« 花明かり | トップページ | 印象の強さが呼び名に »

2010/06/01

誰も基地問題を真剣に考えていない

先週まで毎日のようにニュースのトップは

普天間基地の移転問題でしたが

社民党の福島党首が

辺野古への移転に反対して

大臣を罷免されると

いつの間にかニュースは

社民党の連立離脱問題へと内容を変えてしまいました

連日、沖縄県民の負担軽減や

訓練の一部を移されることに反対する徳之島の住民の声を伝えていたマスコミも

そのことを伝えることをやめてしまいました

社民党が連立を離脱しようと

基地問題が解決したわけではないのにです

社民党もマスコミも

基地問題を真剣に考えてはいないとしか思えませんね

米軍基地の沖縄の負担が

長年にわたり大きいことは充分理解できます

ただし、社民党やマスコミのように

ただ『反対』しているだけでは問題の解決にはならないと思うのですよね

まぁ、社民党の体質は

「無責任に反対するだけ」的なところがありますので

今回の件もまた同じか?と思ってしまいます

もし、社民党が本当に沖縄県民の負担軽減を真剣に考えていたのなら

連立を組んだ当初からこの問題を考え

移転先を真剣に探しても良かったのではないかと思いますし

福島党首は「沖縄基地問題担当大臣にしてください」と入閣の際に申し出れば良かったと思うのですよね

それもせず

選挙前に連立を離脱したことは

選挙目当てに逃げただけじゃないでしょうかね

もちろん

鳩山総理を擁護するつもりなど微塵もありませんし

元々、この基地問題

特に移転となると

「どこへ」という難しい問題が出てきますので

民主党の安易なマニフェストや

鳩山総理の甘い認識には呆れますが

現実問題として

ではどうしたらいいか?ということになると

簡単に答えの出しづらい問題なのかと思います

反対するだけなら誰にでもできますよね

国民の大多数が納得できる解決策を出す

あるいは

そういう解決策に導ける道筋をつけることこそ本来の国会議員の

政権与党の仕事なのではないかと思いますし

野党である自民党も

長年、沖縄に負担を押し付けてきたのですから

与野党ともに解決策を持てないということが現実なのでしょうかね

それと

福島党首の「言葉を大事にする」という発言には呆れるしかありません

連立離脱で

社民党が主張してきた「沖縄県民の負担軽減」ができたわけではありませんから

むしろ、大事にしたかったのは

次期参議院選での社民党のわずかな議席を守ることなのではないかと思ってしまいます

本当に沖縄県民の負担軽減を考えるなら

言葉よりも大事にするべきものがあるはずですし

泥をかぶってでもやりぬく覚悟はないのでしょうかね

マスコミも安易に論点をそらすことなく

未解決の沖縄県民の負担軽減をどうしていけばいいのか?を問うような報道をすべきではないかと思います

民主党も自民党も

新党までもが元スポーツ選手やタレントなど有名人を

今回も参議院選に立候補させるとか

そんな政党もどうかと思いますが

それは

今まで、同様の候補者擁立で集票が出来たからですよね

要するに

有権者がお馬鹿だから

お馬鹿な候補者が相変わらず出てくるのですよね

タレント候補をみんな落選させ

金権政治家や

私利私欲のために議員をやっているような人を

次々落選させる有権者にならなければ

本当の意味で国民のためを考えての政治が行われることはないのかと思います

まぁ、そう考えると

残念ですが

当~分、日本人はそんな有権者にはなれそうもありませんから

基地問題等難問は解決されないということなのでしょうかね

|

« 花明かり | トップページ | 印象の強さが呼び名に »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

仰るとおりだと思います。
福島党首が罷免された途端何だか可笑しくなりました。
辺野古や徳之島に土地を沢山買っている国会議員が多いとか…
日本のお国や日本人はいったいどうなっていくんでしょうcrying
カー助さん立候補しなさいよ!

投稿: とんちゃん | 2010/06/01 12:45

とんちゃん

コメントありがとうございます
アハハ、立候補ですか?coldsweats01
カー助はプロレスラーでも元オリンピック選手でもありませんから票が集まりませんからね~
まぁ、万に一つ間違って当選してしまったら
女性問題でマスコミに突っ込まれるのがオチでしょうからやめときますsweat01
今、議員になれる、なろうとしている人は
国民を騙してでも自分の利益を考えられるか
相当のトンチンカンじゃなきゃ無理かもしれませんしねsad

投稿: カー助 | 2010/06/01 14:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花明かり | トップページ | 印象の強さが呼び名に »