« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/30

カレンダー

今日で11月も終りで

カレンダーも残り1枚となりました

昨日は

同級生のO君が

お客さんに配っているカレンダーを

事務所用と自宅用にと2つ持ってきてくれました

「お客でもないのに申し訳ないね」とカー助が言えば

「お客さんも大事だけれど、友達も大事だからね」と言い

「まぁ、いつお客さんになってくれるかわからないしね」笑っていました

年を取るほど1年が早く感じますよねsweat01

孫の成長は楽しみですが

自らが老いるのはいいものではありませんが

それも自然の摂理でしょうから仕方のないことですよね

などと嘆いてはみるものの

生きていれば

来年の今頃も同じことを言っていそうな感じがしないでもないですsweat02

まぁ、年寄りは進歩しないということですかね

昔、12月は休みなしで働いていたこともありましたが

今では仕事もそれほど忙しくなく

ある意味、のんびりの年末になりそうです

どちらが幸せなのかはわかりませんが

その時、その時を上手に生きていくしかないのかもしれませんね

| | コメント (0)

2010/11/29

豚肉バイキング

9月に

長野県東御市にある「レストラン オラホ」へ

ランチバイキングに行った話を書きましたが

こちらは月替わりでバイキングメニューがかわるため

11月の豚肉料理バイキングを食べにまた行って来ました

予約制ですので待たされることもなく

店内も

それほど多くないテーブル席の人数だけのお客さんですので

ゆったりという感じで

とても良心的なバイキングのところが気に入っています

まずは少しずつ取って

好みにあうものをまた食べようと思うのですが

料理の種類があるので

とりあえず半分ほどの料理を盛って

Img_4364

デザートも色々とあります

Img_4366

お腹いっぱいになり満足happy01

せっかくドライブがてらに来ましたので

布引観音へも行ってみました

Img_4371

ついでに立ち寄り湯にも寄って

Img_4373

満腹で湯上りは

帰りの運転が眠くなりますね~coldsweats01

| | コメント (2)

2010/11/26

喪中ハガキに思うこと

今年もあと1ヵ月ちょっとになりましたね

そろそろ年賀状の準備もしなければなりませんが

この時期になると送られてくるのが喪中ハガキで

その数が年々増えている感じです

多くは両親のどちらかが亡くなったというものです

親しく付き合っている人なら葬儀に行ったりもしますので

その時点で不幸を知ることとなりますが

もう数年

いや何十年も年賀状のやり取りだけになっている人の場合

喪中ハガキによって不幸を知るかたちになるわけです

年賀状をくれる知り合いの多くは

同年代が多いわけで

カー助も3年前に父親を亡くしていますが

同年代だと親がみな高齢になっていますので

必然的に

ここ数年喪中ハガキが送られてくるのが増えているわけですよね

生まれた以上

いつかは死ぬわけですが

やはり『死』に関することは

ちょっと暗くなりますし

特に子供さんを亡くされたという喪中ハガキには

ちょっと辛いものを感じてしまいます

| | コメント (0)

2010/11/24

当選したのはジッポーでした

少し前に

JTのマイルドセブンキャンペーンに応募しておいたのですが

昨日

「ご当選おめでとうございます」と

スリムジッポーが送られてきました

Img_4363

このキャンペーン

スリムジッポーとスポーツタイプの自転車のどちらかを選んで応募し

抽選で当たるというもので

両方のコースに応募しておいたカー助は

「できれば自転車が当たらないかな~」と思っていたのですが

まぁ、当選者数も自転車の方がはるかに少ないのですから

無理というものですよねcoldsweats01

どちらも当選しないよりは良かったと思うべきですかね

そういえば

久しぶりに新品のジッポーを見たことになるのですが

写真ではわかりづらいかと思いますが

以前には無かったホログラムシールが貼られているということは

偽物との見分けがつくようにということなのですかね

まぁ、何でも偽物、コピー品を作ってしまう国が隣にありますから

色々なものにホログラムシールが貼ってあるのを目にすることが多くなりましたよね

お札にまでホログラム入りの時代ですからね・・・

| | コメント (2)

