの間に娘さんが2人いて

上の子は25歳ですから

「もう子供作るなよ。子供と孫が同級生じゃ笑えないからな」と私が言えば

「早く子供作らないと孫より子供の方が年下になっちゃうよね」と言うので

「いい加減にしろsign03」と私が言うと

「冗談、冗談、もうこれから子育てしていくのは無理だから作りませんからご心配なく」と笑う彼

まぁ、元気というか馬鹿というか

人間性とは変われないものなのかもしれないと思ってしまいます

私が「時間、大丈夫なの?」と聞くと

時計を見て「まずい、行かなきゃ」とのことで

喫茶店を出ようとすると

「忘れてた。お土産」と袋を渡され

毎回、飛行機で余計な荷物を持ってくるのは大変だろうから

お土産はいいよというのに

今回もまたお土産を持ってきてくれた彼

「しばらく会えないけど元気でね。また帰国する時に連絡入れるよ」と笑顔で言い

新宿駅の人ごみの中に消えていきました

ちなみに

今回のお土産は

「雪山餅」というお菓子が2種類

Img_3422

台湾のお菓子は

甘すぎるものが多いのですが

わざわざ持ってきてくれたお土産ですから

まぁ、ありがたくいただきたいと思いますcoldsweats01

| | コメント (2)

2010/04/20

初ヒットが出ました

今月から再開された朝野球ですが

1試合をしたあとは

雨で2試合が中止となり

今朝は久しぶりの試合となりました

先日の試合では3打数ノーヒットでしたが

今日はやっとレフト線へヒットbaseballを打つことが出来

試合も7対2で勝つことが出来ました

カー助はずっとウォーキングを続けているのですが

やはり、歩くと走るは違って

野球をして走ることにより

ウォーキングでは使わない筋肉を使いますので

体のためにはいいのかと思います

もちろん、ウォーキングは続けるつもりでいますので

両方をやっていれば

53歳の肉体美が出来る?coldsweats01

心配なのは

せっかく朝野球の調子が出てきたところなのに

今週の金曜日は雨の予報じゃんdown

と思って日程表を見たら

今週の金曜日は審判の日でしたから

どちらにしても試合をすることはなかったのです

午前5時起きにも体が慣れてきましたし

来週も頑張りたいと思うのですが

ゴールデンウィークは試合がありませんので

また感覚が鈍りそうな気もしないでもないよね~

| | コメント (2)

2010/04/19

巾着田は菜の花が満開

秋になると曼珠沙華(彼岸花)で有名な巾着田ですが

今は菜の花が満開です

Img_3391

Img_3394

写真の奥の土手の上の桜は

すでに散りかけて葉桜になってしまい

先週末あたりは

たぶん大混雑していたのでしょうが

桜ほど人気のない菜の花ですので

満開ではありましたが混んではいなかった巾着田

この名前の由来は

高麗川が巾着の形のように蛇行して流れているからで

Img_3400

Img_3404

元々は自然の地形を利用して稲作が行われていたのでしょうが

今では秋の曼珠沙華、コスモス

春の桜や菜の花と目を楽しませてくれる場所となっていますし

川原では大勢の人がバーベキューをしたり

手軽に遊べる場となっています

近くには高麗神社もあり

昔、高句麗からの渡来人が住んでいたところのようです

ちなみに

韓流ブームでこちらを訪れる女性の方が増えているのだとか

ブームとは意外なところへの波及するものなのですね~

来年は

渋滞を覚悟で桜が満開の時にでも行ってみようかと思っていますが

この近辺は

曼珠沙華の季節には

平日でもラジオの渋滞情報が

「巾着田を先頭に・・・」と繰り返し流されているところですから

曼珠沙華や桜が満開の時に

行くには時間的余裕と覚悟が必要かもねcoldsweats01

| | コメント (4)

2010/04/16

国民に人気があるの?

昨夜、テレビでニュースを見ていると

自民党の後藤田議員が

舛添元厚労大臣は狼中年だというような発言をしており

思わず鼻で笑ってしまいました

確かに舛添議員はそんな感じもしますが

そもそも国会議員自体がみんな狼中年であり狼老人なんじゃないですかね

特に自民党はそういう人の集まりじゃないのかと思うのですよね

後藤田議員には

舛添議員のことはそう見えても

自分や他の自民党議員のことは見えないのでしょうかね?

