« 安全というイメージ | トップページ | 子供だましの日割り議論 »

2010/07/28

安全意識の話をもう1つ

昨日はうなぎの安全イメージについて書きましたが

今日は

スイスの氷河特急事故について

報道を見ながら思ったことを書いてみたいと思います

事故は

世界一遅い特急といわれる列車で起こったとか

そして

事故原因も解明されないうちに運行は再開され

多くの日本人旅行客が

また乗っている様子が報道され

インタビューまで流されていましたが

「安全だから運行再開されたのだと思う」という乗客の話など・・・

まぁ、お気楽というか

事故は他人事なのでしょうね

今回の事故

何らかの原因での脱線なのでしょうが

問題は

世界一遅い速度で

ほぼ直線状態のところで転覆してしまったから

死者、重傷者が出たのではないでしょうかね

単なる脱線ですんでいたら

怪我人が出たとしても軽度ですんだと思われますよね

日本でも

踏み切りに侵入していた車に列車が衝突し

脱線する事故等は時々ありますが

転覆までいたる事故はそう多くはないと思うのですよね

もちろん

脱線事故自体起きない方がいいのですが

もし、脱線しても

転覆さえしなければ大惨事はまぬがれられる可能性が高いと思います

今回の事故も

なぜ脱線したかの原因究明も大事だと思いますが

なぜそれほど速度が出ていない

急カーブでもないのに転覆までしたのか?の方が問題であり

そう考えると

車両自体に問題がある可能性も多いに高いと思うのですよね

少なくとも

そう考えて

私なら自己判断でこの列車には乗らないですし

『安全』は全て人まかせではなく

自己判断も重要だと思うのですよね

それと

話は少しそれますが

今回の件で

日本人の高齢者がけっこう外国旅行しているのだなぁ~とも思いましたね

中国人の富裕層が日本に大勢来ているというニュースはよく流れていますが

日本人が海外へ行っているニュースは

大型連休の成田空港や関西国際空港での

出国ラッシュや帰国ラッシュだけですからね

1人暮らしの高齢者が

屋内で熱中症で亡くなる一方で

スイス(スイスばかりでなくいろいろな国)を優雅に旅している人もいる国なのですね

|

« 安全というイメージ | トップページ | 子供だましの日割り議論 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
私のブログにコメントくださるtomokoさんが、事故の前日、スイスから帰国されていました。
ご夫婦、ご兄弟でスイス旅行を楽しまれた様子がきちんと整理されて紹介されています。

事故原因がはっきりしないのに、運転再開のニュースには驚きましたが、外国へ行くということはこのような事故に出会う可能性もあると言う事ですよね!

定年まで一生懸命に働いて、親も送り、子供も独立して・・・さあ 残りの人生楽しもう!!
結構なことだと思います。
運転再開の氷河特急に乗った人たちも、「事故にあっても仕方がない!」との覚悟で乗られたのでしょうから・・・
日本は豊かになって、海外旅行も危険な所が人気があるようです。
tomokoさんのブログへは山の事故で亡くなった方達のお墓がずら~っと並んでいる様子も紹介されていました。
埼玉の防災ヘリの事故でも複雑な思いがしましたが・・・
自己責任とか自己判断とかも、しっかりと考えたいニュースでした。

投稿: とんちゃん | 2010/07/28 13:18

とんちゃん

コメントありがとうございます
身近にもスイスに旅行に行かれた方がいらっしゃるのですね

海外へ行けば
安全の考え方や治安の状況も違って当然ですが
そのことをどれだけの人が理解しているかは疑問ですし
「まぁ、なんとかなるよ」って人もかなりいるのではないでしょうかね
遺族の会見など見ていると
覚悟ができていて行った感じには思えませんが・・・

埼玉の防災ヘリの事故などもそうですが
山などでの高齢者の事故が増えていますよね
気持ちだけ若いつもりでも
体力は確実に落ちていることを自らが気づくべきだとも思いますし
遭難等をすれば
多くの人に迷惑をかけることになるということも考えるべきだと思うのですが・・・
楽しさと危険性の両方を考えられて大人じゃないかと思いますね

投稿: カー助 | 2010/07/28 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安全というイメージ | トップページ | 子供だましの日割り議論 »