2010/11/22

セグウェイでナイトツアー

先日

森林公園でセグウェイに乗ってきて楽しかった話を書きましたが

その時

『紅葉(もみじ)見ナイト』の時に

セグウェイのナイトツアーを行う予定だという話を聞いていましたので

森林公園のホームページをマメにチェックしていると

開催予定日と予約が始まりましたので

早速、予約をいれ行って来ました

このナイトツアーは

紅葉見ナイト(11月16日~12月12日)中の

Img_4324

一部の日に実施されていて

1日2回で

1回目は17時30分~18時30分で

2回目は19時00分~20時00分までで

カー助は2回目の方に参加してきました

料金は3000円ですが

リピータは2500円とのことで

カー助は2回目ですのでリピータということで2500円happy01

以前にも

紅葉見ナイトへは行ったことがありましたが

その時よりイルミネーションが増えた感じでしょうかね

Img_4325

参加者6名で乗車練習をし

Img_4335

イルミネーションの中を走ります

Img_4333

こちらでちょっと休憩したあとに

紅葉のライトアップされている中を走りました

Img_4341

Img_4345

再度イルミネーションの中を走ってスタート地点へ

Img_4350

Img_4355

Img_4357

セグウェイで走りながら

片手での撮影ですので

ちょっとボケた感じの写真ですが

雰囲気だけは伝わったでしょうかねcoldsweats01

夜ですので

ちょっと寒かったですが

やはり楽しかったですよ

昼間のセグウェイ体験コースは

季節ごとに公園内の見所も違いますので

コースも変わるそうですから

また行ってみたいと思っているカー助でありますhappy01

| | コメント (0)

2010/11/19

トラブルと不幸は続くもの?

外出先から戻り

パソコンを立ち上げ

メールをチェックしようと思ったら

受信が出来ず

見ると

ルーターのADSLランプが点滅しています

本来、点灯しているべきランプですので

「壊れたのかよ~?」とか思い

NTTに電話を入れ

まずは回線確認をしてもらうと

不安定な状態になっているとか・・・sweat01

結局、翌日の午前中に修理に来てもらうことにし

仕事上でどうしても打ちたいメールがあったので

急いで家へ帰り打ちました

翌日、修理が来るのを待っていると

NTTから電話があり

昨日、原因が電話局内の故障と判明し

そちらの問題ではないようですと・・・

直ぐに電話を入れたのですが

出られなかったので

今、電話をしましたとのことで

早速、試してみると

問題なく使えましたが

最初の電話の時に

電話局内の問題で直ぐに解決してくれれば

前日、急いで自宅に帰らなくてもすんだのに・・・と思ったり

まぁ、修理にお金がかからなくて良かったと思ったりですねcoldsweats01

そして昨日は

インターネットエクスプローラーで

一部のページにアクセスできなくなってしまい

書こうと思ったブログも書けず

今朝、AzbyClubのサポートセンターへ電話をいれ

教えていただきながら問題を解決することができました

まぁ、何というか

ブログもネタがなくサボっている時には問題なくパソコンが使え

いざ書こうと思ったら

トラブルで書けないあたり

いかにカー助の日ごろの行いが悪いか

自ら身にしみる感じですかねdowncoldsweats01

いいことは中々続かないのに

トラブルとか不幸とかだけは続くのが人生でしょうかねsweat02

| | コメント (2)

2010/11/15

七五三

土曜日は

孫のチビの七五三のお祝いをしました

まずは写真撮影で

午前10時にショッピングモール内の写真スタジオに行き

我が家と旦那さんの両親とみんなでも写真を撮るとのこと

10時ちょうどに到着してみると

写真スタジオは大混雑

前の人たちの撮影が遅れていて

待たされる待たされるcoldsweats02

結局、チビの着替えの順番がまわってきたのは11時近く

まずはドレスで

Img_4301

本人だけの撮影です

みんなに可愛い?と聞いて歩くチビ

カー助にも「じいちゃん、可愛い?」と聞いてきましたので

「すっごく可愛いよhappy01」と言うと

大喜びのチビ

大人たちは「3歳じゃ今日の記憶は残っていないかもしれない」と話しながらも

本人が喜んでいること

いつか今日の写真を見て

こういう日があったこと

みんなで祝ってくれたことを想ってくれればいいのだと思います

そして

チビはばあさんが用意した着物に着替えて

みんなでの写真撮影と

両親とチビ2との写真撮影となったのですが

それまでおとなしく遊んでいたチビ2は

ネクタイをしめられ

着替えをさせられることになり大泣きcrying

何度も中断し

幼児用おせんべいを食べさせたりしながら

何とか泣きやませましたが

泣いた後の顔でチビ2は撮影されることとなりましたsweat01

こういうことがありますから

子供の写真撮影は時間通りにはいきませんよね

写真スタジオを出たのは12時半を過ぎていましたので

2時間半もいたことになりますcoldsweats01

その後

神社にお参りし

Img_4310

予約してあったところでみんなでの食事となりました

節目のお祝いが1つずつ元気に迎えられていることは

ありがたいことで

これからも元気に育ってもらいたいと願うじいちゃんでありますhappy01

| | コメント (2)

