« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011/10/31

りんご狩り

土曜日の朝

NHKの「おはよう日本」を見ていると

小諸市のりんご園の様子が映し出されていて

カー助の一番好きな果物はりんごでもあり

同番組の交通情報では

いい天気で紅葉シーズンで給料日後で

「高速道路は絶対に大渋滞しているsign01」と思い込んでいたのに

関越道は渋滞をしていないようでしたので

急遽、りんご狩りに行くことに決定sign03

関越道も上信越道も渋滞なしでスムーズcardash

小諸ICを降り

な~んにも下調べをしていないので

きっと駅近くに行けば観光案内所があるだろうと思いそちらへ

観光市、やはりありました

そちらで何軒かりんご狩りのできるところを教えていただき

その中の1軒でりんご狩りをしました

食べ放題ですので

色々な木からもいでは食べ

気に入ったものを詰め放題のカゴにりんご数種類目一杯詰め

戻るとおばさんがお茶を入れてくれ

それをいただきながら話をしていると

「今朝、NHKで小諸のりんご園をやっていたのですよ」と言うので

「それを見て来たのですよhappy01」と答えれば

「フットワーク軽いね~」と感心されてしまいました

さらにおじさんが

近所の名所である布引観音の話をしてくれ、行ってみたらと言われたのですが

「布引観音って断崖絶壁にあるから、駐車場からかなり登っていかないとダメなのですよね」とカー助が言うと

「いや、観光客の人はほとんど知らないようだが、裏から車で登っていける道があるから教えてあげるよ」と地図まで書いていただいたので行ってみることに

その前に

りんご売り場にあった超~大玉のシナノスイートという種類のりんごが気になって

1個400円のを1つ買ってしまいましたcoldsweats01

布引観音へ向かう裏道は

超~細い道で

対向車が来たらすれ違うのも大変なところでしたが

運良く対向車はありませんでした

断崖絶壁に建てられた舞台

Img_5302

そこまで行く途中には

岩を手彫りで掘ったのだろうトンネルがあり

Img_5307

昔の人用のサイズなようで

175cmのカー助はちょっとかがんで通るようです

舞台の前方右には本堂

Img_5310

左下には小諸市内が見渡せます

Img_5311

天気も良く気持ちのいい眺めです

一通り眺めを堪能し

駐車場へ戻ろうと歩いていると

下から登ってきたのであろう「ハァ、ハァ」言いながら歩いている人とすれ違いました

車で楽して登ってきたカー助にはご利益はなしでしょうかねsweat01

そういえば

どんな味か楽しみにしていた400円の大玉シナノスイートは

家へ帰りつくと

チビたちが来ていて

カー助が玄関を開けると

チビとチビ2が廊下を元気良く走ってきて

「じいちゃん、お帰り~」と言ったあとに

「あっsign01じいちゃんがお土産買ってきた~」と

大玉のりんごを取られてしまいました

「よ~し、みんなで食べるかぁ」と言ってみたのですが

ママである娘が「今、食べると夕飯が食べられなくなるから、貰って帰ってデザートに食べようね」な~んて言って持って帰ってしまいました

まぁ、孫の嬉しそうな顔にはじいちゃんは勝てませんよねdown

| | コメント (0)

2011/10/21

優しいDNA?

日曜日

娘一家がお昼頃

ランチを持参でやって来ました

チビたちに

ちゃんとご飯を食べ終えたらデザートにと

小さなドーナッツもテーブルの上に1つ置かれています

最近、4歳児のチビはからかい甲斐のあるようになって来ましたので

ご飯食べ終わったらチビ2と半分ずつ?とママに聞くチビに

「じいちゃんも食べたいな~」と言うと

「じいちゃんの分はないよ」と

3分の1になると自分の食べる分が減ってしまうことを理解していますので言います

ばあさんが

「だいじょうぶだよ。バーバが半分ずつにわけてあげるから」と言うも心配な様子

「じいちゃん、ドーナッツ食べたいな~」と尚もからかうと

「ダメ~」と言いながら

取られまいと思うのか急いでご飯を食べます

やがてチビもチビ2もご飯を食べ終り

ばあさんがドーナッツを半分に切って2人に渡すと

それを受け取ったチビ2が

「じいちゃんのは?」とばあさんに聞くではありませんか

「じいちゃんのはないの、食べなさい」と言った瞬間

チビ2は自分の貰ったドーナッツを半分にし

カー助に分けてくれるではありませんか

カー助とチビとのやり取りを聞いていたのですよね

まさか孫のドーナッツを貰うわけにもいきませんし

「じいちゃん、お腹一杯だからいいから食べな」と返すも

チビ2は「じいちゃんの」と差し出し食べろと

ママもばあさんも「じいちゃんにあげなくていいから食べなさい」と言うも

言うことを聞きません

結局、そのドーナッツを少しだけちぎって

「じいちゃんはこれだけあればいいから」と少しだけ食べて残りを返すと

やっと納得したのかチビ2はドーナッツを食べだしました

そんな優しいDNAは誰から受け継いだのでしょうかね?happy01

一方、チビはといえば

もちろん、損得がわかる年頃ですから

そんなチビ2の様子を

馬鹿だなぁ~という感じで見ながらドーナッツを食べていました

こちらはカー助のDNAを多く受け継いだってことでしょうかねcoldsweats01

人格等は環境が育てるということが実感できた瞬間ですかね

見ていないようで見ている

聞いていないようで聞いているのが子供なのでしょう

冗談も気をつけていわないとって感じですかねsweat01

| | コメント (2)

