« 54 | トップページ | あんずの里 »

2011/04/15

さらば小沢一郎と仲間たち

先日の統一地方選前半の民主党の敗北を受けて

やっぱりというか

小沢一郎元代表(岩手4区)と彼に近い議員とやらが

菅首相降ろしをはじめましたね

震災対応の大事な時期に

誰がやるかより何をやるかの方が大事な時期にです

そもそも民主党大敗の原因の1つが自らの政治献金問題にもあることが小沢元代表はわからないようです

小沢元代表に近い議員といわれる村上史好衆議院議員(大阪6区)は

「野球でもサッカーでも、成績がふるわなければ監督やコーチが代わってチームを立て直すのは普通のことだ」とおっしゃっているそうです

そうですね。そうだとすると

国民のために働かない議員は

戦力外通告で引退が当然ですよね

震災で大変な思いをしている人がいる中

小沢元代表のこととその側近の利益しか考えられないような議員はいりませんよね

大阪6区の有権者のみなさんは

ぜひ次回の選挙でこういう人を引退に追い込んでもらいたいものです

同じく小沢元代表に近い議員の山本剛正衆議院議員(福岡8区)は

「我々は執行部の駒じゃない」息巻いているとか

国会議員は国民のために働く駒でしょう

それが出来ずに権力争いを優先しているようなこんな人も

福岡8区の有権者のみなさんが次の選挙で引退させてあげて欲しいものです

小沢元代表は被災地の岩手4区の選出じゃないですか

代表選で敗れた後

「一兵卒として頑張る」と言っていたのは

やはり口だけだったのですね

本当に国民のこと、被災者のことを考えているなら

政治家は寄付を禁止されていますから

今すぐ政治家を辞して

ヤミ献金で購入した問題の土地を売却して寄付でもしてくれた方が役に立つと思いますよ

まぁ、自らを捨てて他人のために何かができる人じゃないようですから無理でしょうね

復興支援に

どの党も財源が足りないと言いながら

政党助成金を返納しようとは誰も言わないのですね

共産党は元々政党助成金を受領していませんが

それ以外の党は

被災者の生活より自らのことが優先されるようです

そんな政治を食い物にしている議員を選んだのは我々有権者です

不幸にも震災で多くのことを学んだように

投票でも学びましょうよ

国民のために働けない議員はいりませんよね

マスコミも

「小沢氏に近い議員」なんて言わないで

誰がどういう発言をしたのか

どういう行動をとったのか

もっともっと誰なのか具体的に報道して欲しいものです

それが有権者が誰を選んだらいいか

誰を選んではいけないかの基準になると思うのですよね

次の選挙ではしがらみなんて捨て

日本のために働く人を選びましょう

それこそ復興のためにできることの1つだと思います

被災地で

原発問題で

多くの人が苦しんでいる時に

与党だ、野党だといっている場合じゃないぞsign03

|

« 54 | トップページ | あんずの里 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「ほんとうに、そんな場合じゃないぞ」私の周りの地域だって報道はされないが道路は直っていないし、人がは入れなくなった中学校はそのままだし、巨大ショッピングモールは未だに危険として休業だし、場合じゃないぞう・・・

なんてね。なんだか政府政治家にそう言うこと事態、もう疲れてきましたcoldsweats01

投稿: 玉井人ひろた | 2011/04/16 21:54

玉井人ひろたさん

コメントありがとうございます
残念ながら
まだまだ復興はスタートしたばかりのところや
復興が始まっていないところも多いのが実情ですよね
復興は長い道のりになるでしょうから
それを本当にできる国会議員を選ぶことも
被災地のために日本国民のできることの1つかと私は思います

投稿: カー助 | 2011/04/17 08:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 54 | トップページ | あんずの里 »