2010/11/12

おおたイルミネーション2010

群馬県太田市で

イルミネーションが点灯しているとのことで

太田市北部運動公園までドライブに行って来ました

10月より始まっていて

来年の1月10日まで

日没から午後10時まで点灯しているようです

入園料は無料で

駐車料金が500円です

イルミネーションというと冬のイベントという感じですが

この次期だとまだまだ寒くなく見やすいですねhappy01

Img_4262

Img_4263

Img_4265

思った以上に広大な敷地に点灯していて綺麗です

何よりも空いていて

見て歩きやすい?

遠~くからおばさん数人の話し声と

馬鹿笑いがちょっとだけ聞こえてきましたが・・・coldsweats01

Img_4273

Img_4274

イルミネーションで飾られた階段を登ると

上からも見れます

Img_4278

ここは小高い丘の上にありますので

イルミネーションの向うに太田市の夜景も見えます

ところで

「光」でも

花火は主に夏で

イルミネーションは何で冬なんでしょうかね

まぁ、どうでもいい疑問ですが・・・sweat01

どうでもいいといえば

一時、この時期になると

自宅をイルミネーション化している家が随分ありましたが

最近はめっきり減ったような気がしますよね

やはり電気代がかかりすぎるからでしょうかね

テレビが取り上げると

すぐに乗っかってしまう人が多い国民性で

これまたすぐに飽きやすいという国民性でもあるのかな?coldsweats01

| | コメント (4)

2010/11/11

大事なことは責任を取らない?

ニュースは毎日

尖閣諸島沖で起きた

漁船衝突のビデオの問題で大騒ぎですが

そもそもこのビデオ

政府が一部国会議員にのみ公開すると決めるまで

極秘でも何でもなかったわけですよね

単に

海上保安庁が『証拠』として撮影し

持って帰ってきたもので

そのビデオ映像の内容も

元々発表されていた「漁船が体当たりしてきた」というものですし

新たな事実があったわけでもありませんよね

まぁ、それでも

中国政府は

自国のネット上から削除したようですから

中国政府にとっては『まずいもの』だったということで

非公開にしたのは

ビデオを一般公開するよりしない方が

対中的にいいと政府が思ったからでしょう

そう日本政府が決めた時点から

『極秘』になったのでしょうから

海上保安庁の職員が

ネット上に流出させていいわけはありませんよね

ネット上では

「漁船の船長が英雄扱いで、流出させた人が犯罪者はおかしい」というような書き込みもあるようですが

中国漁船の船長が英雄扱いされていたのは

中国での話で

ビデオ映像を流出させた人は日本人で

日本の法律で処罰されることは当然であり

まったく別の次元の話を

同様に考えている人がいることに

ちょっと呆れますね

仮に

今回のような政府の意図に反する流出を

中国で行ったら

犯人には死刑もありうるでしょう

それと

いつものこととはいえ

国会での野党のみなさんの責任追及パフォーマンスにも呆れますね

大臣や長官が職を辞して何が変わるのでしょうか?

日頃

問題を起こした(犯罪まで犯した)議員の身分に関しては

「出処進退は自らが決めること」と

議員職にはしがみつくのに比べ

簡単に「辞めるべきだ」という大臣職はそれほど軽いということでしょうかね?

責任を追及することが悪いとはいいませんが

辞職しただけで責任を取ったことになるというのもどうかと思いますよね

野党に成り下がった自民党議員のみなさんですが

何十年もかけて

無策な政権運営で

800兆円を越える国の借金を作った責任は取らなくてもいいのでしょうか?

こんなビデオ流出の責任なんかどうでもいいですから

国にとって

もっともっと大事なことに責任を持ってもらいたいものですし

マスコミも

国にとって

国民にとって本当に大事なことを大騒ぎして責任追及してもらいたいものです

| | コメント (0)

2010/11/10

もみじまんじゅう

少し前より大型の運転手をしている後輩のG君から

先日、久しぶりに電話があり

「仕事はどうよ?」と聞くと

「相変わらず忙しいです」とのことで

「ストレスが溜まりに溜まっているので、お姉ちゃんのいるお店でカラオケ忘年会でもやりましょう」と言うG君

「ハイ、ハイ、了解しました」と答え

近いうちに飲む約束をしました

そして数日後

彼の奥さんが事務所にやって来て

「うちの人からのお土産です」と

もみじまんじゅうを持ってきてくれました

Img_4219

「広島まで行ってるんだ~?」と聞けば

「週に3回西の方へ行っているようです」とのこと

ということは

同乗させてもらって

次に来る時か

その次に来る時に拾ってもらえば

往復の旅費がかからず西の方へ遊びに行ける?ということですかね

助手席に自分で乗り降りする荷物だと思ってもらえば

それほどの迷惑でもないだろうと勝手なことを思ってしまうカー助でありますcoldsweats01

| | コメント (2)