2011/10/14

柳ジョージさんが亡くなられた・・・

だいぶ前のブログに

カー助の好きなレコード(CD)の1つに

柳ジョージとレイニーウッドの「YOKOHAMA」があると書いたことがありますが

今朝、NHKのニュースを見ていると

「柳ジョージさんが亡くなられました」と伝えられているではありませんか

まだ、60代。早すぎますよね

訃報を聞いて思わずというか頭の中を

note波が荒いね~ 今日もま~た~

と「YOKOHAMA」の中におさめられている『港亭』のメロディが駆け巡ってしまいました

35年ほど前

カー助がまだ大学生だった頃

LPレコードからカセットテープにダビングして

ドライブの時にいつものように聞いていた柳ジョージさん

ドライブの時は

アップテンポな「グルービー・ガール」や「チャイニーズ・クイーン」がお気に入りでしたが

今朝、頭の中に流れたのは

バラード調の「港亭」でした

青春時代はとっくに終わっているカー助ですが

なんか思い出の1つも終わってしまった感じというか・・・

| | コメント (4)

2011/10/13

世田谷だけでしょうかね?

昨夜から

「世田谷区の路上で放射線量の高いところが見つかった」とニュースで報じていますが

『ホットスポット』は本当にそちらだけでしょうかね?

原発からの距離を引き合いに出して

「こんなに離れたところでなぜ?」的な報道が多いようですが

福島第一原子力発電所の事故後

カー助はこのブログでも触れましたが

直線距離と放射線量の広がりはイコールじゃないと考えるべきだと書きましたし

現に

地形や風向きによって放射性物質の広がり方は複雑だということが

各地の測定結果からも出ていますよね

むしろ

そういうことがわかっていながら

モニタリングスポット(?)なる場所を決めて

定点観測が中心となっている測定の仕方の方がおかしいと思いませんか?

前回の記事で書いた放射線測定器で

カー助も室内や身近な屋外を測定してみましたが

その値は一定ではありません

さすがに今回の世田谷区で出た2を越えるような1時間当たりのマイクロシーベルトの値は出ませんでしたが

0.03(平常時に近い値)から0.2マイクロシーベルトを越える値が出ています

もっと多くの場所を測定したならば

それ以上の数値が出るのではないかと思っています

それと、今回屋外で測定してみて感じたことは

放射線の検出に使われているGM管(SBM-20)が高感度ということもあるのでしょうが

GM管が放射線をとらえると「ピッ」という音と

ダイオードが赤く光るようにつくられていますので

風が吹いてきたりすると

それらが反応をし

若干、測定値が上がります

要するに

目に見えないだけで空気中には放射性物質がただよっているということなのかと思います

今回の世田谷区での放射線量の高いところが見つかったのは

区民の問い合わせからだとのこと

『風評』を本当の意味で防ごうと思うなら

もっともっと政府や自治体など関係機関は真剣に多くの場所を測定するべきではないでしょうかね

それと

今回は高圧洗浄機で洗い流しても数値が下がらなかったそうですが

高圧洗浄は

その場を洗い流すだけで

決して『除染』になっていないのではありませんかね

要するに

自分のところの高い値を下げるだけで

放射性物質を他の人のところへ持っていっただけに過ぎないことに気づくべきではないかと思うのですよね

半減期の長い放射性物質とどう向き合うべきなのかを

もっともっと真剣に考えるべきではないかと思うのですが・・・

| | コメント (0)

2011/10/07

キットを利用した放射線測定器(ガイガーカウンター)

知り合いが

アメリカ製のキットに

GM管(SBM-20)とLCD表示器を付け

クリアなケースに入れて放射線測定器を作りました

Img_5212

3万円も4万円もする中国製の「どうだかな~」という放射線測定器よりよっぽどマシな感じですかね

使い方も超~簡単で

ケース横のスイッチを入れるだけ

しばらくすると

計測された放射線の値が表示されます

Img_5209

この時のカー助の事務所の放射線量は

12CPM

0.0684マイクロシーベルトということです

政府のおっしゃる「人体にただちに影響の無いレベル」ということですかね

これからあっちこっち測定してみようかと思っていますので

次回のブログは

どんなところが具体的に放射線量が高いのかの報告でしょうかね

| | コメント (10)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »