« 嵐のような2日間 | トップページ | 越生梅林 »

2011/02/24

キャッシュカードが・・・

2つ折りの財布を

お尻のポケットに入れているカー助で

当然、その中にカード類も入っているのですが

おととい、ATMでお金を引き出そうと

機械にキャッシュカードを入れると

「このカードは受け付けられません」との表示

よく見ると

キャッシュカードの角が割れているではありませんか

別のキャッシュカードを出してみると

これもまた角が少し割れていますが

こちらは機械が読み取れるようで何とか使えました

どうやら財布の1番上のカード入れに入れていた2枚の角が何かに当たったかで割れたようです

キャッシュカードが使えないのは不便ですから

昨日、銀行へ行き

案内係の人に「キャッシュカードが割れてしまったのですが・・・」と現物を見せると

「角だけですからうまく機械で読み取れれば書類記入しなくてすみますから」と

再発行を受け付ける機械に案内してくれ

試してみると

前日使えた1枚は読み取れ

機械操作で再発行手続きが簡単にできましたが

もう1枚は何度か読み取りを試しましたがダメで

書類に記入しての再発行手続きとなってしまいました

必要書類に記入し

窓口に提出し待っている間に

クレジットカードなどは

有効期限があり

数年ごとに新しいカードが送られてきますが

今回割れたカードの1枚は20年以上も使っているものですから

かなり使い込んでもろくなっていたのかもしれないな~などと思っていると

手続きが終り

書類受領書を渡される時に

窓口のお姉さんが

「新しいカードは1週間から10日ほどで書留で自宅に郵送されます。それと5年ごとに新しいキャッシュカードが郵送されますから、それが届きましたら古いカードは破棄してください」と言うではありませんか

いつからキャッシュカードもそういうシステムになったのですかね

じゃあ、今まで20年以上も同じキャッシュカードを使っていたのは何だったんだ?と思いますよね~

まぁ、新しいカードが届いたら

また財布の同じところへ入れると角が折れるかもしれませんので

別のところへ入れておこうかと思っています

破損してその都度銀行へ行くのも面倒ですし

1週間から10日間手元にキャッシュカードがないのも不便ですからね

|

« 嵐のような2日間 | トップページ | 越生梅林 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いや、それは“クレジットカード”との勘違いでしょう。
合併などで会社が変わったのなら別ですが、わたしもキャッシュカードの更新なんてしたことがないですよ。

クレジットカードの最近の情勢ですが、ホテルや旅館では「クレジットカード」で支払いをする場合はカードを作ったときに設定した「暗証番号」を忘れたりして判らないと使えないところが増えているそうなので、確認しておいたほうが良いそうです。

投稿: 玉井人ひろた | 2011/02/26 19:29

玉井人ひろたさん

コメントありがとうございます
いや~窓口で働いているプロが言われたのですから間違いないと思いますよ
全ての銀行がそうし始めたかどうかはわかりませんが
世の中は刻々と変化しているのかも

クレジットカードの話
不正使用等ができないための暗証番号ですから
覚えておくのは当然かと思いますよ~

投稿: カー助 | 2011/02/26 22:45

こんばんは!
男性のかたは尻ポッケ多いですものネ。

こう言ってはなんですが、再発行のシステムの件を知る事ができましたね(*^m^)

私の持っているキャッシュカード・・・
○和銀行が、り○な銀行に変わったのに
カード変更してませんでした(^-^;

いまだに使ってるのはマズイですね・・・
happy01

追伸
絵文字の挿入で目的の絵文字がずれて表示になるのは私だけでしょうか?happy01

投稿: ちえ | 2011/02/26 23:37

ちえさん

コメントありがとうございます
キャッシュカードは
再発行を受け付ける機械が読み取れるうちにするのが簡単で便利かもよcoldsweats01
って、使えるうちは再発行なんてしませんよねsweat01

アハハ、カー助も
埼玉りそな銀行なのですが
合併前のあさひ銀行のカードをずーーーっと使ってましたsweat02

絵文字が目的のものとずれるのですか?
自分のはちゃんと使えますので
そんなことがあるなんてわかりませんでした
それってちょっと
いや、かなり不便ですよね
「申し訳ありません」と
とりあえずカー助があやまっておきます(ペコ)

投稿: カー助 | 2011/02/27 09:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嵐のような2日間 | トップページ | 越生梅林 »