2010/11/09

宗谷と羊蹄丸

昨日書いた続きで

お台場でキャンピングカーを見たあとに

直ぐ近くにある船の科学館へ行ってみました

Img_4240

館内は

色々な船の模型や

船の歴史などの展示がしてあり

Img_4244

Img_4247

Img_4248

外には

1956年(カー助が生まれる1年前ですから大昔?)に日本で初めて南極観測に向かった「宗谷」が展示してあります

Img_4249

「この船で南極まで?」と思うほど小さな船ですよね

当然、船内も狭く

Img_4251

175cmのカー助は時々頭をぶつけそうになります

この時の「有名な」といえば

Img_4253

タロ、ジロの2匹の犬ですかね

船も装備も今ほど良くなかった時代の南極観測は大変だったろうと

この船を見ると思います

もう1隻係留されているのが

青函連絡船として使われていた「羊蹄丸」

Img_4258

残念ながらこちらは

青函連絡船とはちょっと関係ないような展示用に改造されていて

当時の船室等を見ることができませんweep

どちらも役目を終えてここで余生を過ごしているのですよね

| | コメント (0)

2010/11/08

キャンピングカー

土曜日は

お台場で行われていた「くるま旅パラダイス2010」というイベントで

キャンピングカーを見てきました

最近、高速のパーキングエリアや道の駅で

よく見かけるようになったキャンピングカー

時々テレビでも

中高年で軽自動車のキャンピングカーであちこち出かけているという人が紹介されたりしていますよね

キャンピングカーも色々で

ベンツの高級タイプもあり

Img_4223

大きなものから

Img_4225

内装は我が家より豪華?coldsweats01

Img_4226

Img_4228

Img_4229

トラックタイプのものや

Img_4232

トレーラーもあり

Img_4233

庭に置いてここで生活すると固定資産税がかからない?sweat01

Img_4234

軽自動車をベースにしたものは

やはりカワイイですよね

Img_4236

Img_4237

Img_4239

いつかこんな軽自動車のキャンピングカーでも買って

日本中を旅しちゃおうかな~happy01

| | コメント (4)

2010/11/05

八千穂高原自然園

昨日書いた七色大カエデ見物ドライブの帰りに

上信越道を佐久ICまで戻り

一般道を南下して

八千穂高原自然園へ行ってみました

八千穂高原自然園の手前当たりから

道路は白樺の林の中を

Img_4201

Img_4203

景色も良く、走っている車も少なかったですから

絶好のドライブって感じでしたhappy01

ちなみに

白樺は50万本が群生していて日本一だそうです

Img_4215

八千穂高原自然園内も白樺が多く

白樺の白とカエデの赤がいいです

Img_4204

散策コースの途中には滝も

Img_4207

Img_4208

Img_4212

八千穂高原自然園の近くには

八千穂レイクというところもあり

釣りをしている人もちらほら

Img_4217

早起きして500キロ以上ドライブした何とも長い1日でしたcoldsweats01

| | コメント (0)

2010/11/04

七色大カエデ

随分と涼しくなり

紅葉の季節となりました

ネットで見つけた

長野県池田町の大峰高原にある

七色大カエデを見にドライブに行って来ました

関越道、上信越道、長野道と乗り継いで

麻績(これで「おみ」と読むようです)ICで降りて

狭い山道をくねくねと登っていくと

ポツンと周りに樹木が無く

大きな大きな七色大カエデが

Img_4177

この1本のカエデを見るために

大勢の人が来ていました

Img_4179

一面真っ赤に染まったカエデもいいですが

こんなカエデも風情がある感じですかね

とにかくデカイsign01です

ここまで来て

この大カエデだけでも・・・と思い

近くの鷹狩山の展望台へ行ってみることに

Img_4193

眼下に大町市内が一望でき

その向うの北の山は薄っすらと雪化粧をしていました

Img_4191

Img_4192

冬はそこまで来ているという感じですね

| | コメント (2)

