« 爽やかドライブ | トップページ | ギラギラ »

2010/09/28

腰抜けは政府だけじゃない?

尖閣諸島沖で

中国の漁船と海上保安庁の船が衝突した事件

マスコミも野党も

政府の弱腰ばかりを指摘していますが

問題を起こし、強硬姿勢をとっている中国側を非難することはあまりしないのですね

確かに政府の対応はおそまつですが

外交問題は内輪もめしているだけでは解決できないと思うのですよね

一党独裁国家お得意の

マスメディアを使って国民を煽り

強硬姿勢をとるあたりは

北朝鮮とそっくりですよね

まぁ、今回の日中のやりとりは

北朝鮮には多いに参考になったことでしょう

「脅しが効く」と感じたでしょうから

唯一のカードの核とミサイルは絶対放棄できないことを学んだのではないでしょうかね

今回も「話し合いを通じて」な~んて言っている人もいるようですが

話し合いとは

両者に話し合う意志がなければ成り立ちませんし

どちらか、あるいは双方に

話し合うことから得るものがなければ話し合おうとも思わないのではないでしょうか?

今回の場合で言えば

中国は話し合って得るものはないでしょうし

仮に

中国漁船の船長が

長期拘束されようが

日本の法律で罰せられようが

要人でもなくただの一市民ですから

痛くも痒くもないですよね

むしろ

そのことを利用することの方に多大なメリットが生まれることは明らかかと思います

例えがいいかどうかわかりませんが

いじめられっ子が

乱暴者に因縁をつけられてからまれたようなもので

いじめられている方が「話し合おう」と言って

乱暴者のいじめっ子が話し合いますかね?

曖昧と先送りが大好きな歴代の政府が

竹島も尖閣諸島も

「日本の領土だ」と主張するだけで

何にもしてこなかったことのツケが出てきた話ですよね

国際司法裁判所ではっきり決着をつけておくとかすべきじゃなかったかと思いますね

政府も政府なら

野党も相手国に堂々とものが言えないのは

私利私欲をむさぼるために議員になっている人が多いからでしょうかね

まぁ、世間知らずの2世議員のお坊ちゃまには無理かもしれませんし

こんな人たちが政治をやっていたのでは

残念ですが

北方領土も返還されることはないでしょうし

北朝鮮に拉致された人たちが帰ってくることもないのかもしれませんね

|

« 爽やかドライブ | トップページ | ギラギラ »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

shockも~ぉ おっしゃるとおりです!
学習効果がないと言うか、韓国に理解を求めるなんて・・・
最近の総理周辺には、戦後処理にGHQと渡り合った白洲次郎のような参謀はいないんですかね!
内輪もめばかりで、外へ向かって堂々と主張してもらいたいですがsweat01
後で、もごもごと言い訳ばかり聞かされる国民も落ち込みますよ!
でも中国漁船衝突の最終決着をはかった那覇地検もどうなっているのでしょう・・・
これも、ロッキード事件やリクルート事件で名をはせた「特捜の鬼」「捜査の神様」と言われた
吉永検事総長(岡山市出身)のような人いないのかな~sweat02

投稿: とんちゃん | 2010/09/28 15:39

とんちゃん

コメントありがとうございます
いないでしょうね~
世界第2位の経済大国だったところから
美味しい私利私欲を得ることばかり考えていた政治家と
そんな親を見て継いだ政治家ばかりでしょうからね
もっとも、そんな政治家2世、3世を「地盤」とか言って後押しする馬鹿な有権者がいることも問題でしょうが・・・
イギリスでは党首が40代になってきましたが
総理大臣を退いてもまだ居座っている政治家が大勢いるのは
きっと美味しい何かがあるのではないか?と思ってしまいますね
「後進を育て後進に道を譲る」が出来ないことが私利私欲のかたまりの証拠かと思いますね

マスコミを中心に
検察に神様、正義を望むことが多いようですが
所詮ただの公務員でしかないのでは?と思いますよ

投稿: カー助 | 2010/09/28 16:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 爽やかドライブ | トップページ | ギラギラ »