« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011/06/30

疑り深い性格

少し前に

ヤフーオークションに出品して

商品を売っている話を書きましたが

発送には郵便局のレターパック350やレターパック500の他に

小さくて軽いものは定形外郵便で送っているのですが

封筒を閉じるのに使うセロテープが

あっという間になくなるのですよね~

まぁ、大きな封筒だとかなりの長さを使いますし

パッキンのプチプチをとめるのにも使いますから

仕方がないと言えばそれまでなのですが・・・

そんなわけで今日も10個セットのものを買ってきました

Img_4919

テープ幅の18mmは簡単に測ることができますが

長さの35mは測れませんよね~

あまりにも直ぐになくなるセロテープに

「本当に35mもあるのか~?」と思うカー助

そうsign03カー助は疑い深い性格なのです

そして

そう考え出すと

試して(測って)みないと気がすまない性格でもありますsweat01

35m引き出してしまったら

後始末が大変だよな~と思い

今のところ実測ができずにいますcoldsweats01

| | コメント (4)

2011/06/29

放射線測定

カー助は

元々測定器関係の仕事もしていましたので

少し前から知り合いに頼まれて

放射線量を測定する機器を販売しているのですが

はじめてみて思ったことは

「そんなんで大丈夫?」ということですかね

カー助が扱っているのは

5000円ほどのアメリカ製のカード型で累積放射線量を表示するものと

7万円弱の同じくアメリカ製の線量計と

40万円ほどするイスラエル製の線量計

世の中には

3万円ほどから放射線を測定できるという機器が出回っています

ロシア製、ウクライナ製、中国製、アメリカ製、イスラエル製などから日本製まで

中には個人の自作なんていうものまでsweat01

まず、みんなが思うことは「安いにこしたことはない」なのでしょうが

中国製を中心に

消費者センターなどに「作動しない」「最初から壊れていた」などのクレームが多発しているとか

クレームが多発するということは

それだけ売れているのか?

それとも売れている割合に対し不良品が多いということか?

一概に値段の高いものが良いとはいえませんが

精密機器である測定器でその値段はちょっと無理じゃないの?という感じのものもあるのが事実でしょうかね

それと

どんなに正確な測定器を使っても

ちゃんとした測定方法で測定しなければ

正確な値は出てこないということも理解しておく必要があると思います

テレビで国の機関や自治体が放射線量を測定している場面が映し出されることも多く

国の機関等での測定の場合

ほとんど測定器にビニール袋のようなものをかぶせて測定していますよね

あれってある意味当然のことなのですよ

放射線測定をすれば

当然、測定器に放射線や放射性物質が付着してしまいますので

ビニール袋等でカバーし

毎回取り替えなければ

累積された放射線で測定器が汚染され

徐々に測定値が上がっていくことになり

正確な値が測定できなくなるわけです

残念ながらテレビに映し出されるものを見る限り

自治体等の測定の場合

無知というか不勉強すぎするのか

ビニール袋等を使わず測定している場面がテレビで映し出されることもしばしばあります

たくさんの報道陣に囲まれて

地表5cmぐらいのところと1mぐらいのところの測定をしていたりしますが

大勢人に囲まれていたら風の流れ等が遮断されたりもしますので

その地点の正確な測定をしているとは言いがたい気もしますしね

ビニール袋等で覆われていない測定器で間違った測定をしていることに

何の疑問も持たずに報道しているマスコミの低レベルというか不勉強さにも呆れますよね

さらに

測定器というか「はかる」(計る、量る)機器には校正が必要です

「校正」自体を理解していない自治体等も多いようです

公に使われる測定器には

定期的に校正してその機器が正確に作動することが必要なのですよね

公にグラム数を表示する重量計もそうですし

ガソリンスタンドの給油機などにも検査済みのステッカー等が貼ってあるのを見たことのある人もいらっしゃるかと思いますが

測定器(計測器)は使っていくうちに誤差が生じますので

それを正確な値に修正しなければならないわけですが

これまた知らない人が多いのが実情ですよね

まぁ、一般の人は知らなくても

放射線測定器を使ってその値を公表している自治体などは

知らなかったでは済まされませんし

そんな状態で公表されている「放射線量」なるものは

本当に信じていい値なのでしょうかね

| | コメント (0)

2011/06/27

毎週来ます

娘一家が新居に引っ越してから

チビたちが来る回数が減っていたのですが

ここへきて

毎週のように土曜日にやって来ます

それは

ありがたくもありますが

ちょっと迷惑(?)coldsweats01

我が家へ遊びに来た時は

近所のスーパーマーケットへ

ばあさんとチビたちを車で乗せていくのが恒例になり

駐車場で待っているのですが中々出てこないご一行様

出てくれば

必ず何かを買ってもらって

それを嬉しそうに持っています

今回はチビもチビ2も本を買ってもらっていました

というか

チビ2もだいぶ知恵がついてきたのか

同じものじゃないと怒るようになってきましたので

そうなるのですが

我が家に戻り

早速、チビはママと本を見ながら遊んでいますが

チビ2は折角買ってもらっても

ちょっと見ただけで

やはりあんぱんまん消防車で遊ぶ方が楽しいようです

Img_4907

乗り物好きなのは

男の子の特徴でしょうかね

乗るといえば

象のぬいぐるみにまで乗りますが・・・・sweat01

Img_4916

散々遊んで散らかして

帰り際

「バーバ、ちゃんとお着替えを用意しておくんだよ」と言って帰ったチビでしたので

何の話かあとでばあさんに聞いてみると

今週の土曜日にまた来るそうで

日曜日にチビの幼稚園のお遊戯会があるとかで

ばあさんを土曜日に連れて行って1晩泊めて

日曜日にそのお遊戯会に連れて行ってくれるのだそうです

「年少のお遊戯じゃ大したことないだろうけど、泊まりに来いというから行ってくる」とばあさん

まぁ、行ける時に行って

見れる時に見ておかないと・・・と思いますからね

そんなわけで

今週の土曜日も来るそうですから

雨だけは降らないで欲しいものです

外に散歩に出られないと

家の中だけでは飽きてしまって大変ですからね~coldsweats01

| | コメント (2)

2011/06/23

ぼーぼーしゃ

先週の土曜日

仕事に向かう途中の旦那さんに送られて

朝早く、娘とチビとチビ2が久しぶりにやって来ました

引っ越したこと

チビが幼稚園に行くようになったことにより

以前ほど頻繁には来れませんので

チビたちと会う間隔が広くなったためと

成長の早い幼児なためか

前回会った時に比べると

やはり「成長したな~」と思うことが多いですよね

チビは幼稚園で教わってきた童謡や交通安全の唄を頻繁に唄っていますし

外へ出れば

交通安全の唄にあわせて左右の確認も一応(?)しています

少し前に「お友達はできた?」と聞いたときには

友達の名前も言えなかったのに

今回はちゃんとフルネームで答えられるようになっていましたし

靴を1人で履いたり

トイレも1人でできるようになってきました

それと

幼稚園での団体生活のおかげなのか

少しだけわがままがなおった?coldsweats01かもしれません

変化が目覚しいといえば

やはりチビ2ですよね

とにかく良くじゃべるようになりました

「うー」とか「あー」が減り

「ママ」「パパ」「バーバ」「じいちゃん」「ブーブー」「でんしゃ」以外にも

名詞や動詞を使えるようになりつつあります

チビのことは「ねーねー」と言うようになっていましたし

9月で2歳になりますので

自我に目覚めだしたといえばいいのか

「イヤ」を主張するようになってきましたので

今まではチビにやられっぱなしだった喧嘩も

怒ると叩き返すようになってきましたcoldsweats01

まぁ、いいことも悪いことも含めて成長なのでしょうねhappy01

前にも書きましたが

我が家へ来てのチビ2の一番の楽しみは

カー助がチビの1歳の時に買ってあげた「あんぱんまん消防車」で遊ぶことなのですが

「しょうぼうしゃ」はチビ2にはまだ発音が難しいのか

「ぼーぼーしゃ」に聞こえます

「ぼーぼーしゃ」じゃ消火するのではなく

火災の勢いを増してしまいそうですよねcoldsweats01

| | コメント (2)

2011/06/17

過失割り合い その後

先日の交通事故後に「過失割り合い」の話を書いた時には

玉井人ひろたさんからもコメントで

また、知り合い数人からも

「8対2で決まりだよ」と言われていた過失割り合いですが

昨日、

相手の保険会社の今までとは違う別の男性から電話があり

「ちょっとお話を聞かせていただきたいのですが」とのことで

今回の事故への私の見解や

私から見て担当者のおかしいと思うことなどを話すと

「私に担当を変わってもよろしいでしょうか?」という話になり

特に問題もありませんし

最低だな~と思っていた前任者よりはましかと思い

「はい、結構ですよ」と答え

過失割り合いの話をしました

まずは

あちらが「運転者には事故が起こるかもしれないという予見を持って慎重に運転しなければならない義務があると思うのですが、今回の事故でその点をどう考えますか?」との質問

今回の事故現場は

私側から見て交差点の左手前(軽自動車が一時停止無視で飛び出してきた方向)にマンションがあり

見通しも悪く慎重に運転していましたし

私の方は我が家のすぐ手前ということもあり

時速20km以下程度の速度で走っていましたので

相手がきちんと一時停止して左右を確認するか

徐行程度のスピードで出てきたなら

事故は起きなかったと思いますので

事故予見義務を怠っていたとは言えないと思いますと答えました

次に「運転者には事故回避義務がありますが、その点はどう考えますか?」との質問があり

警察の現場検証でも

そちらの前任者にも

私は飛び出してきた相手の車を発見した後

急ブレーキをかけながら

大きく右にハンドルを切って事故回避をしようとしましたし

もし、仮にその回避行動を私がとっていなければ

もっと大きな事故になっていたと思いますから

事故回避義務に対しても落ち度、過失はないと思いますと答えました

そんなやり取りをし

新たな担当者の方は

「そちらの過失がないとお考えということは9対1も認められませんよね」と聞いてきましたので

これも前任者の時から言っていますが

私の方に明らかな過失があることを明白に証明していただければ

8対2どころか7対3でも6対4でも認めなければならないものは認めますよと答え

前任者が何度も何度も持ち出した「判例」の話について聞くと

「おっしゃる通りで1つとして同じ事故はありませんからね」と言い

目安として今までの多くの事故処理はこうされてきたと参考にすることはあっても

その事故、その事故に対応して結論を出すのが保険屋の仕事ですし

最初から決まっていたら

仕事は楽ですし

裁判所もいらなくなりますよねと笑っていました

どうやら今度の担当者はまともなようです

そうsign01判例はあくまで判例で

全てがそれと同じ結論が出るとも限りませんよね

同じような交差点の事故でも全て8対2の過失割り合いとも限らず

被害者側にも過失があれば7対3の場合だってあるはずですよね

他にも色々と話した結果sign03

10対0で私の過失割り合いは無しということになり

あちらの保険で双方の車は修理することとなりましたgood


今回のことで思ったことは

誰かから聞いたあまり根拠のない話を簡単に信じたり

自分が経験した同じような事故処理がたまたま8対2の過失割り合いだったことで

すべてがそうなると信じ込んでいる人が多いことに驚きです

今の流行りでいうと「風評」ですかね

勘ぐれば

過失割り合いとは保険屋さんが仕事をやりやすくするために流した「風評」?