2010/11/02

重さ

昨日、昨年8月に起きた

女性2人を殺害した裁判の一審判決がありました

この裁判

裁判員裁判として初めて死刑が求刑されたことで

テレビも新聞も判決前から大きく取り上げていましたが

判決は無期懲役でしたね

裁判長は

判決理由の中で

「極刑に値するほど悪質とはいえない」と述べていますが

罪もない2人の命を奪った行為は

極めて悪質なのではないかと思うのですが・・・

また、死刑を回避した理由の1つを

祖母の殺害に対し「計画性のない偶発的な犯行」としていますが

未明に他人の家へ侵入し

祖母を用意していたハンマーで殴りナイフで首を刺し

もう1人の女性を別のナイフで刺し死亡させた行為が『偶発的』と本当に言えるのでしょうか?

さらに死刑回避の理由として

「後悔し反省の態度を示していることを考慮して」と述べていますが

被告と弁護人は

無期懲役を主張していますよね

本当に反省しているなら

奪った命の尊さを考え「自らの死をもって償いたい」としてこそ本当の意味での『反省』じゃないのでしょうかね

被告が反省して見せたのは

自らの刑罰を軽くしたかったからじゃないのでしょうか

それと

昨日からの多くの報道は

死刑もありうるという裁判での

裁判員の心理的負担の大きさ、重さを大きく取り上げています

確かに

『死刑判決』を出すということには

大きな心の葛藤があるだろうことは想像できますが

そこばかりが取り上げられていいのでしょうかね

『重さ』という点では

罪も無く殺害された2人の命は

もっと重くもあるのではないでしょうか?

『報道』という面だけでいえば

マスコミは都合のいい時に

よく海外との比較を出してきますよね

今回のような裁判員裁判には

わが国より先んじて行われ

その中で死刑判決を出している国、裁判員もいるわけで

こういう参考にすべき時こそ

入念な、あるいは多角的な

また、公平性を持った取材をしての報道がなされてないことに

日本のマスメディアを名乗る機関のレベルの低さを感じずにはいられませんね

裁判員裁判は

判決に市民感覚を取り入れようと始まった制度ですが

たまたま選ばれた数人の市民に

その責務を押し付けるような形になり

それをマスコミが大騒ぎするだけではいけないとも思うのですが・・・

| | コメント (0)

2010/11/01

喫煙席は空いています

10月1日からの

たばこの大幅値上げで

禁煙した人が多いようで

レストラン等の喫煙席は

以前に比べてかなり空いている感じです

まぁ、何を始める(やめる)にもキッカケがあるとやりやすいのは事実でしょう

値上げで出費を抑えたいと考えたり

健康のためと考えてだったりと人それぞれの理由で禁煙されるのもいいかと思います

    ↑

今回も禁煙しなかったカー助が言うなsign01って感じもしないでもありませんが・・・coldsweats01

まぁ、喫煙続行者としては

喫煙席が空いていることはありがたくもありますが

数が減れば

当然、喫煙席はいずれ少なくなったりするでしょうし

現に

『ランチ時全席禁煙』なんてお店も増えていますから

喫煙者はもっともっと肩身が狭くなっていくのでしょうね

ハイ、ハイ、そう思ったらお前もやめろsign01って声が聞こえてきそうですが

残念ながら

カー助は長生きしたいとも思いませんので

「健康のため」を理由に禁煙することはない気がします

そもそも

『長生き=幸せ』とカー助は思えないのですよね

カー助の人生観が大きく変わったのは

39歳の時

健康だった妻が36歳で突然倒れ

1週間後に亡くなったのですが

本当に「代われるものなら代わってやりたい」とその時思ったのですよね

当時、まだ小さかった子供たちのためを思ったら

どちらかが残るとしたら

母親の方がいいだろうと思いましたが

現実には代わってやることはできません

残されたカー助の責任は

頑張って子供たちを育てていくということになり

子供が成人するまでは子育てが人生の中心となりましたし

それが終わった今

残された時間を好きに生きれやろうと思っています

それには

そんなに多くの時間もいらないような気もするのですよね

あの時、代わりに死んでもいいと思った男の人生は

子育てという責任を果たしたところで一区切りついてしまったのですかね

そもそも

生物の一生は

子孫を残したり

乳離れしたらそれでおしまいだったのではないかとも思うのですよね

自然の摂理に反して

人間だけが長生きを追及しているのでは?とも思いますし

なぜ太古から

「不老不死」や「再生」などと死を恐れるように人間はなったのでしょうね?

長く生きることを幸せと考えるより

長さではなく中身の方が大事と考える者がいてもいいのではないかとも思うのですが・・・

| | コメント (2)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »