« 毎週来ます | トップページ | 疑り深い性格 »

2011/06/29

放射線測定

カー助は

元々測定器関係の仕事もしていましたので

少し前から知り合いに頼まれて

放射線量を測定する機器を販売しているのですが

はじめてみて思ったことは

「そんなんで大丈夫?」ということですかね

カー助が扱っているのは

5000円ほどのアメリカ製のカード型で累積放射線量を表示するものと

7万円弱の同じくアメリカ製の線量計と

40万円ほどするイスラエル製の線量計

世の中には

3万円ほどから放射線を測定できるという機器が出回っています

ロシア製、ウクライナ製、中国製、アメリカ製、イスラエル製などから日本製まで

中には個人の自作なんていうものまでsweat01

まず、みんなが思うことは「安いにこしたことはない」なのでしょうが

中国製を中心に

消費者センターなどに「作動しない」「最初から壊れていた」などのクレームが多発しているとか

クレームが多発するということは

それだけ売れているのか?

それとも売れている割合に対し不良品が多いということか?

一概に値段の高いものが良いとはいえませんが

精密機器である測定器でその値段はちょっと無理じゃないの?という感じのものもあるのが事実でしょうかね

それと

どんなに正確な測定器を使っても

ちゃんとした測定方法で測定しなければ

正確な値は出てこないということも理解しておく必要があると思います

テレビで国の機関や自治体が放射線量を測定している場面が映し出されることも多く

国の機関等での測定の場合

ほとんど測定器にビニール袋のようなものをかぶせて測定していますよね

あれってある意味当然のことなのですよ

放射線測定をすれば

当然、測定器に放射線や放射性物質が付着してしまいますので

ビニール袋等でカバーし

毎回取り替えなければ

累積された放射線で測定器が汚染され

徐々に測定値が上がっていくことになり

正確な値が測定できなくなるわけです

残念ながらテレビに映し出されるものを見る限り

自治体等の測定の場合

無知というか不勉強すぎするのか

ビニール袋等を使わず測定している場面がテレビで映し出されることもしばしばあります

たくさんの報道陣に囲まれて

地表5cmぐらいのところと1mぐらいのところの測定をしていたりしますが

大勢人に囲まれていたら風の流れ等が遮断されたりもしますので

その地点の正確な測定をしているとは言いがたい気もしますしね

ビニール袋等で覆われていない測定器で間違った測定をしていることに

何の疑問も持たずに報道しているマスコミの低レベルというか不勉強さにも呆れますよね

さらに

測定器というか「はかる」(計る、量る)機器には校正が必要です

「校正」自体を理解していない自治体等も多いようです

公に使われる測定器には

定期的に校正してその機器が正確に作動することが必要なのですよね

公にグラム数を表示する重量計もそうですし

ガソリンスタンドの給油機などにも検査済みのステッカー等が貼ってあるのを見たことのある人もいらっしゃるかと思いますが

測定器(計測器)は使っていくうちに誤差が生じますので

それを正確な値に修正しなければならないわけですが

これまた知らない人が多いのが実情ですよね

まぁ、一般の人は知らなくても

放射線測定器を使ってその値を公表している自治体などは

知らなかったでは済まされませんし

そんな状態で公表されている「放射線量」なるものは

本当に信じていい値なのでしょうかね

|

« 毎週来ます | トップページ | 疑り深い性格 »

「ニュース」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎週来ます | トップページ | 疑り深い性格 »