« トイレの神様 | トップページ | 根気よく »

2011/01/11

小江戸蔵里

昔からの建物が残っている川越ですが

昨年、旧鏡山酒蔵の建物を

当時の面影を残しつつ改修して「小江戸蔵里」としてオープンしたとのことで行って来ました

Img_4498

明治時代、大正時代、昭和に建てられたという3つの蔵があり

明治蔵がお土産処に

大正蔵がまかない処に

昭和蔵がくら市場となっていました

喜多院からは近いですが

時の鐘や菓子屋横丁からは少し離れています

まぁ、それでも大勢のおばさんが来ていてにぎわっていました

おばさんの情報網には脱帽ですかねcoldsweats01

カー助は

ばあさんのお土産にこちらを買いました

Img_4499

ずんだ、粒あん、さつま芋あんのおはぎです

まぁ、自分でもずんだが食べたかったのもありますがねcoldsweats01

ばあさんは

「さつま芋あんは珍しいよね」と言って早速食べて

「な~んだ。栗きんとんじゃないか~」とちょっと期待はずれでがっかりしていましたsweat01

川越は観光地ですから

きっとこれからもまだまだ色々な施設ができるのでしょうかね

|

« トイレの神様 | トップページ | 根気よく »

ドライブ」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小江戸蔵里…粋なネーミングですね!
おばさん達が飛びつきそうcoldsweats01

さつま芋あん…子供の頃を思い出しました。
まだまだ砂糖は貴重品で、雨の日(農作業が出来ない)に、母が作ってくれた「蒸しパン」のあんこがさつま芋でした。
サッカリンが入っていてとっても甘かったように思います。
年がバレバレですね!weep

投稿: とんちゃん | 2011/01/12 08:13

とんちゃん

コメントありがとうございます
どこへ行ってもおばさんが大勢いて
ものすご~く元気ですよねcoldsweats01

今は豊かな時代ですから
「代用品」という考え方自体がなくなっているのかもしれませんよね
「サッカリン」懐かしい響きです
チクロとかもありましたよね
昔のお菓子は
食べると着色料で口の中がその色になったのを思い出しましたよcoldsweats01

投稿: カー助 | 2011/01/12 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トイレの神様 | トップページ | 根気よく »