まぁ、仮に彼がまともに周りが見えていたら

「出て行け」と言わずに

自らが出て行っているのでないかと思うので

自分たちも狼議員だとは思っていないのでしょうね

自民党を離党して

新党(?)なんてのを作って

「たちあがれ日本」なんて他人事のように言っている老人クラブもありますが

この人たちも

倒したのが自分たちだということが理解出来ていないのでしょうね

そういえば

舛添議員や東国原知事は「国民に人気がある」とテレビなどで言っていますが

誰に人気があるの?と思ってしまいますし

本当に国民に人気があるのでしょうかね

舛添議員は厚労大臣時代

消えた年金問題を何も解決できませんでしたし

この話、マスコミは取り上げもしなくなってしまいましたが

本当にそんな報道でいいのか?と思いますよね

東国原知事も

宮崎県の財政を立て直してもいませんし

県政に関係のないことをしゃべりまくっているだけで

観光大使的なことはしていても本当にやるべき知事としての仕事をしているとは思えません

県政に関係のないことなどを批判して

矛先を違う方向に向け

自らの無能ぶりを隠すやり方は

お隣の北の国のやり方とかわらないとも思えます

その議員やその知事の評価は

その立場の仕事をいかに充分やっているかであって

それ以外のことで人気が出ているとしたら

国民が馬鹿だという証拠にしかならないと思うのですよね

国民に人気があると言っているテレビ局は

自分たちが「使いやすい人」だからでしょうかね

現職の知事を

県政以外のことのコメンテーター等に使うことを

テレビ局はするべきではないと思います

テレビが作った人気者が選挙で当選するような国では

狼議員ばかりになるのは当然なのかもしれませんね

| | コメント (0)

2010/04/15

フレッツからイー・アクセスへ

カー助は@niftyをプロバイダーとして使っていて

フレッツのADSLで接続していたのですが

ニフティから

「イー・アクセスに乗り換えるとプロバイダー料金とADSLの料金の合計が月々安くなり、1ヵ月間無料キャンペーンをやっています」との営業電話があり

毎月払うものですから

1ヵ月の差額は微々たるものでも

積み重なると大きいと思いADSLをイー・アクセスに換えることにしました

今回の乗り換えにあたり

工事はNTT内だけとのことで

全て電話で済み

イー・アクセスより開通予定日の連絡がメールとハガキで来て

その日にフレッツの撤去

といってもNTTの中だけの撤去ですが

を電話でお願いし

イー・アクセスからは新しいモデムが

ニフティからは接続のためのCDなどが送られてきたのですが

我が家はカー助と息子の2台のパソコンを接続していて

今までのフレッツのモデムは

2台のパソコンを接続出来るようになっていたのですが

送られてきた新しいモデムには

パソコンと接続できる部分が1つしかありません

ハブを買って2台のパソコンが接続出来るようにしないとダメ?

とも思いましたが

フレッツの時に使っていたモデムはレンタルではなく買い取りでしたので

同じADSLで回線事業者が違ったからと

モデムが使えないはずもないだろうと思い

今のままのモデムで使えるかどうか確認してから

ダメだったらハブを買うことにしようと思い

開通予定日に仕事を終えて帰宅後

モデムの交換も何もせずに今まで通りLANケーブルをノートパソコンに接続して

パソコンを立ち上げ

niftyに接続をクリックしてみると

ちゃんと使えました

まぁ、何とも楽でよかったのですが

新たに送られてきたモデム他一式は

使われることなくしまわれることとなったわけで

少しもったいない気もしますが

息子いわく「今のモデムが壊れたら使えばいいんじゃないの」とのこと

そんなわけで

送られてきたモデムはスペアーとなる運命となりましたが

もし、それを使う時は

ハブを買って2台のパソコンが接続出来るようにしなければならないわけですから

古いモデムにはしばらく頑張ってもらわないとですかねcoldsweats01

それと

その場で支払いをしないプロバイダー料金や

ADSLなどの接続料金

携帯電話などの利用料などは

つい「節約」から除外されがちですが

時々見直すことも必要なのかな?とも思いましたね

『節約は美徳』は

戦時中の物の不足していた時代の言葉と聞きますが

いつの世にも大事なことなのかもしれませんよね

| | コメント (0)

2010/04/14

また1つ年をとりました

今日が誕生日のカー助は

また1つ年をとって53歳になったわけですが

やはり喜ぶべきなのでしょうかね

時の流れは誰にも平等ですから

1年経てば1つ年をとるのは当然なのですが

50歳も過ぎれば

年をとることに「もういいよ」と思うのも正直なところですよねcoldsweats01

まだ、めでたい長寿というほどでもありませんし

年をとることに

喜ぶべきか悲しむべきか中途半端な年齢でもあるような気がしたりもしています

まぁ、幸いというか

子育ても無事に終わっていますし

借金もありませんので

若干の老後の心配がないわけでもないのですが

それなりに自分のしたいことをしながら生きていられるだけ幸せな方なのかとも思っています

浴をかいたらキリがありませんし

「元気が何よりsign03」と前向きに生きていくのがカー助らしくていいのかと思ったりもしていますし

1年後も同じようなことがここに書けたら幸せなことだろうと考えてむかえた誕生日です

少なくとも

今まで生きてきた人生より

これから生きるだろう人生の方が間違いなく短いわけですし

やりたいことが出来

動き回れるうちにしたいことはしておかなければとも思ったりすること自体が

少々老いてきた証拠でしょうねsweat02



ちなみに

今日4月14日は「タイタニック号の日」でもあるそうです

人生の終わり方って選べないわけで

ちょっとだけ運命とか考えちゃいますね

| | コメント (4)

2010/04/13

鯉のぼりの里まつり

昨日書いた「いちごの里」を後にし

館林市へ

目的は、5000匹の鯉のぼりが泳いでいるという

鯉のぼりの里まつりを見に行くためです

こちらは市の観光協会の催しのようで

無料の臨時駐車場も用意されていて

鶴生田川の両岸を結んで張られたロープに鯉のぼりが泳いでいますし

両岸には丁度満開を迎えた桜も咲いていて綺麗です

Img_3359

Img_3368

この日は、風も無く穏やかな日でしたから

泳いでいるというよりは

垂れ下がっているという感じでしたがねcoldsweats01

桜の下を歩けるように遊歩道も整備されていて

Img_3362

手の届くところに満開の桜があり

お花見も楽しめて一石二鳥ですかね

出店もあり

そちらの前は子供と女性で混雑していました

両者には「花より団子」ということですかねcoldsweats01

まぁ、おかげで人出が多かったわりに

のんびり空いている桜の下を歩けたのはラッキーだとも思いますが・・・

やはり、和を目で楽しんだ後は

食事も「和」ということで

蕎麦を食べました

Img_3371

摩り下ろしたわさびがなんともいい味です

天付の海老が好きじゃないカー助は

「野菜の天ぷらに替えてもらえませんか?」と聞いてみると

「はい、出来ますよ」と快く言っていただき

Img_3372

おいしくいただきました

やはり、四季を目で楽しみ

食欲も満たされるのっていいですよねhappy01

さらに、帰ろうと太田市内を走っていると

「芝桜まつり」の立て看板が目にとまり

行ってみることに

Img_3373

芝桜は、まだ満開にはなっていないようでしたが

今年は桜が咲いてから

寒い日も多く

桜の花もちがよく

両方の花を一辺に見ることができる年でもあるようです

Img_3375

ちなみに

こちらも市の公園で

入場料は無しで

駐車料金だけですみます

春になり色々な花も咲き出しましたので

これからは活動的になれる季節でもあり

時にオープンドライブで出かけたいものですhappy01

| | コメント (2)

