« 複雑な気持ち | トップページ | 五月飾りには興味なしのようです »

2011/04/26

インパクトの強い映像

知り合いのおばさんとランチをしている時の話

昨夜の避難区域内の痩せ細った家畜が殺処分されるニュースを見て

「かわいそうだよね」と言うおばさん

返事をしないかー助に

「カー助はそう思わないの?」とにらむ

「かわいそうじゃないとは言わないけど・・・」とカー助

「冷たい男だね~優しくないよ」と言われました

確かに命が失われることはいいことではありませんよね

ただ

あの乳牛は乳の出が悪くなったら殺処分されるのではないでしょうかね

今回、殺処分された豚も

ペットとして飼われていたわけではありませんから

丸々太らせて食肉にするはずだったのですよね

勘違いされないように書いておきますが

だからといって殺されてもいいと言うつもりはありません

日本では

年間、数万匹の犬や猫が殺処分されているのも事実ですよね

身勝手な飼い主のために

都合のいい時だけ「ペット」にされ

邪魔になったら殺処分じゃたまりませんよね

同じ命ですよ

シーシェパードじゃあるまいし

牛肉や魚を食べながらクジラは保護しろというのじゃ賛同できませんね

同じ命なら

食料として必要最低限(まぁ、これも人間のエゴかもしれませんが)の殺処分にすべきだというなら少しは理解できなくもないのですが・・・

少し前

どこかのタレント知事さんが

地元地鶏の消費拡大を熱心にやっていましたが

大量消費するということは

それだけ多くの地鶏の命が奪われることなのですが

誰もそうは考えませんよね

インパクトの強い映像の乳牛にだけ同情がいくことが

カー助にないと言われた『優しさ』なのでしょうかね

テレビを中心としたメディアは

今回のような災害や事件が起きると

被害者を色々と探し

悲惨でインパクトの強い映像を流すことを使命のように思っている感がありますが

本来、『報道』とは冷静で公平であるべきなのではないかと思うのですが

それより視聴率が大事なんでしょうかね

ドラマとニュースは違うとカー助は思うのですよね

ある意図を持って流される映像や報道は危険でもあると思いますし

それを感情移入して見てしまうことも危険性を帯びているのではないでしょうか?

どんな命も大事なはずですよね

|

« 複雑な気持ち | トップページ | 五月飾りには興味なしのようです »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

動物大好きな札幌のぴよぴよです。少し同感です。私が動物達はどーなっているんだろう…被災したのは人間だけじゃなく、動物達も地震津波で、更に、突然、人間が居なくなり、すごく恐怖だったろうに…!餌&水を与えられなければ生きられない生き物にしておいて、更に繋いだままの動物も…薄々死ぬかもと覚悟なのか…20歳の娘が 家畜とペットとなぜ区別するんだ と、怒ってたが、その時 はっとした…食肉家畜を助けると言うのは商売の為か…和牛を前に泣いていた人のTVを見ていて、牛の為か自分の為に泣いてるのか、わからなくて複雑な気持ちでした……今、 繋がれてたあの犬達 エサが欲しくて警戒しながらでもシッポ振ってくる犬 悲しい目した犬 もう動けない死にそうな犬 死んだ犬のそばから離れない犬…などなど…頭から離れません。私の口からは、軽々しく 可哀相とは 言えませんね… 見てるだけで何もしてないし 偉そうな事も言えないけど、可哀相と口にだすと 白々しいと言うか 第三者というか たいしたことない感じがする言い回しに感じるからかな…言いたい事はたくさん ありましたが 長くなったので終わります!すみません

投稿: ぴよぴよ | 2011/05/06 20:06

ぴよぴよさん

コメントありがとうございます
同じ映像を見ても
感じ方や考え方は人それぞれ違っていいのかと思います
むしろみんなが同じ方が怖くもありますよね
今回の震災で
多くの人が今まで考えなかったことを考えることは重要だと思いますし
その中でも「命」のことは一番大事な点かとも思います
多くの命が失われた震災を「想定外」としてしまうことは簡単ですが
未来にいかにこの経験を生かせるかも大切なことなのだと思うのですが
今の動きを見ている限り
経験を生かせそうなのが原発だけでは情けないような気もしてしまいます

投稿: カー助 | 2011/05/06 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 複雑な気持ち | トップページ | 五月飾りには興味なしのようです »