« 放射線量 | トップページ | 桃太郎ぶどうが送られてきました »

2011/08/12

言葉の解釈

先ほど

マクドナルドから携帯へ

メールマガジンが来ました

内容は

【原材料の安全について】

マクドナルドのビーフパティは100%オーストラリア・ニュージーランド産です

とあり

リンク先アドレスが書かれていて

そちらを見ると

オーストラリア・ニュージーランド産で

餌の牧草は厳重に管理されていて安全というような内容です

これって暗に

和牛は安全じゃないといっているようなものですよねsweat01

何かと問題になる「風評」ですが

どこからが風評なのかは難しい問題ですよね

言葉って色々解釈ができますから

政府発表によく出てくる

「食べてもただちに健康を害することはない」とは

いづれは健康を害することもあるともとれますし

「絶対安全だ!」とは言ってませんからね

情報などは

伝わり伝わっていくうちに

最初の意図とは違ってしまう場合も時々あったりもしますよね

あいまいな言い方をし

どうとでも取れる発言を繰り返すのが政治家、官僚でしょうか?

|

« 放射線量 | トップページ | 桃太郎ぶどうが送られてきました »

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

たしかに、ニュージーランド産が安全ということは、和牛は安全ではないというのが含まれているように思います。

するどいご意見ですね。

投稿: 前田忠志 | 2011/08/12 12:43

前田忠志さん

コメントありがとうございます

まぁ、ビーフパティは外国産で安全だとしても
レタスやポテトなどその他の食材に触れてないところに若干の悪意を感じてしまったのですよね~

投稿: カー助 | 2011/08/12 14:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 放射線量 | トップページ | 桃太郎ぶどうが送られてきました »