2010/04/12

いちごの里

何度かいちご狩りには行ったことがありますが

1度はいちごの生産量日本一の栃木県へも行ってみたいと

ネットで調べ

小山市にある「いちごの里」へ行ってみることに

土日は要予約とのことでしたので

午前中の予約を入れておき

高速を利用せず

一般道を2時間弱のドライブで

午前10時前に到着sign01

カー助らしいといえばそれまでなのですが

良くしらべないで行ったのですが

こちらはかなり大きな規模で

Img_3355

駐車場には観光バスが何台もとまっていて

予約者受付には人が並んでいました

その列に並び、受付を済ませて10分ほど待っていると

受付時に貰ったナンバーカードの番号を呼ばれ集合し

簡単な説明を聞いて

4、50人のグループでハウスへ移動です

たまたまなのか

日ごろの行いが悪いせいか

一番遠~いハウスでのいちご狩りとなりましたcoldsweats01

Img_3350

いちご狩りは30分食べ放題で1000円

まぁ、大人のカー助は

決して元を取ろうなんて考えはしませんが

それでも、大きくて赤いものを探して

次々に食べますよね~happy01

Img_3351

しかし

この日は暖かい日でしたので

15分もハウスの中にいると汗ばんできますsweat01

結局、20分ほどでハウスの外へ出てしまい

お土産を売っているところへ戻ってきて

Img_3354

お土産を買い

駐車場へ行くと

大きな駐車場は満車状態です

いちご狩りは安近短の手軽なレジャーなのですかね

そういえば

お土産売り場のいちごを使ったケーキコーナーは

女性の長蛇の列が出来ていましたし

いちごは女性に人気の果物の1つということでしょうかね

| | コメント (4)

2010/04/09

やっぱり練習しなければダメですよね・・・

今週の火曜日から再開された朝野球ですが

火曜日は審判でしたので

試合をするのは今朝からということで

いつもより少し早く午前5時に起きて

早めにグラウンドへ行き

怪我をしないように準備体操を入念にし

キャッチボールをしました

半年ぶりの割には

意外とボールは投げられ一安心という感じでしたが

バッティングは

三振、サードゴロ、サードゴロと散々な内容で

自分でも「打てる気がしない」と思うほど

やっぱり昨日、バッティングセンターへ行っておけば良かったsign03

と思っても後の祭りで

後悔先に立たずですねdown

試合はというと

5-6でサヨナラ負け

まぁ、これからプロの選手になるわけでもなく

勝ち負けよりも楽しく出来ることが一番なのですが

それにはやはり

気持ちいいプレーが出来ないとダメですから

次回の火曜日までにバッティングセンターへ行って練習しておこうと思っている次第ですが

天気予報によると

月曜、火曜と雨だとか

グラウンド状態が悪いと中止になってしまいますが

バッティング練習だけはしておかないとねbaseball

| | コメント (0)

2010/04/08

先がわからないのが人生ですかね

巨人の木村拓也コーチが

試合前の練習中にくも膜下出血で倒れられ

昨日、亡くなられたそうです

37歳ですから

まだまだ若いですよね

13年前、カー助の妻も

36歳の時に

テニスをしていて脳幹部梗塞で倒れ

1週間後、帰らぬ人となってしまいました

人の寿命とはわからないものですし

何歳まで生きたからもういいという年齢もないでしょうし

いくつになっても

多いか少ないかは人それぞれでしょうが

やり残したてしまったこともあるのではないでしょうか

特に30代で亡くなる場合

まだ子育て最中の人も多く

未練というか

死ぬに死ねない思いではないでしょうかね

もちろん、残された方も大変ではありますが

故人は決して望んで亡くなっていったわけでもありませんから

故人の分まで頑張って生きることこそ本当の意味での供養かと私は思っています

我が家の場合

亡き妻が残していった娘も息子もなんとか成人し

その娘が子供を生み

孫というかたちで『命』というか『生』は引き継がれていまし

それこそが亡き妻が生きた証なのかとも思ったりしています



木村拓也コーチの冥福をお祈りするとともに

残された家族の皆様には元気に生きて欲しいと願うばかりです

| | コメント (2)

2010/04/07

チビには聞こえる?

昨日もカー助が仕事に出かけようとしているところへ

チビたちがやって来ましたので

少し相手をして

「じゃあ、じいちゃん行って来ます」とチビに言えば

「いってらっしゃい」と返してくれるまでに成長してきました

小さな布団に寝かされて

こっちを見ているチビ2にも

「行って来ます」と一応声をかけますが

こちらは、まだ生後7が月で

まだまだ時々「あ~」とか「う~」とかしか発することが出来ませんので

当然、返事は返ってくるわけもないのですが

それを見て

ばあさんが「まだ『いってらっしゃい』は言えないよね~」と言うのですが

それを聞いていたチビが

「小さな声で言ったよ」と言います

同じようにチビ2に話しかけたりして

「返事がないね~」みたいなことを言うと

時々チビが

「今、小さな声で答えたよ」というようなことを言うのですよね

もちろん

チビ2がしゃべれないのはわかっているのですが

チビにはチビ2の言葉じゃないなにかが聞こえるのでしょうかね

大人になると現実のものしか見えなくなったり

心の声が聞こえなくなったりしてしまうのに

まだ、純粋なチビにはそんな声が聞こえるのでしょうかね?

それとも

単にチビはチビ2が言いたいだろうことを代弁しているだけなのでしょうか

そして今朝も

珍しくチビたちお騒がせご一行が2日連続でやって来て

チビに「行って来ま~す」と声をかけると

今朝は「バイバイ」と手を振って

チビ2にも「行って来ます」と声をかかると

またまたチビが「小さな声で『バイバイ』って言ったよ」と教えてくれました

| | コメント (4)

2010/04/06

朝はまだまだ寒いです

冬季で中断していた朝野球が

今朝から再開されました

朝野球は5チームで

A面、B面の2つのグラウンドで

秋までリーグ戦をやり

試合のない残る1チームが交代で審判をつとめます

今年は我がチームが幹事チームということで

今朝は審判からのスタートとなりました

いつもは5時40分ごろに集合して

柔軟体操やキャッチボールをして試合となるのですが

開会式のある今朝は

幹事チームとして準備をしなければならず

5時15分集合でしたので

4時45分に目覚ましをセットし

昨夜、寝たと思ったら目覚ましが鳴った感じで起きcoldsweats01

まだ真っ暗で少し霧が出ている中、グラウンドへ行き

ライン引きをしたり

開会式用のテーブルを出したりと動いているうちは良かったのですが

いざ試合が始まると

審判は手持ち無沙汰で

寒むさに耐えるのが役目?という感じになり

そうなると

試合をしている人たちは一生懸命ですが

第三者の寒さに震える審判は

「早く終わらないかな~」と心の中で願うばかりsweat01

一生懸命やっている選手には申し訳ないですが

主審のきわどいコースの「ボール」の判定には

「少し甘くして早く終わりにしてくれよ」と泣きが入りますよね

試合が終わり

帰るために車に乗り込んでエアコンをいれて

「あぁ、生き返ったsign03」と思った次第です

金曜日から試合がありますので

その前にバッティングセンターに行かなければと思っているカー助ですbaseball

| | コメント (0)

2010/04/05

4回目の車検

カー助とMR-Sは4月生まれですので

土曜日に

今年で丸9年になるMR-Sの車検を受けてきました

走行距離は11万7千キロを越え

それでも元気に走ってくれているMR-S

まぁ、日本の車は良く出来ていますから

20万キロぐらいは問題なく走れるのかとも思いますが

今年は電気自動車元年とかいわれていて

何年かしたらか

十数年したらかかはわかりませんが

街中電気自動車になったらガソリンスタンドがなくなっていたりして

ガソリンが手に入りづらくなってMR-Sを手放さなければならない時代が来たりしてねcoldsweats01

4回目の車検でしたが

スパークプラグの交換と

有効期限が切れそうな発炎筒を交換しただけで済みましたので

10万円弱の出費で済んで良かった~happy01

そういえば

発炎筒って

幸いなことに運転免許証を取ってから

1度も使ったことがないものの1つですね

まぁ、いざという時のものですから

使わずに済めばそれに越したことはないのですが・・・

使わなくなったといえば

スペアータイヤも使わなくなりましたよね

昔に比べ

道路事情が良くなったためか

パンクってしなくなりましたからね~

世の中には1度も使われることなく廃棄されるスペアータイヤも多くなっているのではないでしょうか

まぁ、万が一の時のためのものは

使わずに済めばそれに越したことはないのでしょうが

何となくもったいないというか

エコの時代に反しているような感じがしないでもないですが・・・

オイルとオイルエレメントも交換してもらいましたので

しばらくは元気に走ってもらいたいと思っているMR-Sで

乗り手のカー助の方が先にガタがこないようにしないといけませんよね

機械物は大事にし

部品交換してやれば

それなりに寿命は延びますが

生身の人間はそう簡単に部品交換できませんからねcoldsweats01

| | コメント (2)

2010/04/02

腰が痛い~

4月にも入り

徐々に春らしくなりつつあり

昨日は少し暖かかったこともあり

今年初めての洗車とワックス掛けをしてしまいました

始めると中途半端が嫌なカー助

綺麗に隅々まで手洗いし

車内も掃除機をかけ

ワックスを掛けているいると

ちょうどG君の鬼嫁がやって来て

「わ~、ピカピカですね」と言ってくれました

綺麗にしたら11万7千キロも走っている車には見えないのですよね~

やはり、MR-Sのワックス掛けのネックは

車高が低いことですかね

下の方はかなり屈んでの作業になりますので

長時間やれば

当然、腰に負担がかかりますから

今日は少々腰が痛いですweep

出来るものならジャッキアップしてやりたいものだsign03

と毎回思うのですが

それもまた大変ですからね~

そして今日は

天気予報どおりの風と雨です

まぁ、しっかりとワックス掛けしておけば

軽く洗い流すだけで綺麗になるからと

雨の前の昨日ワックス掛けをしたのですから

これもまた想定内ということで

気分良くオープンドライブ出来る日も近いのかと思っていますhappy01

| | コメント (0)

2010/04/01

色々と変わるらしいですが・・・

今日、4月1日は

新年度の始まりであり

色々な法律や制度も変わるとか

その1つに神奈川県の受動喫煙防止条例もあります

カー助は喫煙者ですが

特に受動喫煙防止条例にも分煙にも反対するつもりもありませんし

禁煙の場所が増えることもいたしかたないのかなと思っています

ただ

この条例

元々、受動喫煙を防止するためのものとの話ですので

このような条例を作られた方々はたばこを吸わず

きっと現実が見えてないのでは?と思うことを

喫煙者側からでないと知らないのかな?と思うことがあるので

ちょっと書いてみたいと思います

それは

公共の場所やレストラン等を分煙しただけでは

受動喫煙を防げないのではないか?ということです

なぜなら

現実にレストラン等の喫煙席に座ってみるとわかるのですが

まわりには幼児を連れた若いお母さんが

たばこを吸いながら長時間いる姿をよく目にするのですよね

時には

他人であるカー助が

たばこを吸うのをためらいたくなるほど

まわりに子供がたくさん居たりする場合もあります

また、この時期など

学校が休みの時は

子供連れで喫煙席に座り

たばこを吸っている親を見かけるのは当たり前の光景でもあります

もし、本当に受動喫煙を防ぎたい、無くしたいのなら

未成年者を喫煙席に入れないとか

未成年者を連れた人も喫煙席へ入れないようにしなければ意味がないのではと思うのですよね

まぁ、政治家や知事やお役人の考えることですから

通り一遍で現実離れしていたり

本当の意味で物事を考えていないのでしょうから仕方がないのかもしれませんが

仮に私が上に書いたようにしたとしても

自宅で幼児や未成年者の隣でたばこを吸っている親をなくすことは

現実には困難かとも思います

今回の神奈川県の受動喫煙防止条例は

成長期の子供たちを守るためではなく

選挙権を持ったたばこ嫌いな大人のための法律だというなら

それなりに理解も出来るのですがね

まぁ、こう書けば

たばこを吸わない方は

「だから、たばこなど販売禁止にしてしまえばいい」と言われるかもしれませんね

日本人のマナーやルールを守るという意識は地に落ちているのが現状なのでしょう

それを取り上げて

全てを禁止していたら

この国は暮らしづらい国になるのでしょうね

そもそもマナーやルールは誰が教えるべきことなのでしょうかね

そして

それらを守れない人が増えたらちょっと的外れな法律で規制する

それで本当に世の中が良くなり

暮らしやすくなるのでしょうか?

| | コメント (2)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »