« オープンカー | トップページ | 日本一の強アルカリ温泉 »

2011/05/03

憲法

今日は憲法記念日

現行憲法を守ろうという人たちがいて

改正しようという人たちがいて

どちらの主張にも一理があるのでしょう

憲法は前文も含めた100条ほどからなる法律で

基本理念が書かれたものです

暗記してしまえるほどの法律ですので

それを補う、あるいは明確にするための法律がいろいろとあるわけですよね

基本理念が書かれた憲法の解釈もいろいろです

例えば

9条には戦争放棄が書かれていますが

その「戦争」の定義自体が曖昧です

今の多くの「戦争」の解釈は

侵略をともなうものを「戦争」とする考え方が主流のようで

自衛の権利まで放棄したものではないというものです

要するに

文章とは解釈の仕方である程度都合良く理解できるのですよね

ちなみに

私は大学の法学部で憲法も勉強しましたが

大事なことは

それを運用、理解する国民にこそあるということだと思っています

どんな立派な憲法も

それが国民のための実際の生活を向上させられなければ意味を持たないのではないでしょうかね

仮に

憲法を改正するとして

今の立法府を構成している国会議員の方々に

本当にその能力があるのでしょうかね?

私利私欲ばかり考え

自らの当選を考え

地元への利益誘導を仕事と思っているような人に

国の、国民の権利や義務などを公正にした憲法がつくれるとは私は思えないのですよね

そんな人を選び続けている有権者の参政権も

憲法が保障している権利の1つです

決して私は

憲法改正に反対するつもりもないのですが

改正理由は

国民のためになることが明確であるべきだと考えますし

その他の法律も

憲法の平等の理念にのっとり

一部の人の利益を守るものではあってはならないはずですよね

|

« オープンカー | トップページ | 日本一の強アルカリ温泉 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オープンカー | トップページ | 日本一の強アルカリ温泉 »