1つとして完全に同じ事件も事故もありませんし

法律の規定は

諸条件を加味して結論を出せるようになっているのですよね

ご存知とは思いますが

刑事裁判では刑法の刑罰規定などは

「懲役○○年以下」と幅を持たせたものとなっているわけで

諸条件を踏まえて刑事裁判によって結論が出されるわけですよね

民事も同様で

いや、民事はそれ以上にあいまいな法律の規定の解釈によって

大きく結論は変わってくるのではないでしょうかね

やはり

「みんなが言うから」って根拠のない話を信じないことも大事ですよね

なんたって

まことしやかな嘘の多い世の中なのですからね~

| | コメント (4)

2011/06/14

過失割り合い

先週、

一時停止無視のおばさんの軽自動車にぶつけられた話を書きましたが

翌日、

相手の保険会社の担当者という人から電話がありました

一通りのあいさつの言葉があった後

担当者という女性が

「交差点での事故ですので過失割り合いは8対2です」と言います

8対2の根拠はなんですか?と聞けば

判例だと言います

一時停止無視でいきなり出てきた車にぶつけられて

こちらにも2割の過失があるとの見解には納得がいきませんので

「認められませんね」と言えば

「それでは貴方様の保険屋さんとお話をさせて下さい」と言います

事故の当事者が納得いかない話は保険屋さん同士で解決させる?

何ともおかしな話ですよね

そもそも事故現場を検証したのですか?と聞けば

「見ていません」とのこと

何とも手抜きと言うかいい加減な話ですよね

事故の詳細な内容も知らないまま過失割り合いが8対2と決められる保険会社には呆れます

私が根拠のない2割の過失を認めないと言い張りましたので

その担当者は

事故現場を見て、また電話しますということになり

昨日、

また電話がありました

事故現場を見て、事故相手のおばさんの話を聞いてきましたが

やはり過失割り合いは8対2だという保険屋さんの担当者

事故状況を私には何も聞かないので

私の話は聞いていなくて過失割り合いを出せるのですか?と聞くと

「私は中立の第三者ではなく○○さん(事故の相手)の入られている保険会社の者ですから」と開き直りともとれる発言

これでは話にも何にもなりませんよね

私に2割の過失があると言うなら

何が過失なのか教えて欲しいと聞けば

交差点内で私の車が動いていたことだと言います

保険屋さんの考えでは

交差点を車で通過することは過失らしいです

世界中の車が今過失を犯しているわけですね

この女性担当者は

「過去の判例がそうなっていますから」を何度も何度も繰り返します

どんな判例なのか全て見せて欲しいと言えば

話を変え

事故のあった道路は

あなたの走っていた方が100パーセント優先じゃないとか言い出しました

それじゃあ、相手側にあった『止まれ』の標識は何なのですかね?

「判例が」「判例が」を繰り返していたこの人

最後は「あなたの保険屋さんと話をさせてください」としつこいぐらい繰り返します

私の入っている保険屋さんと話すのは自由ですが

事故の当事者とまず話すべきでは?と言ったら

「手間がかかるだけですから・・・」と言い放ちました

被害者無視のこの保険会社の担当者

今度は私の車の被害状況を明日見て

相手のおばさんと相談して電話をしてくるとのこと

修理も早くしたいので

その電話をいつくれるのか?をこちらから聞かなければ

はっきり答えてくれません

とにかく会話に中に

「おおよそ」とか「だいたい」とかいい加減な表現の多いことにプロを感じません

この人のハッキリしているのは

過失割り合い8対2だけです

被害者にも過失を押し付け

被害者の保険も使わせて

保険料金の値引率を下げさせるというやり方でしょうか?

これって保険会社同士の談合でしょうかね?

| | コメント (4)

2011/06/10

ネットオークション

昨日は久しぶりにブログを更新しましたが

しばらく更新をしないでいる間

お叱りや「見るのを楽しみにしているのに・・・」とメールをいただいたりしてしまいました

少数の定期的に見ていてくださる方には

申し訳なく思っています

カー助も世間様と一緒で

震災の影響を受けはじめており

「仕事を廃業しようかな~」などと考えている次第です

どちらかというとマイナーな部品の卸売業をしていますので

なかなか新たな客先をみつけることも難しいかと思うのですよね

そうはいうものの54歳での転職は

まぁ困難だろうと想像はつきますよねcoldsweats01

事務所を借りている経費も馬鹿になりませんので

とりあえず閉めて

アルバイトでも探そうかなぁ~と思い

在庫品を処分しようとネットオークションに出品したりしています

運良く(?)子育ても終わっているカー助ですし

それと不幸中の幸いというか

ネットオークションがカー助の予想以上にそこそこ売れています

ただ、今までの法人向けに比べれば

金額は何十分の1ですし

落札者とのやり取り、発送作業と手間は非常にかかりますよね~

まぁ、贅沢は言えませんので一生懸命在庫処分に励んでいる次第でありますsweat01

小さな部品の発送が多いことから

定形外郵便やレターパックと郵便局を利用することが多いのですが

今ままでほとんど利用しなかったレターパックの便利なことsign01

レターパックには350と500があり

レターパック350は

厚さ3cm未満で重さ4kgまで全国350円で送れますし

レターパック500は

厚さ制限はなく、その厚紙の封筒(?)のようなものに入れば4kgまで全国500円で遅れるのですよね~

発送が毎日のようにありますし

多い日には10個ほど出しに行くので

郵便局の人と顔見知りになってしまいましたよcoldsweats01

今日も頑張ろうーーーっと

| | コメント (2)

2011/06/09

ぶつけられちゃいました

昨日の夕方

ノアで買い物に出かけ

我が家へあと100mほどで帰り着くところで

左側から

一時停止無視の軽自動車が元気よく出てきて

「あっ!」と思った時には

もう目の前におばさんの運転する軽自動車が・・・

ブレーキを踏みながら大きく右へハンドルを切り

「間一髪かわせたか?」と思った瞬間

ガチャーンと大きな音が左後方からしました

「なんだよ~おばさん急ブレーキ踏まなかったのかよ~」って感じです

カー助の感覚では

こちらが大きく右へハンドルを切り

軽自動車が急ブレーキをかけていたらぶつからなかったと思うのですが・・・

そうはいかなかったのですcrying

車を降りてみると

軽自動車の左前はグチャグチャ

幸いというか

軽自動車の壊れ方からは想像ができないほど

ノアは軽症で

左後輪の後ろとバンパーにちょっとスジが入った程度でした

同じく車を降りてきたおばさんは

「すみません。急いでいて一時停止しませんでした。お怪我はありませんでしか?」と謝られても後の祭りですよね

警察を呼ぶも

なかなか来ません

夕方であちらも忙しい?

待っている間に

「今から言っても仕方がないけど、そちらが急ブレーキ踏んでいたらふつからずに済んだんじゃないですか?」とのカー助の問いに

「ぶつかると思った瞬間、頭が真っ白になっちゃって・・・」とおばさん

いざという時こそ冷静にsign01を望むのは、おばさんには無理でしょうかね

警察官が来るのを待つ間

ボケ~としていても無駄なので

お互いの連絡先を交換し

おばさんに保険屋さんへ電話をさせたりしていると

「保険関係のお仕事しているのですか?」とおばさん

「はぁ?」と答えると

「手際がいいですよね」と言われましたので

事故を頻繁に経験している人と思われるのも嫌ですから

「30年ほど前に1度追突されたことはありますが、加害者の事故経験は1度もないですし、もちろん保険屋さんでもありませんよ」と答えると

「落ち着いていらっしゃいますよね」とおばさん

もう起きてしまったことで慌てても仕方がありませんよね

不幸中の幸いは

我が家の手前でスピードもそれほど出ていなかったため

どちらにも怪我がなかったということですかねcoldsweats01

| | コメント (4)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »